[/] ROCKPV Big Joe Turner

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Big Joe Turner - Feelin' Happy

ビッグ・ジョー・ターナー(Big Joe Turner、1911年5月18日 - 1985年11月24日)は、アメリカのブルース・シンガー。身長182cm、体重136キロという巨漢を活かして叫ぶ様に歌う、シャウト・ブルースというジャンルのブルースを作り上げた一人でもある。

彼の代表作、「シェイク・ラトル・アンド・ロール」はロックンロールの定番曲としてビル・ヘイリーを始め多数のアーティストにカバーされた。

1939年にはヴォカリオン・レコードと契約し、「チェリー・レッド」や「ウィー・ベイビー・ブルース」等を録音する。また、ビリー・ホリデイも出ていたニューヨークの「カフェ・ソサエティ」の常連出演者になる等、プロの道を歩み始める。

1940年、デッカ・レコードに移籍、「パイニー・ブラウン・ブルース」を録音する。ジョンソンとだけでなく、ウィリー・'ザ・ライオン'・スミスやフレディ・スラックス・トリオとも一緒にレコーディングした。

1945年に、ナショナル・レコードに移籍。「マイ・ギャルズ・ア・ジョッキー」「アラウンド・ザ・クロック」等を録音。また、アラディン・レコードから「ワイノニー・ハリス」とカップリングで「バトル・オブ・ザ・ブルース」が発売された。

1951年、カウント・ベイシー・オーケストラとアポロ・シアターで演奏している所をネスヒ、アーメット両名のアーティガン兄弟に注目され、アトランティック・レコードと契約を結ぶ。そこで彼は数々のヒット[1]を飛ばす。

ヴァン・'ピアノ・マン'・ウォールズ・アンド・ヒズ・オーケストラとタッグを組み、アトランティックでのデビュー・シングル、「チェインズ・オブ・ラヴ」をリリース。R&Bチャートの2位というスマッシュ・ヒットを記録する。

1954年、チャールズ・カルホーン作の「シェイク・ラトル・アンド・ロール」がR&Bチャートの1位を記録する。黒人だけでなく、10代の白人にも受け入れられる大ヒットとなった。すぐさまビル・ヘイリーがカバーし[2]7位を記録する。

デビュー当時からスウィングしてブルースを歌うスタイルは一貫して変えていない。そしてそれはアトランティックにおいても同じだった。その後も「フリップ・フロップ・アンド・フライ」「ハイド・アンド・シーク」等をヒットさせている。1956年発売の「コリーニ・コリーナ」では、ポップチャートの41位を記録する。
(wikipediaより)

Big Joe Turner - Flip Flop & Fly

ビッグ・ジョー・ターナー(Big Joe Turner、1911年5月18日 - 1985年11月24日)は、アメリカのブルース・シンガー。身長182cm、体重136キロという巨漢を活かして叫ぶ様に歌う、シャウト・ブルースというジャンルのブルースを作り上げた一人でもある。

彼の代表作、「シェイク・ラトル・アンド・ロール」はロックンロールの定番曲としてビル・ヘイリーを始め多数のアーティストにカバーされた。

1939年にはヴォカリオン・レコードと契約し、「チェリー・レッド」や「ウィー・ベイビー・ブルース」等を録音する。また、ビリー・ホリデイも出ていたニューヨークの「カフェ・ソサエティ」の常連出演者になる等、プロの道を歩み始める。

1940年、デッカ・レコードに移籍、「パイニー・ブラウン・ブルース」を録音する。ジョンソンとだけでなく、ウィリー・'ザ・ライオン'・スミスやフレディ・スラックス・トリオとも一緒にレコーディングした。

1945年に、ナショナル・レコードに移籍。「マイ・ギャルズ・ア・ジョッキー」「アラウンド・ザ・クロック」等を録音。また、アラディン・レコードから「ワイノニー・ハリス」とカップリングで「バトル・オブ・ザ・ブルース」が発売された。

1951年、カウント・ベイシー・オーケストラとアポロ・シアターで演奏している所をネスヒ、アーメット両名のアーティガン兄弟に注目され、アトランティック・レコードと契約を結ぶ。そこで彼は数々のヒット[1]を飛ばす。

ヴァン・'ピアノ・マン'・ウォールズ・アンド・ヒズ・オーケストラとタッグを組み、アトランティックでのデビュー・シングル、「チェインズ・オブ・ラヴ」をリリース。R&Bチャートの2位というスマッシュ・ヒットを記録する。

1954年、チャールズ・カルホーン作の「シェイク・ラトル・アンド・ロール」がR&Bチャートの1位を記録する。黒人だけでなく、10代の白人にも受け入れられる大ヒットとなった。すぐさまビル・ヘイリーがカバーし[2]7位を記録する。

デビュー当時からスウィングしてブルースを歌うスタイルは一貫して変えていない。そしてそれはアトランティックにおいても同じだった。その後も「フリップ・フロップ・アンド・フライ」「ハイド・アンド・シーク」等をヒットさせている。1956年発売の「コリーニ・コリーナ」では、ポップチャートの41位を記録する。
(wikipediaより)

Big Joe Turner - Corrine, Corrina

ビッグ・ジョー・ターナー(Big Joe Turner、1911年5月18日 - 1985年11月24日)は、アメリカのブルース・シンガー。身長182cm、体重136キロという巨漢を活かして叫ぶ様に歌う、シャウト・ブルースというジャンルのブルースを作り上げた一人でもある。

彼の代表作、「シェイク・ラトル・アンド・ロール」はロックンロールの定番曲としてビル・ヘイリーを始め多数のアーティストにカバーされた。

1939年にはヴォカリオン・レコードと契約し、「チェリー・レッド」や「ウィー・ベイビー・ブルース」等を録音する。また、ビリー・ホリデイも出ていたニューヨークの「カフェ・ソサエティ」の常連出演者になる等、プロの道を歩み始める。

1940年、デッカ・レコードに移籍、「パイニー・ブラウン・ブルース」を録音する。ジョンソンとだけでなく、ウィリー・'ザ・ライオン'・スミスやフレディ・スラックス・トリオとも一緒にレコーディングした。

1945年に、ナショナル・レコードに移籍。「マイ・ギャルズ・ア・ジョッキー」「アラウンド・ザ・クロック」等を録音。また、アラディン・レコードから「ワイノニー・ハリス」とカップリングで「バトル・オブ・ザ・ブルース」が発売された。

1951年、カウント・ベイシー・オーケストラとアポロ・シアターで演奏している所をネスヒ、アーメット両名のアーティガン兄弟に注目され、アトランティック・レコードと契約を結ぶ。そこで彼は数々のヒット[1]を飛ばす。

ヴァン・'ピアノ・マン'・ウォールズ・アンド・ヒズ・オーケストラとタッグを組み、アトランティックでのデビュー・シングル、「チェインズ・オブ・ラヴ」をリリース。R&Bチャートの2位というスマッシュ・ヒットを記録する。

1954年、チャールズ・カルホーン作の「シェイク・ラトル・アンド・ロール」がR&Bチャートの1位を記録する。黒人だけでなく、10代の白人にも受け入れられる大ヒットとなった。すぐさまビル・ヘイリーがカバーし[2]7位を記録する。

デビュー当時からスウィングしてブルースを歌うスタイルは一貫して変えていない。そしてそれはアトランティックにおいても同じだった。その後も「フリップ・フロップ・アンド・フライ」「ハイド・アンド・シーク」等をヒットさせている。1956年発売の「コリーニ・コリーナ」では、ポップチャートの41位を記録する。
(wikipediaより)

Big Joe Turner - Shake, Rattle, & Roll

ビッグ・ジョー・ターナー(Big Joe Turner、1911年5月18日 - 1985年11月24日)は、アメリカのブルース・シンガー。身長182cm、体重136キロという巨漢を活かして叫ぶ様に歌う、シャウト・ブルースというジャンルのブルースを作り上げた一人でもある。

彼の代表作、「シェイク・ラトル・アンド・ロール」はロックンロールの定番曲としてビル・ヘイリーを始め多数のアーティストにカバーされた。

1939年にはヴォカリオン・レコードと契約し、「チェリー・レッド」や「ウィー・ベイビー・ブルース」等を録音する。また、ビリー・ホリデイも出ていたニューヨークの「カフェ・ソサエティ」の常連出演者になる等、プロの道を歩み始める。

1940年、デッカ・レコードに移籍、「パイニー・ブラウン・ブルース」を録音する。ジョンソンとだけでなく、ウィリー・'ザ・ライオン'・スミスやフレディ・スラックス・トリオとも一緒にレコーディングした。

1945年に、ナショナル・レコードに移籍。「マイ・ギャルズ・ア・ジョッキー」「アラウンド・ザ・クロック」等を録音。また、アラディン・レコードから「ワイノニー・ハリス」とカップリングで「バトル・オブ・ザ・ブルース」が発売された。

1951年、カウント・ベイシー・オーケストラとアポロ・シアターで演奏している所をネスヒ、アーメット両名のアーティガン兄弟に注目され、アトランティック・レコードと契約を結ぶ。そこで彼は数々のヒット[1]を飛ばす。

ヴァン・'ピアノ・マン'・ウォールズ・アンド・ヒズ・オーケストラとタッグを組み、アトランティックでのデビュー・シングル、「チェインズ・オブ・ラヴ」をリリース。R&Bチャートの2位というスマッシュ・ヒットを記録する。

1954年、チャールズ・カルホーン作の「シェイク・ラトル・アンド・ロール」がR&Bチャートの1位を記録する。黒人だけでなく、10代の白人にも受け入れられる大ヒットとなった。すぐさまビル・ヘイリーがカバーし[2]7位を記録する。

デビュー当時からスウィングしてブルースを歌うスタイルは一貫して変えていない。そしてそれはアトランティックにおいても同じだった。その後も「フリップ・フロップ・アンド・フライ」「ハイド・アンド・シーク」等をヒットさせている。1956年発売の「コリーニ・コリーナ」では、ポップチャートの41位を記録する。
(wikipediaより)

Big Joe Turner - Boogie Woogie Country Girl

ビッグ・ジョー・ターナー(Big Joe Turner、1911年5月18日 - 1985年11月24日)は、アメリカのブルース・シンガー。身長182cm、体重136キロという巨漢を活かして叫ぶ様に歌う、シャウト・ブルースというジャンルのブルースを作り上げた一人でもある。

彼の代表作、「シェイク・ラトル・アンド・ロール」はロックンロールの定番曲としてビル・ヘイリーを始め多数のアーティストにカバーされた。

1939年にはヴォカリオン・レコードと契約し、「チェリー・レッド」や「ウィー・ベイビー・ブルース」等を録音する。また、ビリー・ホリデイも出ていたニューヨークの「カフェ・ソサエティ」の常連出演者になる等、プロの道を歩み始める。

1940年、デッカ・レコードに移籍、「パイニー・ブラウン・ブルース」を録音する。ジョンソンとだけでなく、ウィリー・'ザ・ライオン'・スミスやフレディ・スラックス・トリオとも一緒にレコーディングした。

1945年に、ナショナル・レコードに移籍。「マイ・ギャルズ・ア・ジョッキー」「アラウンド・ザ・クロック」等を録音。また、アラディン・レコードから「ワイノニー・ハリス」とカップリングで「バトル・オブ・ザ・ブルース」が発売された。

1951年、カウント・ベイシー・オーケストラとアポロ・シアターで演奏している所をネスヒ、アーメット両名のアーティガン兄弟に注目され、アトランティック・レコードと契約を結ぶ。そこで彼は数々のヒット[1]を飛ばす。

ヴァン・'ピアノ・マン'・ウォールズ・アンド・ヒズ・オーケストラとタッグを組み、アトランティックでのデビュー・シングル、「チェインズ・オブ・ラヴ」をリリース。R&Bチャートの2位というスマッシュ・ヒットを記録する。

1954年、チャールズ・カルホーン作の「シェイク・ラトル・アンド・ロール」がR&Bチャートの1位を記録する。黒人だけでなく、10代の白人にも受け入れられる大ヒットとなった。すぐさまビル・ヘイリーがカバーし[2]7位を記録する。

デビュー当時からスウィングしてブルースを歌うスタイルは一貫して変えていない。そしてそれはアトランティックにおいても同じだった。その後も「フリップ・フロップ・アンド・フライ」「ハイド・アンド・シーク」等をヒットさせている。1956年発売の「コリーニ・コリーナ」では、ポップチャートの41位を記録する。
(wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター