[/] ROCKPV Drake

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Drake - Energy

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優である。
本名はオーブリー・ドレイク・グラハム (Aubrey Drake Graham) 。

もともとはカナダの学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから7作連続全米1位を記録するなど名実ともに現在の音楽シーンを代表するアーティストの一人である。

2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。

2009年に3枚目のミックステープ『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。その後もセールスは伸び続け、結果的に全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定されている。

2010年に公式デビューアルバム『サンク・ミー・レイター』をリリース。当時『ソー・ファー・ゴーン』が話題沸騰中だったこともあり、初週に45万枚という、新人としては驚異的な枚数を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場1位を記録した。トータルセールスは140万枚以上。

2011年、2作目となるアルバム『テイク・ケア』をリリース。発売週に63万1000枚を売り上げたうえ、累計では200万枚を超えるセールスを記録。また、音楽メディアからの評価も高く、ピッチフォーク・メディアがこの年の年間ベスト・アルバム第8位に、ステレオガムが2位に、FACTが7位に選出している。

2013年には3作目となる『ナッシング・ワズ・ザ・セイム』をリリース。発売週の売り上げは、前作を上回る68万5000枚となった。2015年2月、4枚目となるミックステープ 『イフ・ユーア・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』を予告なしにiTunes Storeを通してリリースし、全米1位を記録。同年9月にはミックステープ『What a Time to Be Alive』をフューチャーとの連名でリリース。こちらも大きなヒット作となった。

2016年4月「Views From the 6」というタイトルでアナウンスされていた4枚目のアルバムを「Views」というタイトルでリリース、全米6週1位に輝く大ヒット作となる。また、今作のアートワークは地元トロントのCNタワーにドレイクが座っているというものであり、これを模したコラージュ画像がネット上で多く出回るなどインターネット・ミーム化としても現象化した。収録曲の中でもダンスホールを取り入れた楽曲「One Dance」は世界15カ国のチャートで1位するなどメガヒットを記録。2016年世界で最も売れた曲となった。

2017年3月、プレイリストと名付けられたミックステープ「More Life」をリリースし、自身7枚目の全米1位を獲得。結果的にこちらも全米年間チャート5位を記録する大ヒット作となった。

2018年1月EP「Scary Hours」をリリース。収録曲「God's Plan」は11週連続全米シングルチャート1位を記録する大ヒットを記録する。[5]また同年4月にはローリン・ヒルの楽曲「Ex-Factor」をサンプリングしたシングル「Nice For What」を発表。こちらもそれまで1位だった自身の「God's Plan」に代わり初登場1位を獲得した。同年6月に5枚目のスタジオアルバムとなる「Scorpion」をリリースすることが予定されている。
(wikipediaより)

Drake - I'm Upset

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優である。
本名はオーブリー・ドレイク・グラハム (Aubrey Drake Graham) 。

もともとはカナダの学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから7作連続全米1位を記録するなど名実ともに現在の音楽シーンを代表するアーティストの一人である。

2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。

2009年に3枚目のミックステープ『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。その後もセールスは伸び続け、結果的に全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定されている。

2010年に公式デビューアルバム『サンク・ミー・レイター』をリリース。当時『ソー・ファー・ゴーン』が話題沸騰中だったこともあり、初週に45万枚という、新人としては驚異的な枚数を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場1位を記録した。トータルセールスは140万枚以上。

2011年、2作目となるアルバム『テイク・ケア』をリリース。発売週に63万1000枚を売り上げたうえ、累計では200万枚を超えるセールスを記録。また、音楽メディアからの評価も高く、ピッチフォーク・メディアがこの年の年間ベスト・アルバム第8位に、ステレオガムが2位に、FACTが7位に選出している。

2013年には3作目となる『ナッシング・ワズ・ザ・セイム』をリリース。発売週の売り上げは、前作を上回る68万5000枚となった。2015年2月、4枚目となるミックステープ 『イフ・ユーア・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』を予告なしにiTunes Storeを通してリリースし、全米1位を記録。同年9月にはミックステープ『What a Time to Be Alive』をフューチャーとの連名でリリース。こちらも大きなヒット作となった。

2016年4月「Views From the 6」というタイトルでアナウンスされていた4枚目のアルバムを「Views」というタイトルでリリース、全米6週1位に輝く大ヒット作となる。また、今作のアートワークは地元トロントのCNタワーにドレイクが座っているというものであり、これを模したコラージュ画像がネット上で多く出回るなどインターネット・ミーム化としても現象化した。収録曲の中でもダンスホールを取り入れた楽曲「One Dance」は世界15カ国のチャートで1位するなどメガヒットを記録。2016年世界で最も売れた曲となった。

2017年3月、プレイリストと名付けられたミックステープ「More Life」をリリースし、自身7枚目の全米1位を獲得。結果的にこちらも全米年間チャート5位を記録する大ヒット作となった。

2018年1月EP「Scary Hours」をリリース。収録曲「God's Plan」は11週連続全米シングルチャート1位を記録する大ヒットを記録する。[5]また同年4月にはローリン・ヒルの楽曲「Ex-Factor」をサンプリングしたシングル「Nice For What」を発表。こちらもそれまで1位だった自身の「God's Plan」に代わり初登場1位を獲得した。同年6月に5枚目のスタジオアルバムとなる「Scorpion」をリリースすることが予定されている。
(wikipediaより)

Drake - Hotline Bling

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優である。
本名はオーブリー・ドレイク・グラハム (Aubrey Drake Graham) 。

もともとはカナダの学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから7作連続全米1位を記録するなど名実ともに現在の音楽シーンを代表するアーティストの一人である。

2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。

2009年に3枚目のミックステープ『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。その後もセールスは伸び続け、結果的に全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定されている。

2010年に公式デビューアルバム『サンク・ミー・レイター』をリリース。当時『ソー・ファー・ゴーン』が話題沸騰中だったこともあり、初週に45万枚という、新人としては驚異的な枚数を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場1位を記録した。トータルセールスは140万枚以上。

2011年、2作目となるアルバム『テイク・ケア』をリリース。発売週に63万1000枚を売り上げたうえ、累計では200万枚を超えるセールスを記録。また、音楽メディアからの評価も高く、ピッチフォーク・メディアがこの年の年間ベスト・アルバム第8位に、ステレオガムが2位に、FACTが7位に選出している。

2013年には3作目となる『ナッシング・ワズ・ザ・セイム』をリリース。発売週の売り上げは、前作を上回る68万5000枚となった。2015年2月、4枚目となるミックステープ 『イフ・ユーア・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』を予告なしにiTunes Storeを通してリリースし、全米1位を記録。同年9月にはミックステープ『What a Time to Be Alive』をフューチャーとの連名でリリース。こちらも大きなヒット作となった。

2016年4月「Views From the 6」というタイトルでアナウンスされていた4枚目のアルバムを「Views」というタイトルでリリース、全米6週1位に輝く大ヒット作となる。また、今作のアートワークは地元トロントのCNタワーにドレイクが座っているというものであり、これを模したコラージュ画像がネット上で多く出回るなどインターネット・ミーム化としても現象化した。収録曲の中でもダンスホールを取り入れた楽曲「One Dance」は世界15カ国のチャートで1位するなどメガヒットを記録。2016年世界で最も売れた曲となった。

2017年3月、プレイリストと名付けられたミックステープ「More Life」をリリースし、自身7枚目の全米1位を獲得。結果的にこちらも全米年間チャート5位を記録する大ヒット作となった。

2018年1月EP「Scary Hours」をリリース。収録曲「God's Plan」は11週連続全米シングルチャート1位を記録する大ヒットを記録する。[5]また同年4月にはローリン・ヒルの楽曲「Ex-Factor」をサンプリングしたシングル「Nice For What」を発表。こちらもそれまで1位だった自身の「God's Plan」に代わり初登場1位を獲得した。同年6月に5枚目のスタジオアルバムとなる「Scorpion」をリリースすることが予定されている。
(wikipediaより)

Drake - Nice For What

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優である。
本名はオーブリー・ドレイク・グラハム (Aubrey Drake Graham) 。

もともとはカナダの学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから7作連続全米1位を記録するなど名実ともに現在の音楽シーンを代表するアーティストの一人である。

2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。

2009年に3枚目のミックステープ『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。その後もセールスは伸び続け、結果的に全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定されている。

2010年に公式デビューアルバム『サンク・ミー・レイター』をリリース。当時『ソー・ファー・ゴーン』が話題沸騰中だったこともあり、初週に45万枚という、新人としては驚異的な枚数を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場1位を記録した。トータルセールスは140万枚以上。

2011年、2作目となるアルバム『テイク・ケア』をリリース。発売週に63万1000枚を売り上げたうえ、累計では200万枚を超えるセールスを記録。また、音楽メディアからの評価も高く、ピッチフォーク・メディアがこの年の年間ベスト・アルバム第8位に、ステレオガムが2位に、FACTが7位に選出している。

2013年には3作目となる『ナッシング・ワズ・ザ・セイム』をリリース。発売週の売り上げは、前作を上回る68万5000枚となった。2015年2月、4枚目となるミックステープ 『イフ・ユーア・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』を予告なしにiTunes Storeを通してリリースし、全米1位を記録。同年9月にはミックステープ『What a Time to Be Alive』をフューチャーとの連名でリリース。こちらも大きなヒット作となった。

2016年4月「Views From the 6」というタイトルでアナウンスされていた4枚目のアルバムを「Views」というタイトルでリリース、全米6週1位に輝く大ヒット作となる。また、今作のアートワークは地元トロントのCNタワーにドレイクが座っているというものであり、これを模したコラージュ画像がネット上で多く出回るなどインターネット・ミーム化としても現象化した。収録曲の中でもダンスホールを取り入れた楽曲「One Dance」は世界15カ国のチャートで1位するなどメガヒットを記録。2016年世界で最も売れた曲となった。

2017年3月、プレイリストと名付けられたミックステープ「More Life」をリリースし、自身7枚目の全米1位を獲得。結果的にこちらも全米年間チャート5位を記録する大ヒット作となった。

2018年1月EP「Scary Hours」をリリース。収録曲「God's Plan」は11週連続全米シングルチャート1位を記録する大ヒットを記録する。[5]また同年4月にはローリン・ヒルの楽曲「Ex-Factor」をサンプリングしたシングル「Nice For What」を発表。こちらもそれまで1位だった自身の「God's Plan」に代わり初登場1位を獲得した。同年6月に5枚目のスタジオアルバムとなる「Scorpion」をリリースすることが予定されている。
(wikipediaより)

Drake - God's Plan

ドレイク(Drake、1986年10月24日 - )は、カナダ出身のラッパー、俳優である。
本名はオーブリー・ドレイク・グラハム (Aubrey Drake Graham) 。

もともとはカナダの学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』に第1シーズンから第7シーズンまでレギュラー出演したことで知名度を獲得した。デビューアルバムから7作連続全米1位を記録するなど名実ともに現在の音楽シーンを代表するアーティストの一人である。

2006年2月、自身初のミックステープ『ルーム・フォー・インプルーブメント』を自主製作で発表し、6000枚以上の売り上げを記録。2007年には2枚目となるミックステープ『カムバック・シーズン』をリリース。

2009年に3枚目のミックステープ『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』を自身のブログ上で無料のダウンロード形式でリリース。発表から2時間で2000ダウンロード以上を記録した。同年『ソー・ファー・ゴーン(ミックステープ)』収録の5曲に加え、新曲を2トラック追加収録した『ソー・ファー・ゴーン』をリリース。このEPは、初週に73000枚を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場7位を記録した。その後もセールスは伸び続け、結果的に全米で50万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクに認定されている。

2010年に公式デビューアルバム『サンク・ミー・レイター』をリリース。当時『ソー・ファー・ゴーン』が話題沸騰中だったこともあり、初週に45万枚という、新人としては驚異的な枚数を売り上げ、全米ビルボード200にて初登場1位を記録した。トータルセールスは140万枚以上。

2011年、2作目となるアルバム『テイク・ケア』をリリース。発売週に63万1000枚を売り上げたうえ、累計では200万枚を超えるセールスを記録。また、音楽メディアからの評価も高く、ピッチフォーク・メディアがこの年の年間ベスト・アルバム第8位に、ステレオガムが2位に、FACTが7位に選出している。

2013年には3作目となる『ナッシング・ワズ・ザ・セイム』をリリース。発売週の売り上げは、前作を上回る68万5000枚となった。2015年2月、4枚目となるミックステープ 『イフ・ユーア・リーディング・ディス・イッツ・トゥー・レイト』を予告なしにiTunes Storeを通してリリースし、全米1位を記録。同年9月にはミックステープ『What a Time to Be Alive』をフューチャーとの連名でリリース。こちらも大きなヒット作となった。

2016年4月「Views From the 6」というタイトルでアナウンスされていた4枚目のアルバムを「Views」というタイトルでリリース、全米6週1位に輝く大ヒット作となる。また、今作のアートワークは地元トロントのCNタワーにドレイクが座っているというものであり、これを模したコラージュ画像がネット上で多く出回るなどインターネット・ミーム化としても現象化した。収録曲の中でもダンスホールを取り入れた楽曲「One Dance」は世界15カ国のチャートで1位するなどメガヒットを記録。2016年世界で最も売れた曲となった。

2017年3月、プレイリストと名付けられたミックステープ「More Life」をリリースし、自身7枚目の全米1位を獲得。結果的にこちらも全米年間チャート5位を記録する大ヒット作となった。

2018年1月EP「Scary Hours」をリリース。収録曲「God's Plan」は11週連続全米シングルチャート1位を記録する大ヒットを記録する。[5]また同年4月にはローリン・ヒルの楽曲「Ex-Factor」をサンプリングしたシングル「Nice For What」を発表。こちらもそれまで1位だった自身の「God's Plan」に代わり初登場1位を獲得した。同年6月に5枚目のスタジオアルバムとなる「Scorpion」をリリースすることが予定されている。
(wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター