[/] ROCKPV CARCASS

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

CARCASS - Heartwork

カーカス(CARCASS)は、イングランド出身のエクストリーム・メタルバンド。

ハードコア・パンクにルーツを持つ代表的グループの一つ。一度解散したが、2007年から再始動を果たした。日本では「リヴァプールの残虐王」のキャッチコピーで知られ、度々来日している。

初期の音楽性は後のグラインドコア、特にゴアグラインドのシーンで今でも大きな影響力を持ち、またアルバム『ハートワーク』はメロディックデスメタルの先駆けとなった。 ファーストからサードアルバム、再結成後のアルバムの日本盤[注釈 1]には、それぞれの曲に奇妙な邦題が付けられていることでも知られる(「内臓大爆破」「硫酸どろどろなんでも溶かす」など)。

1993年、メジャーレーベルのコロムビア・レコードから4thアルバム『ハートワーク』(Heartwork)がリリースされるが、『ハートワーク』のレコーディング終了後にマイケル・アモットが脱退してしまう。マイケル・アモットは既に1970年代風のハードロックに興味を移していて、『ハートワーク』の方向性にも疑問を持っていたらしい。

後にマイケル・アモットはスピリチュアル・ベガーズを結成。その後、プロジェクトとして実弟クリストファーと共にアーチ・エネミーを結成した。アルバムリリースに続くツアーのため、元ヴェノムのマイク・ヒッキーがセッションギタリストとしてカーカスに迎えられる。この年のヨーロッパツアーに先立って、「ボディカウント」のイギリスツアーの前座も務めている。

1994年、マイク・ヒッキーに代わって、カルロ・レガダス(元デヴォイド)がカーカスに正式に加入する。この年に初来日公演。カーカスは北米での『ハートワーク』の発売元である「コロムビア・レコード」とアルバムのリリース契約を結び、レコーディングを行ったが完成後コロムビアに拒否され再度レコーディングする羽目になる。


1997年にアルバム『ブラックスター』をリリースしたが、まもなく活動停止してしまう。一方脱退したビル・スティアーはファイアバードを結成し活動を続けた。

1996年、コンピレーションに収録曲や、未リリース曲などを収録した『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ...』をイヤーエイク・レコードよりリリース。また2004年には、イヤーエイク・レコードのカタログ上で長い間アナウンスされていたが一向にリリースされる様子の無かったベストアルバム『Choice Cuts』がようやくリリースされた。
(Wikipediaより)

Carcass - Incarnated Solvent Abuse

カーカス(CARCASS)は、イングランド出身のエクストリーム・メタルバンド。

ハードコア・パンクにルーツを持つ代表的グループの一つ。一度解散したが、2007年から再始動を果たした。日本では「リヴァプールの残虐王」のキャッチコピーで知られ、度々来日している。

初期の音楽性は後のグラインドコア、特にゴアグラインドのシーンで今でも大きな影響力を持ち、またアルバム『ハートワーク』はメロディックデスメタルの先駆けとなった。 ファーストからサードアルバム、再結成後のアルバムの日本盤[注釈 1]には、それぞれの曲に奇妙な邦題が付けられていることでも知られる(「内臓大爆破」「硫酸どろどろなんでも溶かす」など)。

1993年、メジャーレーベルのコロムビア・レコードから4thアルバム『ハートワーク』(Heartwork)がリリースされるが、『ハートワーク』のレコーディング終了後にマイケル・アモットが脱退してしまう。マイケル・アモットは既に1970年代風のハードロックに興味を移していて、『ハートワーク』の方向性にも疑問を持っていたらしい。

後にマイケル・アモットはスピリチュアル・ベガーズを結成。その後、プロジェクトとして実弟クリストファーと共にアーチ・エネミーを結成した。アルバムリリースに続くツアーのため、元ヴェノムのマイク・ヒッキーがセッションギタリストとしてカーカスに迎えられる。この年のヨーロッパツアーに先立って、「ボディカウント」のイギリスツアーの前座も務めている。

1994年、マイク・ヒッキーに代わって、カルロ・レガダス(元デヴォイド)がカーカスに正式に加入する。この年に初来日公演。カーカスは北米での『ハートワーク』の発売元である「コロムビア・レコード」とアルバムのリリース契約を結び、レコーディングを行ったが完成後コロムビアに拒否され再度レコーディングする羽目になる。


1997年にアルバム『ブラックスター』をリリースしたが、まもなく活動停止してしまう。一方脱退したビル・スティアーはファイアバードを結成し活動を続けた。

1996年、コンピレーションに収録曲や、未リリース曲などを収録した『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ...』をイヤーエイク・レコードよりリリース。また2004年には、イヤーエイク・レコードのカタログ上で長い間アナウンスされていたが一向にリリースされる様子の無かったベストアルバム『Choice Cuts』がようやくリリースされた。
(Wikipediaより)

CARCASS - Unfit For Human Consumption

カーカス(CARCASS)は、イングランド出身のエクストリーム・メタルバンド。

ハードコア・パンクにルーツを持つ代表的グループの一つ。一度解散したが、2007年から再始動を果たした。日本では「リヴァプールの残虐王」のキャッチコピーで知られ、度々来日している。

初期の音楽性は後のグラインドコア、特にゴアグラインドのシーンで今でも大きな影響力を持ち、またアルバム『ハートワーク』はメロディックデスメタルの先駆けとなった。 ファーストからサードアルバム、再結成後のアルバムの日本盤[注釈 1]には、それぞれの曲に奇妙な邦題が付けられていることでも知られる(「内臓大爆破」「硫酸どろどろなんでも溶かす」など)。

1993年、メジャーレーベルのコロムビア・レコードから4thアルバム『ハートワーク』(Heartwork)がリリースされるが、『ハートワーク』のレコーディング終了後にマイケル・アモットが脱退してしまう。マイケル・アモットは既に1970年代風のハードロックに興味を移していて、『ハートワーク』の方向性にも疑問を持っていたらしい。

後にマイケル・アモットはスピリチュアル・ベガーズを結成。その後、プロジェクトとして実弟クリストファーと共にアーチ・エネミーを結成した。アルバムリリースに続くツアーのため、元ヴェノムのマイク・ヒッキーがセッションギタリストとしてカーカスに迎えられる。この年のヨーロッパツアーに先立って、「ボディカウント」のイギリスツアーの前座も務めている。

1994年、マイク・ヒッキーに代わって、カルロ・レガダス(元デヴォイド)がカーカスに正式に加入する。この年に初来日公演。カーカスは北米での『ハートワーク』の発売元である「コロムビア・レコード」とアルバムのリリース契約を結び、レコーディングを行ったが完成後コロムビアに拒否され再度レコーディングする羽目になる。


1997年にアルバム『ブラックスター』をリリースしたが、まもなく活動停止してしまう。一方脱退したビル・スティアーはファイアバードを結成し活動を続けた。

1996年、コンピレーションに収録曲や、未リリース曲などを収録した『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ...』をイヤーエイク・レコードよりリリース。また2004年には、イヤーエイク・レコードのカタログ上で長い間アナウンスされていたが一向にリリースされる様子の無かったベストアルバム『Choice Cuts』がようやくリリースされた。
(Wikipediaより)

Carcass - Corporal Jigsore Quandary

カーカス(CARCASS)は、イングランド出身のエクストリーム・メタルバンド。

ハードコア・パンクにルーツを持つ代表的グループの一つ。一度解散したが、2007年から再始動を果たした。日本では「リヴァプールの残虐王」のキャッチコピーで知られ、度々来日している。

初期の音楽性は後のグラインドコア、特にゴアグラインドのシーンで今でも大きな影響力を持ち、またアルバム『ハートワーク』はメロディックデスメタルの先駆けとなった。 ファーストからサードアルバム、再結成後のアルバムの日本盤[注釈 1]には、それぞれの曲に奇妙な邦題が付けられていることでも知られる(「内臓大爆破」「硫酸どろどろなんでも溶かす」など)。

1993年、メジャーレーベルのコロムビア・レコードから4thアルバム『ハートワーク』(Heartwork)がリリースされるが、『ハートワーク』のレコーディング終了後にマイケル・アモットが脱退してしまう。マイケル・アモットは既に1970年代風のハードロックに興味を移していて、『ハートワーク』の方向性にも疑問を持っていたらしい。

後にマイケル・アモットはスピリチュアル・ベガーズを結成。その後、プロジェクトとして実弟クリストファーと共にアーチ・エネミーを結成した。アルバムリリースに続くツアーのため、元ヴェノムのマイク・ヒッキーがセッションギタリストとしてカーカスに迎えられる。この年のヨーロッパツアーに先立って、「ボディカウント」のイギリスツアーの前座も務めている。

1994年、マイク・ヒッキーに代わって、カルロ・レガダス(元デヴォイド)がカーカスに正式に加入する。この年に初来日公演。カーカスは北米での『ハートワーク』の発売元である「コロムビア・レコード」とアルバムのリリース契約を結び、レコーディングを行ったが完成後コロムビアに拒否され再度レコーディングする羽目になる。


1997年にアルバム『ブラックスター』をリリースしたが、まもなく活動停止してしまう。一方脱退したビル・スティアーはファイアバードを結成し活動を続けた。

1996年、コンピレーションに収録曲や、未リリース曲などを収録した『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ...』をイヤーエイク・レコードよりリリース。また2004年には、イヤーエイク・レコードのカタログ上で長い間アナウンスされていたが一向にリリースされる様子の無かったベストアルバム『Choice Cuts』がようやくリリースされた。
(Wikipediaより)

Carcass - Heartwork

カーカス(CARCASS)は、イングランド出身のエクストリーム・メタルバンド。

ハードコア・パンクにルーツを持つ代表的グループの一つ。一度解散したが、2007年から再始動を果たした。日本では「リヴァプールの残虐王」のキャッチコピーで知られ、度々来日している。

初期の音楽性は後のグラインドコア、特にゴアグラインドのシーンで今でも大きな影響力を持ち、またアルバム『ハートワーク』はメロディックデスメタルの先駆けとなった。 ファーストからサードアルバム、再結成後のアルバムの日本盤[注釈 1]には、それぞれの曲に奇妙な邦題が付けられていることでも知られる(「内臓大爆破」「硫酸どろどろなんでも溶かす」など)。

1993年、メジャーレーベルのコロムビア・レコードから4thアルバム『ハートワーク』(Heartwork)がリリースされるが、『ハートワーク』のレコーディング終了後にマイケル・アモットが脱退してしまう。マイケル・アモットは既に1970年代風のハードロックに興味を移していて、『ハートワーク』の方向性にも疑問を持っていたらしい。

後にマイケル・アモットはスピリチュアル・ベガーズを結成。その後、プロジェクトとして実弟クリストファーと共にアーチ・エネミーを結成した。アルバムリリースに続くツアーのため、元ヴェノムのマイク・ヒッキーがセッションギタリストとしてカーカスに迎えられる。この年のヨーロッパツアーに先立って、「ボディカウント」のイギリスツアーの前座も務めている。

1994年、マイク・ヒッキーに代わって、カルロ・レガダス(元デヴォイド)がカーカスに正式に加入する。この年に初来日公演。カーカスは北米での『ハートワーク』の発売元である「コロムビア・レコード」とアルバムのリリース契約を結び、レコーディングを行ったが完成後コロムビアに拒否され再度レコーディングする羽目になる。


1997年にアルバム『ブラックスター』をリリースしたが、まもなく活動停止してしまう。一方脱退したビル・スティアーはファイアバードを結成し活動を続けた。

1996年、コンピレーションに収録曲や、未リリース曲などを収録した『ウェイク・アップ・アンド・スメル・ザ...』をイヤーエイク・レコードよりリリース。また2004年には、イヤーエイク・レコードのカタログ上で長い間アナウンスされていたが一向にリリースされる様子の無かったベストアルバム『Choice Cuts』がようやくリリースされた。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター