[/] ROCKPV Carl Lee Perkins

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Carl Perkins - Honey, Don’t!

カール・リー・パーキンス(Carl Lee Perkins、1932年4月9日 - 1998年1月19日[1])は、アメリカ合衆国のロカビリー・ミュージシャン。1954年より主にテネシー州メンフィスにあるサン・レコード・スタジオでレコーディングしていた。

初期ロックンロールの立役者としてエルヴィス・プレスリーらとともにサン・ミュージックの黄金期を飾ったうちの一人である。代表曲には『ブルー・スエード・シューズ』、『マッチボックス』、『ハニー・ドント』などがある。

チャーリー・ダニエルズは「カール・パーキンスの曲はロカビリーの時代の象徴であり、彼のサウンドこそが本物のロカビリーである。なぜなら彼はずっと変わらないから」と語った。

パーキンスの曲はエルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・キャッシュなど影響力のあるアーティストおよび友人達にカヴァーされ、彼のポピュラー・ミュージックでの地位を確固たるものにした。ポール・マッカートニーは「もしもカール・パーキンスがいなかったら、ビートルズは存在しなかった」と語った。

「ロカビリー界の王」と呼ばれ、ロックの殿堂、ロカビリーの殿堂、ナッシュヴィル作曲家の殿堂に殿堂入りし、グラミー殿堂賞を受賞した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第99位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第88位。

サン・レコードから次にジョニー・キャッシュとテネシー・トゥがデビューすることになった。1955年夏、彼らはアーカンソー州リトルロック、フォレスト・シティ、コリンス、テュペロをツアーした。エル・ランショに再登場した時、パーキンス兄弟は交通事故に関わった。運転してきた友人がハンドルに引っ掛かって動けなくなった。パーキンスは燃え始めた車から彼を引きずり出した。クレイトンは車から投げ出されたが、重篤な怪我には至らなかった。

1955年10月、サン・レコードから発表された『Gone Gone Gone 』が地域的にヒットした。この曲はカントリーとリズム・アンド・ブルースの風味豊かなバウンス・ブルースであった。この曲は古典的な『Let the Jukebox Keep On Playing 』のB面で、フィドル、ウエスタン・ブギのベース、スティール・ギター、涙をそそる歌声で構成された。

1955年秋、パーキンスはあるダンサーがデート中にスエードの靴に傷がついて怒っているのを目撃し、『ブルー・スエード・シューズ』を作曲した。数週間後の1955年12月19日、パーキンスとバンドのメンバーはメンフィスのサン・スタジオでセッション中にこの曲をレコーディングした。フィリップスの提案で歌詞を「Go, cat, go 」から「boogie vamp 」に変更した。

1955年11月、プレスリーがステップアップを求めてサン・レコードを離れRCAレコードに移籍し、1954年終盤からパーキンスのレコーディングを担当していたフィリップスはパーキンスに「カール・パーキンス、今君が私のロカビリー・キャットだ」と語った。サン・レコードは、プレスリーに続く看板アーティストとしてパーキンスに白羽の矢を当て、ロカビリー・シンガーとして売り出した。

1956年1月1日、『ブルー・スエード・シューズ』が発表され、大ヒットした。アメリカでは『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第1位(彼にとって唯一の第1位)、ポピュラー・チャートで第2位を獲得した。3月17日、パーキンスはカントリー・ミュージシャンとして初めてリズム・アンド・ブルース・チャートで第3位を獲得した。その夜、ABCの『Ozark Jubilee 』でテレビ・デビューし、この曲を演奏した。

イギリスではこの曲は第10位にランクインした。サン・レコード所属アーティストで100万枚売り上げた最初の曲となった。B面の『ハニー・ドント』はビートルズ、ワンダ・ジャクソン、T・レックスにカヴァーされた。ビートルズ版でジョン・レノンがリードだったが、後にリンゴ・スターになった。レノンは『Lost Lennon Tapes 』でもこの曲を演奏した。
(Wikipediaより)

Carl Perkins - Boppin' The Blues

カール・リー・パーキンス(Carl Lee Perkins、1932年4月9日 - 1998年1月19日[1])は、アメリカ合衆国のロカビリー・ミュージシャン。1954年より主にテネシー州メンフィスにあるサン・レコード・スタジオでレコーディングしていた。

初期ロックンロールの立役者としてエルヴィス・プレスリーらとともにサン・ミュージックの黄金期を飾ったうちの一人である。代表曲には『ブルー・スエード・シューズ』、『マッチボックス』、『ハニー・ドント』などがある。

チャーリー・ダニエルズは「カール・パーキンスの曲はロカビリーの時代の象徴であり、彼のサウンドこそが本物のロカビリーである。なぜなら彼はずっと変わらないから」と語った。

パーキンスの曲はエルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・キャッシュなど影響力のあるアーティストおよび友人達にカヴァーされ、彼のポピュラー・ミュージックでの地位を確固たるものにした。ポール・マッカートニーは「もしもカール・パーキンスがいなかったら、ビートルズは存在しなかった」と語った。

「ロカビリー界の王」と呼ばれ、ロックの殿堂、ロカビリーの殿堂、ナッシュヴィル作曲家の殿堂に殿堂入りし、グラミー殿堂賞を受賞した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第99位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第88位。

サン・レコードから次にジョニー・キャッシュとテネシー・トゥがデビューすることになった。1955年夏、彼らはアーカンソー州リトルロック、フォレスト・シティ、コリンス、テュペロをツアーした。エル・ランショに再登場した時、パーキンス兄弟は交通事故に関わった。運転してきた友人がハンドルに引っ掛かって動けなくなった。パーキンスは燃え始めた車から彼を引きずり出した。クレイトンは車から投げ出されたが、重篤な怪我には至らなかった。

1955年10月、サン・レコードから発表された『Gone Gone Gone 』が地域的にヒットした。この曲はカントリーとリズム・アンド・ブルースの風味豊かなバウンス・ブルースであった。この曲は古典的な『Let the Jukebox Keep On Playing 』のB面で、フィドル、ウエスタン・ブギのベース、スティール・ギター、涙をそそる歌声で構成された。

1955年秋、パーキンスはあるダンサーがデート中にスエードの靴に傷がついて怒っているのを目撃し、『ブルー・スエード・シューズ』を作曲した。数週間後の1955年12月19日、パーキンスとバンドのメンバーはメンフィスのサン・スタジオでセッション中にこの曲をレコーディングした。フィリップスの提案で歌詞を「Go, cat, go 」から「boogie vamp 」に変更した。

1955年11月、プレスリーがステップアップを求めてサン・レコードを離れRCAレコードに移籍し、1954年終盤からパーキンスのレコーディングを担当していたフィリップスはパーキンスに「カール・パーキンス、今君が私のロカビリー・キャットだ」と語った。サン・レコードは、プレスリーに続く看板アーティストとしてパーキンスに白羽の矢を当て、ロカビリー・シンガーとして売り出した。

1956年1月1日、『ブルー・スエード・シューズ』が発表され、大ヒットした。アメリカでは『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第1位(彼にとって唯一の第1位)、ポピュラー・チャートで第2位を獲得した。3月17日、パーキンスはカントリー・ミュージシャンとして初めてリズム・アンド・ブルース・チャートで第3位を獲得した。その夜、ABCの『Ozark Jubilee 』でテレビ・デビューし、この曲を演奏した。

イギリスではこの曲は第10位にランクインした。サン・レコード所属アーティストで100万枚売り上げた最初の曲となった。B面の『ハニー・ドント』はビートルズ、ワンダ・ジャクソン、T・レックスにカヴァーされた。ビートルズ版でジョン・レノンがリードだったが、後にリンゴ・スターになった。レノンは『Lost Lennon Tapes 』でもこの曲を演奏した。
(Wikipediaより)

Carl Perkins - Everybody's Trying To Be My Baby

カール・リー・パーキンス(Carl Lee Perkins、1932年4月9日 - 1998年1月19日[1])は、アメリカ合衆国のロカビリー・ミュージシャン。1954年より主にテネシー州メンフィスにあるサン・レコード・スタジオでレコーディングしていた。

初期ロックンロールの立役者としてエルヴィス・プレスリーらとともにサン・ミュージックの黄金期を飾ったうちの一人である。代表曲には『ブルー・スエード・シューズ』、『マッチボックス』、『ハニー・ドント』などがある。

チャーリー・ダニエルズは「カール・パーキンスの曲はロカビリーの時代の象徴であり、彼のサウンドこそが本物のロカビリーである。なぜなら彼はずっと変わらないから」と語った。

パーキンスの曲はエルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・キャッシュなど影響力のあるアーティストおよび友人達にカヴァーされ、彼のポピュラー・ミュージックでの地位を確固たるものにした。ポール・マッカートニーは「もしもカール・パーキンスがいなかったら、ビートルズは存在しなかった」と語った。

「ロカビリー界の王」と呼ばれ、ロックの殿堂、ロカビリーの殿堂、ナッシュヴィル作曲家の殿堂に殿堂入りし、グラミー殿堂賞を受賞した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第99位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第88位。

サン・レコードから次にジョニー・キャッシュとテネシー・トゥがデビューすることになった。1955年夏、彼らはアーカンソー州リトルロック、フォレスト・シティ、コリンス、テュペロをツアーした。エル・ランショに再登場した時、パーキンス兄弟は交通事故に関わった。運転してきた友人がハンドルに引っ掛かって動けなくなった。パーキンスは燃え始めた車から彼を引きずり出した。クレイトンは車から投げ出されたが、重篤な怪我には至らなかった。

1955年10月、サン・レコードから発表された『Gone Gone Gone 』が地域的にヒットした。この曲はカントリーとリズム・アンド・ブルースの風味豊かなバウンス・ブルースであった。この曲は古典的な『Let the Jukebox Keep On Playing 』のB面で、フィドル、ウエスタン・ブギのベース、スティール・ギター、涙をそそる歌声で構成された。

1955年秋、パーキンスはあるダンサーがデート中にスエードの靴に傷がついて怒っているのを目撃し、『ブルー・スエード・シューズ』を作曲した。数週間後の1955年12月19日、パーキンスとバンドのメンバーはメンフィスのサン・スタジオでセッション中にこの曲をレコーディングした。フィリップスの提案で歌詞を「Go, cat, go 」から「boogie vamp 」に変更した。

1955年11月、プレスリーがステップアップを求めてサン・レコードを離れRCAレコードに移籍し、1954年終盤からパーキンスのレコーディングを担当していたフィリップスはパーキンスに「カール・パーキンス、今君が私のロカビリー・キャットだ」と語った。サン・レコードは、プレスリーに続く看板アーティストとしてパーキンスに白羽の矢を当て、ロカビリー・シンガーとして売り出した。

1956年1月1日、『ブルー・スエード・シューズ』が発表され、大ヒットした。アメリカでは『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第1位(彼にとって唯一の第1位)、ポピュラー・チャートで第2位を獲得した。3月17日、パーキンスはカントリー・ミュージシャンとして初めてリズム・アンド・ブルース・チャートで第3位を獲得した。その夜、ABCの『Ozark Jubilee 』でテレビ・デビューし、この曲を演奏した。

イギリスではこの曲は第10位にランクインした。サン・レコード所属アーティストで100万枚売り上げた最初の曲となった。B面の『ハニー・ドント』はビートルズ、ワンダ・ジャクソン、T・レックスにカヴァーされた。ビートルズ版でジョン・レノンがリードだったが、後にリンゴ・スターになった。レノンは『Lost Lennon Tapes 』でもこの曲を演奏した。
(Wikipediaより)

Carl Perkins - Matchbox

カール・リー・パーキンス(Carl Lee Perkins、1932年4月9日 - 1998年1月19日[1])は、アメリカ合衆国のロカビリー・ミュージシャン。1954年より主にテネシー州メンフィスにあるサン・レコード・スタジオでレコーディングしていた。

初期ロックンロールの立役者としてエルヴィス・プレスリーらとともにサン・ミュージックの黄金期を飾ったうちの一人である。代表曲には『ブルー・スエード・シューズ』、『マッチボックス』、『ハニー・ドント』などがある。

チャーリー・ダニエルズは「カール・パーキンスの曲はロカビリーの時代の象徴であり、彼のサウンドこそが本物のロカビリーである。なぜなら彼はずっと変わらないから」と語った。

パーキンスの曲はエルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・キャッシュなど影響力のあるアーティストおよび友人達にカヴァーされ、彼のポピュラー・ミュージックでの地位を確固たるものにした。ポール・マッカートニーは「もしもカール・パーキンスがいなかったら、ビートルズは存在しなかった」と語った。

「ロカビリー界の王」と呼ばれ、ロックの殿堂、ロカビリーの殿堂、ナッシュヴィル作曲家の殿堂に殿堂入りし、グラミー殿堂賞を受賞した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第99位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第88位。

サン・レコードから次にジョニー・キャッシュとテネシー・トゥがデビューすることになった。1955年夏、彼らはアーカンソー州リトルロック、フォレスト・シティ、コリンス、テュペロをツアーした。エル・ランショに再登場した時、パーキンス兄弟は交通事故に関わった。運転してきた友人がハンドルに引っ掛かって動けなくなった。パーキンスは燃え始めた車から彼を引きずり出した。クレイトンは車から投げ出されたが、重篤な怪我には至らなかった。

1955年10月、サン・レコードから発表された『Gone Gone Gone 』が地域的にヒットした。この曲はカントリーとリズム・アンド・ブルースの風味豊かなバウンス・ブルースであった。この曲は古典的な『Let the Jukebox Keep On Playing 』のB面で、フィドル、ウエスタン・ブギのベース、スティール・ギター、涙をそそる歌声で構成された。

1955年秋、パーキンスはあるダンサーがデート中にスエードの靴に傷がついて怒っているのを目撃し、『ブルー・スエード・シューズ』を作曲した。数週間後の1955年12月19日、パーキンスとバンドのメンバーはメンフィスのサン・スタジオでセッション中にこの曲をレコーディングした。フィリップスの提案で歌詞を「Go, cat, go 」から「boogie vamp 」に変更した。

1955年11月、プレスリーがステップアップを求めてサン・レコードを離れRCAレコードに移籍し、1954年終盤からパーキンスのレコーディングを担当していたフィリップスはパーキンスに「カール・パーキンス、今君が私のロカビリー・キャットだ」と語った。サン・レコードは、プレスリーに続く看板アーティストとしてパーキンスに白羽の矢を当て、ロカビリー・シンガーとして売り出した。

1956年1月1日、『ブルー・スエード・シューズ』が発表され、大ヒットした。アメリカでは『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第1位(彼にとって唯一の第1位)、ポピュラー・チャートで第2位を獲得した。3月17日、パーキンスはカントリー・ミュージシャンとして初めてリズム・アンド・ブルース・チャートで第3位を獲得した。その夜、ABCの『Ozark Jubilee 』でテレビ・デビューし、この曲を演奏した。

イギリスではこの曲は第10位にランクインした。サン・レコード所属アーティストで100万枚売り上げた最初の曲となった。B面の『ハニー・ドント』はビートルズ、ワンダ・ジャクソン、T・レックスにカヴァーされた。ビートルズ版でジョン・レノンがリードだったが、後にリンゴ・スターになった。レノンは『Lost Lennon Tapes 』でもこの曲を演奏した。
(Wikipediaより)

Carl Perkins - Blue Suede Shoes

カール・リー・パーキンス(Carl Lee Perkins、1932年4月9日 - 1998年1月19日[1])は、アメリカ合衆国のロカビリー・ミュージシャン。1954年より主にテネシー州メンフィスにあるサン・レコード・スタジオでレコーディングしていた。

初期ロックンロールの立役者としてエルヴィス・プレスリーらとともにサン・ミュージックの黄金期を飾ったうちの一人である。代表曲には『ブルー・スエード・シューズ』、『マッチボックス』、『ハニー・ドント』などがある。

チャーリー・ダニエルズは「カール・パーキンスの曲はロカビリーの時代の象徴であり、彼のサウンドこそが本物のロカビリーである。なぜなら彼はずっと変わらないから」と語った。

パーキンスの曲はエルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・キャッシュなど影響力のあるアーティストおよび友人達にカヴァーされ、彼のポピュラー・ミュージックでの地位を確固たるものにした。ポール・マッカートニーは「もしもカール・パーキンスがいなかったら、ビートルズは存在しなかった」と語った。

「ロカビリー界の王」と呼ばれ、ロックの殿堂、ロカビリーの殿堂、ナッシュヴィル作曲家の殿堂に殿堂入りし、グラミー殿堂賞を受賞した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第99位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第88位。

サン・レコードから次にジョニー・キャッシュとテネシー・トゥがデビューすることになった。1955年夏、彼らはアーカンソー州リトルロック、フォレスト・シティ、コリンス、テュペロをツアーした。エル・ランショに再登場した時、パーキンス兄弟は交通事故に関わった。運転してきた友人がハンドルに引っ掛かって動けなくなった。パーキンスは燃え始めた車から彼を引きずり出した。クレイトンは車から投げ出されたが、重篤な怪我には至らなかった。

1955年10月、サン・レコードから発表された『Gone Gone Gone 』が地域的にヒットした。この曲はカントリーとリズム・アンド・ブルースの風味豊かなバウンス・ブルースであった。この曲は古典的な『Let the Jukebox Keep On Playing 』のB面で、フィドル、ウエスタン・ブギのベース、スティール・ギター、涙をそそる歌声で構成された。

1955年秋、パーキンスはあるダンサーがデート中にスエードの靴に傷がついて怒っているのを目撃し、『ブルー・スエード・シューズ』を作曲した。数週間後の1955年12月19日、パーキンスとバンドのメンバーはメンフィスのサン・スタジオでセッション中にこの曲をレコーディングした。フィリップスの提案で歌詞を「Go, cat, go 」から「boogie vamp 」に変更した。

1955年11月、プレスリーがステップアップを求めてサン・レコードを離れRCAレコードに移籍し、1954年終盤からパーキンスのレコーディングを担当していたフィリップスはパーキンスに「カール・パーキンス、今君が私のロカビリー・キャットだ」と語った。サン・レコードは、プレスリーに続く看板アーティストとしてパーキンスに白羽の矢を当て、ロカビリー・シンガーとして売り出した。

1956年1月1日、『ブルー・スエード・シューズ』が発表され、大ヒットした。アメリカでは『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第1位(彼にとって唯一の第1位)、ポピュラー・チャートで第2位を獲得した。3月17日、パーキンスはカントリー・ミュージシャンとして初めてリズム・アンド・ブルース・チャートで第3位を獲得した。その夜、ABCの『Ozark Jubilee 』でテレビ・デビューし、この曲を演奏した。

イギリスではこの曲は第10位にランクインした。サン・レコード所属アーティストで100万枚売り上げた最初の曲となった。B面の『ハニー・ドント』はビートルズ、ワンダ・ジャクソン、T・レックスにカヴァーされた。ビートルズ版でジョン・レノンがリードだったが、後にリンゴ・スターになった。レノンは『Lost Lennon Tapes 』でもこの曲を演奏した。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター