[/] ROCKPV Felt - Now She's Gone

Youtube Felt - Now She's Gone 無料動画

Felt - Now She's Goneを無料視聴できます。

Felt - Now She's Gone

フェルト(Felt)は、'80年代ネオ・アコースティックブームを牽引したイギリスのオルタナティヴ・ロックバンド。

通算10枚のアルバムをリリースしたが、その間固定されたメンバーは、ローレンスとゲイリー・エンジの2名だけだった。 ヴォーカルのローレンスの書く絶望的な歌詞と音階をまるで無視した歌唱、しかしそれでいてきらびやかなメロディー(モーリス・ディーバンクの貢献によるものが大きい)は、バンドの結成から解散まで一貫しており、その音楽性を特徴づけている。

マニック・ストリート・プリーチャーズやベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードック(ヴォーカル、ギター、キーボード)らを始め、多様なミュージシャンから崇拝される。

1981年から1985年にかけて、フェルトはチェリーレッドからシングル6枚、アルバム4枚をリリースした(後に解散直前の1989年にもアルバム、シングルそれぞれ1枚ずつリリースしている)。1986年までバンドに在籍したモーリス・ディーバンクの繊細なギターアルペジオを基調としたメロディーと、ローレンスの歌唱とが一体となった独特の儚さを持った歌曲はこの頃生まれている。この時期の代表曲はPrimitive Painters など。

1986年から1989年まで、シングル4枚とアルバム5枚がクリエイションからリリースされた。この時期には、後にロックバンドプライマル・スクリームに加入することとなるマーティン・ダフィーがキーボードを担当し、メイン・プレイヤーとしての役割を果たしていた。

彼の貢献によりポップで華やかな音作りが際立ち、ジャズピアノ的なインストゥルメンタルも目立つようになる(5thアルバムLet the Snakes Crinkle Their Heads to Deathと9thアルバムTrain Above the Cityは全編インストゥルメンタルである)。
(Wikipediaより)

Hello
素敵な音楽に出会えることって本当に幸せなことですよね。

あなたの魂を揺さぶる、曲がみつかれば、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、僕の愛する洋楽・邦楽アルバムをつぶやいてます。

twitterはこちらからどうぞ。

サイト内検索
アーティスト