[/] ROCKPV Eddie Cochran

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Eddie Cochran - Three Steps to Heaven

エディ・コクラン(Eddie Cochran、本名:エドワード・レイ・コクラン(Edward Ray Cochran)、1938年10月3日 - 1960年4月17日)は、アメリカ合衆国のロック・ギタリスト、シンガー。1960年人気絶頂の最中事故死を遂げた早逝のロックンローラー。代表曲「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」。2003年ローリング・ストーン誌選出「史上最も偉大な100人のギタリスト」84位。

「ラブ・アゲイン」と言う曲のB面に関してエディとケープハートの間で打ち合わせが行われた。同席していたロカビリー奏者ベイカー・ナイト(Baker Knight)によれば「ケープハートの自宅でビールを飲みながらのリラックスした話し合いだった。エディはブルース・リックを弾き、ケープハートは『流行りの言葉を歌詞に入れよう』とアイディアを出した。一時間後に曲が完成、『サマータイム・ブルース』と名付けられた。

「彼は私の事を覚えているかしら。」若き女性作曲家シャロン・シーリー(Sharon Sheeley)は高揚する気持ちを抑えてゴールドスター・スタジオに入った。彼女自身が作曲、ケープハートに持ち込んだ「ラブ・アゲイン」の録音に立ち会うためでもあり、昨年のクリスマスにABCパラマウント劇場でエヴァリー・ブラザースから紹介されたエディ・コクランとの再会でもあったからだ。残念ながらエディは彼女の事は覚えていなかったがこの録音を機に二人は親しい間柄となる。

6月11日、「ラブ・アゲイン / サマータイム・ブルース」発売。リリース当初反応は無かったが、しばらくすると不思議な現象が起きた。DJや音楽レビュアーがB面の「サマータイム・ブルース」を取り上げだしたのだ。8月に最高8位を記録、エディ生涯最大のヒットとなった。奇しくも「サマータイム・ブルース」がチャートを上昇している7月、ビルボードNO.1に輝いていたのはシャロンがリッキー・ネルソンに書いた「プア・リトル・フール」だった。

12月N.Y「ルーズ・ステイト・シアター」出演。DJアラン・フリードがプロモート、チャック・ベリー、キャディラックス、ディオン&ベルモンツ、他多数のロックスターが出演、そのまま全員がハリウッドへ移動「ゴー・ジョニー・ゴー!(Go Jhonny Go!)」が撮影された。作品中エディは「ティーンネイジ・ヘブン」をギターとダンスを踊りながら歌っている(wikipediaより)

Eddie Cochran - Somethin Else

エディ・コクラン(Eddie Cochran、本名:エドワード・レイ・コクラン(Edward Ray Cochran)、1938年10月3日 - 1960年4月17日)は、アメリカ合衆国のロック・ギタリスト、シンガー。1960年人気絶頂の最中事故死を遂げた早逝のロックンローラー。代表曲「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」。2003年ローリング・ストーン誌選出「史上最も偉大な100人のギタリスト」84位。

「ラブ・アゲイン」と言う曲のB面に関してエディとケープハートの間で打ち合わせが行われた。同席していたロカビリー奏者ベイカー・ナイト(Baker Knight)によれば「ケープハートの自宅でビールを飲みながらのリラックスした話し合いだった。エディはブルース・リックを弾き、ケープハートは『流行りの言葉を歌詞に入れよう』とアイディアを出した。一時間後に曲が完成、『サマータイム・ブルース』と名付けられた。

「彼は私の事を覚えているかしら。」若き女性作曲家シャロン・シーリー(Sharon Sheeley)は高揚する気持ちを抑えてゴールドスター・スタジオに入った。彼女自身が作曲、ケープハートに持ち込んだ「ラブ・アゲイン」の録音に立ち会うためでもあり、昨年のクリスマスにABCパラマウント劇場でエヴァリー・ブラザースから紹介されたエディ・コクランとの再会でもあったからだ。残念ながらエディは彼女の事は覚えていなかったがこの録音を機に二人は親しい間柄となる。

6月11日、「ラブ・アゲイン / サマータイム・ブルース」発売。リリース当初反応は無かったが、しばらくすると不思議な現象が起きた。DJや音楽レビュアーがB面の「サマータイム・ブルース」を取り上げだしたのだ。8月に最高8位を記録、エディ生涯最大のヒットとなった。奇しくも「サマータイム・ブルース」がチャートを上昇している7月、ビルボードNO.1に輝いていたのはシャロンがリッキー・ネルソンに書いた「プア・リトル・フール」だった。

12月N.Y「ルーズ・ステイト・シアター」出演。DJアラン・フリードがプロモート、チャック・ベリー、キャディラックス、ディオン&ベルモンツ、他多数のロックスターが出演、そのまま全員がハリウッドへ移動「ゴー・ジョニー・ゴー!(Go Jhonny Go!)」が撮影された。作品中エディは「ティーンネイジ・ヘブン」をギターとダンスを踊りながら歌っている(wikipediaより)

Eddie Cochran - Twenty Flight Rock

エディ・コクラン(Eddie Cochran、本名:エドワード・レイ・コクラン(Edward Ray Cochran)、1938年10月3日 - 1960年4月17日)は、アメリカ合衆国のロック・ギタリスト、シンガー。1960年人気絶頂の最中事故死を遂げた早逝のロックンローラー。代表曲「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」。2003年ローリング・ストーン誌選出「史上最も偉大な100人のギタリスト」84位。

「ラブ・アゲイン」と言う曲のB面に関してエディとケープハートの間で打ち合わせが行われた。同席していたロカビリー奏者ベイカー・ナイト(Baker Knight)によれば「ケープハートの自宅でビールを飲みながらのリラックスした話し合いだった。エディはブルース・リックを弾き、ケープハートは『流行りの言葉を歌詞に入れよう』とアイディアを出した。一時間後に曲が完成、『サマータイム・ブルース』と名付けられた。

「彼は私の事を覚えているかしら。」若き女性作曲家シャロン・シーリー(Sharon Sheeley)は高揚する気持ちを抑えてゴールドスター・スタジオに入った。彼女自身が作曲、ケープハートに持ち込んだ「ラブ・アゲイン」の録音に立ち会うためでもあり、昨年のクリスマスにABCパラマウント劇場でエヴァリー・ブラザースから紹介されたエディ・コクランとの再会でもあったからだ。残念ながらエディは彼女の事は覚えていなかったがこの録音を機に二人は親しい間柄となる。

6月11日、「ラブ・アゲイン / サマータイム・ブルース」発売。リリース当初反応は無かったが、しばらくすると不思議な現象が起きた。DJや音楽レビュアーがB面の「サマータイム・ブルース」を取り上げだしたのだ。8月に最高8位を記録、エディ生涯最大のヒットとなった。奇しくも「サマータイム・ブルース」がチャートを上昇している7月、ビルボードNO.1に輝いていたのはシャロンがリッキー・ネルソンに書いた「プア・リトル・フール」だった。

12月N.Y「ルーズ・ステイト・シアター」出演。DJアラン・フリードがプロモート、チャック・ベリー、キャディラックス、ディオン&ベルモンツ、他多数のロックスターが出演、そのまま全員がハリウッドへ移動「ゴー・ジョニー・ゴー!(Go Jhonny Go!)」が撮影された。作品中エディは「ティーンネイジ・ヘブン」をギターとダンスを踊りながら歌っている(wikipediaより)

Eddie Cochran - C'mon Everybody

エディ・コクラン(Eddie Cochran、本名:エドワード・レイ・コクラン(Edward Ray Cochran)、1938年10月3日 - 1960年4月17日)は、アメリカ合衆国のロック・ギタリスト、シンガー。1960年人気絶頂の最中事故死を遂げた早逝のロックンローラー。代表曲「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」。2003年ローリング・ストーン誌選出「史上最も偉大な100人のギタリスト」84位。

「ラブ・アゲイン」と言う曲のB面に関してエディとケープハートの間で打ち合わせが行われた。同席していたロカビリー奏者ベイカー・ナイト(Baker Knight)によれば「ケープハートの自宅でビールを飲みながらのリラックスした話し合いだった。エディはブルース・リックを弾き、ケープハートは『流行りの言葉を歌詞に入れよう』とアイディアを出した。一時間後に曲が完成、『サマータイム・ブルース』と名付けられた。

「彼は私の事を覚えているかしら。」若き女性作曲家シャロン・シーリー(Sharon Sheeley)は高揚する気持ちを抑えてゴールドスター・スタジオに入った。彼女自身が作曲、ケープハートに持ち込んだ「ラブ・アゲイン」の録音に立ち会うためでもあり、昨年のクリスマスにABCパラマウント劇場でエヴァリー・ブラザースから紹介されたエディ・コクランとの再会でもあったからだ。残念ながらエディは彼女の事は覚えていなかったがこの録音を機に二人は親しい間柄となる。

6月11日、「ラブ・アゲイン / サマータイム・ブルース」発売。リリース当初反応は無かったが、しばらくすると不思議な現象が起きた。DJや音楽レビュアーがB面の「サマータイム・ブルース」を取り上げだしたのだ。8月に最高8位を記録、エディ生涯最大のヒットとなった。奇しくも「サマータイム・ブルース」がチャートを上昇している7月、ビルボードNO.1に輝いていたのはシャロンがリッキー・ネルソンに書いた「プア・リトル・フール」だった。

12月N.Y「ルーズ・ステイト・シアター」出演。DJアラン・フリードがプロモート、チャック・ベリー、キャディラックス、ディオン&ベルモンツ、他多数のロックスターが出演、そのまま全員がハリウッドへ移動「ゴー・ジョニー・ゴー!(Go Jhonny Go!)」が撮影された。作品中エディは「ティーンネイジ・ヘブン」をギターとダンスを踊りながら歌っている(wikipediaより)

Eddie Cochran - Summertime Blues

エディ・コクラン(Eddie Cochran、本名:エドワード・レイ・コクラン(Edward Ray Cochran)、1938年10月3日 - 1960年4月17日)は、アメリカ合衆国のロック・ギタリスト、シンガー。1960年人気絶頂の最中事故死を遂げた早逝のロックンローラー。代表曲「サマータイム・ブルース」「カモン・エヴリバディ」。2003年ローリング・ストーン誌選出「史上最も偉大な100人のギタリスト」84位。

「ラブ・アゲイン」と言う曲のB面に関してエディとケープハートの間で打ち合わせが行われた。同席していたロカビリー奏者ベイカー・ナイト(Baker Knight)によれば「ケープハートの自宅でビールを飲みながらのリラックスした話し合いだった。エディはブルース・リックを弾き、ケープハートは『流行りの言葉を歌詞に入れよう』とアイディアを出した。一時間後に曲が完成、『サマータイム・ブルース』と名付けられた。

「彼は私の事を覚えているかしら。」若き女性作曲家シャロン・シーリー(Sharon Sheeley)は高揚する気持ちを抑えてゴールドスター・スタジオに入った。彼女自身が作曲、ケープハートに持ち込んだ「ラブ・アゲイン」の録音に立ち会うためでもあり、昨年のクリスマスにABCパラマウント劇場でエヴァリー・ブラザースから紹介されたエディ・コクランとの再会でもあったからだ。残念ながらエディは彼女の事は覚えていなかったがこの録音を機に二人は親しい間柄となる。

6月11日、「ラブ・アゲイン / サマータイム・ブルース」発売。リリース当初反応は無かったが、しばらくすると不思議な現象が起きた。DJや音楽レビュアーがB面の「サマータイム・ブルース」を取り上げだしたのだ。8月に最高8位を記録、エディ生涯最大のヒットとなった。奇しくも「サマータイム・ブルース」がチャートを上昇している7月、ビルボードNO.1に輝いていたのはシャロンがリッキー・ネルソンに書いた「プア・リトル・フール」だった。

12月N.Y「ルーズ・ステイト・シアター」出演。DJアラン・フリードがプロモート、チャック・ベリー、キャディラックス、ディオン&ベルモンツ、他多数のロックスターが出演、そのまま全員がハリウッドへ移動「ゴー・ジョニー・ゴー!(Go Jhonny Go!)」が撮影された。作品中エディは「ティーンネイジ・ヘブン」をギターとダンスを踊りながら歌っている(wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター