[/] ROCKPV Metallica

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Metallica - Of Wolf and Man YouTube 動画

メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。

1981年に同国西海岸にて結成。1990年代に全米アルバム総売り上げ4位、2016年までに世界中で1億1000万枚を記録するなど、世界的に最も成功を収めたメタルバンドとして知られる。

『グラミー賞』9回受賞。2009年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第61位。同読者選出「最高のメタル・バンド ベスト10」第1位。

ラーズの友人であるサンフランシスコ地区メタル・プロモーターのロン・クインターナが新しいメタル雑誌の名前を、ラテン語で「金属」を意味する『Metallica』にしようとした際、ラーズがすぐに別の名前『Metal Mania』を提案し、『Metallica』という名前は自分とジェイムズが始めたバンド名にすることを決めた。

スラッシュメタルというジャンルの先駆者としても知られ、1stアルバム「Kill'em All」ではダイアモンド・ヘッドなどのNWOBHMとモーターヘッドの両者の影響を存分に受けた、ハードコア的でもあるヴァイオレントさの横溢するスピードメタルの作品。

2ndアルバム「Ride the Lightning」3rdアルバム「Master Of Puppets」では叙情的なフレーズを盛り込み、楽曲に構成を持たせるようになった。

4thアルバム「...And Justice For All」では、オーソドックスよりも変化を加えた複雑な拍子の楽曲にチャレンジする。

5thアルバム「Metallica」(一般的にBlack Albumと呼ばれている)では、スピードよりもグルーヴを重視した作風に変化し、当時のヘヴィメタルに留まらず、後のニューメタルやラウドロック等のロック・シーンに多大な影響を与えた。

このグルーヴへの傾倒は6thアルバム「Load」、7thアルバム「Reload」において決定的となり、メンバーの音楽的なバックグラウンドを反映させた多彩なアプローチを盛り込んだオルタナティヴ・ロックに傾斜し、ヘヴィメタルシーンにおいて広く影響を与える作品となった。

1998年にはカバー曲だけを収録したアルバム「Garage Inc.」を発表する。

ダイヤモンドヘッド、シン・リズィ、ブラックサバス、ミスフィッツなど27曲をカバー。多彩なアーティストのカバーをメタルらしくヘヴィに仕上げ、各ライブではいずれかの曲が演奏されることが非常に多い。

2003年にリリースした8thアルバム「St.Anger」は2017年現在になっても彼らのキャリアの中で異色のアルバムであり、大きなターニングポイントとなる作品となる。全曲を通じてギターソロがなく、リフだけに徹底して作りこまれている。

当時は7thアルバムまで在籍していたベーシスト、ジェイソン・ニューステッドが脱退した後であり、正式なベーシストが不在であった。現在のベーシスト、ロベルト・トゥルージロが参加する直前に作成されており、プロデューサーのボブ・ロックがベースを担当している。

2音下げのチューニングで演奏し、非常に重く仕上げられている。

この後の9thアルバム「Death Magnetic」発売以降は、このアルバムからの曲がライブで演奏されることはほとんどない。

2008年リリースの9thアルバム「Death Magnetic」では、プロデューサーも変更し、新ベーシストが参加する初のアルバムとなる。

ロベルトは、5弦ベースをフィンガーで演奏するスタイルでバリエーションの広い表現が盛り込まれ、シンプルなリフが多く、プロモーションも手助けし広い分野でのアーティストから高く評価される1枚になっている。

2011年にヴェルヴェット・アンダーグラウンド の ルー・リードと共作のアルバム「LuLu」を発表。

全曲を通じて、メタリカのヘヴィなサウンドにルーの独特な歌い回しを乗せるもので、昨今のロックシーンをリードした人物同士によるコラボレーション作品として、高い評価を得ている。またこのアルバムでのサウンド作りは、その後のアルバム「Hardwired...To Self Destruct」の基盤になった。

10thアルバム「Hardwired...To Self Destruct」は前作よりもシンプルなリフ構成で作られ、ヘヴィメタルでありながらもストレートでキャッチーなリフやメロディの楽曲が多く、発売から数か月間で全世界140カ国の音楽チャートで1位を記録した。

2015年12月に他界したモーターヘッドのレミー・キルミスターをトリビュートする楽曲「Murder One」も同アルバムに収録。

歌詞の題材は、自己の内面や死、孤独、狂気、核戦争、司法システムの矛盾、表現の自由などシビアな内容が多く、その中で文学作品や映画からのインスパイアも少なくない。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは、「彼らは、どのピース&ラブ・バンド以上に、人々をひとつにした」と評している。(Wikipediaより引用)

Metallica - One YouTube 動画

メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。

1981年に同国西海岸にて結成。1990年代に全米アルバム総売り上げ4位、2016年までに世界中で1億1000万枚を記録するなど、世界的に最も成功を収めたメタルバンドとして知られる。

『グラミー賞』9回受賞。2009年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第61位。同読者選出「最高のメタル・バンド ベスト10」第1位。

ラーズの友人であるサンフランシスコ地区メタル・プロモーターのロン・クインターナが新しいメタル雑誌の名前を、ラテン語で「金属」を意味する『Metallica』にしようとした際、ラーズがすぐに別の名前『Metal Mania』を提案し、『Metallica』という名前は自分とジェイムズが始めたバンド名にすることを決めた。

スラッシュメタルというジャンルの先駆者としても知られ、1stアルバム「Kill'em All」ではダイアモンド・ヘッドなどのNWOBHMとモーターヘッドの両者の影響を存分に受けた、ハードコア的でもあるヴァイオレントさの横溢するスピードメタルの作品。

2ndアルバム「Ride the Lightning」3rdアルバム「Master Of Puppets」では叙情的なフレーズを盛り込み、楽曲に構成を持たせるようになった。

4thアルバム「...And Justice For All」では、オーソドックスよりも変化を加えた複雑な拍子の楽曲にチャレンジする。

5thアルバム「Metallica」(一般的にBlack Albumと呼ばれている)では、スピードよりもグルーヴを重視した作風に変化し、当時のヘヴィメタルに留まらず、後のニューメタルやラウドロック等のロック・シーンに多大な影響を与えた。

このグルーヴへの傾倒は6thアルバム「Load」、7thアルバム「Reload」において決定的となり、メンバーの音楽的なバックグラウンドを反映させた多彩なアプローチを盛り込んだオルタナティヴ・ロックに傾斜し、ヘヴィメタルシーンにおいて広く影響を与える作品となった。

1998年にはカバー曲だけを収録したアルバム「Garage Inc.」を発表する。

ダイヤモンドヘッド、シン・リズィ、ブラックサバス、ミスフィッツなど27曲をカバー。多彩なアーティストのカバーをメタルらしくヘヴィに仕上げ、各ライブではいずれかの曲が演奏されることが非常に多い。

2003年にリリースした8thアルバム「St.Anger」は2017年現在になっても彼らのキャリアの中で異色のアルバムであり、大きなターニングポイントとなる作品となる。全曲を通じてギターソロがなく、リフだけに徹底して作りこまれている。

当時は7thアルバムまで在籍していたベーシスト、ジェイソン・ニューステッドが脱退した後であり、正式なベーシストが不在であった。現在のベーシスト、ロベルト・トゥルージロが参加する直前に作成されており、プロデューサーのボブ・ロックがベースを担当している。

2音下げのチューニングで演奏し、非常に重く仕上げられている。

この後の9thアルバム「Death Magnetic」発売以降は、このアルバムからの曲がライブで演奏されることはほとんどない。

2008年リリースの9thアルバム「Death Magnetic」では、プロデューサーも変更し、新ベーシストが参加する初のアルバムとなる。

ロベルトは、5弦ベースをフィンガーで演奏するスタイルでバリエーションの広い表現が盛り込まれ、シンプルなリフが多く、プロモーションも手助けし広い分野でのアーティストから高く評価される1枚になっている。

2011年にヴェルヴェット・アンダーグラウンド の ルー・リードと共作のアルバム「LuLu」を発表。

全曲を通じて、メタリカのヘヴィなサウンドにルーの独特な歌い回しを乗せるもので、昨今のロックシーンをリードした人物同士によるコラボレーション作品として、高い評価を得ている。またこのアルバムでのサウンド作りは、その後のアルバム「Hardwired...To Self Destruct」の基盤になった。

10thアルバム「Hardwired...To Self Destruct」は前作よりもシンプルなリフ構成で作られ、ヘヴィメタルでありながらもストレートでキャッチーなリフやメロディの楽曲が多く、発売から数か月間で全世界140カ国の音楽チャートで1位を記録した。

2015年12月に他界したモーターヘッドのレミー・キルミスターをトリビュートする楽曲「Murder One」も同アルバムに収録。

歌詞の題材は、自己の内面や死、孤独、狂気、核戦争、司法システムの矛盾、表現の自由などシビアな内容が多く、その中で文学作品や映画からのインスパイアも少なくない。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは、「彼らは、どのピース&ラブ・バンド以上に、人々をひとつにした」と評している。(Wikipediaより引用)

Metallica - The Unforgiven YouTube 動画

メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。

1981年に同国西海岸にて結成。1990年代に全米アルバム総売り上げ4位、2016年までに世界中で1億1000万枚を記録するなど、世界的に最も成功を収めたメタルバンドとして知られる。

『グラミー賞』9回受賞。2009年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第61位。同読者選出「最高のメタル・バンド ベスト10」第1位。

ラーズの友人であるサンフランシスコ地区メタル・プロモーターのロン・クインターナが新しいメタル雑誌の名前を、ラテン語で「金属」を意味する『Metallica』にしようとした際、ラーズがすぐに別の名前『Metal Mania』を提案し、『Metallica』という名前は自分とジェイムズが始めたバンド名にすることを決めた。

スラッシュメタルというジャンルの先駆者としても知られ、1stアルバム「Kill'em All」ではダイアモンド・ヘッドなどのNWOBHMとモーターヘッドの両者の影響を存分に受けた、ハードコア的でもあるヴァイオレントさの横溢するスピードメタルの作品。

2ndアルバム「Ride the Lightning」3rdアルバム「Master Of Puppets」では叙情的なフレーズを盛り込み、楽曲に構成を持たせるようになった。

4thアルバム「...And Justice For All」では、オーソドックスよりも変化を加えた複雑な拍子の楽曲にチャレンジする。

5thアルバム「Metallica」(一般的にBlack Albumと呼ばれている)では、スピードよりもグルーヴを重視した作風に変化し、当時のヘヴィメタルに留まらず、後のニューメタルやラウドロック等のロック・シーンに多大な影響を与えた。

このグルーヴへの傾倒は6thアルバム「Load」、7thアルバム「Reload」において決定的となり、メンバーの音楽的なバックグラウンドを反映させた多彩なアプローチを盛り込んだオルタナティヴ・ロックに傾斜し、ヘヴィメタルシーンにおいて広く影響を与える作品となった。

1998年にはカバー曲だけを収録したアルバム「Garage Inc.」を発表する。

ダイヤモンドヘッド、シン・リズィ、ブラックサバス、ミスフィッツなど27曲をカバー。多彩なアーティストのカバーをメタルらしくヘヴィに仕上げ、各ライブではいずれかの曲が演奏されることが非常に多い。

2003年にリリースした8thアルバム「St.Anger」は2017年現在になっても彼らのキャリアの中で異色のアルバムであり、大きなターニングポイントとなる作品となる。全曲を通じてギターソロがなく、リフだけに徹底して作りこまれている。

当時は7thアルバムまで在籍していたベーシスト、ジェイソン・ニューステッドが脱退した後であり、正式なベーシストが不在であった。現在のベーシスト、ロベルト・トゥルージロが参加する直前に作成されており、プロデューサーのボブ・ロックがベースを担当している。

2音下げのチューニングで演奏し、非常に重く仕上げられている。

この後の9thアルバム「Death Magnetic」発売以降は、このアルバムからの曲がライブで演奏されることはほとんどない。

2008年リリースの9thアルバム「Death Magnetic」では、プロデューサーも変更し、新ベーシストが参加する初のアルバムとなる。

ロベルトは、5弦ベースをフィンガーで演奏するスタイルでバリエーションの広い表現が盛り込まれ、シンプルなリフが多く、プロモーションも手助けし広い分野でのアーティストから高く評価される1枚になっている。

2011年にヴェルヴェット・アンダーグラウンド の ルー・リードと共作のアルバム「LuLu」を発表。

全曲を通じて、メタリカのヘヴィなサウンドにルーの独特な歌い回しを乗せるもので、昨今のロックシーンをリードした人物同士によるコラボレーション作品として、高い評価を得ている。またこのアルバムでのサウンド作りは、その後のアルバム「Hardwired...To Self Destruct」の基盤になった。

10thアルバム「Hardwired...To Self Destruct」は前作よりもシンプルなリフ構成で作られ、ヘヴィメタルでありながらもストレートでキャッチーなリフやメロディの楽曲が多く、発売から数か月間で全世界140カ国の音楽チャートで1位を記録した。

2015年12月に他界したモーターヘッドのレミー・キルミスターをトリビュートする楽曲「Murder One」も同アルバムに収録。

歌詞の題材は、自己の内面や死、孤独、狂気、核戦争、司法システムの矛盾、表現の自由などシビアな内容が多く、その中で文学作品や映画からのインスパイアも少なくない。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは、「彼らは、どのピース&ラブ・バンド以上に、人々をひとつにした」と評している。(Wikipediaより引用)

Metallica: Orion YouTube 動画

メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。

1981年に同国西海岸にて結成。1990年代に全米アルバム総売り上げ4位、2016年までに世界中で1億1000万枚を記録するなど、世界的に最も成功を収めたメタルバンドとして知られる。

『グラミー賞』9回受賞。2009年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第61位。同読者選出「最高のメタル・バンド ベスト10」第1位。

ラーズの友人であるサンフランシスコ地区メタル・プロモーターのロン・クインターナが新しいメタル雑誌の名前を、ラテン語で「金属」を意味する『Metallica』にしようとした際、ラーズがすぐに別の名前『Metal Mania』を提案し、『Metallica』という名前は自分とジェイムズが始めたバンド名にすることを決めた。

スラッシュメタルというジャンルの先駆者としても知られ、1stアルバム「Kill'em All」ではダイアモンド・ヘッドなどのNWOBHMとモーターヘッドの両者の影響を存分に受けた、ハードコア的でもあるヴァイオレントさの横溢するスピードメタルの作品。

2ndアルバム「Ride the Lightning」3rdアルバム「Master Of Puppets」では叙情的なフレーズを盛り込み、楽曲に構成を持たせるようになった。

4thアルバム「...And Justice For All」では、オーソドックスよりも変化を加えた複雑な拍子の楽曲にチャレンジする。

5thアルバム「Metallica」(一般的にBlack Albumと呼ばれている)では、スピードよりもグルーヴを重視した作風に変化し、当時のヘヴィメタルに留まらず、後のニューメタルやラウドロック等のロック・シーンに多大な影響を与えた。

このグルーヴへの傾倒は6thアルバム「Load」、7thアルバム「Reload」において決定的となり、メンバーの音楽的なバックグラウンドを反映させた多彩なアプローチを盛り込んだオルタナティヴ・ロックに傾斜し、ヘヴィメタルシーンにおいて広く影響を与える作品となった。

1998年にはカバー曲だけを収録したアルバム「Garage Inc.」を発表する。

ダイヤモンドヘッド、シン・リズィ、ブラックサバス、ミスフィッツなど27曲をカバー。多彩なアーティストのカバーをメタルらしくヘヴィに仕上げ、各ライブではいずれかの曲が演奏されることが非常に多い。

2003年にリリースした8thアルバム「St.Anger」は2017年現在になっても彼らのキャリアの中で異色のアルバムであり、大きなターニングポイントとなる作品となる。全曲を通じてギターソロがなく、リフだけに徹底して作りこまれている。

当時は7thアルバムまで在籍していたベーシスト、ジェイソン・ニューステッドが脱退した後であり、正式なベーシストが不在であった。現在のベーシスト、ロベルト・トゥルージロが参加する直前に作成されており、プロデューサーのボブ・ロックがベースを担当している。

2音下げのチューニングで演奏し、非常に重く仕上げられている。

この後の9thアルバム「Death Magnetic」発売以降は、このアルバムからの曲がライブで演奏されることはほとんどない。

2008年リリースの9thアルバム「Death Magnetic」では、プロデューサーも変更し、新ベーシストが参加する初のアルバムとなる。

ロベルトは、5弦ベースをフィンガーで演奏するスタイルでバリエーションの広い表現が盛り込まれ、シンプルなリフが多く、プロモーションも手助けし広い分野でのアーティストから高く評価される1枚になっている。

2011年にヴェルヴェット・アンダーグラウンド の ルー・リードと共作のアルバム「LuLu」を発表。

全曲を通じて、メタリカのヘヴィなサウンドにルーの独特な歌い回しを乗せるもので、昨今のロックシーンをリードした人物同士によるコラボレーション作品として、高い評価を得ている。またこのアルバムでのサウンド作りは、その後のアルバム「Hardwired...To Self Destruct」の基盤になった。

10thアルバム「Hardwired...To Self Destruct」は前作よりもシンプルなリフ構成で作られ、ヘヴィメタルでありながらもストレートでキャッチーなリフやメロディの楽曲が多く、発売から数か月間で全世界140カ国の音楽チャートで1位を記録した。

2015年12月に他界したモーターヘッドのレミー・キルミスターをトリビュートする楽曲「Murder One」も同アルバムに収録。

歌詞の題材は、自己の内面や死、孤独、狂気、核戦争、司法システムの矛盾、表現の自由などシビアな内容が多く、その中で文学作品や映画からのインスパイアも少なくない。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは、「彼らは、どのピース&ラブ・バンド以上に、人々をひとつにした」と評している。(Wikipediaより引用)

Metallica: Moth Into Flame YouTube 動画

メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。

1981年に同国西海岸にて結成。1990年代に全米アルバム総売り上げ4位、2016年までに世界中で1億1000万枚を記録するなど、世界的に最も成功を収めたメタルバンドとして知られる。

『グラミー賞』9回受賞。2009年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第61位。同読者選出「最高のメタル・バンド ベスト10」第1位。

ラーズの友人であるサンフランシスコ地区メタル・プロモーターのロン・クインターナが新しいメタル雑誌の名前を、ラテン語で「金属」を意味する『Metallica』にしようとした際、ラーズがすぐに別の名前『Metal Mania』を提案し、『Metallica』という名前は自分とジェイムズが始めたバンド名にすることを決めた。

スラッシュメタルというジャンルの先駆者としても知られ、1stアルバム「Kill'em All」ではダイアモンド・ヘッドなどのNWOBHMとモーターヘッドの両者の影響を存分に受けた、ハードコア的でもあるヴァイオレントさの横溢するスピードメタルの作品。

2ndアルバム「Ride the Lightning」3rdアルバム「Master Of Puppets」では叙情的なフレーズを盛り込み、楽曲に構成を持たせるようになった。

4thアルバム「...And Justice For All」では、オーソドックスよりも変化を加えた複雑な拍子の楽曲にチャレンジする。

5thアルバム「Metallica」(一般的にBlack Albumと呼ばれている)では、スピードよりもグルーヴを重視した作風に変化し、当時のヘヴィメタルに留まらず、後のニューメタルやラウドロック等のロック・シーンに多大な影響を与えた。

このグルーヴへの傾倒は6thアルバム「Load」、7thアルバム「Reload」において決定的となり、メンバーの音楽的なバックグラウンドを反映させた多彩なアプローチを盛り込んだオルタナティヴ・ロックに傾斜し、ヘヴィメタルシーンにおいて広く影響を与える作品となった。

1998年にはカバー曲だけを収録したアルバム「Garage Inc.」を発表する。

ダイヤモンドヘッド、シン・リズィ、ブラックサバス、ミスフィッツなど27曲をカバー。多彩なアーティストのカバーをメタルらしくヘヴィに仕上げ、各ライブではいずれかの曲が演奏されることが非常に多い。

2003年にリリースした8thアルバム「St.Anger」は2017年現在になっても彼らのキャリアの中で異色のアルバムであり、大きなターニングポイントとなる作品となる。全曲を通じてギターソロがなく、リフだけに徹底して作りこまれている。

当時は7thアルバムまで在籍していたベーシスト、ジェイソン・ニューステッドが脱退した後であり、正式なベーシストが不在であった。現在のベーシスト、ロベルト・トゥルージロが参加する直前に作成されており、プロデューサーのボブ・ロックがベースを担当している。

2音下げのチューニングで演奏し、非常に重く仕上げられている。

この後の9thアルバム「Death Magnetic」発売以降は、このアルバムからの曲がライブで演奏されることはほとんどない。

2008年リリースの9thアルバム「Death Magnetic」では、プロデューサーも変更し、新ベーシストが参加する初のアルバムとなる。

ロベルトは、5弦ベースをフィンガーで演奏するスタイルでバリエーションの広い表現が盛り込まれ、シンプルなリフが多く、プロモーションも手助けし広い分野でのアーティストから高く評価される1枚になっている。

2011年にヴェルヴェット・アンダーグラウンド の ルー・リードと共作のアルバム「LuLu」を発表。

全曲を通じて、メタリカのヘヴィなサウンドにルーの独特な歌い回しを乗せるもので、昨今のロックシーンをリードした人物同士によるコラボレーション作品として、高い評価を得ている。またこのアルバムでのサウンド作りは、その後のアルバム「Hardwired...To Self Destruct」の基盤になった。

10thアルバム「Hardwired...To Self Destruct」は前作よりもシンプルなリフ構成で作られ、ヘヴィメタルでありながらもストレートでキャッチーなリフやメロディの楽曲が多く、発売から数か月間で全世界140カ国の音楽チャートで1位を記録した。

2015年12月に他界したモーターヘッドのレミー・キルミスターをトリビュートする楽曲「Murder One」も同アルバムに収録。

歌詞の題材は、自己の内面や死、孤独、狂気、核戦争、司法システムの矛盾、表現の自由などシビアな内容が多く、その中で文学作品や映画からのインスパイアも少なくない。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーは、「彼らは、どのピース&ラブ・バンド以上に、人々をひとつにした」と評している。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター