[/] ROCKPV The Temptations

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

The Temptations - Cloud Nine

テンプテーションズ(The Temptations)は、アメリカのソウル・コーラス・グループである。1960年代に「マイ・ガール」等のヒット曲を出した、モータウンを代表するグループの一つ。

1989年にロックの殿堂入りを果たした。

テンプテーションズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第68位にランクインしている。

リード・ヴォーカルのデヴィッド・ラフィンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位にランクインしている。

結成当初、グループはキャバリアーズやプライムズを名乗っている。プライムズ当時でも、地元デトロイトでは、その綿密なパフォーマンスが評判になっていた

1961年にモータウンからデビュー。当時のメンバーはオーティス・ウィリアムス(Otis Williams)、メルヴィン・フランクリン(Melvin Franklin)、エディ・ケンドリックス(Eddie Kendricks)、ポール・ウィリアムズ(英語版)(Paul Williams)、エルブリッジ・ブライアント(Elbridge Bryant)の5人。しばらくはヒットに恵まれなかった。

1964年、エルブリッジの後任としてデヴィッド・ラフィン(David Ruffin)が加入、いわゆる黄金時代となる。スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイト(Ronald White)が作り、デヴィッドがリード・ヴォーカルを担当して同年リリースした「マイ・ガール」が、翌1965年に全米チャート1位に輝いた。その後もヒット曲を量産する。

1968年にデヴィッドが脱退し、デニス・エドワーズ(Dennis Edwards)が加入。アルバム『クラウド・ナイン(Cloud Nine)』(1969年)は、ファンクを意識した音作りと社会派の歌詞を取り入れた意欲作となった。1971年には「ジャスト・マイ・イマジネーション (ランニング・アウェイ・ウィズ・ミー)」が全米1位となる。

デビュー当時からのメンバーだったエディとポールが脱退するが、デーモン・ハリス(Damon Harris)とリチャード・ストリート(Richard Street)を加えた新体制で、1972年に「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン(Papa Was a Rollin' Stone)」を全米1位に送り込む。

1970年代後半にアトランティックに移籍するが、1980年代にはモータウンに戻る。

1983年、デニス・エドワーズの後任としてアリ・オリー・ウッドソン(Ali Ollie Woodson、1951年9月12日- 2010年5月30日)がリード・シンガーに抜擢される。1984年発表のアルバム『トゥルーリー・フォー・ユー』から正式に参加し、ここに収録された「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」を、共同作曲、共同プロデュースし、一躍注目される。1986年には、「レディー・ソウル」を大ヒットさせた。
(Wikipediaより)

The Temptations - Ball of Confusion

テンプテーションズ(The Temptations)は、アメリカのソウル・コーラス・グループである。1960年代に「マイ・ガール」等のヒット曲を出した、モータウンを代表するグループの一つ。

1989年にロックの殿堂入りを果たした。

テンプテーションズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第68位にランクインしている。

リード・ヴォーカルのデヴィッド・ラフィンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位にランクインしている。

結成当初、グループはキャバリアーズやプライムズを名乗っている。プライムズ当時でも、地元デトロイトでは、その綿密なパフォーマンスが評判になっていた

1961年にモータウンからデビュー。当時のメンバーはオーティス・ウィリアムス(Otis Williams)、メルヴィン・フランクリン(Melvin Franklin)、エディ・ケンドリックス(Eddie Kendricks)、ポール・ウィリアムズ(英語版)(Paul Williams)、エルブリッジ・ブライアント(Elbridge Bryant)の5人。しばらくはヒットに恵まれなかった。

1964年、エルブリッジの後任としてデヴィッド・ラフィン(David Ruffin)が加入、いわゆる黄金時代となる。スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイト(Ronald White)が作り、デヴィッドがリード・ヴォーカルを担当して同年リリースした「マイ・ガール」が、翌1965年に全米チャート1位に輝いた。その後もヒット曲を量産する。

1968年にデヴィッドが脱退し、デニス・エドワーズ(Dennis Edwards)が加入。アルバム『クラウド・ナイン(Cloud Nine)』(1969年)は、ファンクを意識した音作りと社会派の歌詞を取り入れた意欲作となった。1971年には「ジャスト・マイ・イマジネーション (ランニング・アウェイ・ウィズ・ミー)」が全米1位となる。

デビュー当時からのメンバーだったエディとポールが脱退するが、デーモン・ハリス(Damon Harris)とリチャード・ストリート(Richard Street)を加えた新体制で、1972年に「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン(Papa Was a Rollin' Stone)」を全米1位に送り込む。

1970年代後半にアトランティックに移籍するが、1980年代にはモータウンに戻る。

1983年、デニス・エドワーズの後任としてアリ・オリー・ウッドソン(Ali Ollie Woodson、1951年9月12日- 2010年5月30日)がリード・シンガーに抜擢される。1984年発表のアルバム『トゥルーリー・フォー・ユー』から正式に参加し、ここに収録された「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」を、共同作曲、共同プロデュースし、一躍注目される。1986年には、「レディー・ソウル」を大ヒットさせた。
(Wikipediaより)

The Temptations - Papa Was A Rolling Stone

テンプテーションズ(The Temptations)は、アメリカのソウル・コーラス・グループである。1960年代に「マイ・ガール」等のヒット曲を出した、モータウンを代表するグループの一つ。

1989年にロックの殿堂入りを果たした。

テンプテーションズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第68位にランクインしている。

リード・ヴォーカルのデヴィッド・ラフィンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位にランクインしている。

結成当初、グループはキャバリアーズやプライムズを名乗っている。プライムズ当時でも、地元デトロイトでは、その綿密なパフォーマンスが評判になっていた

1961年にモータウンからデビュー。当時のメンバーはオーティス・ウィリアムス(Otis Williams)、メルヴィン・フランクリン(Melvin Franklin)、エディ・ケンドリックス(Eddie Kendricks)、ポール・ウィリアムズ(英語版)(Paul Williams)、エルブリッジ・ブライアント(Elbridge Bryant)の5人。しばらくはヒットに恵まれなかった。

1964年、エルブリッジの後任としてデヴィッド・ラフィン(David Ruffin)が加入、いわゆる黄金時代となる。スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイト(Ronald White)が作り、デヴィッドがリード・ヴォーカルを担当して同年リリースした「マイ・ガール」が、翌1965年に全米チャート1位に輝いた。その後もヒット曲を量産する。

1968年にデヴィッドが脱退し、デニス・エドワーズ(Dennis Edwards)が加入。アルバム『クラウド・ナイン(Cloud Nine)』(1969年)は、ファンクを意識した音作りと社会派の歌詞を取り入れた意欲作となった。1971年には「ジャスト・マイ・イマジネーション (ランニング・アウェイ・ウィズ・ミー)」が全米1位となる。

デビュー当時からのメンバーだったエディとポールが脱退するが、デーモン・ハリス(Damon Harris)とリチャード・ストリート(Richard Street)を加えた新体制で、1972年に「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン(Papa Was a Rollin' Stone)」を全米1位に送り込む。

1970年代後半にアトランティックに移籍するが、1980年代にはモータウンに戻る。

1983年、デニス・エドワーズの後任としてアリ・オリー・ウッドソン(Ali Ollie Woodson、1951年9月12日- 2010年5月30日)がリード・シンガーに抜擢される。1984年発表のアルバム『トゥルーリー・フォー・ユー』から正式に参加し、ここに収録された「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」を、共同作曲、共同プロデュースし、一躍注目される。1986年には、「レディー・ソウル」を大ヒットさせた。
(Wikipediaより)

The Temptations - Treat Her Like A Lady

テンプテーションズ(The Temptations)は、アメリカのソウル・コーラス・グループである。1960年代に「マイ・ガール」等のヒット曲を出した、モータウンを代表するグループの一つ。

1989年にロックの殿堂入りを果たした。

テンプテーションズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第68位にランクインしている。

リード・ヴォーカルのデヴィッド・ラフィンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位にランクインしている。

結成当初、グループはキャバリアーズやプライムズを名乗っている。プライムズ当時でも、地元デトロイトでは、その綿密なパフォーマンスが評判になっていた

1961年にモータウンからデビュー。当時のメンバーはオーティス・ウィリアムス(Otis Williams)、メルヴィン・フランクリン(Melvin Franklin)、エディ・ケンドリックス(Eddie Kendricks)、ポール・ウィリアムズ(英語版)(Paul Williams)、エルブリッジ・ブライアント(Elbridge Bryant)の5人。しばらくはヒットに恵まれなかった。

1964年、エルブリッジの後任としてデヴィッド・ラフィン(David Ruffin)が加入、いわゆる黄金時代となる。スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイト(Ronald White)が作り、デヴィッドがリード・ヴォーカルを担当して同年リリースした「マイ・ガール」が、翌1965年に全米チャート1位に輝いた。その後もヒット曲を量産する。

1968年にデヴィッドが脱退し、デニス・エドワーズ(Dennis Edwards)が加入。アルバム『クラウド・ナイン(Cloud Nine)』(1969年)は、ファンクを意識した音作りと社会派の歌詞を取り入れた意欲作となった。1971年には「ジャスト・マイ・イマジネーション (ランニング・アウェイ・ウィズ・ミー)」が全米1位となる。

デビュー当時からのメンバーだったエディとポールが脱退するが、デーモン・ハリス(Damon Harris)とリチャード・ストリート(Richard Street)を加えた新体制で、1972年に「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン(Papa Was a Rollin' Stone)」を全米1位に送り込む。

1970年代後半にアトランティックに移籍するが、1980年代にはモータウンに戻る。

1983年、デニス・エドワーズの後任としてアリ・オリー・ウッドソン(Ali Ollie Woodson、1951年9月12日- 2010年5月30日)がリード・シンガーに抜擢される。1984年発表のアルバム『トゥルーリー・フォー・ユー』から正式に参加し、ここに収録された「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」を、共同作曲、共同プロデュースし、一躍注目される。1986年には、「レディー・ソウル」を大ヒットさせた。
(Wikipediaより)

The Temptations - My Girl

テンプテーションズ(The Temptations)は、アメリカのソウル・コーラス・グループである。1960年代に「マイ・ガール」等のヒット曲を出した、モータウンを代表するグループの一つ。

1989年にロックの殿堂入りを果たした。

テンプテーションズが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第68位にランクインしている。

リード・ヴォーカルのデヴィッド・ラフィンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第65位にランクインしている。

結成当初、グループはキャバリアーズやプライムズを名乗っている。プライムズ当時でも、地元デトロイトでは、その綿密なパフォーマンスが評判になっていた

1961年にモータウンからデビュー。当時のメンバーはオーティス・ウィリアムス(Otis Williams)、メルヴィン・フランクリン(Melvin Franklin)、エディ・ケンドリックス(Eddie Kendricks)、ポール・ウィリアムズ(英語版)(Paul Williams)、エルブリッジ・ブライアント(Elbridge Bryant)の5人。しばらくはヒットに恵まれなかった。

1964年、エルブリッジの後任としてデヴィッド・ラフィン(David Ruffin)が加入、いわゆる黄金時代となる。スモーキー・ロビンソンとロナルド・ホワイト(Ronald White)が作り、デヴィッドがリード・ヴォーカルを担当して同年リリースした「マイ・ガール」が、翌1965年に全米チャート1位に輝いた。その後もヒット曲を量産する。

1968年にデヴィッドが脱退し、デニス・エドワーズ(Dennis Edwards)が加入。アルバム『クラウド・ナイン(Cloud Nine)』(1969年)は、ファンクを意識した音作りと社会派の歌詞を取り入れた意欲作となった。1971年には「ジャスト・マイ・イマジネーション (ランニング・アウェイ・ウィズ・ミー)」が全米1位となる。

デビュー当時からのメンバーだったエディとポールが脱退するが、デーモン・ハリス(Damon Harris)とリチャード・ストリート(Richard Street)を加えた新体制で、1972年に「パパ・ワズ・ア・ローリン・ストーン(Papa Was a Rollin' Stone)」を全米1位に送り込む。

1970年代後半にアトランティックに移籍するが、1980年代にはモータウンに戻る。

1983年、デニス・エドワーズの後任としてアリ・オリー・ウッドソン(Ali Ollie Woodson、1951年9月12日- 2010年5月30日)がリード・シンガーに抜擢される。1984年発表のアルバム『トゥルーリー・フォー・ユー』から正式に参加し、ここに収録された「トリート・ハー・ライク・ア・レディー」を、共同作曲、共同プロデュースし、一躍注目される。1986年には、「レディー・ソウル」を大ヒットさせた。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター