[/] ROCKPV Grand Funk Railroad

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Grand Funk Railroad - We're An American Band song

グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad, GFR)[1]はアメリカのハードロック・バンド。メンバーの中心は、マーク・ファーナー、メル・サッチャー、ドン・ブリューワーである。

メル・サッチャーのベース・プレイは、他のベーシストにも影響を与えた。1960年代末から70年代半ばにかけて、アルバム、ヒット・シングルを連発し、人気ハード・ロック・バンドとなった。二度の解散と再結成を経て、2012年現在も活動中である。

1968年頃より勃興していたニューロック、又はヘヴィロック(現在のハードロック)のスタイルをいち早く取り入れ、1969年にかつての同僚であるナイトをプロデューサーに迎えたアルバム『グランド・ファンク・レイルロード登場 (On Time) 』でデビューする。レッド・ツェッペリンのアメリカ公演の前座をやった際に、その歌と演奏力で聴衆を熱狂させ、ツェッペリンを食ってしまったことにより、ロックファンの間で知名度が高まった。

アルバムからシングルカットされた「ハートブレイカー」はハードロックの古典となっており、ザ・タイガースがコンサートのレパートリーとして取り上げた。また、後にフォークシンガーとしてデビューする井上陽水がこの曲のコード進行を模倣して「傘がない」を書いたように、日本でも人気があった。

1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。後楽園球場の演奏は、ロック伝説として今も語り草になっている。また、アニマルズの曲をカバーした「孤独の叫び」もファンキーな人気曲となった。

1972年の『不死鳥(Phoenix)]』からはナイトと決別し、クレイグ・フロスト (Craig Frost, kbd) を迎えて音楽性をポップな方向に広げ、バンド名をグランド・ファンク(Grand Funk)に変更した。

同アルバムからは「ロックンロール・ソウル」がシングル・カットされた。1973年、トッド・ラングレンにプロデュースを委ねたアルバム『 アメリカン・バンド (We're an American Band) 』を発表。同名シングル曲が全米1位を獲得する大ヒットを記録、このアルバム・タイトルはそのまま彼らの代名詞となり、ボン・ジョヴィなど後に登場するアメリカのロックバンドにライブなどで何度もカバーされている。

続くアルバム『輝くグランド・ファンク (Shinin' On) 』では、1962年に全米1位を獲得したジェリー・ゴーフィン & キャロル・キング作によるリトル・エヴァ (Little Eva) の大ヒット曲「ロコモーション (The Loco-Motion)」をハードロック風にアレンジしたカバーがシングルカットされ、こちらも全米1位を獲得、グランド・ファンク最大のヒットシングルとなった。また、ロコモーションのほかに「シャイニン・オン」もシングルとして発表された。
(wikipediaより)

Grand Funk Railroad - We're An American Band

グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad, GFR)[1]はアメリカのハードロック・バンド。メンバーの中心は、マーク・ファーナー、メル・サッチャー、ドン・ブリューワーである。

メル・サッチャーのベース・プレイは、他のベーシストにも影響を与えた。1960年代末から70年代半ばにかけて、アルバム、ヒット・シングルを連発し、人気ハード・ロック・バンドとなった。二度の解散と再結成を経て、2012年現在も活動中である。

1968年頃より勃興していたニューロック、又はヘヴィロック(現在のハードロック)のスタイルをいち早く取り入れ、1969年にかつての同僚であるナイトをプロデューサーに迎えたアルバム『グランド・ファンク・レイルロード登場 (On Time) 』でデビューする。レッド・ツェッペリンのアメリカ公演の前座をやった際に、その歌と演奏力で聴衆を熱狂させ、ツェッペリンを食ってしまったことにより、ロックファンの間で知名度が高まった。

アルバムからシングルカットされた「ハートブレイカー」はハードロックの古典となっており、ザ・タイガースがコンサートのレパートリーとして取り上げた。また、後にフォークシンガーとしてデビューする井上陽水がこの曲のコード進行を模倣して「傘がない」を書いたように、日本でも人気があった。

1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。後楽園球場の演奏は、ロック伝説として今も語り草になっている。また、アニマルズの曲をカバーした「孤独の叫び」もファンキーな人気曲となった。

1972年の『不死鳥(Phoenix)]』からはナイトと決別し、クレイグ・フロスト (Craig Frost, kbd) を迎えて音楽性をポップな方向に広げ、バンド名をグランド・ファンク(Grand Funk)に変更した。

同アルバムからは「ロックンロール・ソウル」がシングル・カットされた。1973年、トッド・ラングレンにプロデュースを委ねたアルバム『 アメリカン・バンド (We're an American Band) 』を発表。同名シングル曲が全米1位を獲得する大ヒットを記録、このアルバム・タイトルはそのまま彼らの代名詞となり、ボン・ジョヴィなど後に登場するアメリカのロックバンドにライブなどで何度もカバーされている。

続くアルバム『輝くグランド・ファンク (Shinin' On) 』では、1962年に全米1位を獲得したジェリー・ゴーフィン & キャロル・キング作によるリトル・エヴァ (Little Eva) の大ヒット曲「ロコモーション (The Loco-Motion)」をハードロック風にアレンジしたカバーがシングルカットされ、こちらも全米1位を獲得、グランド・ファンク最大のヒットシングルとなった。また、ロコモーションのほかに「シャイニン・オン」もシングルとして発表された。
(wikipediaより)

Grand Funk Railroad - Heartbreaker

グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad, GFR)[1]はアメリカのハードロック・バンド。メンバーの中心は、マーク・ファーナー、メル・サッチャー、ドン・ブリューワーである。

メル・サッチャーのベース・プレイは、他のベーシストにも影響を与えた。1960年代末から70年代半ばにかけて、アルバム、ヒット・シングルを連発し、人気ハード・ロック・バンドとなった。二度の解散と再結成を経て、2012年現在も活動中である。

1968年頃より勃興していたニューロック、又はヘヴィロック(現在のハードロック)のスタイルをいち早く取り入れ、1969年にかつての同僚であるナイトをプロデューサーに迎えたアルバム『グランド・ファンク・レイルロード登場 (On Time) 』でデビューする。レッド・ツェッペリンのアメリカ公演の前座をやった際に、その歌と演奏力で聴衆を熱狂させ、ツェッペリンを食ってしまったことにより、ロックファンの間で知名度が高まった。

アルバムからシングルカットされた「ハートブレイカー」はハードロックの古典となっており、ザ・タイガースがコンサートのレパートリーとして取り上げた。また、後にフォークシンガーとしてデビューする井上陽水がこの曲のコード進行を模倣して「傘がない」を書いたように、日本でも人気があった。

1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。後楽園球場の演奏は、ロック伝説として今も語り草になっている。また、アニマルズの曲をカバーした「孤独の叫び」もファンキーな人気曲となった。

1972年の『不死鳥(Phoenix)]』からはナイトと決別し、クレイグ・フロスト (Craig Frost, kbd) を迎えて音楽性をポップな方向に広げ、バンド名をグランド・ファンク(Grand Funk)に変更した。

同アルバムからは「ロックンロール・ソウル」がシングル・カットされた。1973年、トッド・ラングレンにプロデュースを委ねたアルバム『 アメリカン・バンド (We're an American Band) 』を発表。同名シングル曲が全米1位を獲得する大ヒットを記録、このアルバム・タイトルはそのまま彼らの代名詞となり、ボン・ジョヴィなど後に登場するアメリカのロックバンドにライブなどで何度もカバーされている。

続くアルバム『輝くグランド・ファンク (Shinin' On) 』では、1962年に全米1位を獲得したジェリー・ゴーフィン & キャロル・キング作によるリトル・エヴァ (Little Eva) の大ヒット曲「ロコモーション (The Loco-Motion)」をハードロック風にアレンジしたカバーがシングルカットされ、こちらも全米1位を獲得、グランド・ファンク最大のヒットシングルとなった。また、ロコモーションのほかに「シャイニン・オン」もシングルとして発表された。
(wikipediaより)

Grand Funk Railroad - The Locomotion

グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad, GFR)[1]はアメリカのハードロック・バンド。メンバーの中心は、マーク・ファーナー、メル・サッチャー、ドン・ブリューワーである。

メル・サッチャーのベース・プレイは、他のベーシストにも影響を与えた。1960年代末から70年代半ばにかけて、アルバム、ヒット・シングルを連発し、人気ハード・ロック・バンドとなった。二度の解散と再結成を経て、2012年現在も活動中である。

1968年頃より勃興していたニューロック、又はヘヴィロック(現在のハードロック)のスタイルをいち早く取り入れ、1969年にかつての同僚であるナイトをプロデューサーに迎えたアルバム『グランド・ファンク・レイルロード登場 (On Time) 』でデビューする。レッド・ツェッペリンのアメリカ公演の前座をやった際に、その歌と演奏力で聴衆を熱狂させ、ツェッペリンを食ってしまったことにより、ロックファンの間で知名度が高まった。

アルバムからシングルカットされた「ハートブレイカー」はハードロックの古典となっており、ザ・タイガースがコンサートのレパートリーとして取り上げた。また、後にフォークシンガーとしてデビューする井上陽水がこの曲のコード進行を模倣して「傘がない」を書いたように、日本でも人気があった。

1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。後楽園球場の演奏は、ロック伝説として今も語り草になっている。また、アニマルズの曲をカバーした「孤独の叫び」もファンキーな人気曲となった。

1972年の『不死鳥(Phoenix)]』からはナイトと決別し、クレイグ・フロスト (Craig Frost, kbd) を迎えて音楽性をポップな方向に広げ、バンド名をグランド・ファンク(Grand Funk)に変更した。

同アルバムからは「ロックンロール・ソウル」がシングル・カットされた。1973年、トッド・ラングレンにプロデュースを委ねたアルバム『 アメリカン・バンド (We're an American Band) 』を発表。同名シングル曲が全米1位を獲得する大ヒットを記録、このアルバム・タイトルはそのまま彼らの代名詞となり、ボン・ジョヴィなど後に登場するアメリカのロックバンドにライブなどで何度もカバーされている。

続くアルバム『輝くグランド・ファンク (Shinin' On) 』では、1962年に全米1位を獲得したジェリー・ゴーフィン & キャロル・キング作によるリトル・エヴァ (Little Eva) の大ヒット曲「ロコモーション (The Loco-Motion)」をハードロック風にアレンジしたカバーがシングルカットされ、こちらも全米1位を獲得、グランド・ファンク最大のヒットシングルとなった。また、ロコモーションのほかに「シャイニン・オン」もシングルとして発表された。
(wikipediaより)

Grand Funk Railroad - Inside Looking Out

グランド・ファンク・レイルロード(Grand Funk Railroad, GFR)[1]はアメリカのハードロック・バンド。メンバーの中心は、マーク・ファーナー、メル・サッチャー、ドン・ブリューワーである。

メル・サッチャーのベース・プレイは、他のベーシストにも影響を与えた。1960年代末から70年代半ばにかけて、アルバム、ヒット・シングルを連発し、人気ハード・ロック・バンドとなった。二度の解散と再結成を経て、2012年現在も活動中である。

1968年頃より勃興していたニューロック、又はヘヴィロック(現在のハードロック)のスタイルをいち早く取り入れ、1969年にかつての同僚であるナイトをプロデューサーに迎えたアルバム『グランド・ファンク・レイルロード登場 (On Time) 』でデビューする。レッド・ツェッペリンのアメリカ公演の前座をやった際に、その歌と演奏力で聴衆を熱狂させ、ツェッペリンを食ってしまったことにより、ロックファンの間で知名度が高まった。

アルバムからシングルカットされた「ハートブレイカー」はハードロックの古典となっており、ザ・タイガースがコンサートのレパートリーとして取り上げた。また、後にフォークシンガーとしてデビューする井上陽水がこの曲のコード進行を模倣して「傘がない」を書いたように、日本でも人気があった。

1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。後楽園球場の演奏は、ロック伝説として今も語り草になっている。また、アニマルズの曲をカバーした「孤独の叫び」もファンキーな人気曲となった。

1972年の『不死鳥(Phoenix)]』からはナイトと決別し、クレイグ・フロスト (Craig Frost, kbd) を迎えて音楽性をポップな方向に広げ、バンド名をグランド・ファンク(Grand Funk)に変更した。

同アルバムからは「ロックンロール・ソウル」がシングル・カットされた。1973年、トッド・ラングレンにプロデュースを委ねたアルバム『 アメリカン・バンド (We're an American Band) 』を発表。同名シングル曲が全米1位を獲得する大ヒットを記録、このアルバム・タイトルはそのまま彼らの代名詞となり、ボン・ジョヴィなど後に登場するアメリカのロックバンドにライブなどで何度もカバーされている。

続くアルバム『輝くグランド・ファンク (Shinin' On) 』では、1962年に全米1位を獲得したジェリー・ゴーフィン & キャロル・キング作によるリトル・エヴァ (Little Eva) の大ヒット曲「ロコモーション (The Loco-Motion)」をハードロック風にアレンジしたカバーがシングルカットされ、こちらも全米1位を獲得、グランド・ファンク最大のヒットシングルとなった。また、ロコモーションのほかに「シャイニン・オン」もシングルとして発表された。
(wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト