[/] ROCKPV 2Pac

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

2Pac - Hit 'Em Up YouTube 動画

2パック(トゥーパック、英:2Pac、本名:トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur) 1971年6月16日 - 1996年9月13日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優である。ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区出身、アフリカン・アメリカン。「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)。身長180センチメートル[2]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。

幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、俳優としても成功し、注目される。

警官を狙撃したり、女性蔑視の歌詞(2パック自身はフェミニストだと語っているが、金目当てで性交する女性として「ビッチ(bitch)」を頻繁に用いる)などにより名誉毀損で告訴される。また、5発(頭部に2発、股間に2発、手に1発)もの銃弾を被弾する事件に巻き込まれる。このとき事件現場にディディとノトーリアス・B.I.G.がいたことから、この事件はバッド・ボーイの陰謀だと疑い、ヒップホップ界は西海岸と東海岸とで激しく対立する。銃撃の怪我も癒えない1995年、ファンにアナルセックスを強要したレイプ疑惑で4年6ヶ月の判決を受ける。刑務所内でデス・ロウ・レコードと契約。9ヶ月の服役後、デス・ロウ・レコードのオーナーであるマリオン・シュグ・ナイトが用立てた140万ドルの保釈金で出所。最初はこの保釈金はレーベルからの贈与であったが、後にレーベルが2パックに返済を要求したため、デス・ロウ・レコードから抜けられなくなった。ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・サイドを代表するMCとなる。また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit 'Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。また、彼の命日は13日の金曜日であったため、様々な憶測が飛び交ったが、犯人や動機はいまだに不明のままである(2パックの母親はこの事件に関して、メディアにビギーとディディではない別の数名の具体的な名前を挙げて非難している)。死後、マキャベリ名義でアルバム『ザ・ドン・キラミナティ・ザ・7デイズ・セオリー』が発表される。2012年jimmy henchmanがスタジオで2パックを撃ったと証言している。

死後も多数の未発表音源が発掘され、新しいCDがリリースされている。実はまだ生きているのでは、との噂まである。2パックに憧れていたエミネムを始め[3]、多くのアーティストに影響を与え続けている。 2012年、米音楽祭Coachellaのドクター・ドレー、スヌープ・ドッグのステージには、ホログラムで登場した。

2パックのドキュメンタリー映画『トゥパック:レザレクション』は、2005年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画としてノミネートされた。

初期の音源は彼の母親であるアフェニ・シャクールが管理していたが、現在は大半の権利をエミネムに売り渡したため、昨今のアルバムはエミネムがエグゼクティブ・プロデューサーを勤めている。また、デス・ロウ時代の音源はシュグ・ナイトがマーダー・インク(Murder Inc、現The Inc)やナズ(Nas)等の他レーベルに売り渡している。(Wikipediaより引用)

2Pac - To live and die in LA YouTube 動画

2パック(トゥーパック、英:2Pac、本名:トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur) 1971年6月16日 - 1996年9月13日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優である。ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区出身、アフリカン・アメリカン。「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)。身長180センチメートル[2]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。

幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、俳優としても成功し、注目される。

警官を狙撃したり、女性蔑視の歌詞(2パック自身はフェミニストだと語っているが、金目当てで性交する女性として「ビッチ(bitch)」を頻繁に用いる)などにより名誉毀損で告訴される。また、5発(頭部に2発、股間に2発、手に1発)もの銃弾を被弾する事件に巻き込まれる。このとき事件現場にディディとノトーリアス・B.I.G.がいたことから、この事件はバッド・ボーイの陰謀だと疑い、ヒップホップ界は西海岸と東海岸とで激しく対立する。銃撃の怪我も癒えない1995年、ファンにアナルセックスを強要したレイプ疑惑で4年6ヶ月の判決を受ける。刑務所内でデス・ロウ・レコードと契約。9ヶ月の服役後、デス・ロウ・レコードのオーナーであるマリオン・シュグ・ナイトが用立てた140万ドルの保釈金で出所。最初はこの保釈金はレーベルからの贈与であったが、後にレーベルが2パックに返済を要求したため、デス・ロウ・レコードから抜けられなくなった。ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・サイドを代表するMCとなる。また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit 'Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。また、彼の命日は13日の金曜日であったため、様々な憶測が飛び交ったが、犯人や動機はいまだに不明のままである(2パックの母親はこの事件に関して、メディアにビギーとディディではない別の数名の具体的な名前を挙げて非難している)。死後、マキャベリ名義でアルバム『ザ・ドン・キラミナティ・ザ・7デイズ・セオリー』が発表される。2012年jimmy henchmanがスタジオで2パックを撃ったと証言している。

死後も多数の未発表音源が発掘され、新しいCDがリリースされている。実はまだ生きているのでは、との噂まである。2パックに憧れていたエミネムを始め[3]、多くのアーティストに影響を与え続けている。 2012年、米音楽祭Coachellaのドクター・ドレー、スヌープ・ドッグのステージには、ホログラムで登場した。

2パックのドキュメンタリー映画『トゥパック:レザレクション』は、2005年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画としてノミネートされた。

初期の音源は彼の母親であるアフェニ・シャクールが管理していたが、現在は大半の権利をエミネムに売り渡したため、昨今のアルバムはエミネムがエグゼクティブ・プロデューサーを勤めている。また、デス・ロウ時代の音源はシュグ・ナイトがマーダー・インク(Murder Inc、現The Inc)やナズ(Nas)等の他レーベルに売り渡している。(Wikipediaより引用)

2Pac - I Get Around YouTube 動画

2パック(トゥーパック、英:2Pac、本名:トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur) 1971年6月16日 - 1996年9月13日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優である。ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区出身、アフリカン・アメリカン。「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)。身長180センチメートル[2]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。

幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、俳優としても成功し、注目される。

警官を狙撃したり、女性蔑視の歌詞(2パック自身はフェミニストだと語っているが、金目当てで性交する女性として「ビッチ(bitch)」を頻繁に用いる)などにより名誉毀損で告訴される。また、5発(頭部に2発、股間に2発、手に1発)もの銃弾を被弾する事件に巻き込まれる。このとき事件現場にディディとノトーリアス・B.I.G.がいたことから、この事件はバッド・ボーイの陰謀だと疑い、ヒップホップ界は西海岸と東海岸とで激しく対立する。銃撃の怪我も癒えない1995年、ファンにアナルセックスを強要したレイプ疑惑で4年6ヶ月の判決を受ける。刑務所内でデス・ロウ・レコードと契約。9ヶ月の服役後、デス・ロウ・レコードのオーナーであるマリオン・シュグ・ナイトが用立てた140万ドルの保釈金で出所。最初はこの保釈金はレーベルからの贈与であったが、後にレーベルが2パックに返済を要求したため、デス・ロウ・レコードから抜けられなくなった。ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・サイドを代表するMCとなる。また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit 'Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。また、彼の命日は13日の金曜日であったため、様々な憶測が飛び交ったが、犯人や動機はいまだに不明のままである(2パックの母親はこの事件に関して、メディアにビギーとディディではない別の数名の具体的な名前を挙げて非難している)。死後、マキャベリ名義でアルバム『ザ・ドン・キラミナティ・ザ・7デイズ・セオリー』が発表される。2012年jimmy henchmanがスタジオで2パックを撃ったと証言している。

死後も多数の未発表音源が発掘され、新しいCDがリリースされている。実はまだ生きているのでは、との噂まである。2パックに憧れていたエミネムを始め[3]、多くのアーティストに影響を与え続けている。 2012年、米音楽祭Coachellaのドクター・ドレー、スヌープ・ドッグのステージには、ホログラムで登場した。

2パックのドキュメンタリー映画『トゥパック:レザレクション』は、2005年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画としてノミネートされた。

初期の音源は彼の母親であるアフェニ・シャクールが管理していたが、現在は大半の権利をエミネムに売り渡したため、昨今のアルバムはエミネムがエグゼクティブ・プロデューサーを勤めている。また、デス・ロウ時代の音源はシュグ・ナイトがマーダー・インク(Murder Inc、現The Inc)やナズ(Nas)等の他レーベルに売り渡している。(Wikipediaより引用)

2pac feat Dr.Dre - California Love YouTube 動画

2パック(トゥーパック、英:2Pac、本名:トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur) 1971年6月16日 - 1996年9月13日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優である。ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区出身、アフリカン・アメリカン。「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)。身長180センチメートル[2]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。

幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、俳優としても成功し、注目される。

警官を狙撃したり、女性蔑視の歌詞(2パック自身はフェミニストだと語っているが、金目当てで性交する女性として「ビッチ(bitch)」を頻繁に用いる)などにより名誉毀損で告訴される。また、5発(頭部に2発、股間に2発、手に1発)もの銃弾を被弾する事件に巻き込まれる。このとき事件現場にディディとノトーリアス・B.I.G.がいたことから、この事件はバッド・ボーイの陰謀だと疑い、ヒップホップ界は西海岸と東海岸とで激しく対立する。銃撃の怪我も癒えない1995年、ファンにアナルセックスを強要したレイプ疑惑で4年6ヶ月の判決を受ける。刑務所内でデス・ロウ・レコードと契約。9ヶ月の服役後、デス・ロウ・レコードのオーナーであるマリオン・シュグ・ナイトが用立てた140万ドルの保釈金で出所。最初はこの保釈金はレーベルからの贈与であったが、後にレーベルが2パックに返済を要求したため、デス・ロウ・レコードから抜けられなくなった。ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・サイドを代表するMCとなる。また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit 'Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。また、彼の命日は13日の金曜日であったため、様々な憶測が飛び交ったが、犯人や動機はいまだに不明のままである(2パックの母親はこの事件に関して、メディアにビギーとディディではない別の数名の具体的な名前を挙げて非難している)。死後、マキャベリ名義でアルバム『ザ・ドン・キラミナティ・ザ・7デイズ・セオリー』が発表される。2012年jimmy henchmanがスタジオで2パックを撃ったと証言している。

死後も多数の未発表音源が発掘され、新しいCDがリリースされている。実はまだ生きているのでは、との噂まである。2パックに憧れていたエミネムを始め[3]、多くのアーティストに影響を与え続けている。 2012年、米音楽祭Coachellaのドクター・ドレー、スヌープ・ドッグのステージには、ホログラムで登場した。

2パックのドキュメンタリー映画『トゥパック:レザレクション』は、2005年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画としてノミネートされた。

初期の音源は彼の母親であるアフェニ・シャクールが管理していたが、現在は大半の権利をエミネムに売り渡したため、昨今のアルバムはエミネムがエグゼクティブ・プロデューサーを勤めている。また、デス・ロウ時代の音源はシュグ・ナイトがマーダー・インク(Murder Inc、現The Inc)やナズ(Nas)等の他レーベルに売り渡している。(Wikipediaより引用)

2Pac - Do For Love YouTube 動画

2パック(トゥーパック、英:2Pac、本名:トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur) 1971年6月16日 - 1996年9月13日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優である。ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区出身、アフリカン・アメリカン。「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)。身長180センチメートル[2]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。

幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、俳優としても成功し、注目される。

警官を狙撃したり、女性蔑視の歌詞(2パック自身はフェミニストだと語っているが、金目当てで性交する女性として「ビッチ(bitch)」を頻繁に用いる)などにより名誉毀損で告訴される。また、5発(頭部に2発、股間に2発、手に1発)もの銃弾を被弾する事件に巻き込まれる。このとき事件現場にディディとノトーリアス・B.I.G.がいたことから、この事件はバッド・ボーイの陰謀だと疑い、ヒップホップ界は西海岸と東海岸とで激しく対立する。銃撃の怪我も癒えない1995年、ファンにアナルセックスを強要したレイプ疑惑で4年6ヶ月の判決を受ける。刑務所内でデス・ロウ・レコードと契約。9ヶ月の服役後、デス・ロウ・レコードのオーナーであるマリオン・シュグ・ナイトが用立てた140万ドルの保釈金で出所。最初はこの保釈金はレーベルからの贈与であったが、後にレーベルが2パックに返済を要求したため、デス・ロウ・レコードから抜けられなくなった。ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・サイドを代表するMCとなる。また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit 'Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。また、彼の命日は13日の金曜日であったため、様々な憶測が飛び交ったが、犯人や動機はいまだに不明のままである(2パックの母親はこの事件に関して、メディアにビギーとディディではない別の数名の具体的な名前を挙げて非難している)。死後、マキャベリ名義でアルバム『ザ・ドン・キラミナティ・ザ・7デイズ・セオリー』が発表される。2012年jimmy henchmanがスタジオで2パックを撃ったと証言している。

死後も多数の未発表音源が発掘され、新しいCDがリリースされている。実はまだ生きているのでは、との噂まである。2パックに憧れていたエミネムを始め[3]、多くのアーティストに影響を与え続けている。 2012年、米音楽祭Coachellaのドクター・ドレー、スヌープ・ドッグのステージには、ホログラムで登場した。

2パックのドキュメンタリー映画『トゥパック:レザレクション』は、2005年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画としてノミネートされた。

初期の音源は彼の母親であるアフェニ・シャクールが管理していたが、現在は大半の権利をエミネムに売り渡したため、昨今のアルバムはエミネムがエグゼクティブ・プロデューサーを勤めている。また、デス・ロウ時代の音源はシュグ・ナイトがマーダー・インク(Murder Inc、現The Inc)やナズ(Nas)等の他レーベルに売り渡している。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター