[/] ROCKPV XTC

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

XTC - All Of A Sudden

XTC (エックス・ティー・シー) とは、イングランド・ウィルトシャー州スウィンドン出身のロック・バンド。バンド名はアンディ・パートリッジが「Ecstasy」をもじったもの。

ビートルズやビーチ・ボーイズといった英米問わず、オールディーズなポップスや、サイケデリック・ロックなどからの幅広い影響をもとに、その活動を通じてポップミュージックのオルタナティヴな可能性を追求した。

独特のポップセンスとこだわりに満ちたアレンジを志向しながらポップス・ロックとしてのフォーマットを損なわない大胆なアプローチは、のちのブリットポップ・ムーヴメントにも大きな影響を与えた。

日本のミュージシャンでは、P-MODEL、ムーンライダーズ、カーネーション、スピッツ、L⇔R、POLYSICS、サカナクション、Base Ball Bear、トータス松本、奥田民生、布袋寅泰、YUIなどに影響を与えている。

1977年10月にデビュー、1978年、当時勃興してきたパンク・ムーヴメントのなか、セックス・ピストルズを擁するヴァージン・レコードよりジョン・レッキーのプロデュースでデビュー・アルバム『ホワイト・ミュージック』を発表。評論家に高く評価され、続くアルバムも肯定的に迎えられている。

1979年、唯一の日本公演を行った。来日公演の前座はP-MODELやAunt Sallyが務めている。当時、まったくの無名だったが、多くの日本のマスコミが駆けつけ、ライブは大盛況だった。その後、アンディは家族旅行として、小規模な宣伝もかねて1992年に来日している。

1980年初め、アンディがライブ恐怖症となり、完全にライブ活動を中止。ただし、ラジオやテレビ番組でのギグは行っている。以降何度かのメンバーの加入・脱退がありつつ、ニュー・ウェイヴからポップスへの大胆な音楽性の変化を経る。

1992年、プロモーションに力を入れた前作『オレンジズ・アンド・レモンズ』をうけての『ノンサッチ』ののち古巣・ヴァージンと離反、さらに制作途中のデイヴの脱退もあり、ストリングス/アコースティックの第一作、ギターロックの第二作からなる『アップル・ヴィーナス』二部作発表。
(Wikipediaより)

XTC - Generals and Majors

XTC (エックス・ティー・シー) とは、イングランド・ウィルトシャー州スウィンドン出身のロック・バンド。バンド名はアンディ・パートリッジが「Ecstasy」をもじったもの。

ビートルズやビーチ・ボーイズといった英米問わず、オールディーズなポップスや、サイケデリック・ロックなどからの幅広い影響をもとに、その活動を通じてポップミュージックのオルタナティヴな可能性を追求した。

独特のポップセンスとこだわりに満ちたアレンジを志向しながらポップス・ロックとしてのフォーマットを損なわない大胆なアプローチは、のちのブリットポップ・ムーヴメントにも大きな影響を与えた。

日本のミュージシャンでは、P-MODEL、ムーンライダーズ、カーネーション、スピッツ、L⇔R、POLYSICS、サカナクション、Base Ball Bear、トータス松本、奥田民生、布袋寅泰、YUIなどに影響を与えている。

1977年10月にデビュー、1978年、当時勃興してきたパンク・ムーヴメントのなか、セックス・ピストルズを擁するヴァージン・レコードよりジョン・レッキーのプロデュースでデビュー・アルバム『ホワイト・ミュージック』を発表。評論家に高く評価され、続くアルバムも肯定的に迎えられている。

1979年、唯一の日本公演を行った。来日公演の前座はP-MODELやAunt Sallyが務めている。当時、まったくの無名だったが、多くの日本のマスコミが駆けつけ、ライブは大盛況だった。その後、アンディは家族旅行として、小規模な宣伝もかねて1992年に来日している。

1980年初め、アンディがライブ恐怖症となり、完全にライブ活動を中止。ただし、ラジオやテレビ番組でのギグは行っている。以降何度かのメンバーの加入・脱退がありつつ、ニュー・ウェイヴからポップスへの大胆な音楽性の変化を経る。

1992年、プロモーションに力を入れた前作『オレンジズ・アンド・レモンズ』をうけての『ノンサッチ』ののち古巣・ヴァージンと離反、さらに制作途中のデイヴの脱退もあり、ストリングス/アコースティックの第一作、ギターロックの第二作からなる『アップル・ヴィーナス』二部作発表。
(Wikipediaより)

XTC - Life Begins At The Hop

XTC (エックス・ティー・シー) とは、イングランド・ウィルトシャー州スウィンドン出身のロック・バンド。バンド名はアンディ・パートリッジが「Ecstasy」をもじったもの。

ビートルズやビーチ・ボーイズといった英米問わず、オールディーズなポップスや、サイケデリック・ロックなどからの幅広い影響をもとに、その活動を通じてポップミュージックのオルタナティヴな可能性を追求した。

独特のポップセンスとこだわりに満ちたアレンジを志向しながらポップス・ロックとしてのフォーマットを損なわない大胆なアプローチは、のちのブリットポップ・ムーヴメントにも大きな影響を与えた。

日本のミュージシャンでは、P-MODEL、ムーンライダーズ、カーネーション、スピッツ、L⇔R、POLYSICS、サカナクション、Base Ball Bear、トータス松本、奥田民生、布袋寅泰、YUIなどに影響を与えている。

1977年10月にデビュー、1978年、当時勃興してきたパンク・ムーヴメントのなか、セックス・ピストルズを擁するヴァージン・レコードよりジョン・レッキーのプロデュースでデビュー・アルバム『ホワイト・ミュージック』を発表。評論家に高く評価され、続くアルバムも肯定的に迎えられている。

1979年、唯一の日本公演を行った。来日公演の前座はP-MODELやAunt Sallyが務めている。当時、まったくの無名だったが、多くの日本のマスコミが駆けつけ、ライブは大盛況だった。その後、アンディは家族旅行として、小規模な宣伝もかねて1992年に来日している。

1980年初め、アンディがライブ恐怖症となり、完全にライブ活動を中止。ただし、ラジオやテレビ番組でのギグは行っている。以降何度かのメンバーの加入・脱退がありつつ、ニュー・ウェイヴからポップスへの大胆な音楽性の変化を経る。

1992年、プロモーションに力を入れた前作『オレンジズ・アンド・レモンズ』をうけての『ノンサッチ』ののち古巣・ヴァージンと離反、さらに制作途中のデイヴの脱退もあり、ストリングス/アコースティックの第一作、ギターロックの第二作からなる『アップル・ヴィーナス』二部作発表。
(Wikipediaより)

XTC - Statue Of Liberty

XTC (エックス・ティー・シー) とは、イングランド・ウィルトシャー州スウィンドン出身のロック・バンド。バンド名はアンディ・パートリッジが「Ecstasy」をもじったもの。

ビートルズやビーチ・ボーイズといった英米問わず、オールディーズなポップスや、サイケデリック・ロックなどからの幅広い影響をもとに、その活動を通じてポップミュージックのオルタナティヴな可能性を追求した。

独特のポップセンスとこだわりに満ちたアレンジを志向しながらポップス・ロックとしてのフォーマットを損なわない大胆なアプローチは、のちのブリットポップ・ムーヴメントにも大きな影響を与えた。

日本のミュージシャンでは、P-MODEL、ムーンライダーズ、カーネーション、スピッツ、L⇔R、POLYSICS、サカナクション、Base Ball Bear、トータス松本、奥田民生、布袋寅泰、YUIなどに影響を与えている。

1977年10月にデビュー、1978年、当時勃興してきたパンク・ムーヴメントのなか、セックス・ピストルズを擁するヴァージン・レコードよりジョン・レッキーのプロデュースでデビュー・アルバム『ホワイト・ミュージック』を発表。評論家に高く評価され、続くアルバムも肯定的に迎えられている。

1979年、唯一の日本公演を行った。来日公演の前座はP-MODELやAunt Sallyが務めている。当時、まったくの無名だったが、多くの日本のマスコミが駆けつけ、ライブは大盛況だった。その後、アンディは家族旅行として、小規模な宣伝もかねて1992年に来日している。

1980年初め、アンディがライブ恐怖症となり、完全にライブ活動を中止。ただし、ラジオやテレビ番組でのギグは行っている。以降何度かのメンバーの加入・脱退がありつつ、ニュー・ウェイヴからポップスへの大胆な音楽性の変化を経る。

1992年、プロモーションに力を入れた前作『オレンジズ・アンド・レモンズ』をうけての『ノンサッチ』ののち古巣・ヴァージンと離反、さらに制作途中のデイヴの脱退もあり、ストリングス/アコースティックの第一作、ギターロックの第二作からなる『アップル・ヴィーナス』二部作発表。
(Wikipediaより)

XTC - Ball and Chain

XTC (エックス・ティー・シー) とは、イングランド・ウィルトシャー州スウィンドン出身のロック・バンド。バンド名はアンディ・パートリッジが「Ecstasy」をもじったもの。

ビートルズやビーチ・ボーイズといった英米問わず、オールディーズなポップスや、サイケデリック・ロックなどからの幅広い影響をもとに、その活動を通じてポップミュージックのオルタナティヴな可能性を追求した。

独特のポップセンスとこだわりに満ちたアレンジを志向しながらポップス・ロックとしてのフォーマットを損なわない大胆なアプローチは、のちのブリットポップ・ムーヴメントにも大きな影響を与えた。

日本のミュージシャンでは、P-MODEL、ムーンライダーズ、カーネーション、スピッツ、L⇔R、POLYSICS、サカナクション、Base Ball Bear、トータス松本、奥田民生、布袋寅泰、YUIなどに影響を与えている。

1977年10月にデビュー、1978年、当時勃興してきたパンク・ムーヴメントのなか、セックス・ピストルズを擁するヴァージン・レコードよりジョン・レッキーのプロデュースでデビュー・アルバム『ホワイト・ミュージック』を発表。評論家に高く評価され、続くアルバムも肯定的に迎えられている。

1979年、唯一の日本公演を行った。来日公演の前座はP-MODELやAunt Sallyが務めている。当時、まったくの無名だったが、多くの日本のマスコミが駆けつけ、ライブは大盛況だった。その後、アンディは家族旅行として、小規模な宣伝もかねて1992年に来日している。

1980年初め、アンディがライブ恐怖症となり、完全にライブ活動を中止。ただし、ラジオやテレビ番組でのギグは行っている。以降何度かのメンバーの加入・脱退がありつつ、ニュー・ウェイヴからポップスへの大胆な音楽性の変化を経る。

1992年、プロモーションに力を入れた前作『オレンジズ・アンド・レモンズ』をうけての『ノンサッチ』ののち古巣・ヴァージンと離反、さらに制作途中のデイヴの脱退もあり、ストリングス/アコースティックの第一作、ギターロックの第二作からなる『アップル・ヴィーナス』二部作発表。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト