[/] ROCKPV Tom Petty

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Tom Petty - You Don't Know How It Feels YouTube 動画

トム・ペティ(Tom Petty, 1950年10月20日 - 2017年10月2日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャン、シンガーソングライター。

1976年からロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を主宰。1989年からソロデビューも果たし、同国を代表するアーティストとして活動した。

1994年『グラミー賞』受賞。2002年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第91位。

ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー等と並び、アメリカの中西部・南部の白人労働者の心情を代弁するロック・シンガーとして知られている。また、ボブ・ディランやニール・ヤングらと同様、一般的には「メッセージ・シンガー」という位置付けもあり、同時にバーズなどのフォーク・ロックの影響も受けている。

デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、晩年もアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほどの人気を誇っていた。また、1988年にはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン等と共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」というバンドを結成し、ヒットを記録した。

17歳の時にフロリダ州で「マッドクラッチ(英語版)」を結成。当時ペティはギターでなくベースを弾いていた。ギターは楽器店の教室で、当時無名だったドン・フェルダーがら手ほどきを受けている。

その後マッドクラッチはロサンゼルスに移り、1974年にはレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立したシェルター・レコードから契約の話を持ちかけられるが、マッドクラッチは解散して、ペティはソロ・アーティストとしてシェルターとの契約を継続。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ活動初期 (1977年)
マッドクラッチ時代の盟友であったマイク・キャンベル(ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)に、ロン・ブレア(ベース)とスタン・リンチ(ドラムス)を加えた編成の「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として、1976年にデビュー・アルバム『アメリカン・ガール』(Tom Petty & The Heartbreakers)を発表した。

デビュー当時はアメリカでは人気が得られなかったが、ニルス・ロフグレン(英語版)のイギリス・ツアーでオープニングアクトを務めるとイギリスで人気が高まり、1977年6月にはデビュー・アルバムが全英アルバムチャートで24位に達した。1978年にはアメリカでもデビュー作がBillboard 200で55位を記録して、セカンド・アルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は23位に達した。そして、1979年発表のサード・アルバム『破壊』(Damn the Torpedoes)は全米2位の大ヒットを記録した。

1981年、マイク・キャンベルと共作した「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)をスティーヴィー・ニックスのアルバム『麗しのベラ・ドンナ』に提供し、ペティとザ・ハートブレイカーズはレコーディングにも参加。この曲はシングルとして全米3位を記録した。

1986年、ザ・ハートブレイカーズと共にボブ・ディランのバック・バンドとして活動。1987年、アラン・ルドルフの監督映画『メイド・イン・ヘブン』に出演[7]。

1988年、ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成し、オービソンのアルバム『ミステリー・ガール』のレコーディングにも参加。(Wikipediaより引用)

Tom Petty And The Heartbreakers - The Waiting YouTube 動画

トム・ペティ(Tom Petty, 1950年10月20日 - 2017年10月2日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャン、シンガーソングライター。

1976年からロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を主宰。1989年からソロデビューも果たし、同国を代表するアーティストとして活動した。

1994年『グラミー賞』受賞。2002年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第91位。

ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー等と並び、アメリカの中西部・南部の白人労働者の心情を代弁するロック・シンガーとして知られている。また、ボブ・ディランやニール・ヤングらと同様、一般的には「メッセージ・シンガー」という位置付けもあり、同時にバーズなどのフォーク・ロックの影響も受けている。

デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、晩年もアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほどの人気を誇っていた。また、1988年にはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン等と共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」というバンドを結成し、ヒットを記録した。

17歳の時にフロリダ州で「マッドクラッチ(英語版)」を結成。当時ペティはギターでなくベースを弾いていた。ギターは楽器店の教室で、当時無名だったドン・フェルダーがら手ほどきを受けている。

その後マッドクラッチはロサンゼルスに移り、1974年にはレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立したシェルター・レコードから契約の話を持ちかけられるが、マッドクラッチは解散して、ペティはソロ・アーティストとしてシェルターとの契約を継続。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ活動初期 (1977年)
マッドクラッチ時代の盟友であったマイク・キャンベル(ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)に、ロン・ブレア(ベース)とスタン・リンチ(ドラムス)を加えた編成の「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として、1976年にデビュー・アルバム『アメリカン・ガール』(Tom Petty & The Heartbreakers)を発表した。

デビュー当時はアメリカでは人気が得られなかったが、ニルス・ロフグレン(英語版)のイギリス・ツアーでオープニングアクトを務めるとイギリスで人気が高まり、1977年6月にはデビュー・アルバムが全英アルバムチャートで24位に達した。1978年にはアメリカでもデビュー作がBillboard 200で55位を記録して、セカンド・アルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は23位に達した。そして、1979年発表のサード・アルバム『破壊』(Damn the Torpedoes)は全米2位の大ヒットを記録した。

1981年、マイク・キャンベルと共作した「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)をスティーヴィー・ニックスのアルバム『麗しのベラ・ドンナ』に提供し、ペティとザ・ハートブレイカーズはレコーディングにも参加。この曲はシングルとして全米3位を記録した。

1986年、ザ・ハートブレイカーズと共にボブ・ディランのバック・バンドとして活動。1987年、アラン・ルドルフの監督映画『メイド・イン・ヘブン』に出演[7]。

1988年、ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成し、オービソンのアルバム『ミステリー・ガール』のレコーディングにも参加。(Wikipediaより引用)

Tom Petty - Learning To Fly YouTube 動画

トム・ペティ(Tom Petty, 1950年10月20日 - 2017年10月2日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャン、シンガーソングライター。

1976年からロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を主宰。1989年からソロデビューも果たし、同国を代表するアーティストとして活動した。

1994年『グラミー賞』受賞。2002年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第91位。

ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー等と並び、アメリカの中西部・南部の白人労働者の心情を代弁するロック・シンガーとして知られている。また、ボブ・ディランやニール・ヤングらと同様、一般的には「メッセージ・シンガー」という位置付けもあり、同時にバーズなどのフォーク・ロックの影響も受けている。

デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、晩年もアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほどの人気を誇っていた。また、1988年にはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン等と共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」というバンドを結成し、ヒットを記録した。

17歳の時にフロリダ州で「マッドクラッチ(英語版)」を結成。当時ペティはギターでなくベースを弾いていた。ギターは楽器店の教室で、当時無名だったドン・フェルダーがら手ほどきを受けている。

その後マッドクラッチはロサンゼルスに移り、1974年にはレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立したシェルター・レコードから契約の話を持ちかけられるが、マッドクラッチは解散して、ペティはソロ・アーティストとしてシェルターとの契約を継続。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ活動初期 (1977年)
マッドクラッチ時代の盟友であったマイク・キャンベル(ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)に、ロン・ブレア(ベース)とスタン・リンチ(ドラムス)を加えた編成の「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として、1976年にデビュー・アルバム『アメリカン・ガール』(Tom Petty & The Heartbreakers)を発表した。

デビュー当時はアメリカでは人気が得られなかったが、ニルス・ロフグレン(英語版)のイギリス・ツアーでオープニングアクトを務めるとイギリスで人気が高まり、1977年6月にはデビュー・アルバムが全英アルバムチャートで24位に達した。1978年にはアメリカでもデビュー作がBillboard 200で55位を記録して、セカンド・アルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は23位に達した。そして、1979年発表のサード・アルバム『破壊』(Damn the Torpedoes)は全米2位の大ヒットを記録した。

1981年、マイク・キャンベルと共作した「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)をスティーヴィー・ニックスのアルバム『麗しのベラ・ドンナ』に提供し、ペティとザ・ハートブレイカーズはレコーディングにも参加。この曲はシングルとして全米3位を記録した。

1986年、ザ・ハートブレイカーズと共にボブ・ディランのバック・バンドとして活動。1987年、アラン・ルドルフの監督映画『メイド・イン・ヘブン』に出演[7]。

1988年、ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成し、オービソンのアルバム『ミステリー・ガール』のレコーディングにも参加。(Wikipediaより引用)

Tom Petty Performs "American Girl YouTube 動画

トム・ペティ(Tom Petty, 1950年10月20日 - 2017年10月2日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャン、シンガーソングライター。

1976年からロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を主宰。1989年からソロデビューも果たし、同国を代表するアーティストとして活動した。

1994年『グラミー賞』受賞。2002年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第91位。

ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー等と並び、アメリカの中西部・南部の白人労働者の心情を代弁するロック・シンガーとして知られている。また、ボブ・ディランやニール・ヤングらと同様、一般的には「メッセージ・シンガー」という位置付けもあり、同時にバーズなどのフォーク・ロックの影響も受けている。

デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、晩年もアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほどの人気を誇っていた。また、1988年にはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン等と共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」というバンドを結成し、ヒットを記録した。

17歳の時にフロリダ州で「マッドクラッチ(英語版)」を結成。当時ペティはギターでなくベースを弾いていた。ギターは楽器店の教室で、当時無名だったドン・フェルダーがら手ほどきを受けている。

その後マッドクラッチはロサンゼルスに移り、1974年にはレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立したシェルター・レコードから契約の話を持ちかけられるが、マッドクラッチは解散して、ペティはソロ・アーティストとしてシェルターとの契約を継続。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ活動初期 (1977年)
マッドクラッチ時代の盟友であったマイク・キャンベル(ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)に、ロン・ブレア(ベース)とスタン・リンチ(ドラムス)を加えた編成の「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として、1976年にデビュー・アルバム『アメリカン・ガール』(Tom Petty & The Heartbreakers)を発表した。

デビュー当時はアメリカでは人気が得られなかったが、ニルス・ロフグレン(英語版)のイギリス・ツアーでオープニングアクトを務めるとイギリスで人気が高まり、1977年6月にはデビュー・アルバムが全英アルバムチャートで24位に達した。1978年にはアメリカでもデビュー作がBillboard 200で55位を記録して、セカンド・アルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は23位に達した。そして、1979年発表のサード・アルバム『破壊』(Damn the Torpedoes)は全米2位の大ヒットを記録した。

1981年、マイク・キャンベルと共作した「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)をスティーヴィー・ニックスのアルバム『麗しのベラ・ドンナ』に提供し、ペティとザ・ハートブレイカーズはレコーディングにも参加。この曲はシングルとして全米3位を記録した。

1986年、ザ・ハートブレイカーズと共にボブ・ディランのバック・バンドとして活動。1987年、アラン・ルドルフの監督映画『メイド・イン・ヘブン』に出演[7]。

1988年、ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成し、オービソンのアルバム『ミステリー・ガール』のレコーディングにも参加。(Wikipediaより引用)

Tom Petty And The Heartbreakers - Mary Jane's Last Dance YouTube 動画

トム・ペティ(Tom Petty, 1950年10月20日 - 2017年10月2日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャン、シンガーソングライター。

1976年からロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」を主宰。1989年からソロデビューも果たし、同国を代表するアーティストとして活動した。

1994年『グラミー賞』受賞。2002年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第91位。

ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー等と並び、アメリカの中西部・南部の白人労働者の心情を代弁するロック・シンガーとして知られている。また、ボブ・ディランやニール・ヤングらと同様、一般的には「メッセージ・シンガー」という位置付けもあり、同時にバーズなどのフォーク・ロックの影響も受けている。

デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、晩年もアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むほどの人気を誇っていた。また、1988年にはボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン等と共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」というバンドを結成し、ヒットを記録した。

17歳の時にフロリダ州で「マッドクラッチ(英語版)」を結成。当時ペティはギターでなくベースを弾いていた。ギターは楽器店の教室で、当時無名だったドン・フェルダーがら手ほどきを受けている。

その後マッドクラッチはロサンゼルスに移り、1974年にはレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立したシェルター・レコードから契約の話を持ちかけられるが、マッドクラッチは解散して、ペティはソロ・アーティストとしてシェルターとの契約を継続。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ活動初期 (1977年)
マッドクラッチ時代の盟友であったマイク・キャンベル(ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)に、ロン・ブレア(ベース)とスタン・リンチ(ドラムス)を加えた編成の「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として、1976年にデビュー・アルバム『アメリカン・ガール』(Tom Petty & The Heartbreakers)を発表した。

デビュー当時はアメリカでは人気が得られなかったが、ニルス・ロフグレン(英語版)のイギリス・ツアーでオープニングアクトを務めるとイギリスで人気が高まり、1977年6月にはデビュー・アルバムが全英アルバムチャートで24位に達した。1978年にはアメリカでもデビュー作がBillboard 200で55位を記録して、セカンド・アルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は23位に達した。そして、1979年発表のサード・アルバム『破壊』(Damn the Torpedoes)は全米2位の大ヒットを記録した。

1981年、マイク・キャンベルと共作した「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)をスティーヴィー・ニックスのアルバム『麗しのベラ・ドンナ』に提供し、ペティとザ・ハートブレイカーズはレコーディングにも参加。この曲はシングルとして全米3位を記録した。

1986年、ザ・ハートブレイカーズと共にボブ・ディランのバック・バンドとして活動。1987年、アラン・ルドルフの監督映画『メイド・イン・ヘブン』に出演[7]。

1988年、ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成し、オービソンのアルバム『ミステリー・ガール』のレコーディングにも参加。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター