[/] ROCKPV The Prodigy

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Prodigy-Invaders Must Die YouTube 動画

ザ・プロディジー(The Prodigy)は、イギリスのテクノ / エレクトロロック・バンド。

1980年代末期のレイヴカルチャーをその出身基盤にもち、ロックとテクノの積極的な融合を試みることで、その先駆者として既存の電子音楽の持つ可能性を大きく押し広げた[要出典]。特に、世界的なヒットを記録した3rdアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』は、1990年代におけるダンス・ミュージックの到達点、金字塔と評される。

1990年、イギリスのエセックスのクラブでメンバー5人が出会い、バンドが結成された。

1980年代終わりから盛り上がりを見せたセカンド・サマー・オブ・ラブシーンや、それに続くレイヴカルチャーにおける人気アーティストとして、アンダーグラウンド・シーンを賑わす存在となる。

1991年にXLレコーディングスと契約(これと前後してシャーキーが脱退)。アンダーグラウンドの熱気を受けるように、リリースするシングルがイギリスのダンスチャート上位に常にランクインするようになった(シングル 「チャーリー」 や「エブリバディ・イン・ザ・プレイス」は当時のレイヴシーンを代表する曲として、今なお根強い人気がある)。

1992年にファーストアルバム『エクスペリエンス』をリリース。いち早くドラムンベースを実践し、ブレイクビーツを多用したこのアルバムは多方面から脚光を浴び、バンドは一躍メジャー・シーンにのし上がる。日本ではフジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』でシングル『Everybody in the Place』がUKシングルチャートでNo.1を獲得。おまけにエイベックスから発売されたコンピレーション・アルバム『SUPER CLUB GROOVIN Vol.5』にも1曲目に収録されている。

1993年に初来日。東京ドームで行われた、エイベックス主宰のイベント「avex rave '93」でライヴを行った。

1994年、セカンドアルバム『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』を発表。「ブードゥー・ピープル」「ポイズン」などの斬新な手法を取り入れたトラックを中心としたこのアルバムで、オルタナティブ・ロック系サウンドを大々的に導入。

ブリットポップのバブルに沸くUKロックシーンとの相乗効果もあってアルバムは全英1位を獲得。国内だけで100万枚を超えるセールスを記録し、バンドの人気と評価は確固たるものとなった。またこの年に二度目の来日。エイベックス主催「avex rave '94」に参加した。

大ブレイクの勢いそのままに1996年、シングル「ファイアスターター」、「ブリーズ」、「スマック・マイ・ビッチ・アップ」というクラブ界の3大アンセムとなる曲を次々に発表。そして翌1997年にサードアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』をリリース。様々な音楽性を横断し、ダンスとロックの垣根を完全に打ち払ったこのアルバムは、英米加豪4カ国を含む全世界22カ国の最主要アルバムチャートにて初登場1位に輝き、全世界で1000万枚を超えるモンスターヒットを記録、さらに同年のグラミー賞にもノミネートされるなど(受賞は逃した)、バンドは瞬く間にして全世界的な成功を獲得するに至る。

同年のグラストンベリー・フェスティバルではダンス系アクトとして初のヘッドライナーを務める。

また、初開催となるフジロック・フェスティバルにも参加(しかしながら天候不順のためライヴは行われなかった)。翌1998年にはヘッドライナーとしてフジロックへの出演を果たしている。 奇しくも97〜98年頃を境に英国ではブリットポップブームが終息の兆しをみせ、シーンの主役がクラブ系アーティストへと移行する1つの潮流を作り上げることともなった。(Wikipediaより引用)

The Prodigy - Charly YouTube 動画

ザ・プロディジー(The Prodigy)は、イギリスのテクノ / エレクトロロック・バンド。

1980年代末期のレイヴカルチャーをその出身基盤にもち、ロックとテクノの積極的な融合を試みることで、その先駆者として既存の電子音楽の持つ可能性を大きく押し広げた[要出典]。特に、世界的なヒットを記録した3rdアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』は、1990年代におけるダンス・ミュージックの到達点、金字塔と評される。

1990年、イギリスのエセックスのクラブでメンバー5人が出会い、バンドが結成された。

1980年代終わりから盛り上がりを見せたセカンド・サマー・オブ・ラブシーンや、それに続くレイヴカルチャーにおける人気アーティストとして、アンダーグラウンド・シーンを賑わす存在となる。

1991年にXLレコーディングスと契約(これと前後してシャーキーが脱退)。アンダーグラウンドの熱気を受けるように、リリースするシングルがイギリスのダンスチャート上位に常にランクインするようになった(シングル 「チャーリー」 や「エブリバディ・イン・ザ・プレイス」は当時のレイヴシーンを代表する曲として、今なお根強い人気がある)。

1992年にファーストアルバム『エクスペリエンス』をリリース。いち早くドラムンベースを実践し、ブレイクビーツを多用したこのアルバムは多方面から脚光を浴び、バンドは一躍メジャー・シーンにのし上がる。日本ではフジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』でシングル『Everybody in the Place』がUKシングルチャートでNo.1を獲得。おまけにエイベックスから発売されたコンピレーション・アルバム『SUPER CLUB GROOVIN Vol.5』にも1曲目に収録されている。

1993年に初来日。東京ドームで行われた、エイベックス主宰のイベント「avex rave '93」でライヴを行った。

1994年、セカンドアルバム『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』を発表。「ブードゥー・ピープル」「ポイズン」などの斬新な手法を取り入れたトラックを中心としたこのアルバムで、オルタナティブ・ロック系サウンドを大々的に導入。

ブリットポップのバブルに沸くUKロックシーンとの相乗効果もあってアルバムは全英1位を獲得。国内だけで100万枚を超えるセールスを記録し、バンドの人気と評価は確固たるものとなった。またこの年に二度目の来日。エイベックス主催「avex rave '94」に参加した。

大ブレイクの勢いそのままに1996年、シングル「ファイアスターター」、「ブリーズ」、「スマック・マイ・ビッチ・アップ」というクラブ界の3大アンセムとなる曲を次々に発表。そして翌1997年にサードアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』をリリース。様々な音楽性を横断し、ダンスとロックの垣根を完全に打ち払ったこのアルバムは、英米加豪4カ国を含む全世界22カ国の最主要アルバムチャートにて初登場1位に輝き、全世界で1000万枚を超えるモンスターヒットを記録、さらに同年のグラミー賞にもノミネートされるなど(受賞は逃した)、バンドは瞬く間にして全世界的な成功を獲得するに至る。

同年のグラストンベリー・フェスティバルではダンス系アクトとして初のヘッドライナーを務める。

また、初開催となるフジロック・フェスティバルにも参加(しかしながら天候不順のためライヴは行われなかった)。翌1998年にはヘッドライナーとしてフジロックへの出演を果たしている。 奇しくも97〜98年頃を境に英国ではブリットポップブームが終息の兆しをみせ、シーンの主役がクラブ系アーティストへと移行する1つの潮流を作り上げることともなった。(Wikipediaより引用)

The Prodigy - Nasty YouTube 動画

ザ・プロディジー(The Prodigy)は、イギリスのテクノ / エレクトロロック・バンド。

1980年代末期のレイヴカルチャーをその出身基盤にもち、ロックとテクノの積極的な融合を試みることで、その先駆者として既存の電子音楽の持つ可能性を大きく押し広げた[要出典]。特に、世界的なヒットを記録した3rdアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』は、1990年代におけるダンス・ミュージックの到達点、金字塔と評される。

1990年、イギリスのエセックスのクラブでメンバー5人が出会い、バンドが結成された。

1980年代終わりから盛り上がりを見せたセカンド・サマー・オブ・ラブシーンや、それに続くレイヴカルチャーにおける人気アーティストとして、アンダーグラウンド・シーンを賑わす存在となる。

1991年にXLレコーディングスと契約(これと前後してシャーキーが脱退)。アンダーグラウンドの熱気を受けるように、リリースするシングルがイギリスのダンスチャート上位に常にランクインするようになった(シングル 「チャーリー」 や「エブリバディ・イン・ザ・プレイス」は当時のレイヴシーンを代表する曲として、今なお根強い人気がある)。

1992年にファーストアルバム『エクスペリエンス』をリリース。いち早くドラムンベースを実践し、ブレイクビーツを多用したこのアルバムは多方面から脚光を浴び、バンドは一躍メジャー・シーンにのし上がる。日本ではフジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』でシングル『Everybody in the Place』がUKシングルチャートでNo.1を獲得。おまけにエイベックスから発売されたコンピレーション・アルバム『SUPER CLUB GROOVIN Vol.5』にも1曲目に収録されている。

1993年に初来日。東京ドームで行われた、エイベックス主宰のイベント「avex rave '93」でライヴを行った。

1994年、セカンドアルバム『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』を発表。「ブードゥー・ピープル」「ポイズン」などの斬新な手法を取り入れたトラックを中心としたこのアルバムで、オルタナティブ・ロック系サウンドを大々的に導入。

ブリットポップのバブルに沸くUKロックシーンとの相乗効果もあってアルバムは全英1位を獲得。国内だけで100万枚を超えるセールスを記録し、バンドの人気と評価は確固たるものとなった。またこの年に二度目の来日。エイベックス主催「avex rave '94」に参加した。

大ブレイクの勢いそのままに1996年、シングル「ファイアスターター」、「ブリーズ」、「スマック・マイ・ビッチ・アップ」というクラブ界の3大アンセムとなる曲を次々に発表。そして翌1997年にサードアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』をリリース。様々な音楽性を横断し、ダンスとロックの垣根を完全に打ち払ったこのアルバムは、英米加豪4カ国を含む全世界22カ国の最主要アルバムチャートにて初登場1位に輝き、全世界で1000万枚を超えるモンスターヒットを記録、さらに同年のグラミー賞にもノミネートされるなど(受賞は逃した)、バンドは瞬く間にして全世界的な成功を獲得するに至る。

同年のグラストンベリー・フェスティバルではダンス系アクトとして初のヘッドライナーを務める。

また、初開催となるフジロック・フェスティバルにも参加(しかしながら天候不順のためライヴは行われなかった)。翌1998年にはヘッドライナーとしてフジロックへの出演を果たしている。 奇しくも97〜98年頃を境に英国ではブリットポップブームが終息の兆しをみせ、シーンの主役がクラブ系アーティストへと移行する1つの潮流を作り上げることともなった。(Wikipediaより引用)

The Prodigy - Breathe YouTube 動画

ザ・プロディジー(The Prodigy)は、イギリスのテクノ / エレクトロロック・バンド。

1980年代末期のレイヴカルチャーをその出身基盤にもち、ロックとテクノの積極的な融合を試みることで、その先駆者として既存の電子音楽の持つ可能性を大きく押し広げた[要出典]。特に、世界的なヒットを記録した3rdアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』は、1990年代におけるダンス・ミュージックの到達点、金字塔と評される。

1990年、イギリスのエセックスのクラブでメンバー5人が出会い、バンドが結成された。

1980年代終わりから盛り上がりを見せたセカンド・サマー・オブ・ラブシーンや、それに続くレイヴカルチャーにおける人気アーティストとして、アンダーグラウンド・シーンを賑わす存在となる。

1991年にXLレコーディングスと契約(これと前後してシャーキーが脱退)。アンダーグラウンドの熱気を受けるように、リリースするシングルがイギリスのダンスチャート上位に常にランクインするようになった(シングル 「チャーリー」 や「エブリバディ・イン・ザ・プレイス」は当時のレイヴシーンを代表する曲として、今なお根強い人気がある)。

1992年にファーストアルバム『エクスペリエンス』をリリース。いち早くドラムンベースを実践し、ブレイクビーツを多用したこのアルバムは多方面から脚光を浴び、バンドは一躍メジャー・シーンにのし上がる。日本ではフジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』でシングル『Everybody in the Place』がUKシングルチャートでNo.1を獲得。おまけにエイベックスから発売されたコンピレーション・アルバム『SUPER CLUB GROOVIN Vol.5』にも1曲目に収録されている。

1993年に初来日。東京ドームで行われた、エイベックス主宰のイベント「avex rave '93」でライヴを行った。

1994年、セカンドアルバム『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』を発表。「ブードゥー・ピープル」「ポイズン」などの斬新な手法を取り入れたトラックを中心としたこのアルバムで、オルタナティブ・ロック系サウンドを大々的に導入。

ブリットポップのバブルに沸くUKロックシーンとの相乗効果もあってアルバムは全英1位を獲得。国内だけで100万枚を超えるセールスを記録し、バンドの人気と評価は確固たるものとなった。またこの年に二度目の来日。エイベックス主催「avex rave '94」に参加した。

大ブレイクの勢いそのままに1996年、シングル「ファイアスターター」、「ブリーズ」、「スマック・マイ・ビッチ・アップ」というクラブ界の3大アンセムとなる曲を次々に発表。そして翌1997年にサードアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』をリリース。様々な音楽性を横断し、ダンスとロックの垣根を完全に打ち払ったこのアルバムは、英米加豪4カ国を含む全世界22カ国の最主要アルバムチャートにて初登場1位に輝き、全世界で1000万枚を超えるモンスターヒットを記録、さらに同年のグラミー賞にもノミネートされるなど(受賞は逃した)、バンドは瞬く間にして全世界的な成功を獲得するに至る。

同年のグラストンベリー・フェスティバルではダンス系アクトとして初のヘッドライナーを務める。

また、初開催となるフジロック・フェスティバルにも参加(しかしながら天候不順のためライヴは行われなかった)。翌1998年にはヘッドライナーとしてフジロックへの出演を果たしている。 奇しくも97〜98年頃を境に英国ではブリットポップブームが終息の兆しをみせ、シーンの主役がクラブ系アーティストへと移行する1つの潮流を作り上げることともなった。(Wikipediaより引用)

The Prodigy - Smack My Bitch Up YouTube 動画

ザ・プロディジー(The Prodigy)は、イギリスのテクノ / エレクトロロック・バンド。

1980年代末期のレイヴカルチャーをその出身基盤にもち、ロックとテクノの積極的な融合を試みることで、その先駆者として既存の電子音楽の持つ可能性を大きく押し広げた[要出典]。特に、世界的なヒットを記録した3rdアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』は、1990年代におけるダンス・ミュージックの到達点、金字塔と評される。

1990年、イギリスのエセックスのクラブでメンバー5人が出会い、バンドが結成された。

1980年代終わりから盛り上がりを見せたセカンド・サマー・オブ・ラブシーンや、それに続くレイヴカルチャーにおける人気アーティストとして、アンダーグラウンド・シーンを賑わす存在となる。

1991年にXLレコーディングスと契約(これと前後してシャーキーが脱退)。アンダーグラウンドの熱気を受けるように、リリースするシングルがイギリスのダンスチャート上位に常にランクインするようになった(シングル 「チャーリー」 や「エブリバディ・イン・ザ・プレイス」は当時のレイヴシーンを代表する曲として、今なお根強い人気がある)。

1992年にファーストアルバム『エクスペリエンス』をリリース。いち早くドラムンベースを実践し、ブレイクビーツを多用したこのアルバムは多方面から脚光を浴び、バンドは一躍メジャー・シーンにのし上がる。日本ではフジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』でシングル『Everybody in the Place』がUKシングルチャートでNo.1を獲得。おまけにエイベックスから発売されたコンピレーション・アルバム『SUPER CLUB GROOVIN Vol.5』にも1曲目に収録されている。

1993年に初来日。東京ドームで行われた、エイベックス主宰のイベント「avex rave '93」でライヴを行った。

1994年、セカンドアルバム『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』を発表。「ブードゥー・ピープル」「ポイズン」などの斬新な手法を取り入れたトラックを中心としたこのアルバムで、オルタナティブ・ロック系サウンドを大々的に導入。

ブリットポップのバブルに沸くUKロックシーンとの相乗効果もあってアルバムは全英1位を獲得。国内だけで100万枚を超えるセールスを記録し、バンドの人気と評価は確固たるものとなった。またこの年に二度目の来日。エイベックス主催「avex rave '94」に参加した。

大ブレイクの勢いそのままに1996年、シングル「ファイアスターター」、「ブリーズ」、「スマック・マイ・ビッチ・アップ」というクラブ界の3大アンセムとなる曲を次々に発表。そして翌1997年にサードアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』をリリース。様々な音楽性を横断し、ダンスとロックの垣根を完全に打ち払ったこのアルバムは、英米加豪4カ国を含む全世界22カ国の最主要アルバムチャートにて初登場1位に輝き、全世界で1000万枚を超えるモンスターヒットを記録、さらに同年のグラミー賞にもノミネートされるなど(受賞は逃した)、バンドは瞬く間にして全世界的な成功を獲得するに至る。

同年のグラストンベリー・フェスティバルではダンス系アクトとして初のヘッドライナーを務める。

また、初開催となるフジロック・フェスティバルにも参加(しかしながら天候不順のためライヴは行われなかった)。翌1998年にはヘッドライナーとしてフジロックへの出演を果たしている。 奇しくも97〜98年頃を境に英国ではブリットポップブームが終息の兆しをみせ、シーンの主役がクラブ系アーティストへと移行する1つの潮流を作り上げることともなった。(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト