[/] ROCKPV Fates Warning

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Fates Warning - Firefly

フェイツ・ウォーニング(Fates Warning)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・メタルバンド。

1980年代中頃から「プログレッシブ・ロック」と「ヘヴィメタル」を融合させたスタイルを展開。以来「プログレッシブ・メタル」と定義付けられ発展させた先駆者としても知られている。

1982年、コネティカット州ハートフォードで結成。1990年代中頃から、オリジナルメンバーはギターを担当するジム・マテオスのみ。ただし2016年に、3rdアルバム『Awaken the Guardian』の発売30周年として、当時の旧オリジナルメンバーと再結成を企画した。

初期の音楽性は、2ndアルバム『The Spector Within』(1985年)まで、アイアン・メイデン風の伝統的なヘヴィメタルの流れにあったが、3rdアルバム『Awaken the Guardian』(1986年)以降、後にプログレッシブ・メタルと呼ばれるようになる音楽性へと方向転換していく。実際、同系統のミュージシャン マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)は、「プログレッシブ・メタルを作り出したのは、フェイツ・ウォーニングであった」とも書いている。

込み入ったリズムを含む楽曲、プログレッシブ・ロックの精神性、ヘヴィメタル音像の組合せといった特色の数々は、その後の「ドリーム・シアター」や「クイーンズライク」らにも多大な影響を与え、共にプログレッシブ・メタルというジャンルを発展させていった。

彼らの1stアルバムから3rdアルバムまでは、ジョン・アーチの並ならぬヴォーカルが特徴となっている。

また、歌詞の題材として幻想的な題材を主に扱っていた。しかしアーチが脱退し、後任のレイ・アルダーが加入してからは、内省的な内容の歌詞が多くなった。また、マーク・ゾンダー(Ds)が加入した5thアルバム『Perfect Symmetry』(1989年)以降は、プログレッシブ・ロックの要素が更に増して実験的で技巧を凝らした音楽となり、眼前に迫り力で圧倒するようなヘヴィメタルの要素はやや後退した。
(wikipediaより)

Fates Warning - SOS

フェイツ・ウォーニング(Fates Warning)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・メタルバンド。

1980年代中頃から「プログレッシブ・ロック」と「ヘヴィメタル」を融合させたスタイルを展開。以来「プログレッシブ・メタル」と定義付けられ発展させた先駆者としても知られている。

1982年、コネティカット州ハートフォードで結成。1990年代中頃から、オリジナルメンバーはギターを担当するジム・マテオスのみ。ただし2016年に、3rdアルバム『Awaken the Guardian』の発売30周年として、当時の旧オリジナルメンバーと再結成を企画した。

初期の音楽性は、2ndアルバム『The Spector Within』(1985年)まで、アイアン・メイデン風の伝統的なヘヴィメタルの流れにあったが、3rdアルバム『Awaken the Guardian』(1986年)以降、後にプログレッシブ・メタルと呼ばれるようになる音楽性へと方向転換していく。実際、同系統のミュージシャン マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)は、「プログレッシブ・メタルを作り出したのは、フェイツ・ウォーニングであった」とも書いている。

込み入ったリズムを含む楽曲、プログレッシブ・ロックの精神性、ヘヴィメタル音像の組合せといった特色の数々は、その後の「ドリーム・シアター」や「クイーンズライク」らにも多大な影響を与え、共にプログレッシブ・メタルというジャンルを発展させていった。

彼らの1stアルバムから3rdアルバムまでは、ジョン・アーチの並ならぬヴォーカルが特徴となっている。

また、歌詞の題材として幻想的な題材を主に扱っていた。しかしアーチが脱退し、後任のレイ・アルダーが加入してからは、内省的な内容の歌詞が多くなった。また、マーク・ゾンダー(Ds)が加入した5thアルバム『Perfect Symmetry』(1989年)以降は、プログレッシブ・ロックの要素が更に増して実験的で技巧を凝らした音楽となり、眼前に迫り力で圧倒するようなヘヴィメタルの要素はやや後退した。
(wikipediaより)

Fates Warning - Through Different Eyes

フェイツ・ウォーニング(Fates Warning)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・メタルバンド。

1980年代中頃から「プログレッシブ・ロック」と「ヘヴィメタル」を融合させたスタイルを展開。以来「プログレッシブ・メタル」と定義付けられ発展させた先駆者としても知られている。

1982年、コネティカット州ハートフォードで結成。1990年代中頃から、オリジナルメンバーはギターを担当するジム・マテオスのみ。ただし2016年に、3rdアルバム『Awaken the Guardian』の発売30周年として、当時の旧オリジナルメンバーと再結成を企画した。

初期の音楽性は、2ndアルバム『The Spector Within』(1985年)まで、アイアン・メイデン風の伝統的なヘヴィメタルの流れにあったが、3rdアルバム『Awaken the Guardian』(1986年)以降、後にプログレッシブ・メタルと呼ばれるようになる音楽性へと方向転換していく。実際、同系統のミュージシャン マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)は、「プログレッシブ・メタルを作り出したのは、フェイツ・ウォーニングであった」とも書いている。

込み入ったリズムを含む楽曲、プログレッシブ・ロックの精神性、ヘヴィメタル音像の組合せといった特色の数々は、その後の「ドリーム・シアター」や「クイーンズライク」らにも多大な影響を与え、共にプログレッシブ・メタルというジャンルを発展させていった。

彼らの1stアルバムから3rdアルバムまでは、ジョン・アーチの並ならぬヴォーカルが特徴となっている。

また、歌詞の題材として幻想的な題材を主に扱っていた。しかしアーチが脱退し、後任のレイ・アルダーが加入してからは、内省的な内容の歌詞が多くなった。また、マーク・ゾンダー(Ds)が加入した5thアルバム『Perfect Symmetry』(1989年)以降は、プログレッシブ・ロックの要素が更に増して実験的で技巧を凝らした音楽となり、眼前に迫り力で圧倒するようなヘヴィメタルの要素はやや後退した。
(wikipediaより)

Fates Warning - Point Of View

フェイツ・ウォーニング(Fates Warning)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・メタルバンド。

1980年代中頃から「プログレッシブ・ロック」と「ヘヴィメタル」を融合させたスタイルを展開。以来「プログレッシブ・メタル」と定義付けられ発展させた先駆者としても知られている。

1982年、コネティカット州ハートフォードで結成。1990年代中頃から、オリジナルメンバーはギターを担当するジム・マテオスのみ。ただし2016年に、3rdアルバム『Awaken the Guardian』の発売30周年として、当時の旧オリジナルメンバーと再結成を企画した。

初期の音楽性は、2ndアルバム『The Spector Within』(1985年)まで、アイアン・メイデン風の伝統的なヘヴィメタルの流れにあったが、3rdアルバム『Awaken the Guardian』(1986年)以降、後にプログレッシブ・メタルと呼ばれるようになる音楽性へと方向転換していく。実際、同系統のミュージシャン マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)は、「プログレッシブ・メタルを作り出したのは、フェイツ・ウォーニングであった」とも書いている。

込み入ったリズムを含む楽曲、プログレッシブ・ロックの精神性、ヘヴィメタル音像の組合せといった特色の数々は、その後の「ドリーム・シアター」や「クイーンズライク」らにも多大な影響を与え、共にプログレッシブ・メタルというジャンルを発展させていった。

彼らの1stアルバムから3rdアルバムまでは、ジョン・アーチの並ならぬヴォーカルが特徴となっている。

また、歌詞の題材として幻想的な題材を主に扱っていた。しかしアーチが脱退し、後任のレイ・アルダーが加入してからは、内省的な内容の歌詞が多くなった。また、マーク・ゾンダー(Ds)が加入した5thアルバム『Perfect Symmetry』(1989年)以降は、プログレッシブ・ロックの要素が更に増して実験的で技巧を凝らした音楽となり、眼前に迫り力で圧倒するようなヘヴィメタルの要素はやや後退した。
(wikipediaより)

Fates Warning - Seven Stars

フェイツ・ウォーニング(Fates Warning)は、アメリカ合衆国出身のプログレッシブ・メタルバンド。

1980年代中頃から「プログレッシブ・ロック」と「ヘヴィメタル」を融合させたスタイルを展開。以来「プログレッシブ・メタル」と定義付けられ発展させた先駆者としても知られている。

1982年、コネティカット州ハートフォードで結成。1990年代中頃から、オリジナルメンバーはギターを担当するジム・マテオスのみ。ただし2016年に、3rdアルバム『Awaken the Guardian』の発売30周年として、当時の旧オリジナルメンバーと再結成を企画した。

初期の音楽性は、2ndアルバム『The Spector Within』(1985年)まで、アイアン・メイデン風の伝統的なヘヴィメタルの流れにあったが、3rdアルバム『Awaken the Guardian』(1986年)以降、後にプログレッシブ・メタルと呼ばれるようになる音楽性へと方向転換していく。実際、同系統のミュージシャン マイク・ポートノイ(ドリーム・シアター)は、「プログレッシブ・メタルを作り出したのは、フェイツ・ウォーニングであった」とも書いている。

込み入ったリズムを含む楽曲、プログレッシブ・ロックの精神性、ヘヴィメタル音像の組合せといった特色の数々は、その後の「ドリーム・シアター」や「クイーンズライク」らにも多大な影響を与え、共にプログレッシブ・メタルというジャンルを発展させていった。

彼らの1stアルバムから3rdアルバムまでは、ジョン・アーチの並ならぬヴォーカルが特徴となっている。

また、歌詞の題材として幻想的な題材を主に扱っていた。しかしアーチが脱退し、後任のレイ・アルダーが加入してからは、内省的な内容の歌詞が多くなった。また、マーク・ゾンダー(Ds)が加入した5thアルバム『Perfect Symmetry』(1989年)以降は、プログレッシブ・ロックの要素が更に増して実験的で技巧を凝らした音楽となり、眼前に迫り力で圧倒するようなヘヴィメタルの要素はやや後退した。
(wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト