[/] ROCKPV Uriah Heep

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Uriah Heep - Gypsy YouTube 動画

ユーライア・ヒープ (Uriah Heep) は、イングランド出身のロックバンド。

ブリティッシュ・ロックにおける主要バンドのひとつで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルらと同様に、ハードロックのパイオニア的バンド。

1970年代に全盛期を迎え、1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。デビュー以来、メンバーによるコーラス・スタイルを特徴とする。

1970年 スパイスがユーライア・ヒープに改名。途中ドラマーをナイジェル・オルソンに変更するも、ファースト・アルバム『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル(VERY 'EAVY, VERY 'UMBLE)』を完成させ、ヴァーティゴ・レーベルからデビュー。ミック・ボックスは1995年版CDのライナーノーツに「スタジオに入った時は4人組のスパイスだったのに、出てきた時は5人組のユーライア・ヒープになっていた」と書いている。この改名はブロンズ・レコードの社長兼ユーライア・ヒープのマネージャーのジェリー・ブロン(1933‐2012)の提案によるもので、ちょうど没後100周年でイギリス国内がディケンズ・ブームだったためにこの名前が目に留まったという。

(『ユーライア・ヒープ』は、ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物)アルバムのタイトルもディケンズの描写に由来し、heavy、humbleのhが落ちているのもヒープの喋り方を模しているため。ファースト・アルバムのツアーでは、短期間だけツアーに参加したナイジェル・オルソンに変わり、キース・ベイカーがドラムを務める。
1971年 シンフォニックなセカンド・アルバム『ソールズベリー(SALISBURY)』を発表。同年ドラマーをイアン・クラークに交替させ、ブロンズ・レコードから代表作サード『対自核(LOOK AT YOURSELF)』を発表。

1972年 ドラマーにリー・カースレイク、ベーシストにマーク・クラークを迎える。ツアーから参加したクラークはわずか3ヶ月在籍しただけで次作の制作レコーディング中に脱退。後任ベーシストにニュージーランド出身のゲイリー・セインを加入して、ロジャー・ディーンをアート・ワークに起用した『悪魔と魔法使い(DEMONS AND WIZARDS)』発表。同アルバムからは「安息の日々( Easy Livin)」が日本でスマッシュ・ヒットした。続いて、同傾向の『魔の饗宴(THE MAGICIAN'S BIRTHDAY)』を発表。こちらもアート・ワークをロジャー・ディーンが担当した。

1973年 3月に日本武道館を含む初来日公演を行う(5公演)。同年『スウィート・フリーダム(SWEET FREEDOM)』発表。
1974年 初期ヒープらしさを持った最後のアルバム『夢幻劇(WONDERWORLD)』発表。ゲイリー・セインはコンサート中に感電事故に遭い重傷を負う。グループに復帰はするものの薬物中毒から脱却することができずにグループはセインを解雇する。

ジョン・ウェットン加入
1974年、キング・クリムゾンのジョン・ウェットンが、レコーディングにベーシスト兼ヴォーカルとして加入し、1975年にアルバム『幻想への回帰(RETURN TO FANTASY)』を発表。グループにとって唯一の英国のアルバム・チャートトップ10入り作品となる最高位7位を記録している。 12月にゲイリー・セインがヘロインの過剰摂取の事故により死亡(27歳没)。

1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ(HIGH AND MIGHTY)』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ヴォーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。
また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはUKの活動専念のためにグループを脱退している。(Wikipediaより引用)

Uriah Heep - Sunrise YouTube 動画

ユーライア・ヒープ (Uriah Heep) は、イングランド出身のロックバンド。

ブリティッシュ・ロックにおける主要バンドのひとつで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルらと同様に、ハードロックのパイオニア的バンド。

1970年代に全盛期を迎え、1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。デビュー以来、メンバーによるコーラス・スタイルを特徴とする。

1970年 スパイスがユーライア・ヒープに改名。途中ドラマーをナイジェル・オルソンに変更するも、ファースト・アルバム『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル(VERY 'EAVY, VERY 'UMBLE)』を完成させ、ヴァーティゴ・レーベルからデビュー。ミック・ボックスは1995年版CDのライナーノーツに「スタジオに入った時は4人組のスパイスだったのに、出てきた時は5人組のユーライア・ヒープになっていた」と書いている。この改名はブロンズ・レコードの社長兼ユーライア・ヒープのマネージャーのジェリー・ブロン(1933‐2012)の提案によるもので、ちょうど没後100周年でイギリス国内がディケンズ・ブームだったためにこの名前が目に留まったという。

(『ユーライア・ヒープ』は、ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物)アルバムのタイトルもディケンズの描写に由来し、heavy、humbleのhが落ちているのもヒープの喋り方を模しているため。ファースト・アルバムのツアーでは、短期間だけツアーに参加したナイジェル・オルソンに変わり、キース・ベイカーがドラムを務める。
1971年 シンフォニックなセカンド・アルバム『ソールズベリー(SALISBURY)』を発表。同年ドラマーをイアン・クラークに交替させ、ブロンズ・レコードから代表作サード『対自核(LOOK AT YOURSELF)』を発表。

1972年 ドラマーにリー・カースレイク、ベーシストにマーク・クラークを迎える。ツアーから参加したクラークはわずか3ヶ月在籍しただけで次作の制作レコーディング中に脱退。後任ベーシストにニュージーランド出身のゲイリー・セインを加入して、ロジャー・ディーンをアート・ワークに起用した『悪魔と魔法使い(DEMONS AND WIZARDS)』発表。同アルバムからは「安息の日々( Easy Livin)」が日本でスマッシュ・ヒットした。続いて、同傾向の『魔の饗宴(THE MAGICIAN'S BIRTHDAY)』を発表。こちらもアート・ワークをロジャー・ディーンが担当した。

1973年 3月に日本武道館を含む初来日公演を行う(5公演)。同年『スウィート・フリーダム(SWEET FREEDOM)』発表。
1974年 初期ヒープらしさを持った最後のアルバム『夢幻劇(WONDERWORLD)』発表。ゲイリー・セインはコンサート中に感電事故に遭い重傷を負う。グループに復帰はするものの薬物中毒から脱却することができずにグループはセインを解雇する。

ジョン・ウェットン加入
1974年、キング・クリムゾンのジョン・ウェットンが、レコーディングにベーシスト兼ヴォーカルとして加入し、1975年にアルバム『幻想への回帰(RETURN TO FANTASY)』を発表。グループにとって唯一の英国のアルバム・チャートトップ10入り作品となる最高位7位を記録している。 12月にゲイリー・セインがヘロインの過剰摂取の事故により死亡(27歳没)。

1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ(HIGH AND MIGHTY)』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ヴォーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。
また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはUKの活動専念のためにグループを脱退している。(Wikipediaより引用)

Uriah Heep - Easy Livin' YouTube 動画

ユーライア・ヒープ (Uriah Heep) は、イングランド出身のロックバンド。

ブリティッシュ・ロックにおける主要バンドのひとつで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルらと同様に、ハードロックのパイオニア的バンド。

1970年代に全盛期を迎え、1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。デビュー以来、メンバーによるコーラス・スタイルを特徴とする。

1970年 スパイスがユーライア・ヒープに改名。途中ドラマーをナイジェル・オルソンに変更するも、ファースト・アルバム『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル(VERY 'EAVY, VERY 'UMBLE)』を完成させ、ヴァーティゴ・レーベルからデビュー。ミック・ボックスは1995年版CDのライナーノーツに「スタジオに入った時は4人組のスパイスだったのに、出てきた時は5人組のユーライア・ヒープになっていた」と書いている。この改名はブロンズ・レコードの社長兼ユーライア・ヒープのマネージャーのジェリー・ブロン(1933‐2012)の提案によるもので、ちょうど没後100周年でイギリス国内がディケンズ・ブームだったためにこの名前が目に留まったという。

(『ユーライア・ヒープ』は、ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物)アルバムのタイトルもディケンズの描写に由来し、heavy、humbleのhが落ちているのもヒープの喋り方を模しているため。ファースト・アルバムのツアーでは、短期間だけツアーに参加したナイジェル・オルソンに変わり、キース・ベイカーがドラムを務める。
1971年 シンフォニックなセカンド・アルバム『ソールズベリー(SALISBURY)』を発表。同年ドラマーをイアン・クラークに交替させ、ブロンズ・レコードから代表作サード『対自核(LOOK AT YOURSELF)』を発表。

1972年 ドラマーにリー・カースレイク、ベーシストにマーク・クラークを迎える。ツアーから参加したクラークはわずか3ヶ月在籍しただけで次作の制作レコーディング中に脱退。後任ベーシストにニュージーランド出身のゲイリー・セインを加入して、ロジャー・ディーンをアート・ワークに起用した『悪魔と魔法使い(DEMONS AND WIZARDS)』発表。同アルバムからは「安息の日々( Easy Livin)」が日本でスマッシュ・ヒットした。続いて、同傾向の『魔の饗宴(THE MAGICIAN'S BIRTHDAY)』を発表。こちらもアート・ワークをロジャー・ディーンが担当した。

1973年 3月に日本武道館を含む初来日公演を行う(5公演)。同年『スウィート・フリーダム(SWEET FREEDOM)』発表。
1974年 初期ヒープらしさを持った最後のアルバム『夢幻劇(WONDERWORLD)』発表。ゲイリー・セインはコンサート中に感電事故に遭い重傷を負う。グループに復帰はするものの薬物中毒から脱却することができずにグループはセインを解雇する。

ジョン・ウェットン加入
1974年、キング・クリムゾンのジョン・ウェットンが、レコーディングにベーシスト兼ヴォーカルとして加入し、1975年にアルバム『幻想への回帰(RETURN TO FANTASY)』を発表。グループにとって唯一の英国のアルバム・チャートトップ10入り作品となる最高位7位を記録している。 12月にゲイリー・セインがヘロインの過剰摂取の事故により死亡(27歳没)。

1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ(HIGH AND MIGHTY)』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ヴォーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。
また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはUKの活動専念のためにグループを脱退している。(Wikipediaより引用)

Uriah Heep - July Morning YouTube 動画

ユーライア・ヒープ (Uriah Heep) は、イングランド出身のロックバンド。

ブリティッシュ・ロックにおける主要バンドのひとつで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルらと同様に、ハードロックのパイオニア的バンド。

1970年代に全盛期を迎え、1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。デビュー以来、メンバーによるコーラス・スタイルを特徴とする。

1970年 スパイスがユーライア・ヒープに改名。途中ドラマーをナイジェル・オルソンに変更するも、ファースト・アルバム『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル(VERY 'EAVY, VERY 'UMBLE)』を完成させ、ヴァーティゴ・レーベルからデビュー。ミック・ボックスは1995年版CDのライナーノーツに「スタジオに入った時は4人組のスパイスだったのに、出てきた時は5人組のユーライア・ヒープになっていた」と書いている。この改名はブロンズ・レコードの社長兼ユーライア・ヒープのマネージャーのジェリー・ブロン(1933‐2012)の提案によるもので、ちょうど没後100周年でイギリス国内がディケンズ・ブームだったためにこの名前が目に留まったという。

(『ユーライア・ヒープ』は、ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物)アルバムのタイトルもディケンズの描写に由来し、heavy、humbleのhが落ちているのもヒープの喋り方を模しているため。ファースト・アルバムのツアーでは、短期間だけツアーに参加したナイジェル・オルソンに変わり、キース・ベイカーがドラムを務める。
1971年 シンフォニックなセカンド・アルバム『ソールズベリー(SALISBURY)』を発表。同年ドラマーをイアン・クラークに交替させ、ブロンズ・レコードから代表作サード『対自核(LOOK AT YOURSELF)』を発表。

1972年 ドラマーにリー・カースレイク、ベーシストにマーク・クラークを迎える。ツアーから参加したクラークはわずか3ヶ月在籍しただけで次作の制作レコーディング中に脱退。後任ベーシストにニュージーランド出身のゲイリー・セインを加入して、ロジャー・ディーンをアート・ワークに起用した『悪魔と魔法使い(DEMONS AND WIZARDS)』発表。同アルバムからは「安息の日々( Easy Livin)」が日本でスマッシュ・ヒットした。続いて、同傾向の『魔の饗宴(THE MAGICIAN'S BIRTHDAY)』を発表。こちらもアート・ワークをロジャー・ディーンが担当した。

1973年 3月に日本武道館を含む初来日公演を行う(5公演)。同年『スウィート・フリーダム(SWEET FREEDOM)』発表。
1974年 初期ヒープらしさを持った最後のアルバム『夢幻劇(WONDERWORLD)』発表。ゲイリー・セインはコンサート中に感電事故に遭い重傷を負う。グループに復帰はするものの薬物中毒から脱却することができずにグループはセインを解雇する。

ジョン・ウェットン加入
1974年、キング・クリムゾンのジョン・ウェットンが、レコーディングにベーシスト兼ヴォーカルとして加入し、1975年にアルバム『幻想への回帰(RETURN TO FANTASY)』を発表。グループにとって唯一の英国のアルバム・チャートトップ10入り作品となる最高位7位を記録している。 12月にゲイリー・セインがヘロインの過剰摂取の事故により死亡(27歳没)。

1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ(HIGH AND MIGHTY)』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ヴォーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。
また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはUKの活動専念のためにグループを脱退している。(Wikipediaより引用)

Uriah Heep - Fr℮℮ M℮ YouTube 動画

ユーライア・ヒープ (Uriah Heep) は、イングランド出身のロックバンド。

ブリティッシュ・ロックにおける主要バンドのひとつで、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルらと同様に、ハードロックのパイオニア的バンド。

1970年代に全盛期を迎え、1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。デビュー以来、メンバーによるコーラス・スタイルを特徴とする。

1970年 スパイスがユーライア・ヒープに改名。途中ドラマーをナイジェル・オルソンに変更するも、ファースト・アルバム『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル(VERY 'EAVY, VERY 'UMBLE)』を完成させ、ヴァーティゴ・レーベルからデビュー。ミック・ボックスは1995年版CDのライナーノーツに「スタジオに入った時は4人組のスパイスだったのに、出てきた時は5人組のユーライア・ヒープになっていた」と書いている。この改名はブロンズ・レコードの社長兼ユーライア・ヒープのマネージャーのジェリー・ブロン(1933‐2012)の提案によるもので、ちょうど没後100周年でイギリス国内がディケンズ・ブームだったためにこの名前が目に留まったという。

(『ユーライア・ヒープ』は、ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物)アルバムのタイトルもディケンズの描写に由来し、heavy、humbleのhが落ちているのもヒープの喋り方を模しているため。ファースト・アルバムのツアーでは、短期間だけツアーに参加したナイジェル・オルソンに変わり、キース・ベイカーがドラムを務める。
1971年 シンフォニックなセカンド・アルバム『ソールズベリー(SALISBURY)』を発表。同年ドラマーをイアン・クラークに交替させ、ブロンズ・レコードから代表作サード『対自核(LOOK AT YOURSELF)』を発表。

1972年 ドラマーにリー・カースレイク、ベーシストにマーク・クラークを迎える。ツアーから参加したクラークはわずか3ヶ月在籍しただけで次作の制作レコーディング中に脱退。後任ベーシストにニュージーランド出身のゲイリー・セインを加入して、ロジャー・ディーンをアート・ワークに起用した『悪魔と魔法使い(DEMONS AND WIZARDS)』発表。同アルバムからは「安息の日々( Easy Livin)」が日本でスマッシュ・ヒットした。続いて、同傾向の『魔の饗宴(THE MAGICIAN'S BIRTHDAY)』を発表。こちらもアート・ワークをロジャー・ディーンが担当した。

1973年 3月に日本武道館を含む初来日公演を行う(5公演)。同年『スウィート・フリーダム(SWEET FREEDOM)』発表。
1974年 初期ヒープらしさを持った最後のアルバム『夢幻劇(WONDERWORLD)』発表。ゲイリー・セインはコンサート中に感電事故に遭い重傷を負う。グループに復帰はするものの薬物中毒から脱却することができずにグループはセインを解雇する。

ジョン・ウェットン加入
1974年、キング・クリムゾンのジョン・ウェットンが、レコーディングにベーシスト兼ヴォーカルとして加入し、1975年にアルバム『幻想への回帰(RETURN TO FANTASY)』を発表。グループにとって唯一の英国のアルバム・チャートトップ10入り作品となる最高位7位を記録している。 12月にゲイリー・セインがヘロインの過剰摂取の事故により死亡(27歳没)。

1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ(HIGH AND MIGHTY)』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ヴォーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。
また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはUKの活動専念のためにグループを脱退している。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター