[/] ROCKPV Freddie King

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Freddy King - Have You Ever Loved a Woman YouTube 動画

フレディ・キング(Freddie KingまたはFreddy King, 1934年9月3日 - 1976年12月28日)は、米国テキサス州ギルマー出身のブルース・ギタリスト、シンガー。B.B.キング、アルバート・キングとともにブルース・ギタリストの3大キングなどと称される。

その存在は、エリック・クラプトンをはじめ、ロック界にも大きな影響を与えた。代表曲は"Have You Ever Loved A Woman"、"Hide Away"、"I'm Tore Down"など。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第25位、2011年の改訂版では第15位。

1960年、キング・レコード傘下のフェデラル・レコードと契約。同年、初のシングル"You've Got To Love Me With A Feeling"を発表した。フェデラルには1968年まで在籍し、この間数々のヒットを生んだ。

特に"Hide Away"は、R&Bチャート5位、ポップ・チャート29位という大ヒットを記録しており、またエリック・クラプトンがフィーチャーされたジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズのカバーでも知られるようになった。フェデラル時代は、歌入りの楽曲もさることながらインスト・ナンバーの多さが顕著である。"Hide Away"以外には、"San-Ho-Zay"、"Sen-Sa-Shun"、"Stumble"などが挙げられる。

1968年、アトランティック・レコード傘下のコティリオンと契約。キング・カーティスのプロデュースで「Freddie King Is a Blues Master」

(1969年)、「My Feeling for the Blues」(1970年)の2枚のアルバムを発表した。

1970年、レオン・ラッセルのシェルター・レコードと契約する。3枚のアルバムを発表した。この時代には、ジェフ・ベック・グループによるカバーでも知られる"Going Down"が生まれている。
(Wikipediaより)

Freddie King - I Just Want To Make Love To You

フレディ・キング(Freddie KingまたはFreddy King, 1934年9月3日 - 1976年12月28日)は、米国テキサス州ギルマー出身のブルース・ギタリスト、シンガー。B.B.キング、アルバート・キングとともにブルース・ギタリストの3大キングなどと称される。

その存在は、エリック・クラプトンをはじめ、ロック界にも大きな影響を与えた。代表曲は"Have You Ever Loved A Woman"、"Hide Away"、"I'm Tore Down"など。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第25位、2011年の改訂版では第15位。

1960年、キング・レコード傘下のフェデラル・レコードと契約。同年、初のシングル"You've Got To Love Me With A Feeling"を発表した。フェデラルには1968年まで在籍し、この間数々のヒットを生んだ。

特に"Hide Away"は、R&Bチャート5位、ポップ・チャート29位という大ヒットを記録しており、またエリック・クラプトンがフィーチャーされたジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズのカバーでも知られるようになった。フェデラル時代は、歌入りの楽曲もさることながらインスト・ナンバーの多さが顕著である。"Hide Away"以外には、"San-Ho-Zay"、"Sen-Sa-Shun"、"Stumble"などが挙げられる。

1968年、アトランティック・レコード傘下のコティリオンと契約。キング・カーティスのプロデュースで「Freddie King Is a Blues Master」

(1969年)、「My Feeling for the Blues」(1970年)の2枚のアルバムを発表した。

1970年、レオン・ラッセルのシェルター・レコードと契約する。3枚のアルバムを発表した。この時代には、ジェフ・ベック・グループによるカバーでも知られる"Going Down"が生まれている。
(Wikipediaより)

Freddie King - Goin Down

フレディ・キング(Freddie KingまたはFreddy King, 1934年9月3日 - 1976年12月28日)は、米国テキサス州ギルマー出身のブルース・ギタリスト、シンガー。B.B.キング、アルバート・キングとともにブルース・ギタリストの3大キングなどと称される。

その存在は、エリック・クラプトンをはじめ、ロック界にも大きな影響を与えた。代表曲は"Have You Ever Loved A Woman"、"Hide Away"、"I'm Tore Down"など。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第25位、2011年の改訂版では第15位。

1960年、キング・レコード傘下のフェデラル・レコードと契約。同年、初のシングル"You've Got To Love Me With A Feeling"を発表した。フェデラルには1968年まで在籍し、この間数々のヒットを生んだ。

特に"Hide Away"は、R&Bチャート5位、ポップ・チャート29位という大ヒットを記録しており、またエリック・クラプトンがフィーチャーされたジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズのカバーでも知られるようになった。フェデラル時代は、歌入りの楽曲もさることながらインスト・ナンバーの多さが顕著である。"Hide Away"以外には、"San-Ho-Zay"、"Sen-Sa-Shun"、"Stumble"などが挙げられる。

1968年、アトランティック・レコード傘下のコティリオンと契約。キング・カーティスのプロデュースで「Freddie King Is a Blues Master」

(1969年)、「My Feeling for the Blues」(1970年)の2枚のアルバムを発表した。

1970年、レオン・ラッセルのシェルター・レコードと契約する。3枚のアルバムを発表した。この時代には、ジェフ・ベック・グループによるカバーでも知られる"Going Down"が生まれている。
(Wikipediaより)

Freddie King - Ain't No Sunshine

フレディ・キング(Freddie KingまたはFreddy King, 1934年9月3日 - 1976年12月28日)は、米国テキサス州ギルマー出身のブルース・ギタリスト、シンガー。B.B.キング、アルバート・キングとともにブルース・ギタリストの3大キングなどと称される。

その存在は、エリック・クラプトンをはじめ、ロック界にも大きな影響を与えた。代表曲は"Have You Ever Loved A Woman"、"Hide Away"、"I'm Tore Down"など。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第25位、2011年の改訂版では第15位。

1960年、キング・レコード傘下のフェデラル・レコードと契約。同年、初のシングル"You've Got To Love Me With A Feeling"を発表した。フェデラルには1968年まで在籍し、この間数々のヒットを生んだ。

特に"Hide Away"は、R&Bチャート5位、ポップ・チャート29位という大ヒットを記録しており、またエリック・クラプトンがフィーチャーされたジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズのカバーでも知られるようになった。フェデラル時代は、歌入りの楽曲もさることながらインスト・ナンバーの多さが顕著である。"Hide Away"以外には、"San-Ho-Zay"、"Sen-Sa-Shun"、"Stumble"などが挙げられる。

1968年、アトランティック・レコード傘下のコティリオンと契約。キング・カーティスのプロデュースで「Freddie King Is a Blues Master」

(1969年)、「My Feeling for the Blues」(1970年)の2枚のアルバムを発表した。

1970年、レオン・ラッセルのシェルター・レコードと契約する。3枚のアルバムを発表した。この時代には、ジェフ・ベック・グループによるカバーでも知られる"Going Down"が生まれている。
(Wikipediaより)

Freddie King - Hide Away

フレディ・キング(Freddie KingまたはFreddy King, 1934年9月3日 - 1976年12月28日)は、米国テキサス州ギルマー出身のブルース・ギタリスト、シンガー。B.B.キング、アルバート・キングとともにブルース・ギタリストの3大キングなどと称される。

その存在は、エリック・クラプトンをはじめ、ロック界にも大きな影響を与えた。代表曲は"Have You Ever Loved A Woman"、"Hide Away"、"I'm Tore Down"など。

2012年に、ロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第25位、2011年の改訂版では第15位。

1960年、キング・レコード傘下のフェデラル・レコードと契約。同年、初のシングル"You've Got To Love Me With A Feeling"を発表した。フェデラルには1968年まで在籍し、この間数々のヒットを生んだ。

特に"Hide Away"は、R&Bチャート5位、ポップ・チャート29位という大ヒットを記録しており、またエリック・クラプトンがフィーチャーされたジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズのカバーでも知られるようになった。フェデラル時代は、歌入りの楽曲もさることながらインスト・ナンバーの多さが顕著である。"Hide Away"以外には、"San-Ho-Zay"、"Sen-Sa-Shun"、"Stumble"などが挙げられる。

1968年、アトランティック・レコード傘下のコティリオンと契約。キング・カーティスのプロデュースで「Freddie King Is a Blues Master」

(1969年)、「My Feeling for the Blues」(1970年)の2枚のアルバムを発表した。

1970年、レオン・ラッセルのシェルター・レコードと契約する。3枚のアルバムを発表した。この時代には、ジェフ・ベック・グループによるカバーでも知られる"Going Down"が生まれている。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター