[/] ROCKPV Gentle Giant

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Gentle Giant Interview

ジェントル・ジャイアント(Gentle Giant)はイングランド出身のプログレッシブ・ロック・バンド。

英国のプログレ五大バンドに続く一角として1970年代に活動し、後世のロック・ミュージックにも影響を与えた。

サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドにいたデレク、レイ、フィルのシャルマン兄弟を中心に結成され、1970年にアルバム『ジェントル・ジャイアント』でデビューする。

全盛期技巧派のジャズ・ロックにトラッドや古楽の要素を織り交ぜた音楽性で、批評家からの評価とは裏腹にセールスに恵まれなかったが、1972年の4thアルバム『オクトパス』からハード・ロックやポップスの要素も取り入れるようになり、更にチェンバー・ロック的で複雑なアンサンブルに変化し、1975年の7thアルバム『フリー・ハンド』までセールスが上向いた。

英国のプログレ・バンドの中でも技巧派の筆頭として挙げられることも多く、概して玄人受けのするバンドである。

変拍子やポリリズム、多彩なジャンルの入り乱れる複雑な楽曲を、ライトなタッチで聴かせるアンサンブルと、メンバー全員によるコーラスワークは高い評価を受けている。そのため、その音楽性はアンサンブルの緊張感や技巧合戦の趣、幻想的な音空間といった俗に言う「プログレっぽさ」とはあまり関わりがなく、英国プログレにおいて図抜けたポップさを持つ異色のバンドである(XTCなどにも影響を与えたとされる)。

またマルチ・プレイヤーが揃ったバンドでもあり、ライヴでもメンバーがメインのパートのみならず、ヴァイオリンやチェロ、リコーダー、鉄琴などの楽器を次々と持ち替えつつ、時には(コーラスも兼ねつつ)同時に演奏して見せたりもした
(wikipediaより)

Gentle Giant - Funny Ways

ジェントル・ジャイアント(Gentle Giant)はイングランド出身のプログレッシブ・ロック・バンド。

英国のプログレ五大バンドに続く一角として1970年代に活動し、後世のロック・ミュージックにも影響を与えた。

サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドにいたデレク、レイ、フィルのシャルマン兄弟を中心に結成され、1970年にアルバム『ジェントル・ジャイアント』でデビューする。

全盛期技巧派のジャズ・ロックにトラッドや古楽の要素を織り交ぜた音楽性で、批評家からの評価とは裏腹にセールスに恵まれなかったが、1972年の4thアルバム『オクトパス』からハード・ロックやポップスの要素も取り入れるようになり、更にチェンバー・ロック的で複雑なアンサンブルに変化し、1975年の7thアルバム『フリー・ハンド』までセールスが上向いた。

英国のプログレ・バンドの中でも技巧派の筆頭として挙げられることも多く、概して玄人受けのするバンドである。

変拍子やポリリズム、多彩なジャンルの入り乱れる複雑な楽曲を、ライトなタッチで聴かせるアンサンブルと、メンバー全員によるコーラスワークは高い評価を受けている。そのため、その音楽性はアンサンブルの緊張感や技巧合戦の趣、幻想的な音空間といった俗に言う「プログレっぽさ」とはあまり関わりがなく、英国プログレにおいて図抜けたポップさを持つ異色のバンドである(XTCなどにも影響を与えたとされる)。

またマルチ・プレイヤーが揃ったバンドでもあり、ライヴでもメンバーがメインのパートのみならず、ヴァイオリンやチェロ、リコーダー、鉄琴などの楽器を次々と持ち替えつつ、時には(コーラスも兼ねつつ)同時に演奏して見せたりもした
(wikipediaより)

Gentle Giant - Free Hand

ジェントル・ジャイアント(Gentle Giant)はイングランド出身のプログレッシブ・ロック・バンド。

英国のプログレ五大バンドに続く一角として1970年代に活動し、後世のロック・ミュージックにも影響を与えた。

サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドにいたデレク、レイ、フィルのシャルマン兄弟を中心に結成され、1970年にアルバム『ジェントル・ジャイアント』でデビューする。

全盛期技巧派のジャズ・ロックにトラッドや古楽の要素を織り交ぜた音楽性で、批評家からの評価とは裏腹にセールスに恵まれなかったが、1972年の4thアルバム『オクトパス』からハード・ロックやポップスの要素も取り入れるようになり、更にチェンバー・ロック的で複雑なアンサンブルに変化し、1975年の7thアルバム『フリー・ハンド』までセールスが上向いた。

英国のプログレ・バンドの中でも技巧派の筆頭として挙げられることも多く、概して玄人受けのするバンドである。

変拍子やポリリズム、多彩なジャンルの入り乱れる複雑な楽曲を、ライトなタッチで聴かせるアンサンブルと、メンバー全員によるコーラスワークは高い評価を受けている。そのため、その音楽性はアンサンブルの緊張感や技巧合戦の趣、幻想的な音空間といった俗に言う「プログレっぽさ」とはあまり関わりがなく、英国プログレにおいて図抜けたポップさを持つ異色のバンドである(XTCなどにも影響を与えたとされる)。

またマルチ・プレイヤーが揃ったバンドでもあり、ライヴでもメンバーがメインのパートのみならず、ヴァイオリンやチェロ、リコーダー、鉄琴などの楽器を次々と持ち替えつつ、時には(コーラスも兼ねつつ)同時に演奏して見せたりもした
(wikipediaより)

Gentle Giant - On Reflection

ジェントル・ジャイアント(Gentle Giant)はイングランド出身のプログレッシブ・ロック・バンド。

英国のプログレ五大バンドに続く一角として1970年代に活動し、後世のロック・ミュージックにも影響を与えた。

サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドにいたデレク、レイ、フィルのシャルマン兄弟を中心に結成され、1970年にアルバム『ジェントル・ジャイアント』でデビューする。

全盛期技巧派のジャズ・ロックにトラッドや古楽の要素を織り交ぜた音楽性で、批評家からの評価とは裏腹にセールスに恵まれなかったが、1972年の4thアルバム『オクトパス』からハード・ロックやポップスの要素も取り入れるようになり、更にチェンバー・ロック的で複雑なアンサンブルに変化し、1975年の7thアルバム『フリー・ハンド』までセールスが上向いた。

英国のプログレ・バンドの中でも技巧派の筆頭として挙げられることも多く、概して玄人受けのするバンドである。

変拍子やポリリズム、多彩なジャンルの入り乱れる複雑な楽曲を、ライトなタッチで聴かせるアンサンブルと、メンバー全員によるコーラスワークは高い評価を受けている。そのため、その音楽性はアンサンブルの緊張感や技巧合戦の趣、幻想的な音空間といった俗に言う「プログレっぽさ」とはあまり関わりがなく、英国プログレにおいて図抜けたポップさを持つ異色のバンドである(XTCなどにも影響を与えたとされる)。

またマルチ・プレイヤーが揃ったバンドでもあり、ライヴでもメンバーがメインのパートのみならず、ヴァイオリンやチェロ、リコーダー、鉄琴などの楽器を次々と持ち替えつつ、時には(コーラスも兼ねつつ)同時に演奏して見せたりもした
(wikipediaより)

Gentle Giant - Proclamation

ジェントル・ジャイアント(Gentle Giant)はイングランド出身のプログレッシブ・ロック・バンド。

英国のプログレ五大バンドに続く一角として1970年代に活動し、後世のロック・ミュージックにも影響を与えた。

サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドにいたデレク、レイ、フィルのシャルマン兄弟を中心に結成され、1970年にアルバム『ジェントル・ジャイアント』でデビューする。

全盛期技巧派のジャズ・ロックにトラッドや古楽の要素を織り交ぜた音楽性で、批評家からの評価とは裏腹にセールスに恵まれなかったが、1972年の4thアルバム『オクトパス』からハード・ロックやポップスの要素も取り入れるようになり、更にチェンバー・ロック的で複雑なアンサンブルに変化し、1975年の7thアルバム『フリー・ハンド』までセールスが上向いた。

英国のプログレ・バンドの中でも技巧派の筆頭として挙げられることも多く、概して玄人受けのするバンドである。

変拍子やポリリズム、多彩なジャンルの入り乱れる複雑な楽曲を、ライトなタッチで聴かせるアンサンブルと、メンバー全員によるコーラスワークは高い評価を受けている。そのため、その音楽性はアンサンブルの緊張感や技巧合戦の趣、幻想的な音空間といった俗に言う「プログレっぽさ」とはあまり関わりがなく、英国プログレにおいて図抜けたポップさを持つ異色のバンドである(XTCなどにも影響を与えたとされる)。

またマルチ・プレイヤーが揃ったバンドでもあり、ライヴでもメンバーがメインのパートのみならず、ヴァイオリンやチェロ、リコーダー、鉄琴などの楽器を次々と持ち替えつつ、時には(コーラスも兼ねつつ)同時に演奏して見せたりもした
(wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター