[/] ROCKPV OBITUARY

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

OBITUARY - Sentence Day

オビチュアリー(OBITUARY)は、アメリカ合衆国出身のデスメタル・バンド。

同スタイルの形成初期から活動する、先駆的グループの一つ。一度解散したが、2003年より活動を再開した。

「デス」「モービッド・エンジェル」「ディーサイド」らと共にフロリダを中心に活動を行い、「カンニバル・コープス」「サフォケイション」「マルヴォレント・クリエイション」らニューヨーク勢と共に、1990年代初頭の米デスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。

また彼らがレコーディングに使用したタンパのモリサウンドと、そこを拠点に活躍していたプロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは、世界中のデスメタルバンドの憧れになり、各国のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。

グルーヴィなミドルパートを基本とし、曲の半ばでスラッシュメタル風のファストパートになだれこむスタイルが特徴。

1984年に「Executioner」(エクゼキューショナー)の名前で結成。1986年、更に綴りを「Xecutioner」に変更。

1988年にロードランナーと契約するが、その際にバンド名を現行の「OBITUARY」(オビチュアリー)に改名する(ボストンに同名のスラッシュメタルバンドが存在したため)。

1992年、初来日公演。

1997年に解散するが、2003年から活動を再開。

2008年、HR/HMフェス『LOUD PARK』にて来日公演。

2013年、5年ぶりの来日公演。

2017年、10作目の節目となるセルフタイトルのオリジナル・アルバム『Obituary』を発表。(wikipediaより)

Obituary - Violence

オビチュアリー(OBITUARY)は、アメリカ合衆国出身のデスメタル・バンド。

同スタイルの形成初期から活動する、先駆的グループの一つ。一度解散したが、2003年より活動を再開した。

「デス」「モービッド・エンジェル」「ディーサイド」らと共にフロリダを中心に活動を行い、「カンニバル・コープス」「サフォケイション」「マルヴォレント・クリエイション」らニューヨーク勢と共に、1990年代初頭の米デスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。

また彼らがレコーディングに使用したタンパのモリサウンドと、そこを拠点に活躍していたプロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは、世界中のデスメタルバンドの憧れになり、各国のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。

グルーヴィなミドルパートを基本とし、曲の半ばでスラッシュメタル風のファストパートになだれこむスタイルが特徴。

1984年に「Executioner」(エクゼキューショナー)の名前で結成。1986年、更に綴りを「Xecutioner」に変更。

1988年にロードランナーと契約するが、その際にバンド名を現行の「OBITUARY」(オビチュアリー)に改名する(ボストンに同名のスラッシュメタルバンドが存在したため)。

1992年、初来日公演。

1997年に解散するが、2003年から活動を再開。

2008年、HR/HMフェス『LOUD PARK』にて来日公演。

2013年、5年ぶりの来日公演。

2017年、10作目の節目となるセルフタイトルのオリジナル・アルバム『Obituary』を発表。(wikipediaより)

Obituary - Insane

オビチュアリー(OBITUARY)は、アメリカ合衆国出身のデスメタル・バンド。

同スタイルの形成初期から活動する、先駆的グループの一つ。一度解散したが、2003年より活動を再開した。

「デス」「モービッド・エンジェル」「ディーサイド」らと共にフロリダを中心に活動を行い、「カンニバル・コープス」「サフォケイション」「マルヴォレント・クリエイション」らニューヨーク勢と共に、1990年代初頭の米デスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。

また彼らがレコーディングに使用したタンパのモリサウンドと、そこを拠点に活躍していたプロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは、世界中のデスメタルバンドの憧れになり、各国のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。

グルーヴィなミドルパートを基本とし、曲の半ばでスラッシュメタル風のファストパートになだれこむスタイルが特徴。

1984年に「Executioner」(エクゼキューショナー)の名前で結成。1986年、更に綴りを「Xecutioner」に変更。

1988年にロードランナーと契約するが、その際にバンド名を現行の「OBITUARY」(オビチュアリー)に改名する(ボストンに同名のスラッシュメタルバンドが存在したため)。

1992年、初来日公演。

1997年に解散するが、2003年から活動を再開。

2008年、HR/HMフェス『LOUD PARK』にて来日公演。

2013年、5年ぶりの来日公演。

2017年、10作目の節目となるセルフタイトルのオリジナル・アルバム『Obituary』を発表。(wikipediaより)

OBITUARY - Brave

オビチュアリー(OBITUARY)は、アメリカ合衆国出身のデスメタル・バンド。

同スタイルの形成初期から活動する、先駆的グループの一つ。一度解散したが、2003年より活動を再開した。

「デス」「モービッド・エンジェル」「ディーサイド」らと共にフロリダを中心に活動を行い、「カンニバル・コープス」「サフォケイション」「マルヴォレント・クリエイション」らニューヨーク勢と共に、1990年代初頭の米デスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。

また彼らがレコーディングに使用したタンパのモリサウンドと、そこを拠点に活躍していたプロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは、世界中のデスメタルバンドの憧れになり、各国のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。

グルーヴィなミドルパートを基本とし、曲の半ばでスラッシュメタル風のファストパートになだれこむスタイルが特徴。

1984年に「Executioner」(エクゼキューショナー)の名前で結成。1986年、更に綴りを「Xecutioner」に変更。

1988年にロードランナーと契約するが、その際にバンド名を現行の「OBITUARY」(オビチュアリー)に改名する(ボストンに同名のスラッシュメタルバンドが存在したため)。

1992年、初来日公演。

1997年に解散するが、2003年から活動を再開。

2008年、HR/HMフェス『LOUD PARK』にて来日公演。

2013年、5年ぶりの来日公演。

2017年、10作目の節目となるセルフタイトルのオリジナル・アルバム『Obituary』を発表。(wikipediaより)

OBITUARY - Ten Thousand Ways To Die

オビチュアリー(OBITUARY)は、アメリカ合衆国出身のデスメタル・バンド。

同スタイルの形成初期から活動する、先駆的グループの一つ。一度解散したが、2003年より活動を再開した。

「デス」「モービッド・エンジェル」「ディーサイド」らと共にフロリダを中心に活動を行い、「カンニバル・コープス」「サフォケイション」「マルヴォレント・クリエイション」らニューヨーク勢と共に、1990年代初頭の米デスメタルシーンの創生期を支え、世界中のデスメタルバンドに影響を与えた。

また彼らがレコーディングに使用したタンパのモリサウンドと、そこを拠点に活躍していたプロデューサーのスコット・バーンスが作り出すサウンドは、世界中のデスメタルバンドの憧れになり、各国のデスメタルバンドが次々とレコーディングに訪れるようになった。

グルーヴィなミドルパートを基本とし、曲の半ばでスラッシュメタル風のファストパートになだれこむスタイルが特徴。

1984年に「Executioner」(エクゼキューショナー)の名前で結成。1986年、更に綴りを「Xecutioner」に変更。

1988年にロードランナーと契約するが、その際にバンド名を現行の「OBITUARY」(オビチュアリー)に改名する(ボストンに同名のスラッシュメタルバンドが存在したため)。

1992年、初来日公演。

1997年に解散するが、2003年から活動を再開。

2008年、HR/HMフェス『LOUD PARK』にて来日公演。

2013年、5年ぶりの来日公演[5]。

2017年、10作目の節目となるセルフタイトルのオリジナル・アルバム『Obituary』を発表。(wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト