[/] ROCKPV King Crimson

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

King Crimson - VROOOM VROOOM

キング・クリムゾン (King Crimson) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。

同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めている事で知られ、活動は中断期間を挟みながら約50年に及ぶ。1970年代のプログレッシブ・ロックにおける五大バンドに位置付けられ、後世のロック・ミュージックにも多大な影響を与えた。

1968年に結成。アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。以降、リーダーのロバート・フリップはバンドのメンバーを次々と替えていき、音楽性も多様に変遷を辿った。日本では俗に「クリムゾン」と呼ばれるが、本国ファンにはCrimso(クリムソ)の略称が根強い。

1969年初頭からリハーサルと曲作りが行われ、公開リハーサルの後、ライブ活動とアルバム制作を並行した。

同年10月、デビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表。それは今後のロック・ミュージックを左右する雛形が詰まったと言える作品で、業界からも非常に高い評価を得る]。全英アルバムチャート5位まで上昇したが、当時から雑誌のレコード・レビューなどで「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」といった内容で紹介されてしまう都市伝説も生まれた。

この1stアルバム制作当初、「ムーディ・ブルース」のプロデューサー トニー・クラークがプロデュースを担当する繋がりで、同バンドのレーベル『スレッショルド』からリリースする話もあったが、結局はクラークと制作面の相違で決裂。

最終的にバンド側がセルフプロデュースして『アイランド・レコード』からのリリースとなった。また、現在はフリップがバンドリーダーを務めているが、この当時の作曲やアレンジを含めた音楽面では、マクドナルドが優勢であったとされる。特に、キーボード(メロトロン)、サックス、フルートを導入し、新たな音楽を創造した功績は大きいとされている。
(Wikipediaより)

King Crimson - Walking On Air

キング・クリムゾン (King Crimson) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。

同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めている事で知られ、活動は中断期間を挟みながら約50年に及ぶ。1970年代のプログレッシブ・ロックにおける五大バンドに位置付けられ、後世のロック・ミュージックにも多大な影響を与えた。

1968年に結成。アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。以降、リーダーのロバート・フリップはバンドのメンバーを次々と替えていき、音楽性も多様に変遷を辿った。日本では俗に「クリムゾン」と呼ばれるが、本国ファンにはCrimso(クリムソ)の略称が根強い。

1969年初頭からリハーサルと曲作りが行われ、公開リハーサルの後、ライブ活動とアルバム制作を並行した。

同年10月、デビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表。それは今後のロック・ミュージックを左右する雛形が詰まったと言える作品で、業界からも非常に高い評価を得る]。全英アルバムチャート5位まで上昇したが、当時から雑誌のレコード・レビューなどで「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」といった内容で紹介されてしまう都市伝説も生まれた。

この1stアルバム制作当初、「ムーディ・ブルース」のプロデューサー トニー・クラークがプロデュースを担当する繋がりで、同バンドのレーベル『スレッショルド』からリリースする話もあったが、結局はクラークと制作面の相違で決裂。

最終的にバンド側がセルフプロデュースして『アイランド・レコード』からのリリースとなった。また、現在はフリップがバンドリーダーを務めているが、この当時の作曲やアレンジを含めた音楽面では、マクドナルドが優勢であったとされる。特に、キーボード(メロトロン)、サックス、フルートを導入し、新たな音楽を創造した功績は大きいとされている。
(Wikipediaより)

King Crimson - Exiles

キング・クリムゾン (King Crimson) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。

同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めている事で知られ、活動は中断期間を挟みながら約50年に及ぶ。1970年代のプログレッシブ・ロックにおける五大バンドに位置付けられ、後世のロック・ミュージックにも多大な影響を与えた。

1968年に結成。アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。以降、リーダーのロバート・フリップはバンドのメンバーを次々と替えていき、音楽性も多様に変遷を辿った。日本では俗に「クリムゾン」と呼ばれるが、本国ファンにはCrimso(クリムソ)の略称が根強い。

1969年初頭からリハーサルと曲作りが行われ、公開リハーサルの後、ライブ活動とアルバム制作を並行した。

同年10月、デビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表。それは今後のロック・ミュージックを左右する雛形が詰まったと言える作品で、業界からも非常に高い評価を得る]。全英アルバムチャート5位まで上昇したが、当時から雑誌のレコード・レビューなどで「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」といった内容で紹介されてしまう都市伝説も生まれた。

この1stアルバム制作当初、「ムーディ・ブルース」のプロデューサー トニー・クラークがプロデュースを担当する繋がりで、同バンドのレーベル『スレッショルド』からリリースする話もあったが、結局はクラークと制作面の相違で決裂。

最終的にバンド側がセルフプロデュースして『アイランド・レコード』からのリリースとなった。また、現在はフリップがバンドリーダーを務めているが、この当時の作曲やアレンジを含めた音楽面では、マクドナルドが優勢であったとされる。特に、キーボード(メロトロン)、サックス、フルートを導入し、新たな音楽を創造した功績は大きいとされている。
(Wikipediaより)

King Crimson - Heroes

キング・クリムゾン (King Crimson) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。

同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めている事で知られ、活動は中断期間を挟みながら約50年に及ぶ。1970年代のプログレッシブ・ロックにおける五大バンドに位置付けられ、後世のロック・ミュージックにも多大な影響を与えた。

1968年に結成。アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。以降、リーダーのロバート・フリップはバンドのメンバーを次々と替えていき、音楽性も多様に変遷を辿った。日本では俗に「クリムゾン」と呼ばれるが、本国ファンにはCrimso(クリムソ)の略称が根強い。

1969年初頭からリハーサルと曲作りが行われ、公開リハーサルの後、ライブ活動とアルバム制作を並行した。

同年10月、デビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表。それは今後のロック・ミュージックを左右する雛形が詰まったと言える作品で、業界からも非常に高い評価を得る]。全英アルバムチャート5位まで上昇したが、当時から雑誌のレコード・レビューなどで「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」といった内容で紹介されてしまう都市伝説も生まれた。

この1stアルバム制作当初、「ムーディ・ブルース」のプロデューサー トニー・クラークがプロデュースを担当する繋がりで、同バンドのレーベル『スレッショルド』からリリースする話もあったが、結局はクラークと制作面の相違で決裂。

最終的にバンド側がセルフプロデュースして『アイランド・レコード』からのリリースとなった。また、現在はフリップがバンドリーダーを務めているが、この当時の作曲やアレンジを含めた音楽面では、マクドナルドが優勢であったとされる。特に、キーボード(メロトロン)、サックス、フルートを導入し、新たな音楽を創造した功績は大きいとされている。
(Wikipediaより)

King Crimson - Cadence & Cascade

キング・クリムゾン (King Crimson) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。

同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めている事で知られ、活動は中断期間を挟みながら約50年に及ぶ。1970年代のプログレッシブ・ロックにおける五大バンドに位置付けられ、後世のロック・ミュージックにも多大な影響を与えた。

1968年に結成。アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビュー。以降、リーダーのロバート・フリップはバンドのメンバーを次々と替えていき、音楽性も多様に変遷を辿った。日本では俗に「クリムゾン」と呼ばれるが、本国ファンにはCrimso(クリムソ)の略称が根強い。

1969年初頭からリハーサルと曲作りが行われ、公開リハーサルの後、ライブ活動とアルバム制作を並行した。

同年10月、デビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表。それは今後のロック・ミュージックを左右する雛形が詰まったと言える作品で、業界からも非常に高い評価を得る]。全英アルバムチャート5位まで上昇したが、当時から雑誌のレコード・レビューなどで「1969年に、ビートルズの『アビイ・ロード』を1位から転落させたアルバム」といった内容で紹介されてしまう都市伝説も生まれた。

この1stアルバム制作当初、「ムーディ・ブルース」のプロデューサー トニー・クラークがプロデュースを担当する繋がりで、同バンドのレーベル『スレッショルド』からリリースする話もあったが、結局はクラークと制作面の相違で決裂。

最終的にバンド側がセルフプロデュースして『アイランド・レコード』からのリリースとなった。また、現在はフリップがバンドリーダーを務めているが、この当時の作曲やアレンジを含めた音楽面では、マクドナルドが優勢であったとされる。特に、キーボード(メロトロン)、サックス、フルートを導入し、新たな音楽を創造した功績は大きいとされている。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター