[/] ROCKPV Talking Heads

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Talking Heads - Wild Wild Life YouTube 動画

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。

トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。

バンドはデヴィッド・バーン(ボーカル、ギター)、クリス・フランツ(ドラム、バック・ボーカル)、ティナ・ウェイマス(ベース、バック・ボーカル)、ジェリー・ハリスン(キーボード、ギター、バック・ボーカル)の4人編成だが、1980年のアルバム『リメイン・イン・ライト』前後から、サポート・メンバーを大々的に起用し、ビッグ・バンド編成でライブを行うようになった。1981年からはライブの最中にバンド内バンド「トム・トム・クラブ」のコーナーを組み込むようになった。

バーンの都会的な神経症を連想させるボーカルやライブ・パフォーマンス(痙攣パフォーマンスとブカブカなシャツ)が特徴的で、歌詞は「家」や「心地良い(悪い)空間」をテーマにしたものが多い。また、楽曲製作では『リメイン・イン・ライト』製作時からインプロヴィゼーションの要素を取り入れている。

ジョナサン・デミによるライブの記録映画『ストップ・メイキング・センス』をはじめ、「ワンス・イン・ア・ライフタイム」や「ロード・トゥ・ノーウェアー」のミュージック・ビデオなど、映像作品の評価も高い。

アルバム『モア・ソングス』でブライアン・イーノをプロデューサーに迎えると、バンドは楽曲の中でよりリズム感やグルーヴ感を追求するようになった。『モア・ソングス』はバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(en:Compass Point Studios)でレコーディングされ、このアルバムから「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」(アル・グリーンのカバー曲)がヒットすると、バンドはようやく一般的な認知度を得た。

「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」はオーストラリアでもヒットし、バンドはニュー・アルバムの製作の合間にオーストラリア・ツアーに出ている。ツアーを挟み完成したアルバム『フィア・オブ・ミュージック』では、再びイーノと組んだ。フーゴー・バルの詩を改作した「I Zimbra」では、ロバート・フリップをサポートに迎えて、アフリカン・ファンクに挑戦している。

アルバム『リメイン・イン・ライト』では、三度イーノと組み、「I Zimbra」の音楽性をさらに煮詰めたアフリカン・ポリリズムに挑戦した。『リメイン・イン・ライト』は再びバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(一部はアメリカのスタジオ)で録音された。エイドリアン・ブリューやジョン・ハッセルなどをサポートに迎えたこの作品の成功で、バンドはその評価を確固たるものにした。尚、各一曲の中で使用されるコードがひとつと言う所謂ワンコードのコード進行によるソングライティングが当時話題となった。おそらくこれはロックに於けるミニマルミュージック的な初期の萌芽であろう(勿論、このアイデア自体、イーノのものである可能性も高い)。

また、『リメイン・イン・ライト』発表直前からサポート・ミュージシャンを含めたビッグ・バンド編成でライブを回るようになり、アメリカやヨーロッパ各国でのツアーでは、バーンの特異なライブ・パフォーマンスや、バンド内バンドトム・トム・クラブが話題になった。

ツアー後、バンドの活動は停滞する。バンドの停滞期間中には、ソロ活動が行なわれ、ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーンのコラボレーション盤『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』や、ジェリー・ハリスンのアルバム『赤と黒』などがリリースされた。(Wikipediaより引用)

Talking Heads - Burning Down the House YouTube 動画

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。

トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。

バンドはデヴィッド・バーン(ボーカル、ギター)、クリス・フランツ(ドラム、バック・ボーカル)、ティナ・ウェイマス(ベース、バック・ボーカル)、ジェリー・ハリスン(キーボード、ギター、バック・ボーカル)の4人編成だが、1980年のアルバム『リメイン・イン・ライト』前後から、サポート・メンバーを大々的に起用し、ビッグ・バンド編成でライブを行うようになった。1981年からはライブの最中にバンド内バンド「トム・トム・クラブ」のコーナーを組み込むようになった。

バーンの都会的な神経症を連想させるボーカルやライブ・パフォーマンス(痙攣パフォーマンスとブカブカなシャツ)が特徴的で、歌詞は「家」や「心地良い(悪い)空間」をテーマにしたものが多い。また、楽曲製作では『リメイン・イン・ライト』製作時からインプロヴィゼーションの要素を取り入れている。

ジョナサン・デミによるライブの記録映画『ストップ・メイキング・センス』をはじめ、「ワンス・イン・ア・ライフタイム」や「ロード・トゥ・ノーウェアー」のミュージック・ビデオなど、映像作品の評価も高い。

アルバム『モア・ソングス』でブライアン・イーノをプロデューサーに迎えると、バンドは楽曲の中でよりリズム感やグルーヴ感を追求するようになった。『モア・ソングス』はバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(en:Compass Point Studios)でレコーディングされ、このアルバムから「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」(アル・グリーンのカバー曲)がヒットすると、バンドはようやく一般的な認知度を得た。

「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」はオーストラリアでもヒットし、バンドはニュー・アルバムの製作の合間にオーストラリア・ツアーに出ている。ツアーを挟み完成したアルバム『フィア・オブ・ミュージック』では、再びイーノと組んだ。フーゴー・バルの詩を改作した「I Zimbra」では、ロバート・フリップをサポートに迎えて、アフリカン・ファンクに挑戦している。

アルバム『リメイン・イン・ライト』では、三度イーノと組み、「I Zimbra」の音楽性をさらに煮詰めたアフリカン・ポリリズムに挑戦した。『リメイン・イン・ライト』は再びバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(一部はアメリカのスタジオ)で録音された。エイドリアン・ブリューやジョン・ハッセルなどをサポートに迎えたこの作品の成功で、バンドはその評価を確固たるものにした。尚、各一曲の中で使用されるコードがひとつと言う所謂ワンコードのコード進行によるソングライティングが当時話題となった。おそらくこれはロックに於けるミニマルミュージック的な初期の萌芽であろう(勿論、このアイデア自体、イーノのものである可能性も高い)。

また、『リメイン・イン・ライト』発表直前からサポート・ミュージシャンを含めたビッグ・バンド編成でライブを回るようになり、アメリカやヨーロッパ各国でのツアーでは、バーンの特異なライブ・パフォーマンスや、バンド内バンドトム・トム・クラブが話題になった。

ツアー後、バンドの活動は停滞する。バンドの停滞期間中には、ソロ活動が行なわれ、ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーンのコラボレーション盤『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』や、ジェリー・ハリスンのアルバム『赤と黒』などがリリースされた。(Wikipediaより引用)

Talking Heads - Once in a Lifetime YouTube 動画

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。

トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。

バンドはデヴィッド・バーン(ボーカル、ギター)、クリス・フランツ(ドラム、バック・ボーカル)、ティナ・ウェイマス(ベース、バック・ボーカル)、ジェリー・ハリスン(キーボード、ギター、バック・ボーカル)の4人編成だが、1980年のアルバム『リメイン・イン・ライト』前後から、サポート・メンバーを大々的に起用し、ビッグ・バンド編成でライブを行うようになった。1981年からはライブの最中にバンド内バンド「トム・トム・クラブ」のコーナーを組み込むようになった。

バーンの都会的な神経症を連想させるボーカルやライブ・パフォーマンス(痙攣パフォーマンスとブカブカなシャツ)が特徴的で、歌詞は「家」や「心地良い(悪い)空間」をテーマにしたものが多い。また、楽曲製作では『リメイン・イン・ライト』製作時からインプロヴィゼーションの要素を取り入れている。

ジョナサン・デミによるライブの記録映画『ストップ・メイキング・センス』をはじめ、「ワンス・イン・ア・ライフタイム」や「ロード・トゥ・ノーウェアー」のミュージック・ビデオなど、映像作品の評価も高い。

アルバム『モア・ソングス』でブライアン・イーノをプロデューサーに迎えると、バンドは楽曲の中でよりリズム感やグルーヴ感を追求するようになった。『モア・ソングス』はバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(en:Compass Point Studios)でレコーディングされ、このアルバムから「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」(アル・グリーンのカバー曲)がヒットすると、バンドはようやく一般的な認知度を得た。

「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」はオーストラリアでもヒットし、バンドはニュー・アルバムの製作の合間にオーストラリア・ツアーに出ている。ツアーを挟み完成したアルバム『フィア・オブ・ミュージック』では、再びイーノと組んだ。フーゴー・バルの詩を改作した「I Zimbra」では、ロバート・フリップをサポートに迎えて、アフリカン・ファンクに挑戦している。

アルバム『リメイン・イン・ライト』では、三度イーノと組み、「I Zimbra」の音楽性をさらに煮詰めたアフリカン・ポリリズムに挑戦した。『リメイン・イン・ライト』は再びバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(一部はアメリカのスタジオ)で録音された。エイドリアン・ブリューやジョン・ハッセルなどをサポートに迎えたこの作品の成功で、バンドはその評価を確固たるものにした。尚、各一曲の中で使用されるコードがひとつと言う所謂ワンコードのコード進行によるソングライティングが当時話題となった。おそらくこれはロックに於けるミニマルミュージック的な初期の萌芽であろう(勿論、このアイデア自体、イーノのものである可能性も高い)。

また、『リメイン・イン・ライト』発表直前からサポート・ミュージシャンを含めたビッグ・バンド編成でライブを回るようになり、アメリカやヨーロッパ各国でのツアーでは、バーンの特異なライブ・パフォーマンスや、バンド内バンドトム・トム・クラブが話題になった。

ツアー後、バンドの活動は停滞する。バンドの停滞期間中には、ソロ活動が行なわれ、ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーンのコラボレーション盤『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』や、ジェリー・ハリスンのアルバム『赤と黒』などがリリースされた。(Wikipediaより引用)

Talking Heads- Born Under Punches YouTube 動画

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。

トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。

バンドはデヴィッド・バーン(ボーカル、ギター)、クリス・フランツ(ドラム、バック・ボーカル)、ティナ・ウェイマス(ベース、バック・ボーカル)、ジェリー・ハリスン(キーボード、ギター、バック・ボーカル)の4人編成だが、1980年のアルバム『リメイン・イン・ライト』前後から、サポート・メンバーを大々的に起用し、ビッグ・バンド編成でライブを行うようになった。1981年からはライブの最中にバンド内バンド「トム・トム・クラブ」のコーナーを組み込むようになった。

バーンの都会的な神経症を連想させるボーカルやライブ・パフォーマンス(痙攣パフォーマンスとブカブカなシャツ)が特徴的で、歌詞は「家」や「心地良い(悪い)空間」をテーマにしたものが多い。また、楽曲製作では『リメイン・イン・ライト』製作時からインプロヴィゼーションの要素を取り入れている。

ジョナサン・デミによるライブの記録映画『ストップ・メイキング・センス』をはじめ、「ワンス・イン・ア・ライフタイム」や「ロード・トゥ・ノーウェアー」のミュージック・ビデオなど、映像作品の評価も高い。

アルバム『モア・ソングス』でブライアン・イーノをプロデューサーに迎えると、バンドは楽曲の中でよりリズム感やグルーヴ感を追求するようになった。『モア・ソングス』はバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(en:Compass Point Studios)でレコーディングされ、このアルバムから「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」(アル・グリーンのカバー曲)がヒットすると、バンドはようやく一般的な認知度を得た。

「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」はオーストラリアでもヒットし、バンドはニュー・アルバムの製作の合間にオーストラリア・ツアーに出ている。ツアーを挟み完成したアルバム『フィア・オブ・ミュージック』では、再びイーノと組んだ。フーゴー・バルの詩を改作した「I Zimbra」では、ロバート・フリップをサポートに迎えて、アフリカン・ファンクに挑戦している。

アルバム『リメイン・イン・ライト』では、三度イーノと組み、「I Zimbra」の音楽性をさらに煮詰めたアフリカン・ポリリズムに挑戦した。『リメイン・イン・ライト』は再びバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(一部はアメリカのスタジオ)で録音された。エイドリアン・ブリューやジョン・ハッセルなどをサポートに迎えたこの作品の成功で、バンドはその評価を確固たるものにした。尚、各一曲の中で使用されるコードがひとつと言う所謂ワンコードのコード進行によるソングライティングが当時話題となった。おそらくこれはロックに於けるミニマルミュージック的な初期の萌芽であろう(勿論、このアイデア自体、イーノのものである可能性も高い)。

また、『リメイン・イン・ライト』発表直前からサポート・ミュージシャンを含めたビッグ・バンド編成でライブを回るようになり、アメリカやヨーロッパ各国でのツアーでは、バーンの特異なライブ・パフォーマンスや、バンド内バンドトム・トム・クラブが話題になった。

ツアー後、バンドの活動は停滞する。バンドの停滞期間中には、ソロ活動が行なわれ、ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーンのコラボレーション盤『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』や、ジェリー・ハリスンのアルバム『赤と黒』などがリリースされた。(Wikipediaより引用)

Talking Heads - Psycho Killer YouTube 動画

トーキング・ヘッズ (Talking Heads) は、1974年に結成、1991年に解散したアメリカ合衆国のロックバンド。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第100位。

トーキング・ヘッズは、ニューヨーク・パンクの拠点となったライブハウス「CBGB」出身のバンドで、1970年代半ばから1980年代後半にかけて活動した。メンバーは名門美術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインの出身で「インテリバンド」と呼ばれることが多く、初期はパンク・バンドとされていたが、ボーカルのデヴィッド・バーンがアフロ・リズムに傾倒し、それを大胆に楽曲に取り入れるようになると、ポスト・パンクとされるようになった。

バンドはデヴィッド・バーン(ボーカル、ギター)、クリス・フランツ(ドラム、バック・ボーカル)、ティナ・ウェイマス(ベース、バック・ボーカル)、ジェリー・ハリスン(キーボード、ギター、バック・ボーカル)の4人編成だが、1980年のアルバム『リメイン・イン・ライト』前後から、サポート・メンバーを大々的に起用し、ビッグ・バンド編成でライブを行うようになった。1981年からはライブの最中にバンド内バンド「トム・トム・クラブ」のコーナーを組み込むようになった。

バーンの都会的な神経症を連想させるボーカルやライブ・パフォーマンス(痙攣パフォーマンスとブカブカなシャツ)が特徴的で、歌詞は「家」や「心地良い(悪い)空間」をテーマにしたものが多い。また、楽曲製作では『リメイン・イン・ライト』製作時からインプロヴィゼーションの要素を取り入れている。

ジョナサン・デミによるライブの記録映画『ストップ・メイキング・センス』をはじめ、「ワンス・イン・ア・ライフタイム」や「ロード・トゥ・ノーウェアー」のミュージック・ビデオなど、映像作品の評価も高い。

アルバム『モア・ソングス』でブライアン・イーノをプロデューサーに迎えると、バンドは楽曲の中でよりリズム感やグルーヴ感を追求するようになった。『モア・ソングス』はバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(en:Compass Point Studios)でレコーディングされ、このアルバムから「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」(アル・グリーンのカバー曲)がヒットすると、バンドはようやく一般的な認知度を得た。

「テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー」はオーストラリアでもヒットし、バンドはニュー・アルバムの製作の合間にオーストラリア・ツアーに出ている。ツアーを挟み完成したアルバム『フィア・オブ・ミュージック』では、再びイーノと組んだ。フーゴー・バルの詩を改作した「I Zimbra」では、ロバート・フリップをサポートに迎えて、アフリカン・ファンクに挑戦している。

アルバム『リメイン・イン・ライト』では、三度イーノと組み、「I Zimbra」の音楽性をさらに煮詰めたアフリカン・ポリリズムに挑戦した。『リメイン・イン・ライト』は再びバハマのコンパス・ポイント・スタジオ(一部はアメリカのスタジオ)で録音された。エイドリアン・ブリューやジョン・ハッセルなどをサポートに迎えたこの作品の成功で、バンドはその評価を確固たるものにした。尚、各一曲の中で使用されるコードがひとつと言う所謂ワンコードのコード進行によるソングライティングが当時話題となった。おそらくこれはロックに於けるミニマルミュージック的な初期の萌芽であろう(勿論、このアイデア自体、イーノのものである可能性も高い)。

また、『リメイン・イン・ライト』発表直前からサポート・ミュージシャンを含めたビッグ・バンド編成でライブを回るようになり、アメリカやヨーロッパ各国でのツアーでは、バーンの特異なライブ・パフォーマンスや、バンド内バンドトム・トム・クラブが話題になった。

ツアー後、バンドの活動は停滞する。バンドの停滞期間中には、ソロ活動が行なわれ、ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーンのコラボレーション盤『マイ・ライフ・イン・ザ・ブッシュ・オブ・ゴースツ』や、ジェリー・ハリスンのアルバム『赤と黒』などがリリースされた。(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト