[/] ROCKPV Clyde McPhatter

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Clyde McPhatter - Since You've Been Gone

クライド・マクファター (Clyde McPhatter1932年11月15日 - 1972年6月13日)は、アメリカ合衆国の黒人歌手。

ビリー・ワード&ザ・ドミノス、ドリフターズを経てソロ歌手になる。ドミノス時代から一貫して、ハイテナーボイスと張りのある声で「ラヴァーズ・クエスチョン」をヒットに導く。

1972年に39歳で死去。15年後の1987年にロックの殿堂入りを果たす。

1953年春、アトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンによって才能を見出され、同年アトランティック・レコードと契約、ドリフターズ (アメリカ)のリード・シンガーとしてデビューを果たす。

マクファターがリードをとったドリフターズのデビューシングル「マネー・ハニー」は、最初のロックンロールのレコードの一つとされており、また後年にエルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードによってカバーされる。

1954年、兵役で空軍に所属し、ドリフターズを脱退する。翌年に兵役が終わり、再びアトランティック・レコードにてソロ歌手として活動をする。ソロ・デビュー曲は、同じ会社に所属していたルース・ブラウンとのデュエットであった。

しばらくシングルを出していたマクファターであったが、そのどれもがR&Bチャートで上位を記録する。しかし、1956年発売の「ウィズアウト・ラヴ」が19位、「トレジャー・オブ・ラヴ」が13位、そして1958年発売の「ラヴァーズ・クエスチョン」が6位と、それぞれポップチャートの上位入りを果たしている。

1959年、アトランティック・レコードからMGMレコードに一年間在籍するが、ヒットは出ていない。後にマーキュリー・レコードに移籍し、「タ・タ」、「ラヴァー・プリーズ」をそれぞれチャートインさせているが、散発的であった。次第に過度の飲酒をしてしまう。

1968年イギリスに移住する。1970年帰国し、再び活動を始めるも、2年後の1972年6月13日に心臓発作で39歳の若さで死去。

1987年、ロックの殿堂入りを果たし、またドリフターズ (アメリカ)も1988年に同じくロックの殿堂入りを果たしている。
(wikipediaより)

CLYDE MCPHATTER AND THE DOMINOES - HARBOR LIGHTS

クライド・マクファター (Clyde McPhatter1932年11月15日 - 1972年6月13日)は、アメリカ合衆国の黒人歌手。

ビリー・ワード&ザ・ドミノス、ドリフターズを経てソロ歌手になる。ドミノス時代から一貫して、ハイテナーボイスと張りのある声で「ラヴァーズ・クエスチョン」をヒットに導く。

1972年に39歳で死去。15年後の1987年にロックの殿堂入りを果たす。

1953年春、アトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンによって才能を見出され、同年アトランティック・レコードと契約、ドリフターズ (アメリカ)のリード・シンガーとしてデビューを果たす。

マクファターがリードをとったドリフターズのデビューシングル「マネー・ハニー」は、最初のロックンロールのレコードの一つとされており、また後年にエルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードによってカバーされる。

1954年、兵役で空軍に所属し、ドリフターズを脱退する。翌年に兵役が終わり、再びアトランティック・レコードにてソロ歌手として活動をする。ソロ・デビュー曲は、同じ会社に所属していたルース・ブラウンとのデュエットであった。

しばらくシングルを出していたマクファターであったが、そのどれもがR&Bチャートで上位を記録する。しかし、1956年発売の「ウィズアウト・ラヴ」が19位、「トレジャー・オブ・ラヴ」が13位、そして1958年発売の「ラヴァーズ・クエスチョン」が6位と、それぞれポップチャートの上位入りを果たしている。

1959年、アトランティック・レコードからMGMレコードに一年間在籍するが、ヒットは出ていない。後にマーキュリー・レコードに移籍し、「タ・タ」、「ラヴァー・プリーズ」をそれぞれチャートインさせているが、散発的であった。次第に過度の飲酒をしてしまう。

1968年イギリスに移住する。1970年帰国し、再び活動を始めるも、2年後の1972年6月13日に心臓発作で39歳の若さで死去。

1987年、ロックの殿堂入りを果たし、またドリフターズ (アメリカ)も1988年に同じくロックの殿堂入りを果たしている。
(wikipediaより)

Clyde McPhatter - TREASURE OF LOVE

クライド・マクファター (Clyde McPhatter1932年11月15日 - 1972年6月13日)は、アメリカ合衆国の黒人歌手。

ビリー・ワード&ザ・ドミノス、ドリフターズを経てソロ歌手になる。ドミノス時代から一貫して、ハイテナーボイスと張りのある声で「ラヴァーズ・クエスチョン」をヒットに導く。

1972年に39歳で死去。15年後の1987年にロックの殿堂入りを果たす。

1953年春、アトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンによって才能を見出され、同年アトランティック・レコードと契約、ドリフターズ (アメリカ)のリード・シンガーとしてデビューを果たす。

マクファターがリードをとったドリフターズのデビューシングル「マネー・ハニー」は、最初のロックンロールのレコードの一つとされており、また後年にエルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードによってカバーされる。

1954年、兵役で空軍に所属し、ドリフターズを脱退する。翌年に兵役が終わり、再びアトランティック・レコードにてソロ歌手として活動をする。ソロ・デビュー曲は、同じ会社に所属していたルース・ブラウンとのデュエットであった。

しばらくシングルを出していたマクファターであったが、そのどれもがR&Bチャートで上位を記録する。しかし、1956年発売の「ウィズアウト・ラヴ」が19位、「トレジャー・オブ・ラヴ」が13位、そして1958年発売の「ラヴァーズ・クエスチョン」が6位と、それぞれポップチャートの上位入りを果たしている。

1959年、アトランティック・レコードからMGMレコードに一年間在籍するが、ヒットは出ていない。後にマーキュリー・レコードに移籍し、「タ・タ」、「ラヴァー・プリーズ」をそれぞれチャートインさせているが、散発的であった。次第に過度の飲酒をしてしまう。

1968年イギリスに移住する。1970年帰国し、再び活動を始めるも、2年後の1972年6月13日に心臓発作で39歳の若さで死去。

1987年、ロックの殿堂入りを果たし、またドリフターズ (アメリカ)も1988年に同じくロックの殿堂入りを果たしている。
(wikipediaより)

Clyde McPhatter -- A Lover's Question

クライド・マクファター (Clyde McPhatter1932年11月15日 - 1972年6月13日)は、アメリカ合衆国の黒人歌手。

ビリー・ワード&ザ・ドミノス、ドリフターズを経てソロ歌手になる。ドミノス時代から一貫して、ハイテナーボイスと張りのある声で「ラヴァーズ・クエスチョン」をヒットに導く。

1972年に39歳で死去。15年後の1987年にロックの殿堂入りを果たす。

1953年春、アトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンによって才能を見出され、同年アトランティック・レコードと契約、ドリフターズ (アメリカ)のリード・シンガーとしてデビューを果たす。

マクファターがリードをとったドリフターズのデビューシングル「マネー・ハニー」は、最初のロックンロールのレコードの一つとされており、また後年にエルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードによってカバーされる。

1954年、兵役で空軍に所属し、ドリフターズを脱退する。翌年に兵役が終わり、再びアトランティック・レコードにてソロ歌手として活動をする。ソロ・デビュー曲は、同じ会社に所属していたルース・ブラウンとのデュエットであった。

しばらくシングルを出していたマクファターであったが、そのどれもがR&Bチャートで上位を記録する。しかし、1956年発売の「ウィズアウト・ラヴ」が19位、「トレジャー・オブ・ラヴ」が13位、そして1958年発売の「ラヴァーズ・クエスチョン」が6位と、それぞれポップチャートの上位入りを果たしている。

1959年、アトランティック・レコードからMGMレコードに一年間在籍するが、ヒットは出ていない。後にマーキュリー・レコードに移籍し、「タ・タ」、「ラヴァー・プリーズ」をそれぞれチャートインさせているが、散発的であった。次第に過度の飲酒をしてしまう。

1968年イギリスに移住する。1970年帰国し、再び活動を始めるも、2年後の1972年6月13日に心臓発作で39歳の若さで死去。

1987年、ロックの殿堂入りを果たし、またドリフターズ (アメリカ)も1988年に同じくロックの殿堂入りを果たしている。
(wikipediaより)

Clyde McPhatter - Lover Please

クライド・マクファター (Clyde McPhatter1932年11月15日 - 1972年6月13日)は、アメリカ合衆国の黒人歌手。

ビリー・ワード&ザ・ドミノス、ドリフターズを経てソロ歌手になる。ドミノス時代から一貫して、ハイテナーボイスと張りのある声で「ラヴァーズ・クエスチョン」をヒットに導く。

1972年に39歳で死去。15年後の1987年にロックの殿堂入りを果たす。

1953年春、アトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンによって才能を見出され、同年アトランティック・レコードと契約、ドリフターズ (アメリカ)のリード・シンガーとしてデビューを果たす。

マクファターがリードをとったドリフターズのデビューシングル「マネー・ハニー」は、最初のロックンロールのレコードの一つとされており、また後年にエルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードによってカバーされる。

1954年、兵役で空軍に所属し、ドリフターズを脱退する。翌年に兵役が終わり、再びアトランティック・レコードにてソロ歌手として活動をする。ソロ・デビュー曲は、同じ会社に所属していたルース・ブラウンとのデュエットであった。

しばらくシングルを出していたマクファターであったが、そのどれもがR&Bチャートで上位を記録する。しかし、1956年発売の「ウィズアウト・ラヴ」が19位、「トレジャー・オブ・ラヴ」が13位、そして1958年発売の「ラヴァーズ・クエスチョン」が6位と、それぞれポップチャートの上位入りを果たしている。

1959年、アトランティック・レコードからMGMレコードに一年間在籍するが、ヒットは出ていない。後にマーキュリー・レコードに移籍し、「タ・タ」、「ラヴァー・プリーズ」をそれぞれチャートインさせているが、散発的であった。次第に過度の飲酒をしてしまう。

1968年イギリスに移住する。1970年帰国し、再び活動を始めるも、2年後の1972年6月13日に心臓発作で39歳の若さで死去。

1987年、ロックの殿堂入りを果たし、またドリフターズ (アメリカ)も1988年に同じくロックの殿堂入りを果たしている。
(wikipediaより)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト