[/] ROCKPV Jethro Tull - The Witches Promise

Youtube Jethro Tull - The Witches Promise 無料動画

Jethro Tull - The Witches Promiseを無料視聴できます。

Jethro Tull - The Witches Promise

ジェスロ・タル(Jethro Tull) は、イングランド出身のロック/プログレッシブ・ロック・バンド。

時代の変遷に合わせて様々な形態を取り込み進化していった、1960年代末以降におけるロック・ミュージックのルーツを持つバンドの一つ。また、ロックにフルートを持ち込んだ事でも知られ、デビュー当初から独自の存在感を放っていた。

デビュー・アルバム『日曜日の印象』リリース直後に、ミック・エイブラハムズが脱退するが、ローリング・ストーンズが製作したTVショー『ロックンロール・サーカス』への出演が決まっていたため、ブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミを引き抜き、『ロックンロール・サーカス』の収録を乗り切る。

この仕事のみでトニー・アイオミは脱退してブラック・サバスに復帰することとなり、最終的にはゲッセマネというバンドのギタリストであったマーティン・バーレを加入させ、セカンド・アルバム『スタンド・アップ』をリリースする。ブルース以外にも音楽性を大きく拡大させたこのアルバムは全英第1位となる。中でもバッハの楽曲をジャジーかつアーシーにアレンジしたインスト曲「ブーレ」は注目を集めた。

『ベネフィット』はアメリカでも11位とヒットを記録]、さらに脚光を浴びた。この時期、同じクリサリス・レコードに所属するバンドだったトラフィック、テン・イヤーズ・アフター、プロコル・ハルムなどと共にブリティッシュ・ロックの世界的な位置づけを確定させた。その後グレン・コーニックが脱退するが、バンドは文学的な気品とリリシズムを毒々しいユーモアと盤石のテクニックで演出したプログレッシヴ・ロックで人気を拡大していき、『アクアラング』(1971年)からこの方向性が顕著となる。

同アルバムは英米両国のアルバム・チャートでトップ10入りを果たし、アメリカ・ツアーも大成功を収めた。その後クライヴ・バンカーの脱退、バリモア・バーロウの加入を経て、『ジェラルドの汚れなき世界』(1972年)、『パッション・プレイ』(1973年)というアルバム全体が一曲という大胆な大作で全米1位を獲得するまでになる[2]。技術や創造的な必要上グループの結束力は強かったが、結成10年を経過する頃からメンバーが流動化した。
(wikipediaより)

Hello
素敵な音楽に出会えることって本当に幸せなことですよね。

あなたの魂を揺さぶる、曲がみつかれば、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、僕の愛する洋楽・邦楽アルバムをつぶやいてます。

twitterはこちらからどうぞ。

サイト内検索
アーティスト