[/] ROCKPV JET - Rip It Up

Youtube JET - Rip It Up 無料動画

JET - Rip It Upを無料視聴できます。

JET - Rip It Up

ジェット (Jet) は、オーストラリア・メルボルン出身のロックバンド。2003年にリリースされたデビューアルバム『ゲット・ボーン』は、世界中で350万枚以上のセールスを記録している。

2012年3月26日、公式ホームページ上での発表に伴い、一度解散するが、2016年に活動再開が発表されている。

デビューアルバム『ゲット・ボーン』を制作するため、ロサンゼルスにあるスタジオにプロデューサーのデイヴ・サーディと入った。サーディーは、ローリング・ストーンズやオアシス、ザ・ダンディ・ウォーホルズなどのバンドをプロデュースしている。また、2つの曲でキーボードマエストロのビリー・プレストンの協力を得ている。

『ゲット・ボーン』のアルバム名は、ボブ・ディランの『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』に収録されている曲「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」の歌詞の一節に由来している。レコーディングが中盤に差し掛かったところ、ローリング・ストーンズから2003年オーストラリア公演のサポートオファーが入る。

2003年、メジャーデビュー前にも関わらずフジ・ロック・フェスティバルで初の日本公演を行った。アメリカでのデビュー時、メジャー・レーベル20社間余りによる争奪戦の末エレクトラ・レコードと契約。契約金が新人には異例の120万ポンド(約2億円)だったという噂があったが、レコード関係者に否定されている。

「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」と「ロールオーヴァー・D.J.」は、それぞれ2003年「Triple J Hottest 100」の1位と19位になった。「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」はゲームや映画のサウンドトラック、ボーダフォンやiPodの世界的な広告で使用された。

2004年初頭、ザ・ヴァインズ、リヴィング・エンドと共に「ジ・オージー・インヴェイジョン・ツアー」をアメリカで行った。同年、『ゲット・ボーン』未収録曲「ホールド・オン」がスパイダーマン2のサウンドトラックに収録された。

同年、バンドはオーストラリアレコード産業協会の7部門にノミネートされ、そのうち6部門で栄冠に輝いた。

ニックは他のオーストラリアのロックバンド (スパイダーベイト、リヴィング・エンドなど) のメンバーで構成されているスーパーグループであるライツ (The Wrights) でも活躍した。
(wikipediaより)

Hello
素敵な音楽に出会えることって、
本当に幸せなことですよね。

あなたの魂を揺さぶる、曲がみつかれば、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、僕の愛する洋楽・邦楽アルバムをつぶやいてます。

twitterはこちらからどうぞ。

サイト内検索
アーティスト