[/] ROCKPV The Ventures

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Ventures - Sleepwalk

ザ・ベンチャーズ (The Ventures)はアメリカのインストゥルメンタル・ロックのバンド。1959年結成。特に日本に於いてはビートルズと並び、後の日本のポップス、ロック界に影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

代表曲に「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「ハワイ・ファイブ・オー」など。

1999年以降、1月と夏の2回来日するようになったが(1月はノーキー、夏はジェリーがリードギターを担当)、近年は夏期全国横断ツアーのみである。

2005年1月公演より、ボブ・ボーグルに代わり、ボブ・スポルディングがベースを務めている。

2016年には、来日ツアーから引退したドン・ウィルソンに代わり、ボブ・スポルディングがリズムギター、息子のイアン・スポルディングがベースを務め、2018年にジェリー・マギーのツアー引退発表により、元々ツアーメンバーとして活動していたベーシストのルーカス・グリフィンが加入し、ボブがリードギター、イアンがリズムギターへと転向する。

デビュー時は、リードギターとリズムギターのデュオであったが、スカウトによりベース、ドラムが正式に加わり、このバンドの基本である4人編成となった。 レコード製作では無名のスタジオミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーのような音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。

さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある(5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。
(wikipediaより)

The Ventures - Hawaii Five-O

ザ・ベンチャーズ (The Ventures)はアメリカのインストゥルメンタル・ロックのバンド。1959年結成。特に日本に於いてはビートルズと並び、後の日本のポップス、ロック界に影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

代表曲に「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「ハワイ・ファイブ・オー」など。

1999年以降、1月と夏の2回来日するようになったが(1月はノーキー、夏はジェリーがリードギターを担当)、近年は夏期全国横断ツアーのみである。

2005年1月公演より、ボブ・ボーグルに代わり、ボブ・スポルディングがベースを務めている。

2016年には、来日ツアーから引退したドン・ウィルソンに代わり、ボブ・スポルディングがリズムギター、息子のイアン・スポルディングがベースを務め、2018年にジェリー・マギーのツアー引退発表により、元々ツアーメンバーとして活動していたベーシストのルーカス・グリフィンが加入し、ボブがリードギター、イアンがリズムギターへと転向する。

デビュー時は、リードギターとリズムギターのデュオであったが、スカウトによりベース、ドラムが正式に加わり、このバンドの基本である4人編成となった。 レコード製作では無名のスタジオミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーのような音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。

さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある(5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。
(wikipediaより)

The Ventures - PIPELINE

ザ・ベンチャーズ (The Ventures)はアメリカのインストゥルメンタル・ロックのバンド。1959年結成。特に日本に於いてはビートルズと並び、後の日本のポップス、ロック界に影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

代表曲に「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「ハワイ・ファイブ・オー」など。

1999年以降、1月と夏の2回来日するようになったが(1月はノーキー、夏はジェリーがリードギターを担当)、近年は夏期全国横断ツアーのみである。

2005年1月公演より、ボブ・ボーグルに代わり、ボブ・スポルディングがベースを務めている。

2016年には、来日ツアーから引退したドン・ウィルソンに代わり、ボブ・スポルディングがリズムギター、息子のイアン・スポルディングがベースを務め、2018年にジェリー・マギーのツアー引退発表により、元々ツアーメンバーとして活動していたベーシストのルーカス・グリフィンが加入し、ボブがリードギター、イアンがリズムギターへと転向する。

デビュー時は、リードギターとリズムギターのデュオであったが、スカウトによりベース、ドラムが正式に加わり、このバンドの基本である4人編成となった。 レコード製作では無名のスタジオミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーのような音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。

さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある(5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。
(wikipediaより)

The Ventures - Wipeout

ザ・ベンチャーズ (The Ventures)はアメリカのインストゥルメンタル・ロックのバンド。1959年結成。特に日本に於いてはビートルズと並び、後の日本のポップス、ロック界に影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

代表曲に「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「ハワイ・ファイブ・オー」など。

1999年以降、1月と夏の2回来日するようになったが(1月はノーキー、夏はジェリーがリードギターを担当)、近年は夏期全国横断ツアーのみである。

2005年1月公演より、ボブ・ボーグルに代わり、ボブ・スポルディングがベースを務めている。

2016年には、来日ツアーから引退したドン・ウィルソンに代わり、ボブ・スポルディングがリズムギター、息子のイアン・スポルディングがベースを務め、2018年にジェリー・マギーのツアー引退発表により、元々ツアーメンバーとして活動していたベーシストのルーカス・グリフィンが加入し、ボブがリードギター、イアンがリズムギターへと転向する。

デビュー時は、リードギターとリズムギターのデュオであったが、スカウトによりベース、ドラムが正式に加わり、このバンドの基本である4人編成となった。 レコード製作では無名のスタジオミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーのような音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。

さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある(5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。
(wikipediaより)

The Ventures "Walk Don't Run"

ザ・ベンチャーズ (The Ventures)はアメリカのインストゥルメンタル・ロックのバンド。1959年結成。特に日本に於いてはビートルズと並び、後の日本のポップス、ロック界に影響を与えたバンドとされている。2008年にはロックの殿堂入りを果たした。

代表曲に「急がば廻れ(ウォーク・ドント・ラン)」「ダイアモンド・ヘッド」「10番街の殺人」「ハワイ・ファイブ・オー」など。

1999年以降、1月と夏の2回来日するようになったが(1月はノーキー、夏はジェリーがリードギターを担当)、近年は夏期全国横断ツアーのみである。

2005年1月公演より、ボブ・ボーグルに代わり、ボブ・スポルディングがベースを務めている。

2016年には、来日ツアーから引退したドン・ウィルソンに代わり、ボブ・スポルディングがリズムギター、息子のイアン・スポルディングがベースを務め、2018年にジェリー・マギーのツアー引退発表により、元々ツアーメンバーとして活動していたベーシストのルーカス・グリフィンが加入し、ボブがリードギター、イアンがリズムギターへと転向する。

デビュー時は、リードギターとリズムギターのデュオであったが、スカウトによりベース、ドラムが正式に加わり、このバンドの基本である4人編成となった。 レコード製作では無名のスタジオミュージシャンが多数加わり、例えば「テルスター」ではキーボードが主要メロディーを取り、「ダイヤモンド・ヘッド」、「十番街の殺人」ではアルト・サックスにエフェクト・ペダルやレスリー・スピーカーを介して後のシンセサイザーのような音色に似たサウンドを加えたり、曲によっては女声コーラスを導入したり、ブラスセクションやオーケストラを起用するなど、これらをサウンド面の主要アクセントにした。

さらにはギターよりキーボード(当時ファルフィッサ製電子オルガンなどが使われていた)をリードパートに多用した曲が多く、その後正式にキーボーディストをメンバーとして加え5人編成となった時期もある(5人体制時期は1968年から1972年前半および1974年から1976年である)。ステージ上ではリードギターとベースが途中で交代する場面もある(最初期の演奏ではボブ・ボーグルだけでなくドン・ウィルソンがリードギターを担当するなど、現在と比べて演奏面やサウンド面も大きく異なっている)。
(wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター