[/] ROCKPV Booker T. & the M.G.'s

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

BOOKER T & THE MG'S - Soul Limbo

ブッカー・T&ザ・MG's (Booker T. & the M.G.'s) は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスにて結成されたソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・グループ。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第93位。

スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして、オルガンのブッカー・T・ジョーンズを中心に、ギターのスティーヴ・クロッパー、ベースのルイス・スタインバーグ、ドラムのアル・ジャクソンにより結成された。1964年後半、ルイス・スタインバーグに代りドナルド・ダック・ダンが加入した。

1962年に発表したデビュー・シングル「グリーン・オニオン (Green Onions)」がビルボード・R&Bチャートで1位、ポップ・チャートで3位の大ヒットを記録した。代表曲に「Hang 'Em High」「Time Is Tight」「Melting Pot」「Groovin'」「Soul Limbo」などがある。

また、オーティス・レディングらスタックス専属アーティストや、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴらのスタックス・スタジオにおけるレコーディングでは、リズム・セクションを担当した。スティーヴ・クロッパーは、1968年にビルボード・R&B、ポップ両チャートで1位を記録したオーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」や、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」の作曲をしている。1992年には、ロックの殿堂入りを果した。

ザ・MG'sはスタックスのハウスバンドとして、オーティス・レディングやサム&デイヴ、ウィルソン・ピケットなどをサポートした。

バック・バンドとして活動する中で、ソロ活動もしており、"Green Onion"等がヒットする。1971年のMelting Potを最後に活動を停止、幾度か再結成を繰り返した後に1994年に改めて活動を再開している。

ジョーンズ本人のソロ作は、1972年に"The Runaway"を、1974年にCBSから"Evergreen"を、1978年から1981年にかけて、A&Mで3作のR&B作品"Try and Love Again"、"The Best of You"、"I Want You"をリリース。1971年から1973年にかけては、リタ・クーリッジの姉である奥方のプリシラ・ジョーンズとのスワンプ・ロックのデュオアルバムを3作リリースしている。

2009年には20年ぶりとなるソロ作"Potato Hole"をアンタイ・レコードよりリリースした。このアルバムではドライヴ・バイ・トラッカーズがバックバンドを務め、またニール・ヤングがギターで参加している。また、同年のフジロック・フェスティバルに初出演した。2011年に、"The Road From Memphis"をリリース。2013年には復活したスタックスよりSound the Alarmをリリースした。
(Wikipediaより)

Booker T. & the MG's - Melting Pot

ブッカー・T&ザ・MG's (Booker T. & the M.G.'s) は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスにて結成されたソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・グループ。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第93位。

スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして、オルガンのブッカー・T・ジョーンズを中心に、ギターのスティーヴ・クロッパー、ベースのルイス・スタインバーグ、ドラムのアル・ジャクソンにより結成された。1964年後半、ルイス・スタインバーグに代りドナルド・ダック・ダンが加入した。

1962年に発表したデビュー・シングル「グリーン・オニオン (Green Onions)」がビルボード・R&Bチャートで1位、ポップ・チャートで3位の大ヒットを記録した。代表曲に「Hang 'Em High」「Time Is Tight」「Melting Pot」「Groovin'」「Soul Limbo」などがある。

また、オーティス・レディングらスタックス専属アーティストや、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴらのスタックス・スタジオにおけるレコーディングでは、リズム・セクションを担当した。スティーヴ・クロッパーは、1968年にビルボード・R&B、ポップ両チャートで1位を記録したオーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」や、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」の作曲をしている。1992年には、ロックの殿堂入りを果した。

ザ・MG'sはスタックスのハウスバンドとして、オーティス・レディングやサム&デイヴ、ウィルソン・ピケットなどをサポートした。

バック・バンドとして活動する中で、ソロ活動もしており、"Green Onion"等がヒットする。1971年のMelting Potを最後に活動を停止、幾度か再結成を繰り返した後に1994年に改めて活動を再開している。

ジョーンズ本人のソロ作は、1972年に"The Runaway"を、1974年にCBSから"Evergreen"を、1978年から1981年にかけて、A&Mで3作のR&B作品"Try and Love Again"、"The Best of You"、"I Want You"をリリース。1971年から1973年にかけては、リタ・クーリッジの姉である奥方のプリシラ・ジョーンズとのスワンプ・ロックのデュオアルバムを3作リリースしている。

2009年には20年ぶりとなるソロ作"Potato Hole"をアンタイ・レコードよりリリースした。このアルバムではドライヴ・バイ・トラッカーズがバックバンドを務め、またニール・ヤングがギターで参加している。また、同年のフジロック・フェスティバルに初出演した。2011年に、"The Road From Memphis"をリリース。2013年には復活したスタックスよりSound the Alarmをリリースした。
(Wikipediaより)

Booker T. & the MG's - Hang 'em high

ブッカー・T&ザ・MG's (Booker T. & the M.G.'s) は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスにて結成されたソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・グループ。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第93位。

スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして、オルガンのブッカー・T・ジョーンズを中心に、ギターのスティーヴ・クロッパー、ベースのルイス・スタインバーグ、ドラムのアル・ジャクソンにより結成された。1964年後半、ルイス・スタインバーグに代りドナルド・ダック・ダンが加入した。

1962年に発表したデビュー・シングル「グリーン・オニオン (Green Onions)」がビルボード・R&Bチャートで1位、ポップ・チャートで3位の大ヒットを記録した。代表曲に「Hang 'Em High」「Time Is Tight」「Melting Pot」「Groovin'」「Soul Limbo」などがある。

また、オーティス・レディングらスタックス専属アーティストや、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴらのスタックス・スタジオにおけるレコーディングでは、リズム・セクションを担当した。スティーヴ・クロッパーは、1968年にビルボード・R&B、ポップ両チャートで1位を記録したオーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」や、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」の作曲をしている。1992年には、ロックの殿堂入りを果した。

ザ・MG'sはスタックスのハウスバンドとして、オーティス・レディングやサム&デイヴ、ウィルソン・ピケットなどをサポートした。

バック・バンドとして活動する中で、ソロ活動もしており、"Green Onion"等がヒットする。1971年のMelting Potを最後に活動を停止、幾度か再結成を繰り返した後に1994年に改めて活動を再開している。

ジョーンズ本人のソロ作は、1972年に"The Runaway"を、1974年にCBSから"Evergreen"を、1978年から1981年にかけて、A&Mで3作のR&B作品"Try and Love Again"、"The Best of You"、"I Want You"をリリース。1971年から1973年にかけては、リタ・クーリッジの姉である奥方のプリシラ・ジョーンズとのスワンプ・ロックのデュオアルバムを3作リリースしている。

2009年には20年ぶりとなるソロ作"Potato Hole"をアンタイ・レコードよりリリースした。このアルバムではドライヴ・バイ・トラッカーズがバックバンドを務め、またニール・ヤングがギターで参加している。また、同年のフジロック・フェスティバルに初出演した。2011年に、"The Road From Memphis"をリリース。2013年には復活したスタックスよりSound the Alarmをリリースした。
(Wikipediaより)

Booker T. & The MG's - Time Is Tight

ブッカー・T&ザ・MG's (Booker T. & the M.G.'s) は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスにて結成されたソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・グループ。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第93位。

スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして、オルガンのブッカー・T・ジョーンズを中心に、ギターのスティーヴ・クロッパー、ベースのルイス・スタインバーグ、ドラムのアル・ジャクソンにより結成された。1964年後半、ルイス・スタインバーグに代りドナルド・ダック・ダンが加入した。

1962年に発表したデビュー・シングル「グリーン・オニオン (Green Onions)」がビルボード・R&Bチャートで1位、ポップ・チャートで3位の大ヒットを記録した。代表曲に「Hang 'Em High」「Time Is Tight」「Melting Pot」「Groovin'」「Soul Limbo」などがある。

また、オーティス・レディングらスタックス専属アーティストや、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴらのスタックス・スタジオにおけるレコーディングでは、リズム・セクションを担当した。スティーヴ・クロッパーは、1968年にビルボード・R&B、ポップ両チャートで1位を記録したオーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」や、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」の作曲をしている。1992年には、ロックの殿堂入りを果した。

ザ・MG'sはスタックスのハウスバンドとして、オーティス・レディングやサム&デイヴ、ウィルソン・ピケットなどをサポートした。

バック・バンドとして活動する中で、ソロ活動もしており、"Green Onion"等がヒットする。1971年のMelting Potを最後に活動を停止、幾度か再結成を繰り返した後に1994年に改めて活動を再開している。

ジョーンズ本人のソロ作は、1972年に"The Runaway"を、1974年にCBSから"Evergreen"を、1978年から1981年にかけて、A&Mで3作のR&B作品"Try and Love Again"、"The Best of You"、"I Want You"をリリース。1971年から1973年にかけては、リタ・クーリッジの姉である奥方のプリシラ・ジョーンズとのスワンプ・ロックのデュオアルバムを3作リリースしている。

2009年には20年ぶりとなるソロ作"Potato Hole"をアンタイ・レコードよりリリースした。このアルバムではドライヴ・バイ・トラッカーズがバックバンドを務め、またニール・ヤングがギターで参加している。また、同年のフジロック・フェスティバルに初出演した。2011年に、"The Road From Memphis"をリリース。2013年には復活したスタックスよりSound the Alarmをリリースした。
(Wikipediaより)

Booker T & The MGs - Green Onions

ブッカー・T&ザ・MG's (Booker T. & the M.G.'s) は、アメリカ合衆国テネシー州メンフィスにて結成されたソウル・ミュージックのインストゥルメンタル・グループ。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第93位。

スタックス・レコード専属のスタジオ・バンドとして、オルガンのブッカー・T・ジョーンズを中心に、ギターのスティーヴ・クロッパー、ベースのルイス・スタインバーグ、ドラムのアル・ジャクソンにより結成された。1964年後半、ルイス・スタインバーグに代りドナルド・ダック・ダンが加入した。

1962年に発表したデビュー・シングル「グリーン・オニオン (Green Onions)」がビルボード・R&Bチャートで1位、ポップ・チャートで3位の大ヒットを記録した。代表曲に「Hang 'Em High」「Time Is Tight」「Melting Pot」「Groovin'」「Soul Limbo」などがある。

また、オーティス・レディングらスタックス専属アーティストや、ウィルソン・ピケット、サム&デイヴらのスタックス・スタジオにおけるレコーディングでは、リズム・セクションを担当した。スティーヴ・クロッパーは、1968年にビルボード・R&B、ポップ両チャートで1位を記録したオーティス・レディング「ドック・オブ・ザ・ベイ」や、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」の作曲をしている。1992年には、ロックの殿堂入りを果した。

ザ・MG'sはスタックスのハウスバンドとして、オーティス・レディングやサム&デイヴ、ウィルソン・ピケットなどをサポートした。

バック・バンドとして活動する中で、ソロ活動もしており、"Green Onion"等がヒットする。1971年のMelting Potを最後に活動を停止、幾度か再結成を繰り返した後に1994年に改めて活動を再開している。

ジョーンズ本人のソロ作は、1972年に"The Runaway"を、1974年にCBSから"Evergreen"を、1978年から1981年にかけて、A&Mで3作のR&B作品"Try and Love Again"、"The Best of You"、"I Want You"をリリース。1971年から1973年にかけては、リタ・クーリッジの姉である奥方のプリシラ・ジョーンズとのスワンプ・ロックのデュオアルバムを3作リリースしている。

2009年には20年ぶりとなるソロ作"Potato Hole"をアンタイ・レコードよりリリースした。このアルバムではドライヴ・バイ・トラッカーズがバックバンドを務め、またニール・ヤングがギターで参加している。また、同年のフジロック・フェスティバルに初出演した。2011年に、"The Road From Memphis"をリリース。2013年には復活したスタックスよりSound the Alarmをリリースした。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター