[/] ROCKPV Carlos Santana

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Carlos Santana - The Game Of Love ft. Michelle Branch

カルロス・サンタナ(Carlos Santana, 1947年7月20日 - )は、メキシコ出身のアメリカ合衆国のギタリスト。自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」を1960年代から率い、現在も活動中。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。

カルロスは、B.B.キング, T-ボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカーといったような1950年代の人気のあるアーティストから影響を受けた。ギターの演奏を始めて間もなくカルロスは、50年代のロックンロールに独特のタッチを加えることができる場となる地元のバンド「Tijuana Strip」に加わった。ジャズやフォークソングを含む様々な新しい音楽の影響も受け、1960年代のサンフランシスコを中心として興っていたヒッピー運動も目にした。その後の数年間は食堂での皿洗いと路上ライブで少額を稼ぎ、フルタイムのミュージシャンになることを決めた。

カルロスのマネージャーのStan Marcumが、カルロスをそのバンドに加えることを直ちに提案しビルは同意した。ジャムセッションでのカルロスのギター演奏とソロは、観客とビル双方の注目を集めた[5]。その年にカルロスは、仲間のストリートミュージシャンのDavid Brown (ベースギター)、Marcus Malone(パーカッション)、グレッグ・ローリー (ミュージシャン)(英語版)(リード・ヴォーカル、ハモンドオルガン B-3)と共にSantana Blues Bandを結成した。

1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加。この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」(ジャック・ブルースのカヴァー)は、マイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』に収録。カルロスの演奏が収録された初のレコードとなった。

1969年にカルロスはコロムビア・レコードと契約し、バンド名のSantana Blues Bandを短縮してSantanaとした。Santanaは、カルロスの絶妙なギター演奏と、カルロスのトレードマークとなった自律的なメロディにより、アフロキューバン(英語版)やラテン・ロック風味の一連のヒットアルバムをリリースした。
(Wikipediaより)

Carlos Santana- She's Not There

カルロス・サンタナ(Carlos Santana, 1947年7月20日 - )は、メキシコ出身のアメリカ合衆国のギタリスト。自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」を1960年代から率い、現在も活動中。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。

カルロスは、B.B.キング, T-ボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカーといったような1950年代の人気のあるアーティストから影響を受けた。ギターの演奏を始めて間もなくカルロスは、50年代のロックンロールに独特のタッチを加えることができる場となる地元のバンド「Tijuana Strip」に加わった。ジャズやフォークソングを含む様々な新しい音楽の影響も受け、1960年代のサンフランシスコを中心として興っていたヒッピー運動も目にした。その後の数年間は食堂での皿洗いと路上ライブで少額を稼ぎ、フルタイムのミュージシャンになることを決めた。

カルロスのマネージャーのStan Marcumが、カルロスをそのバンドに加えることを直ちに提案しビルは同意した。ジャムセッションでのカルロスのギター演奏とソロは、観客とビル双方の注目を集めた[5]。その年にカルロスは、仲間のストリートミュージシャンのDavid Brown (ベースギター)、Marcus Malone(パーカッション)、グレッグ・ローリー (ミュージシャン)(英語版)(リード・ヴォーカル、ハモンドオルガン B-3)と共にSantana Blues Bandを結成した。

1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加。この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」(ジャック・ブルースのカヴァー)は、マイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』に収録。カルロスの演奏が収録された初のレコードとなった。

1969年にカルロスはコロムビア・レコードと契約し、バンド名のSantana Blues Bandを短縮してSantanaとした。Santanaは、カルロスの絶妙なギター演奏と、カルロスのトレードマークとなった自律的なメロディにより、アフロキューバン(英語版)やラテン・ロック風味の一連のヒットアルバムをリリースした。
(Wikipediaより)

Carlos Santana - Maria Maria (Stereo) ft. The Product G&B

カルロス・サンタナ(Carlos Santana, 1947年7月20日 - )は、メキシコ出身のアメリカ合衆国のギタリスト。自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」を1960年代から率い、現在も活動中。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。

カルロスは、B.B.キング, T-ボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカーといったような1950年代の人気のあるアーティストから影響を受けた。ギターの演奏を始めて間もなくカルロスは、50年代のロックンロールに独特のタッチを加えることができる場となる地元のバンド「Tijuana Strip」に加わった。ジャズやフォークソングを含む様々な新しい音楽の影響も受け、1960年代のサンフランシスコを中心として興っていたヒッピー運動も目にした。その後の数年間は食堂での皿洗いと路上ライブで少額を稼ぎ、フルタイムのミュージシャンになることを決めた。

カルロスのマネージャーのStan Marcumが、カルロスをそのバンドに加えることを直ちに提案しビルは同意した。ジャムセッションでのカルロスのギター演奏とソロは、観客とビル双方の注目を集めた[5]。その年にカルロスは、仲間のストリートミュージシャンのDavid Brown (ベースギター)、Marcus Malone(パーカッション)、グレッグ・ローリー (ミュージシャン)(英語版)(リード・ヴォーカル、ハモンドオルガン B-3)と共にSantana Blues Bandを結成した。

1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加。この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」(ジャック・ブルースのカヴァー)は、マイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』に収録。カルロスの演奏が収録された初のレコードとなった。

1969年にカルロスはコロムビア・レコードと契約し、バンド名のSantana Blues Bandを短縮してSantanaとした。Santanaは、カルロスの絶妙なギター演奏と、カルロスのトレードマークとなった自律的なメロディにより、アフロキューバン(英語版)やラテン・ロック風味の一連のヒットアルバムをリリースした。
(Wikipediaより)

Carlos Santana - Smooth (Stereo) ft. Rob Thomas

カルロス・サンタナ(Carlos Santana, 1947年7月20日 - )は、メキシコ出身のアメリカ合衆国のギタリスト。自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」を1960年代から率い、現在も活動中。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。

カルロスは、B.B.キング, T-ボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカーといったような1950年代の人気のあるアーティストから影響を受けた。ギターの演奏を始めて間もなくカルロスは、50年代のロックンロールに独特のタッチを加えることができる場となる地元のバンド「Tijuana Strip」に加わった。ジャズやフォークソングを含む様々な新しい音楽の影響も受け、1960年代のサンフランシスコを中心として興っていたヒッピー運動も目にした。その後の数年間は食堂での皿洗いと路上ライブで少額を稼ぎ、フルタイムのミュージシャンになることを決めた。

カルロスのマネージャーのStan Marcumが、カルロスをそのバンドに加えることを直ちに提案しビルは同意した。ジャムセッションでのカルロスのギター演奏とソロは、観客とビル双方の注目を集めた[5]。その年にカルロスは、仲間のストリートミュージシャンのDavid Brown (ベースギター)、Marcus Malone(パーカッション)、グレッグ・ローリー (ミュージシャン)(英語版)(リード・ヴォーカル、ハモンドオルガン B-3)と共にSantana Blues Bandを結成した。

1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加。この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」(ジャック・ブルースのカヴァー)は、マイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』に収録。カルロスの演奏が収録された初のレコードとなった。

1969年にカルロスはコロムビア・レコードと契約し、バンド名のSantana Blues Bandを短縮してSantanaとした。Santanaは、カルロスの絶妙なギター演奏と、カルロスのトレードマークとなった自律的なメロディにより、アフロキューバン(英語版)やラテン・ロック風味の一連のヒットアルバムをリリースした。
(Wikipediaより)

Carlos Santana - EUROPA

カルロス・サンタナ(Carlos Santana, 1947年7月20日 - )は、メキシコ出身のアメリカ合衆国のギタリスト。自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」を1960年代から率い、現在も活動中。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第15位、2011年の改訂版では第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第90位。

カルロスは、B.B.キング, T-ボーン・ウォーカー、ジョン・リー・フッカーといったような1950年代の人気のあるアーティストから影響を受けた。ギターの演奏を始めて間もなくカルロスは、50年代のロックンロールに独特のタッチを加えることができる場となる地元のバンド「Tijuana Strip」に加わった。ジャズやフォークソングを含む様々な新しい音楽の影響も受け、1960年代のサンフランシスコを中心として興っていたヒッピー運動も目にした。その後の数年間は食堂での皿洗いと路上ライブで少額を稼ぎ、フルタイムのミュージシャンになることを決めた。

カルロスのマネージャーのStan Marcumが、カルロスをそのバンドに加えることを直ちに提案しビルは同意した。ジャムセッションでのカルロスのギター演奏とソロは、観客とビル双方の注目を集めた[5]。その年にカルロスは、仲間のストリートミュージシャンのDavid Brown (ベースギター)、Marcus Malone(パーカッション)、グレッグ・ローリー (ミュージシャン)(英語版)(リード・ヴォーカル、ハモンドオルガン B-3)と共にSantana Blues Bandを結成した。

1968年9月、アル・クーパーのライヴに参加。この時演奏された「ソニー・ボーイ・ウィリアムスン」(ジャック・ブルースのカヴァー)は、マイク・ブルームフィールド&アル・クーパー名義のライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』に収録。カルロスの演奏が収録された初のレコードとなった。

1969年にカルロスはコロムビア・レコードと契約し、バンド名のSantana Blues Bandを短縮してSantanaとした。Santanaは、カルロスの絶妙なギター演奏と、カルロスのトレードマークとなった自律的なメロディにより、アフロキューバン(英語版)やラテン・ロック風味の一連のヒットアルバムをリリースした。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト