[/] ROCKPV Emerson, Lake & Palmer

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Emerson, Lake & Palmer-Toccata

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer) は、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人により、1970年に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

英語圏では「ELP」の略称で呼ばれることもある。

クラシック音楽に傾倒し、ムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』を独自に編成したり、シンセサイザーを導入したことで知られるバンドである。各人がそれ以前のバンド活動で既に名声を得ていたことで、「スーパーグループ」と呼ばれていた。

活動のピークは結成時から1974年といわれている。この間に、4作のスタジオ録音アルバムと2作のライブ・アルバムを発表し、その全てが母国イギリスのヒット・チャートのトップ5圏内に入り、アメリカではトップ20圏内に入っている。1972年には来日も果たし、後楽園球場で約35000人を集めたコンサートを行っている。

クラシックを取り入れたユニークな音楽性と演奏スタイルが支持されて、プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして人気があり、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエスとともに「プログレッシブ・ロック四天王」、あるいは、ジェネシスを加えて「プログレッシブ・ロック5大バンド」とされている。

エマーソンの派手なキーボード・プレイに隠れてしまうことがあるが、レイクの多才ぶりもELPの存在において重要である。レイクのベースがギターサウンドのフレーズを代用することも多く、後に8弦ベースを使用する際には、さらにその傾向が高まった。

さらにライヴでは、ベースラインをエマーソンのモーグにまかせ、レイクがエレキギターを弾くこともあった。レイクが「ラッキー・マン」、「スティル・ユー・ターン・ミー・オン」などのアコースティックギターでの弾き語りを行う場合は、他の2人がバックに廻るという演奏形態を採る。

ライヴにおいては、2人のバックがなく、ソロでアコースティックギターを弾きながら歌う場合もある。エマーソンの攻撃的な演奏の間に、レイクのアコースティックな曲が流れるのは、アルバムにおいても、ライヴにおいても、それは一服の清涼剤のような存在になっている。
(Wikipediaより)

Emerson Lake & Palmer - The Barbarian

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer) は、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人により、1970年に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

英語圏では「ELP」の略称で呼ばれることもある。

クラシック音楽に傾倒し、ムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』を独自に編成したり、シンセサイザーを導入したことで知られるバンドである。各人がそれ以前のバンド活動で既に名声を得ていたことで、「スーパーグループ」と呼ばれていた。

活動のピークは結成時から1974年といわれている。この間に、4作のスタジオ録音アルバムと2作のライブ・アルバムを発表し、その全てが母国イギリスのヒット・チャートのトップ5圏内に入り、アメリカではトップ20圏内に入っている。1972年には来日も果たし、後楽園球場で約35000人を集めたコンサートを行っている。

クラシックを取り入れたユニークな音楽性と演奏スタイルが支持されて、プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして人気があり、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエスとともに「プログレッシブ・ロック四天王」、あるいは、ジェネシスを加えて「プログレッシブ・ロック5大バンド」とされている。

エマーソンの派手なキーボード・プレイに隠れてしまうことがあるが、レイクの多才ぶりもELPの存在において重要である。レイクのベースがギターサウンドのフレーズを代用することも多く、後に8弦ベースを使用する際には、さらにその傾向が高まった。

さらにライヴでは、ベースラインをエマーソンのモーグにまかせ、レイクがエレキギターを弾くこともあった。レイクが「ラッキー・マン」、「スティル・ユー・ターン・ミー・オン」などのアコースティックギターでの弾き語りを行う場合は、他の2人がバックに廻るという演奏形態を採る。

ライヴにおいては、2人のバックがなく、ソロでアコースティックギターを弾きながら歌う場合もある。エマーソンの攻撃的な演奏の間に、レイクのアコースティックな曲が流れるのは、アルバムにおいても、ライヴにおいても、それは一服の清涼剤のような存在になっている。
(Wikipediaより)

Emerson Lake & Palmer Promenade~The Sage

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer) は、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人により、1970年に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

英語圏では「ELP」の略称で呼ばれることもある。

クラシック音楽に傾倒し、ムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』を独自に編成したり、シンセサイザーを導入したことで知られるバンドである。各人がそれ以前のバンド活動で既に名声を得ていたことで、「スーパーグループ」と呼ばれていた。

活動のピークは結成時から1974年といわれている。この間に、4作のスタジオ録音アルバムと2作のライブ・アルバムを発表し、その全てが母国イギリスのヒット・チャートのトップ5圏内に入り、アメリカではトップ20圏内に入っている。1972年には来日も果たし、後楽園球場で約35000人を集めたコンサートを行っている。

クラシックを取り入れたユニークな音楽性と演奏スタイルが支持されて、プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして人気があり、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエスとともに「プログレッシブ・ロック四天王」、あるいは、ジェネシスを加えて「プログレッシブ・ロック5大バンド」とされている。

エマーソンの派手なキーボード・プレイに隠れてしまうことがあるが、レイクの多才ぶりもELPの存在において重要である。レイクのベースがギターサウンドのフレーズを代用することも多く、後に8弦ベースを使用する際には、さらにその傾向が高まった。

さらにライヴでは、ベースラインをエマーソンのモーグにまかせ、レイクがエレキギターを弾くこともあった。レイクが「ラッキー・マン」、「スティル・ユー・ターン・ミー・オン」などのアコースティックギターでの弾き語りを行う場合は、他の2人がバックに廻るという演奏形態を採る。

ライヴにおいては、2人のバックがなく、ソロでアコースティックギターを弾きながら歌う場合もある。エマーソンの攻撃的な演奏の間に、レイクのアコースティックな曲が流れるのは、アルバムにおいても、ライヴにおいても、それは一服の清涼剤のような存在になっている。
(Wikipediaより)

Emerson, Lake & Palmer - Trilogy

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer) は、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人により、1970年に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

英語圏では「ELP」の略称で呼ばれることもある。

クラシック音楽に傾倒し、ムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』を独自に編成したり、シンセサイザーを導入したことで知られるバンドである。各人がそれ以前のバンド活動で既に名声を得ていたことで、「スーパーグループ」と呼ばれていた。

活動のピークは結成時から1974年といわれている。この間に、4作のスタジオ録音アルバムと2作のライブ・アルバムを発表し、その全てが母国イギリスのヒット・チャートのトップ5圏内に入り、アメリカではトップ20圏内に入っている。1972年には来日も果たし、後楽園球場で約35000人を集めたコンサートを行っている。

クラシックを取り入れたユニークな音楽性と演奏スタイルが支持されて、プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして人気があり、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエスとともに「プログレッシブ・ロック四天王」、あるいは、ジェネシスを加えて「プログレッシブ・ロック5大バンド」とされている。

エマーソンの派手なキーボード・プレイに隠れてしまうことがあるが、レイクの多才ぶりもELPの存在において重要である。レイクのベースがギターサウンドのフレーズを代用することも多く、後に8弦ベースを使用する際には、さらにその傾向が高まった。

さらにライヴでは、ベースラインをエマーソンのモーグにまかせ、レイクがエレキギターを弾くこともあった。レイクが「ラッキー・マン」、「スティル・ユー・ターン・ミー・オン」などのアコースティックギターでの弾き語りを行う場合は、他の2人がバックに廻るという演奏形態を採る。

ライヴにおいては、2人のバックがなく、ソロでアコースティックギターを弾きながら歌う場合もある。エマーソンの攻撃的な演奏の間に、レイクのアコースティックな曲が流れるのは、アルバムにおいても、ライヴにおいても、それは一服の清涼剤のような存在になっている。
(Wikipediaより)

Emerson Lake & Palmer - The Great Gates of Kiev

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(Emerson, Lake & Palmer) は、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人により、1970年に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。

英語圏では「ELP」の略称で呼ばれることもある。

クラシック音楽に傾倒し、ムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』を独自に編成したり、シンセサイザーを導入したことで知られるバンドである。各人がそれ以前のバンド活動で既に名声を得ていたことで、「スーパーグループ」と呼ばれていた。

活動のピークは結成時から1974年といわれている。この間に、4作のスタジオ録音アルバムと2作のライブ・アルバムを発表し、その全てが母国イギリスのヒット・チャートのトップ5圏内に入り、アメリカではトップ20圏内に入っている。1972年には来日も果たし、後楽園球場で約35000人を集めたコンサートを行っている。

クラシックを取り入れたユニークな音楽性と演奏スタイルが支持されて、プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして人気があり、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、イエスとともに「プログレッシブ・ロック四天王」、あるいは、ジェネシスを加えて「プログレッシブ・ロック5大バンド」とされている。

エマーソンの派手なキーボード・プレイに隠れてしまうことがあるが、レイクの多才ぶりもELPの存在において重要である。レイクのベースがギターサウンドのフレーズを代用することも多く、後に8弦ベースを使用する際には、さらにその傾向が高まった。

さらにライヴでは、ベースラインをエマーソンのモーグにまかせ、レイクがエレキギターを弾くこともあった。レイクが「ラッキー・マン」、「スティル・ユー・ターン・ミー・オン」などのアコースティックギターでの弾き語りを行う場合は、他の2人がバックに廻るという演奏形態を採る。

ライヴにおいては、2人のバックがなく、ソロでアコースティックギターを弾きながら歌う場合もある。エマーソンの攻撃的な演奏の間に、レイクのアコースティックな曲が流れるのは、アルバムにおいても、ライヴにおいても、それは一服の清涼剤のような存在になっている。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト