[/] ROCKPV The Shirelles

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Shirelles - Fifty Years and Fabulous!! YouTube 動画

シュレルズ (The Shirells)は、1960年代前半のアメリカのガールズ・グループ。

1960年代を代表する黒人ヴォーカルグループ、シュレルズ。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは1967年までに25曲ものヒット曲を出し、ポップスの黄金時代を築いたグループ。

シュレルズは、1958年にニュージャージーで結成された、シャーリー、ビバリー、ドリス、エディの4人組コーラスグループ。ゴスペルなどの黒人ミュージックにルーツを持ち、R&B色の濃いサウンドながら、万人受けするポップなメロディーと4人の素晴らしいコーラスが、広く世代を超えて支持されています。それゆえ彼女達の曲に影響を受けたミュージシャンも多いです。

シュレルズの曲の中で外すことの出来ない曲は、やはりWill you love me tomorrow。当時ソングライターとして活躍を始めたばかりのキャロル・キングが、シュレルズのために書いた曲で、全米1位に輝き、さらに時代を超えて多くの歌手に歌われているシュレルズNO.1ヒット曲!キャロル・キングは自身のアルバム「つづれおり(Tapestry)」(1971年作品)の中で、この曲をセルフカバーしています。

また、シュレルズの曲はビートルズのデビューアルバム「Please Please Me」で2曲カヴァーされていることで有名。日本ではビートルズがカヴァーしているグループとしてシュレルズを知った人が多いかもしれない。かく言う私もその一人。ビートルズのように、音楽シーンに多大な影響を与えたグループにもアイドルとするミュージシャンがいて、シュレルズも彼らにとってはその一つだった。ビートルズの「Please Please Me」では、このアルバムにも収録されているBaby it's youのほか、Boysという曲もカヴァーされている。

好きな曲はMama said、Foolish little girl、〔15〕Not for all the money in the world、31 flavorsなどなど。どれも聴きやすく良い曲たちです。

シュレルズの全盛期は主に1960年代前半のみだったが、その後も数多くのミュージシャンによりカヴァーバージョンが生まれ、彼女達の評価は高い。一度聴けばメロディーが耳に残る明快なサウンドは、今改めて聴いても、とても新鮮さを感じる。
(Wikipediaより引用)

The Shirelles - Then He Kissed Me YouTube 動画

シュレルズ (The Shirells)は、1960年代前半のアメリカのガールズ・グループ。

1960年代を代表する黒人ヴォーカルグループ、シュレルズ。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは1967年までに25曲ものヒット曲を出し、ポップスの黄金時代を築いたグループ。

シュレルズは、1958年にニュージャージーで結成された、シャーリー、ビバリー、ドリス、エディの4人組コーラスグループ。ゴスペルなどの黒人ミュージックにルーツを持ち、R&B色の濃いサウンドながら、万人受けするポップなメロディーと4人の素晴らしいコーラスが、広く世代を超えて支持されています。それゆえ彼女達の曲に影響を受けたミュージシャンも多いです。

シュレルズの曲の中で外すことの出来ない曲は、やはりWill you love me tomorrow。当時ソングライターとして活躍を始めたばかりのキャロル・キングが、シュレルズのために書いた曲で、全米1位に輝き、さらに時代を超えて多くの歌手に歌われているシュレルズNO.1ヒット曲!キャロル・キングは自身のアルバム「つづれおり(Tapestry)」(1971年作品)の中で、この曲をセルフカバーしています。

また、シュレルズの曲はビートルズのデビューアルバム「Please Please Me」で2曲カヴァーされていることで有名。日本ではビートルズがカヴァーしているグループとしてシュレルズを知った人が多いかもしれない。かく言う私もその一人。ビートルズのように、音楽シーンに多大な影響を与えたグループにもアイドルとするミュージシャンがいて、シュレルズも彼らにとってはその一つだった。ビートルズの「Please Please Me」では、このアルバムにも収録されているBaby it's youのほか、Boysという曲もカヴァーされている。

好きな曲はMama said、Foolish little girl、〔15〕Not for all the money in the world、31 flavorsなどなど。どれも聴きやすく良い曲たちです。

シュレルズの全盛期は主に1960年代前半のみだったが、その後も数多くのミュージシャンによりカヴァーバージョンが生まれ、彼女達の評価は高い。一度聴けばメロディーが耳に残る明快なサウンドは、今改めて聴いても、とても新鮮さを感じる。
(Wikipediaより引用)

The Shirelles - It's A Mad Mad Mad Mad World YouTube 動画

シュレルズ (The Shirells)は、1960年代前半のアメリカのガールズ・グループ。

1960年代を代表する黒人ヴォーカルグループ、シュレルズ。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは1967年までに25曲ものヒット曲を出し、ポップスの黄金時代を築いたグループ。

シュレルズは、1958年にニュージャージーで結成された、シャーリー、ビバリー、ドリス、エディの4人組コーラスグループ。ゴスペルなどの黒人ミュージックにルーツを持ち、R&B色の濃いサウンドながら、万人受けするポップなメロディーと4人の素晴らしいコーラスが、広く世代を超えて支持されています。それゆえ彼女達の曲に影響を受けたミュージシャンも多いです。

シュレルズの曲の中で外すことの出来ない曲は、やはりWill you love me tomorrow。当時ソングライターとして活躍を始めたばかりのキャロル・キングが、シュレルズのために書いた曲で、全米1位に輝き、さらに時代を超えて多くの歌手に歌われているシュレルズNO.1ヒット曲!キャロル・キングは自身のアルバム「つづれおり(Tapestry)」(1971年作品)の中で、この曲をセルフカバーしています。

また、シュレルズの曲はビートルズのデビューアルバム「Please Please Me」で2曲カヴァーされていることで有名。日本ではビートルズがカヴァーしているグループとしてシュレルズを知った人が多いかもしれない。かく言う私もその一人。ビートルズのように、音楽シーンに多大な影響を与えたグループにもアイドルとするミュージシャンがいて、シュレルズも彼らにとってはその一つだった。ビートルズの「Please Please Me」では、このアルバムにも収録されているBaby it's youのほか、Boysという曲もカヴァーされている。

好きな曲はMama said、Foolish little girl、〔15〕Not for all the money in the world、31 flavorsなどなど。どれも聴きやすく良い曲たちです。

シュレルズの全盛期は主に1960年代前半のみだったが、その後も数多くのミュージシャンによりカヴァーバージョンが生まれ、彼女達の評価は高い。一度聴けばメロディーが耳に残る明快なサウンドは、今改めて聴いても、とても新鮮さを感じる。
(Wikipediaより引用)

The Shirelles - Will You Still Love Me Tomorrow YouTube 動画

シュレルズ (The Shirells)は、1960年代前半のアメリカのガールズ・グループ。

1960年代を代表する黒人ヴォーカルグループ、シュレルズ。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは1967年までに25曲ものヒット曲を出し、ポップスの黄金時代を築いたグループ。

シュレルズは、1958年にニュージャージーで結成された、シャーリー、ビバリー、ドリス、エディの4人組コーラスグループ。ゴスペルなどの黒人ミュージックにルーツを持ち、R&B色の濃いサウンドながら、万人受けするポップなメロディーと4人の素晴らしいコーラスが、広く世代を超えて支持されています。それゆえ彼女達の曲に影響を受けたミュージシャンも多いです。

シュレルズの曲の中で外すことの出来ない曲は、やはりWill you love me tomorrow。当時ソングライターとして活躍を始めたばかりのキャロル・キングが、シュレルズのために書いた曲で、全米1位に輝き、さらに時代を超えて多くの歌手に歌われているシュレルズNO.1ヒット曲!キャロル・キングは自身のアルバム「つづれおり(Tapestry)」(1971年作品)の中で、この曲をセルフカバーしています。

また、シュレルズの曲はビートルズのデビューアルバム「Please Please Me」で2曲カヴァーされていることで有名。日本ではビートルズがカヴァーしているグループとしてシュレルズを知った人が多いかもしれない。かく言う私もその一人。ビートルズのように、音楽シーンに多大な影響を与えたグループにもアイドルとするミュージシャンがいて、シュレルズも彼らにとってはその一つだった。ビートルズの「Please Please Me」では、このアルバムにも収録されているBaby it's youのほか、Boysという曲もカヴァーされている。

好きな曲はMama said、Foolish little girl、〔15〕Not for all the money in the world、31 flavorsなどなど。どれも聴きやすく良い曲たちです。

シュレルズの全盛期は主に1960年代前半のみだったが、その後も数多くのミュージシャンによりカヴァーバージョンが生まれ、彼女達の評価は高い。一度聴けばメロディーが耳に残る明快なサウンドは、今改めて聴いても、とても新鮮さを感じる。
(Wikipediaより引用)

The Shirelles - Baby it's you YouTube 動画

シュレルズ (The Shirells)は、1960年代前半のアメリカのガールズ・グループ。

1960年代を代表する黒人ヴォーカルグループ、シュレルズ。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカでは1967年までに25曲ものヒット曲を出し、ポップスの黄金時代を築いたグループ。

シュレルズは、1958年にニュージャージーで結成された、シャーリー、ビバリー、ドリス、エディの4人組コーラスグループ。ゴスペルなどの黒人ミュージックにルーツを持ち、R&B色の濃いサウンドながら、万人受けするポップなメロディーと4人の素晴らしいコーラスが、広く世代を超えて支持されています。それゆえ彼女達の曲に影響を受けたミュージシャンも多いです。

シュレルズの曲の中で外すことの出来ない曲は、やはりWill you love me tomorrow。当時ソングライターとして活躍を始めたばかりのキャロル・キングが、シュレルズのために書いた曲で、全米1位に輝き、さらに時代を超えて多くの歌手に歌われているシュレルズNO.1ヒット曲!キャロル・キングは自身のアルバム「つづれおり(Tapestry)」(1971年作品)の中で、この曲をセルフカバーしています。

また、シュレルズの曲はビートルズのデビューアルバム「Please Please Me」で2曲カヴァーされていることで有名。日本ではビートルズがカヴァーしているグループとしてシュレルズを知った人が多いかもしれない。かく言う私もその一人。ビートルズのように、音楽シーンに多大な影響を与えたグループにもアイドルとするミュージシャンがいて、シュレルズも彼らにとってはその一つだった。ビートルズの「Please Please Me」では、このアルバムにも収録されているBaby it's youのほか、Boysという曲もカヴァーされている。

好きな曲はMama said、Foolish little girl、〔15〕Not for all the money in the world、31 flavorsなどなど。どれも聴きやすく良い曲たちです。

シュレルズの全盛期は主に1960年代前半のみだったが、その後も数多くのミュージシャンによりカヴァーバージョンが生まれ、彼女達の評価は高い。一度聴けばメロディーが耳に残る明快なサウンドは、今改めて聴いても、とても新鮮さを感じる。
(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター