[/] ROCKPV Lynyrd Skynyrd

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Lynyrd Skynyrd - I Know A Little YouTube 動画

レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd [ˌlɛnərd ˈskɪnərd] LEN-ərd-SKIN-ərd) は、アメリカ合衆国のサザン・ロックバンド。1964年にフロリダ州ジャクソンビルで「マイ・バックヤード My Backyard」として結成され、その後「ノーブル・ファイブ The Noble Five」「ワン・パーセント One Percent」の名で活動、1969年に「レーナード・スキナード」と改名した。

バンドはそのライブパフォーマンスや「スウィート・ホーム・アラバマ」「フリー・バード」と言った代表曲でその認知度を高めていったが、成功のピークであった1977年に飛行機事故でメンバー2人とバックアップシンガーが死亡、人気の絶頂時に活動を停止した。バンドはアメリカ合衆国で2,800万枚のレコード販売を記録した。

生き残ったメンバーは1987年に、リードボーカルにジョニー・ヴァン・ザント(バンドの創設者、ロニー・ヴァン・ザントの弟)を迎えリユニオン・ツアーを行った。バンドは現在ももう一人の創設者であるゲイリー・ロッシントン、ジョニー・ヴァン・ザントとリッキー・メドロック(1996年にバンドに復帰する前、1971年から72年にかけて曲を書きレコーディングに参加していた。)でツアーやレコーディングを行っている。もう一人の創設者、ラリー・ヤンストロムは70年代に加入していたエド・キング、アーティマス・パイルと共に音楽活動を続けているが、もはやバンドとはツアーやレコーディングを行っていない。マイケル・カーテロンは1999年以来バンドの主たるドラマーとしてレコーディング、ツアーを行っている。

レーナード・スキナードは2006年3月13日にロックの殿堂入りを果たした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に選ばれている。

1972年にバンド(ヴァン・ザント、コリンズ、ロッシントン、バーンズ、ウィルクソン、パウエル)はブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのアル・クーパーに見いだされた。クーパーはアトランタのFunocchio'sで彼らのステージを見た。そしてMCAレコード傘下の自らのサウンズ・オブ・ザ・サウスレーベルと彼らを契約させ、ファーストアルバム『レーナード・スキナード』をプロデュースした。ウィルクソンはこのアルバムのレコーディングセッション初期にバンドを離れていたため、参加したのは2曲のみである。彼はアルバムリリース直後にヴァン・ザントの誘いでバンドに復帰し[要出典]、アルバムカバーのジャケット写真にも写っている。ウィルクソン不在時にベースとギターを手伝ったストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングはレコーディング後に3人目のギタリストとして正式加入し、バンドはライブにおいてスタジオでの3つのギターセクションを再現できるようになった。アルバムは1973年8月13日にリリースされ、100万枚を超える売上を記録、RIAAのゴールドディスクとなった。シングル「フリー・バード」は全国放送され、最終的にBillboard Hot 100の19位を記録した。

バンドのファン層は1973年に急速に成長し続けた。これはザ・フーの『四重人格』ツアーで前座を務めたことによる。1974年のセカンドアルバム『セカンド・ヘルピング』ではキング、コリンズ、ロッシントンがそれぞれヴァン・ザントとのコラボレーションで曲を書き、バンドのブレークスルーを強固なものとした。ニール・ヤングの「サザン・マン」へのアンサーソングであるシングル「スウィート・ホーム・アラバマ」は、8月のチャートで8位に達した。(ヤングとヴァン・ザントはライバルではなく、お互いの音楽のファンであり、友人であった。ヤングは彼らのために「パウダーフィンガー」を書いたが、彼らはそれを録音しなかった。)絶頂期における彼らのレコードはそれぞれ100万枚を超える売り上げを記録したが、「スウィート・ホーム・アラバマ」はトップ10に入った唯一のシングルであった[17]。『セカンド・ヘルピング』は1974年に12位を達成し、最終的にはマルチプラチナとなった。その年の7月、レーナード・スキナードはミズーリ州セダリアのミズーリ・ステート・フェアで行われたオザーク・ミュージックフェスティバルのヘッドライナーの一人であった。

トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。

1975年1月にバーンズがバンドを去り、代わってケンタッキー出身のアーティマス・パイルが加入した。バンドの3枚目のアルバム『ナッシン・ファンシー』は17日で録音された。クーパーとバンドはアルバムリリース前に相互の合意によって袂を分かち、クーパーはテープのミックスを完成させてバンドから離れた[19]。このサードアルバムは前作よりも売り上げが低かった。エド・キングはツアーの途中で、疲労を理由にバンドを離れた。1976年1月、正式メンバーとはみなされなかったが、バックアップシンガーのレスリー・ホーキンス、キャシー・ゲインズ、ジョジョ・ビリングズリー(3人は「ホンケッテス」として知られる)が加入した。

『ナッシン・ファンシー』からは「サタデイ・ナイト・スペシャル」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード』の挿入歌に採用された。キングが脱退した後、バンドはしばらくツインギター編成で活動し、4枚目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』は1976年にリリースされたが、前作同様ファースト、セカンドほどの成功は収められなかった。ヴァン・ザントとコリンズは、バンドの初期の特徴であったトリプルリードギターの特性が失われていると真剣に感じていた。

その後バンドはレスリー・ウェスト(元マウンテン)やバリー・ハーウッド(後にゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズらと共にロッシントン・コリンズ・バンドで活動)を含む何名かのギタリストのオーディションを行ったが、最終的にはキャシー・ゲインズの弟スティーヴ・ゲインズがキングの後任として加入した。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。(Wikipediaより引用)

Lynyrd Skynyrd-Gimme Three Steps YouTube 動画

レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd [ˌlɛnərd ˈskɪnərd] LEN-ərd-SKIN-ərd) は、アメリカ合衆国のサザン・ロックバンド。1964年にフロリダ州ジャクソンビルで「マイ・バックヤード My Backyard」として結成され、その後「ノーブル・ファイブ The Noble Five」「ワン・パーセント One Percent」の名で活動、1969年に「レーナード・スキナード」と改名した。

バンドはそのライブパフォーマンスや「スウィート・ホーム・アラバマ」「フリー・バード」と言った代表曲でその認知度を高めていったが、成功のピークであった1977年に飛行機事故でメンバー2人とバックアップシンガーが死亡、人気の絶頂時に活動を停止した。バンドはアメリカ合衆国で2,800万枚のレコード販売を記録した。

生き残ったメンバーは1987年に、リードボーカルにジョニー・ヴァン・ザント(バンドの創設者、ロニー・ヴァン・ザントの弟)を迎えリユニオン・ツアーを行った。バンドは現在ももう一人の創設者であるゲイリー・ロッシントン、ジョニー・ヴァン・ザントとリッキー・メドロック(1996年にバンドに復帰する前、1971年から72年にかけて曲を書きレコーディングに参加していた。)でツアーやレコーディングを行っている。もう一人の創設者、ラリー・ヤンストロムは70年代に加入していたエド・キング、アーティマス・パイルと共に音楽活動を続けているが、もはやバンドとはツアーやレコーディングを行っていない。マイケル・カーテロンは1999年以来バンドの主たるドラマーとしてレコーディング、ツアーを行っている。

レーナード・スキナードは2006年3月13日にロックの殿堂入りを果たした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に選ばれている。

1972年にバンド(ヴァン・ザント、コリンズ、ロッシントン、バーンズ、ウィルクソン、パウエル)はブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのアル・クーパーに見いだされた。クーパーはアトランタのFunocchio'sで彼らのステージを見た。そしてMCAレコード傘下の自らのサウンズ・オブ・ザ・サウスレーベルと彼らを契約させ、ファーストアルバム『レーナード・スキナード』をプロデュースした。ウィルクソンはこのアルバムのレコーディングセッション初期にバンドを離れていたため、参加したのは2曲のみである。彼はアルバムリリース直後にヴァン・ザントの誘いでバンドに復帰し[要出典]、アルバムカバーのジャケット写真にも写っている。ウィルクソン不在時にベースとギターを手伝ったストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングはレコーディング後に3人目のギタリストとして正式加入し、バンドはライブにおいてスタジオでの3つのギターセクションを再現できるようになった。アルバムは1973年8月13日にリリースされ、100万枚を超える売上を記録、RIAAのゴールドディスクとなった。シングル「フリー・バード」は全国放送され、最終的にBillboard Hot 100の19位を記録した。

バンドのファン層は1973年に急速に成長し続けた。これはザ・フーの『四重人格』ツアーで前座を務めたことによる。1974年のセカンドアルバム『セカンド・ヘルピング』ではキング、コリンズ、ロッシントンがそれぞれヴァン・ザントとのコラボレーションで曲を書き、バンドのブレークスルーを強固なものとした。ニール・ヤングの「サザン・マン」へのアンサーソングであるシングル「スウィート・ホーム・アラバマ」は、8月のチャートで8位に達した。(ヤングとヴァン・ザントはライバルではなく、お互いの音楽のファンであり、友人であった。ヤングは彼らのために「パウダーフィンガー」を書いたが、彼らはそれを録音しなかった。)絶頂期における彼らのレコードはそれぞれ100万枚を超える売り上げを記録したが、「スウィート・ホーム・アラバマ」はトップ10に入った唯一のシングルであった[17]。『セカンド・ヘルピング』は1974年に12位を達成し、最終的にはマルチプラチナとなった。その年の7月、レーナード・スキナードはミズーリ州セダリアのミズーリ・ステート・フェアで行われたオザーク・ミュージックフェスティバルのヘッドライナーの一人であった。

トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。

1975年1月にバーンズがバンドを去り、代わってケンタッキー出身のアーティマス・パイルが加入した。バンドの3枚目のアルバム『ナッシン・ファンシー』は17日で録音された。クーパーとバンドはアルバムリリース前に相互の合意によって袂を分かち、クーパーはテープのミックスを完成させてバンドから離れた[19]。このサードアルバムは前作よりも売り上げが低かった。エド・キングはツアーの途中で、疲労を理由にバンドを離れた。1976年1月、正式メンバーとはみなされなかったが、バックアップシンガーのレスリー・ホーキンス、キャシー・ゲインズ、ジョジョ・ビリングズリー(3人は「ホンケッテス」として知られる)が加入した。

『ナッシン・ファンシー』からは「サタデイ・ナイト・スペシャル」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード』の挿入歌に採用された。キングが脱退した後、バンドはしばらくツインギター編成で活動し、4枚目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』は1976年にリリースされたが、前作同様ファースト、セカンドほどの成功は収められなかった。ヴァン・ザントとコリンズは、バンドの初期の特徴であったトリプルリードギターの特性が失われていると真剣に感じていた。

その後バンドはレスリー・ウェスト(元マウンテン)やバリー・ハーウッド(後にゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズらと共にロッシントン・コリンズ・バンドで活動)を含む何名かのギタリストのオーディションを行ったが、最終的にはキャシー・ゲインズの弟スティーヴ・ゲインズがキングの後任として加入した。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。(Wikipediaより引用)

Lynyrd Skynyrd - Simple Man YouTube 動画

レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd [ˌlɛnərd ˈskɪnərd] LEN-ərd-SKIN-ərd) は、アメリカ合衆国のサザン・ロックバンド。1964年にフロリダ州ジャクソンビルで「マイ・バックヤード My Backyard」として結成され、その後「ノーブル・ファイブ The Noble Five」「ワン・パーセント One Percent」の名で活動、1969年に「レーナード・スキナード」と改名した。

バンドはそのライブパフォーマンスや「スウィート・ホーム・アラバマ」「フリー・バード」と言った代表曲でその認知度を高めていったが、成功のピークであった1977年に飛行機事故でメンバー2人とバックアップシンガーが死亡、人気の絶頂時に活動を停止した。バンドはアメリカ合衆国で2,800万枚のレコード販売を記録した。

生き残ったメンバーは1987年に、リードボーカルにジョニー・ヴァン・ザント(バンドの創設者、ロニー・ヴァン・ザントの弟)を迎えリユニオン・ツアーを行った。バンドは現在ももう一人の創設者であるゲイリー・ロッシントン、ジョニー・ヴァン・ザントとリッキー・メドロック(1996年にバンドに復帰する前、1971年から72年にかけて曲を書きレコーディングに参加していた。)でツアーやレコーディングを行っている。もう一人の創設者、ラリー・ヤンストロムは70年代に加入していたエド・キング、アーティマス・パイルと共に音楽活動を続けているが、もはやバンドとはツアーやレコーディングを行っていない。マイケル・カーテロンは1999年以来バンドの主たるドラマーとしてレコーディング、ツアーを行っている。

レーナード・スキナードは2006年3月13日にロックの殿堂入りを果たした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に選ばれている。

1972年にバンド(ヴァン・ザント、コリンズ、ロッシントン、バーンズ、ウィルクソン、パウエル)はブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのアル・クーパーに見いだされた。クーパーはアトランタのFunocchio'sで彼らのステージを見た。そしてMCAレコード傘下の自らのサウンズ・オブ・ザ・サウスレーベルと彼らを契約させ、ファーストアルバム『レーナード・スキナード』をプロデュースした。ウィルクソンはこのアルバムのレコーディングセッション初期にバンドを離れていたため、参加したのは2曲のみである。彼はアルバムリリース直後にヴァン・ザントの誘いでバンドに復帰し[要出典]、アルバムカバーのジャケット写真にも写っている。ウィルクソン不在時にベースとギターを手伝ったストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングはレコーディング後に3人目のギタリストとして正式加入し、バンドはライブにおいてスタジオでの3つのギターセクションを再現できるようになった。アルバムは1973年8月13日にリリースされ、100万枚を超える売上を記録、RIAAのゴールドディスクとなった。シングル「フリー・バード」は全国放送され、最終的にBillboard Hot 100の19位を記録した。

バンドのファン層は1973年に急速に成長し続けた。これはザ・フーの『四重人格』ツアーで前座を務めたことによる。1974年のセカンドアルバム『セカンド・ヘルピング』ではキング、コリンズ、ロッシントンがそれぞれヴァン・ザントとのコラボレーションで曲を書き、バンドのブレークスルーを強固なものとした。ニール・ヤングの「サザン・マン」へのアンサーソングであるシングル「スウィート・ホーム・アラバマ」は、8月のチャートで8位に達した。(ヤングとヴァン・ザントはライバルではなく、お互いの音楽のファンであり、友人であった。ヤングは彼らのために「パウダーフィンガー」を書いたが、彼らはそれを録音しなかった。)絶頂期における彼らのレコードはそれぞれ100万枚を超える売り上げを記録したが、「スウィート・ホーム・アラバマ」はトップ10に入った唯一のシングルであった[17]。『セカンド・ヘルピング』は1974年に12位を達成し、最終的にはマルチプラチナとなった。その年の7月、レーナード・スキナードはミズーリ州セダリアのミズーリ・ステート・フェアで行われたオザーク・ミュージックフェスティバルのヘッドライナーの一人であった。

トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。

1975年1月にバーンズがバンドを去り、代わってケンタッキー出身のアーティマス・パイルが加入した。バンドの3枚目のアルバム『ナッシン・ファンシー』は17日で録音された。クーパーとバンドはアルバムリリース前に相互の合意によって袂を分かち、クーパーはテープのミックスを完成させてバンドから離れた[19]。このサードアルバムは前作よりも売り上げが低かった。エド・キングはツアーの途中で、疲労を理由にバンドを離れた。1976年1月、正式メンバーとはみなされなかったが、バックアップシンガーのレスリー・ホーキンス、キャシー・ゲインズ、ジョジョ・ビリングズリー(3人は「ホンケッテス」として知られる)が加入した。

『ナッシン・ファンシー』からは「サタデイ・ナイト・スペシャル」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード』の挿入歌に採用された。キングが脱退した後、バンドはしばらくツインギター編成で活動し、4枚目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』は1976年にリリースされたが、前作同様ファースト、セカンドほどの成功は収められなかった。ヴァン・ザントとコリンズは、バンドの初期の特徴であったトリプルリードギターの特性が失われていると真剣に感じていた。

その後バンドはレスリー・ウェスト(元マウンテン)やバリー・ハーウッド(後にゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズらと共にロッシントン・コリンズ・バンドで活動)を含む何名かのギタリストのオーディションを行ったが、最終的にはキャシー・ゲインズの弟スティーヴ・ゲインズがキングの後任として加入した。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。(Wikipediaより引用)

Lynyrd Skynyrd - Sweet Home Alabama YouTube 動画

レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd [ˌlɛnərd ˈskɪnərd] LEN-ərd-SKIN-ərd) は、アメリカ合衆国のサザン・ロックバンド。1964年にフロリダ州ジャクソンビルで「マイ・バックヤード My Backyard」として結成され、その後「ノーブル・ファイブ The Noble Five」「ワン・パーセント One Percent」の名で活動、1969年に「レーナード・スキナード」と改名した。

バンドはそのライブパフォーマンスや「スウィート・ホーム・アラバマ」「フリー・バード」と言った代表曲でその認知度を高めていったが、成功のピークであった1977年に飛行機事故でメンバー2人とバックアップシンガーが死亡、人気の絶頂時に活動を停止した。バンドはアメリカ合衆国で2,800万枚のレコード販売を記録した。

生き残ったメンバーは1987年に、リードボーカルにジョニー・ヴァン・ザント(バンドの創設者、ロニー・ヴァン・ザントの弟)を迎えリユニオン・ツアーを行った。バンドは現在ももう一人の創設者であるゲイリー・ロッシントン、ジョニー・ヴァン・ザントとリッキー・メドロック(1996年にバンドに復帰する前、1971年から72年にかけて曲を書きレコーディングに参加していた。)でツアーやレコーディングを行っている。もう一人の創設者、ラリー・ヤンストロムは70年代に加入していたエド・キング、アーティマス・パイルと共に音楽活動を続けているが、もはやバンドとはツアーやレコーディングを行っていない。マイケル・カーテロンは1999年以来バンドの主たるドラマーとしてレコーディング、ツアーを行っている。

レーナード・スキナードは2006年3月13日にロックの殿堂入りを果たした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に選ばれている。

1972年にバンド(ヴァン・ザント、コリンズ、ロッシントン、バーンズ、ウィルクソン、パウエル)はブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのアル・クーパーに見いだされた。クーパーはアトランタのFunocchio'sで彼らのステージを見た。そしてMCAレコード傘下の自らのサウンズ・オブ・ザ・サウスレーベルと彼らを契約させ、ファーストアルバム『レーナード・スキナード』をプロデュースした。ウィルクソンはこのアルバムのレコーディングセッション初期にバンドを離れていたため、参加したのは2曲のみである。彼はアルバムリリース直後にヴァン・ザントの誘いでバンドに復帰し[要出典]、アルバムカバーのジャケット写真にも写っている。ウィルクソン不在時にベースとギターを手伝ったストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングはレコーディング後に3人目のギタリストとして正式加入し、バンドはライブにおいてスタジオでの3つのギターセクションを再現できるようになった。アルバムは1973年8月13日にリリースされ、100万枚を超える売上を記録、RIAAのゴールドディスクとなった。シングル「フリー・バード」は全国放送され、最終的にBillboard Hot 100の19位を記録した。

バンドのファン層は1973年に急速に成長し続けた。これはザ・フーの『四重人格』ツアーで前座を務めたことによる。1974年のセカンドアルバム『セカンド・ヘルピング』ではキング、コリンズ、ロッシントンがそれぞれヴァン・ザントとのコラボレーションで曲を書き、バンドのブレークスルーを強固なものとした。ニール・ヤングの「サザン・マン」へのアンサーソングであるシングル「スウィート・ホーム・アラバマ」は、8月のチャートで8位に達した。(ヤングとヴァン・ザントはライバルではなく、お互いの音楽のファンであり、友人であった。ヤングは彼らのために「パウダーフィンガー」を書いたが、彼らはそれを録音しなかった。)絶頂期における彼らのレコードはそれぞれ100万枚を超える売り上げを記録したが、「スウィート・ホーム・アラバマ」はトップ10に入った唯一のシングルであった[17]。『セカンド・ヘルピング』は1974年に12位を達成し、最終的にはマルチプラチナとなった。その年の7月、レーナード・スキナードはミズーリ州セダリアのミズーリ・ステート・フェアで行われたオザーク・ミュージックフェスティバルのヘッドライナーの一人であった。

トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。

1975年1月にバーンズがバンドを去り、代わってケンタッキー出身のアーティマス・パイルが加入した。バンドの3枚目のアルバム『ナッシン・ファンシー』は17日で録音された。クーパーとバンドはアルバムリリース前に相互の合意によって袂を分かち、クーパーはテープのミックスを完成させてバンドから離れた[19]。このサードアルバムは前作よりも売り上げが低かった。エド・キングはツアーの途中で、疲労を理由にバンドを離れた。1976年1月、正式メンバーとはみなされなかったが、バックアップシンガーのレスリー・ホーキンス、キャシー・ゲインズ、ジョジョ・ビリングズリー(3人は「ホンケッテス」として知られる)が加入した。

『ナッシン・ファンシー』からは「サタデイ・ナイト・スペシャル」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード』の挿入歌に採用された。キングが脱退した後、バンドはしばらくツインギター編成で活動し、4枚目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』は1976年にリリースされたが、前作同様ファースト、セカンドほどの成功は収められなかった。ヴァン・ザントとコリンズは、バンドの初期の特徴であったトリプルリードギターの特性が失われていると真剣に感じていた。

その後バンドはレスリー・ウェスト(元マウンテン)やバリー・ハーウッド(後にゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズらと共にロッシントン・コリンズ・バンドで活動)を含む何名かのギタリストのオーディションを行ったが、最終的にはキャシー・ゲインズの弟スティーヴ・ゲインズがキングの後任として加入した。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。(Wikipediaより引用)

Lynyrd Skynyrd - Free Bird YouTube 動画

レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd [ˌlɛnərd ˈskɪnərd] LEN-ərd-SKIN-ərd) は、アメリカ合衆国のサザン・ロックバンド。1964年にフロリダ州ジャクソンビルで「マイ・バックヤード My Backyard」として結成され、その後「ノーブル・ファイブ The Noble Five」「ワン・パーセント One Percent」の名で活動、1969年に「レーナード・スキナード」と改名した。

バンドはそのライブパフォーマンスや「スウィート・ホーム・アラバマ」「フリー・バード」と言った代表曲でその認知度を高めていったが、成功のピークであった1977年に飛行機事故でメンバー2人とバックアップシンガーが死亡、人気の絶頂時に活動を停止した。バンドはアメリカ合衆国で2,800万枚のレコード販売を記録した。

生き残ったメンバーは1987年に、リードボーカルにジョニー・ヴァン・ザント(バンドの創設者、ロニー・ヴァン・ザントの弟)を迎えリユニオン・ツアーを行った。バンドは現在ももう一人の創設者であるゲイリー・ロッシントン、ジョニー・ヴァン・ザントとリッキー・メドロック(1996年にバンドに復帰する前、1971年から72年にかけて曲を書きレコーディングに参加していた。)でツアーやレコーディングを行っている。もう一人の創設者、ラリー・ヤンストロムは70年代に加入していたエド・キング、アーティマス・パイルと共に音楽活動を続けているが、もはやバンドとはツアーやレコーディングを行っていない。マイケル・カーテロンは1999年以来バンドの主たるドラマーとしてレコーディング、ツアーを行っている。

レーナード・スキナードは2006年3月13日にロックの殿堂入りを果たした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第95位に選ばれている。

1972年にバンド(ヴァン・ザント、コリンズ、ロッシントン、バーンズ、ウィルクソン、パウエル)はブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのアル・クーパーに見いだされた。クーパーはアトランタのFunocchio'sで彼らのステージを見た。そしてMCAレコード傘下の自らのサウンズ・オブ・ザ・サウスレーベルと彼らを契約させ、ファーストアルバム『レーナード・スキナード』をプロデュースした。ウィルクソンはこのアルバムのレコーディングセッション初期にバンドを離れていたため、参加したのは2曲のみである。彼はアルバムリリース直後にヴァン・ザントの誘いでバンドに復帰し[要出典]、アルバムカバーのジャケット写真にも写っている。ウィルクソン不在時にベースとギターを手伝ったストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングはレコーディング後に3人目のギタリストとして正式加入し、バンドはライブにおいてスタジオでの3つのギターセクションを再現できるようになった。アルバムは1973年8月13日にリリースされ、100万枚を超える売上を記録、RIAAのゴールドディスクとなった。シングル「フリー・バード」は全国放送され、最終的にBillboard Hot 100の19位を記録した[要出典]。

バンドのファン層は1973年に急速に成長し続けた。これはザ・フーの『四重人格』ツアーで前座を務めたことによる。1974年のセカンドアルバム『セカンド・ヘルピング』ではキング、コリンズ、ロッシントンがそれぞれヴァン・ザントとのコラボレーションで曲を書き、バンドのブレークスルーを強固なものとした。ニール・ヤングの「サザン・マン」へのアンサーソングであるシングル「スウィート・ホーム・アラバマ」は、8月のチャートで8位に達した。(ヤングとヴァン・ザントはライバルではなく、お互いの音楽のファンであり、友人であった。ヤングは彼らのために「パウダーフィンガー」を書いたが、彼らはそれを録音しなかった。)絶頂期における彼らのレコードはそれぞれ100万枚を超える売り上げを記録したが、「スウィート・ホーム・アラバマ」はトップ10に入った唯一のシングルであった[17]。『セカンド・ヘルピング』は1974年に12位を達成し、最終的にはマルチプラチナとなった。その年の7月、レーナード・スキナードはミズーリ州セダリアのミズーリ・ステート・フェアで行われたオザーク・ミュージックフェスティバルのヘッドライナーの一人であった。

トリプルリードギターを擁する重厚な音を特徴とし、オールマン・ブラザーズ・バンドやアトランタ・リズム・セクションと並ぶサザン・ロックの旗手として、ライヴでは多数の観客を動員する人気バンドとなった。

1975年1月にバーンズがバンドを去り、代わってケンタッキー出身のアーティマス・パイルが加入した。バンドの3枚目のアルバム『ナッシン・ファンシー』は17日で録音された。クーパーとバンドはアルバムリリース前に相互の合意によって袂を分かち、クーパーはテープのミックスを完成させてバンドから離れた[19]。このサードアルバムは前作よりも売り上げが低かった。エド・キングはツアーの途中で、疲労を理由にバンドを離れた。1976年1月、正式メンバーとはみなされなかったが、バックアップシンガーのレスリー・ホーキンス、キャシー・ゲインズ、ジョジョ・ビリングズリー(3人は「ホンケッテス」として知られる)が加入した。

『ナッシン・ファンシー』からは「サタデイ・ナイト・スペシャル」がバート・レイノルズ主演の映画『ロンゲスト・ヤード』の挿入歌に採用された。キングが脱退した後、バンドはしばらくツインギター編成で活動し、4枚目のアルバム『ギミー・バック・マイ・ブレッツ』は1976年にリリースされたが、前作同様ファースト、セカンドほどの成功は収められなかった。ヴァン・ザントとコリンズは、バンドの初期の特徴であったトリプルリードギターの特性が失われていると真剣に感じていた。

その後バンドはレスリー・ウェスト(元マウンテン)やバリー・ハーウッド(後にゲイリー・ロッシントン、アレン・コリンズらと共にロッシントン・コリンズ・バンドで活動)を含む何名かのギタリストのオーディションを行ったが、最終的にはキャシー・ゲインズの弟スティーヴ・ゲインズがキングの後任として加入した。最盛期(1976年前後)には南部でのライヴにおいてカルロス・サンタナを前座とするほどの人気を誇った。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター