[/] ROCKPV Hank Williams

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Hank Williams - Cold Cold Heart

ハンク・ウィリアムズHank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽家。

1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

ハンク・ウィリアムズは局地的に知られた有名人となっていった。1945年、モンゴメリーに戻ってきたウィリアムズは、最初の歌集『Original Songs of Hank Williams』を出版し、再びWSFAに出演し始めた。1946年9月14日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』のオーディションを受けたが、採用されなかった。ウィリアムズは、フレッド・ローズ(Fred Rose)と自作曲6曲について契約を結んだ。

ローズは、ウィリアムズに代わって、この6曲をスターリング・レコードに売り込んで契約をとった。1946年12月11日、初めてのレコーディング・セッションで、ウィリアムズは、「Wealth Won't Save Your Soul」、「Calling You」、「Never Again」、「When God Comes and Gathers his Jewels」の4曲を録音した。「Never Again」と「Honky Tonkin'」は、重要なヒット作となった

大ヒット曲「Lovesick Blues」はハンク・ウィリアムズをカントリー音楽のメインストリームに押し上げ、『グランド・オール・オプリ』の常連出演者にした。

1947年、ウィリアムズはMGMレコード(MGM Records)と契約し、「Move It On Over」をリリースして、大ヒットさせた。1948年8月、この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組で、ルイジアナ州シュリーブポートから放送されていた『Louisiana Hayride』に出演するようになり、南東部全域の居間で歌声が流れるようになった。

その後、そこそこのヒットが数曲続いた後、レックス・グリフィン(Rex Griffin)の歌で知られていたエメット・ミラー(Emmett Miller)作品のカバー「Lovesick Blues」が大ヒットとなり、ウィリアムズは主流の音楽の聴衆にも聴かれるようになって、『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1949年6月11日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』に初出演し、それまでの誰よりも多い、6回のアンコールを受けた。

この年、オードリー・ウィリアムズは息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズ・ジュニア)を生んだ。「Lovesick Blues」に続いて、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、「You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave)」、「My Bucket's Got a Hole in It」など、7曲のヒットを出した。
(Wikipediaより)

Hank Williams - Settin' the Woods on Fire

ハンク・ウィリアムズHank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽家。

1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

ハンク・ウィリアムズは局地的に知られた有名人となっていった。1945年、モンゴメリーに戻ってきたウィリアムズは、最初の歌集『Original Songs of Hank Williams』を出版し、再びWSFAに出演し始めた。1946年9月14日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』のオーディションを受けたが、採用されなかった。ウィリアムズは、フレッド・ローズ(Fred Rose)と自作曲6曲について契約を結んだ。

ローズは、ウィリアムズに代わって、この6曲をスターリング・レコードに売り込んで契約をとった。1946年12月11日、初めてのレコーディング・セッションで、ウィリアムズは、「Wealth Won't Save Your Soul」、「Calling You」、「Never Again」、「When God Comes and Gathers his Jewels」の4曲を録音した。「Never Again」と「Honky Tonkin'」は、重要なヒット作となった

大ヒット曲「Lovesick Blues」はハンク・ウィリアムズをカントリー音楽のメインストリームに押し上げ、『グランド・オール・オプリ』の常連出演者にした。

1947年、ウィリアムズはMGMレコード(MGM Records)と契約し、「Move It On Over」をリリースして、大ヒットさせた。1948年8月、この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組で、ルイジアナ州シュリーブポートから放送されていた『Louisiana Hayride』に出演するようになり、南東部全域の居間で歌声が流れるようになった。

その後、そこそこのヒットが数曲続いた後、レックス・グリフィン(Rex Griffin)の歌で知られていたエメット・ミラー(Emmett Miller)作品のカバー「Lovesick Blues」が大ヒットとなり、ウィリアムズは主流の音楽の聴衆にも聴かれるようになって、『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1949年6月11日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』に初出演し、それまでの誰よりも多い、6回のアンコールを受けた。

この年、オードリー・ウィリアムズは息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズ・ジュニア)を生んだ。「Lovesick Blues」に続いて、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、「You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave)」、「My Bucket's Got a Hole in It」など、7曲のヒットを出した。
(Wikipediaより)

Hank Williams... I'm so lonesome, I could cry

ハンク・ウィリアムズHank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽家。

1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

ハンク・ウィリアムズは局地的に知られた有名人となっていった。1945年、モンゴメリーに戻ってきたウィリアムズは、最初の歌集『Original Songs of Hank Williams』を出版し、再びWSFAに出演し始めた。1946年9月14日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』のオーディションを受けたが、採用されなかった。ウィリアムズは、フレッド・ローズ(Fred Rose)と自作曲6曲について契約を結んだ。

ローズは、ウィリアムズに代わって、この6曲をスターリング・レコードに売り込んで契約をとった。1946年12月11日、初めてのレコーディング・セッションで、ウィリアムズは、「Wealth Won't Save Your Soul」、「Calling You」、「Never Again」、「When God Comes and Gathers his Jewels」の4曲を録音した。「Never Again」と「Honky Tonkin'」は、重要なヒット作となった

大ヒット曲「Lovesick Blues」はハンク・ウィリアムズをカントリー音楽のメインストリームに押し上げ、『グランド・オール・オプリ』の常連出演者にした。

1947年、ウィリアムズはMGMレコード(MGM Records)と契約し、「Move It On Over」をリリースして、大ヒットさせた。1948年8月、この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組で、ルイジアナ州シュリーブポートから放送されていた『Louisiana Hayride』に出演するようになり、南東部全域の居間で歌声が流れるようになった。

その後、そこそこのヒットが数曲続いた後、レックス・グリフィン(Rex Griffin)の歌で知られていたエメット・ミラー(Emmett Miller)作品のカバー「Lovesick Blues」が大ヒットとなり、ウィリアムズは主流の音楽の聴衆にも聴かれるようになって、『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1949年6月11日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』に初出演し、それまでの誰よりも多い、6回のアンコールを受けた。

この年、オードリー・ウィリアムズは息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズ・ジュニア)を生んだ。「Lovesick Blues」に続いて、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、「You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave)」、「My Bucket's Got a Hole in It」など、7曲のヒットを出した。
(Wikipediaより)

Hank Williams: - Lovesick Blues

ハンク・ウィリアムズHank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽家。

1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

ハンク・ウィリアムズは局地的に知られた有名人となっていった。1945年、モンゴメリーに戻ってきたウィリアムズは、最初の歌集『Original Songs of Hank Williams』を出版し、再びWSFAに出演し始めた。1946年9月14日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』のオーディションを受けたが、採用されなかった。ウィリアムズは、フレッド・ローズ(Fred Rose)と自作曲6曲について契約を結んだ。

ローズは、ウィリアムズに代わって、この6曲をスターリング・レコードに売り込んで契約をとった。1946年12月11日、初めてのレコーディング・セッションで、ウィリアムズは、「Wealth Won't Save Your Soul」、「Calling You」、「Never Again」、「When God Comes and Gathers his Jewels」の4曲を録音した。「Never Again」と「Honky Tonkin'」は、重要なヒット作となった

大ヒット曲「Lovesick Blues」はハンク・ウィリアムズをカントリー音楽のメインストリームに押し上げ、『グランド・オール・オプリ』の常連出演者にした。

1947年、ウィリアムズはMGMレコード(MGM Records)と契約し、「Move It On Over」をリリースして、大ヒットさせた。1948年8月、この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組で、ルイジアナ州シュリーブポートから放送されていた『Louisiana Hayride』に出演するようになり、南東部全域の居間で歌声が流れるようになった。

その後、そこそこのヒットが数曲続いた後、レックス・グリフィン(Rex Griffin)の歌で知られていたエメット・ミラー(Emmett Miller)作品のカバー「Lovesick Blues」が大ヒットとなり、ウィリアムズは主流の音楽の聴衆にも聴かれるようになって、『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1949年6月11日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』に初出演し、それまでの誰よりも多い、6回のアンコールを受けた。

この年、オードリー・ウィリアムズは息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズ・ジュニア)を生んだ。「Lovesick Blues」に続いて、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、「You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave)」、「My Bucket's Got a Hole in It」など、7曲のヒットを出した。
(Wikipediaより)

Hank Williams - Hey Good Lookin'

ハンク・ウィリアムズHank Williams、本名:ハイラム・キング・ウィリアムズ、Hiram King Williams、1923年9月17日 - 1953年1月1日)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽家。

1947年から、29歳で亡くなった1953年の最初の日までの短い間に、ウィリアムズは、「ビルボード」のカントリー&ウェスタン・チャートにおいて、1位になった11枚を含め、トップ10入りした35枚のシングル盤を録音した(このうち5枚は、ウィリアムズの死後にリリースされた)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第27位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第74位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

ハンク・ウィリアムズは局地的に知られた有名人となっていった。1945年、モンゴメリーに戻ってきたウィリアムズは、最初の歌集『Original Songs of Hank Williams』を出版し、再びWSFAに出演し始めた。1946年9月14日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』のオーディションを受けたが、採用されなかった。ウィリアムズは、フレッド・ローズ(Fred Rose)と自作曲6曲について契約を結んだ。

ローズは、ウィリアムズに代わって、この6曲をスターリング・レコードに売り込んで契約をとった。1946年12月11日、初めてのレコーディング・セッションで、ウィリアムズは、「Wealth Won't Save Your Soul」、「Calling You」、「Never Again」、「When God Comes and Gathers his Jewels」の4曲を録音した。「Never Again」と「Honky Tonkin'」は、重要なヒット作となった

大ヒット曲「Lovesick Blues」はハンク・ウィリアムズをカントリー音楽のメインストリームに押し上げ、『グランド・オール・オプリ』の常連出演者にした。

1947年、ウィリアムズはMGMレコード(MGM Records)と契約し、「Move It On Over」をリリースして、大ヒットさせた。1948年8月、この年、ウィリアムズは、当時ラジオ番組で、ルイジアナ州シュリーブポートから放送されていた『Louisiana Hayride』に出演するようになり、南東部全域の居間で歌声が流れるようになった。

その後、そこそこのヒットが数曲続いた後、レックス・グリフィン(Rex Griffin)の歌で知られていたエメット・ミラー(Emmett Miller)作品のカバー「Lovesick Blues」が大ヒットとなり、ウィリアムズは主流の音楽の聴衆にも聴かれるようになって、『グランド・オール・オプリ』への出演も実現した。1949年6月11日、ウィリアムズは『グランド・オール・オプリ』に初出演し、それまでの誰よりも多い、6回のアンコールを受けた。

この年、オードリー・ウィリアムズは息子ランドール・ハンク・ウィリアムズ(ハンク・ウィリアムズ・ジュニア)を生んだ。「Lovesick Blues」に続いて、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、「You're Gonna Change (Or I'm Gonna Leave)」、「My Bucket's Got a Hole in It」など、7曲のヒットを出した。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト