[/] ROCKPV Ike & Tina - Turner Fool in love

Youtube Ike & Tina - Turner Fool in love 無料動画

Ike & Tina - Turner Fool in love を無料視聴できます。

Ike & Tina - Turner Fool in love

アイク&ティナ・ターナー (Ike & Tina Turner) は、1960年代から1970年代にかけて活躍したアメリカのポップ、ソウルデュオ。

アイク・ターナーとティナ・ターナーの夫婦(後に離婚)のチーム。

16年間にわたって、ロック、ソウル、ブルース、ファンクなど幅広い音楽を手がけた。グラミー賞を獲得した「プラウド・メアリー」のカバーが有名。

1991年にロックの殿堂入り。

1966年、フィル・スペクターのフィリーズ・レコードと契約。「リヴァ-・ディープ - マウンテン・ハイ」(River Deep – Mountain High)をレコーティング(アイクは録音に参加せず、ティナの単独レコーディング)。

アメリカではビルボード・ホット100の88位までしか上がらずスペクターを失望させたが、

イギリスで3位まで上昇する大ヒットとなり、これがきっかけとなってローリング・ストーンズの1966年と1969年のアメリカ・ツアーのサポートアクトに抜擢され、2人は国際的スターへの足がかりをつかむ。

1969年には、ブルース色の強い「オウタ・シーズン」(Outta Season) と、アルバート・キングのカバー「ザ・ハンター」(The Hunter) のリリースでより大きなチャートアクションを獲得。

ティナはアルバム『ザ・ハンター』からの「ボールド・ソウル・シスター」(Bold Soul Sister) でグラミー賞ベストR&B女性ボーカルに2度目のノミネートを受ける。

1970年、「エド・サリバン・ショー」に出演、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルのカバー「プラウド・メアリー」と「ボールド・ソウル・シスター」を披露した。

「プラウド・メアリー」は1971年春にシングルとしてリリースされ、ポップシングル・チャートで4位まで上昇し、アメリカのチャートにおける過去最高位を記録、1972年にグラミー賞を獲得した。
(wikipediaより)

Hello
素敵な音楽に出会えることって本当に幸せなことですよね。

あなたの魂を揺さぶる、曲がみつかれば、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、僕の愛する洋楽・邦楽アルバムをつぶやいてます。

twitterはこちらからどうぞ。

サイト内検索
アーティスト