[/] ROCKPV Tina Turner

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Tina Turner - We Don't Need Another Hero YouTube 動画

ティナ・ターナー(Tina Turner、本名アンナ・メイ・ブロック・バーク、Anna Mae Bullock- Bach、1939年11月26日 - )は、女性歌手、ダンサー、女優。著作も著している。彼女の芸歴は50年以上に及び、幅広い層のファンに認められており、多くの受賞歴を持つ。アメリカ合衆国南部に生まれ南部で育ち、現在はスイスの市民権を持っている。

ターナーのミュージシャンとしての経歴は1950年代半ばに始まる。最初は、アイク・ターナーのキング・オヴ・リズムの看板歌手としてのデビューだった。最初の録音は1958年に「リトル・アン」の名義で行われている。ティナ・ターナーとして初めて舞台に立ったのは、1960年、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューの一員として活動を始めた時である。デュオの名義で売り出した一連の曲がヒットとなり、キャリア上意義ある成功を収めている。その曲は、「ア・フール・イン・ラヴ」(1960)、「リヴァー・ディープ-マウンテン・ハイ」(1966)、「プラウド・メアリー」(1971)、「ナットブッシュ・シティ・リミッツ」(1973)といったもので、いずれもティナ・ターナーが自分で作曲したものである。彼女は自叙伝の中で、1976年にアイクと別れ1978年に離婚が成立する以前には、アイクのひどい家庭内暴力によって苦しめられたことを、いくつか具体例を挙げて明かしている。バプティスト派の信徒として育てられたが、友人からSGI(創価学会インタナショナル)を知り、1971年に入会、「南無妙法蓮華経」の題目(だいもく)を唱え、辛い時期を乗り越えてきた。

アイク・ターナーと離婚した後、ティナ・ターナーは公演を積み重ねて自らの経歴を改めて作り直してきた。ソロ・アーティストとして音楽チャートに衝撃を与えようとまずは頑張っていたのである。1980年代の初期にターナーはヒットを再び連発し、カムバックを果たす。1983年、シングル「レッツ・ステイ・トゥゲザー」から始まって、1984年には5枚目のソロ・アルバムである「プライヴェト・ダンサー」を発売、世界中で成功を収める。このアルバムの収録曲の中で一番売れた曲「愛の魔力(ホワッツ・ラヴ・ゴット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット)」は、後にターナーの自叙伝に基づいて創られた自伝的映画のタイトルにもなった。

音楽面での経歴に加えて、ティナ・ターナーは女優としても成功を収めている。1975年のロック・ミュージカル「トミー」を始め、1985年にメル・ギブソンとともに主演を務めている超大作映画「マッドマックス/サンダードーム」、そして顔見せ役で登場する1993年の「ラスト・アクション・ヒーロー」などが挙げられる。

世界中で最も人気のある芸能人の一人として、彼女は「ロックンロールの女王」とも呼ばれている 。ティナ・ターナーは、「最も成功した女性ロック・アーティスト」と呼ばれてきた。8度のグラミー賞に輝き、歴史上の他のどのソロ・ミュージシャンよりも多くのコンサート・チケットを売り上げてきた。

ターナーの全世界でのアルバムとシングルの売り上げ枚数は、総計でおよそ2億枚を数える[10]。ステージ上でのその精力的な演技と力強い歌声、そして彼女の経歴の長さは非常に有名である。2008年にはなかば引退していた状態から再びカムバックして、「ティナ・ターナー50周年記念ツアー」を行っている。

2008年から2009年にかけて、ティナ・ターナーのツアーは、最もチケットの値段が高いショーのひとつとして知られることになった。ローリング・ストーン誌は、「時代を超えて偉大であり続けるアーティスト100人」のうちの63番目に彼女をランク入りさせている。なお、ティナ・ターナーは、1991年にはロックの殿堂入りを果たしている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第17位(Wikipediaより引用)

Tina Turner - Simply the Best YouTube 動画

ティナ・ターナー(Tina Turner、本名アンナ・メイ・ブロック・バーク、Anna Mae Bullock- Bach、1939年11月26日 - )は、女性歌手、ダンサー、女優。著作も著している。彼女の芸歴は50年以上に及び、幅広い層のファンに認められており、多くの受賞歴を持つ。アメリカ合衆国南部に生まれ南部で育ち、現在はスイスの市民権を持っている。

ターナーのミュージシャンとしての経歴は1950年代半ばに始まる。最初は、アイク・ターナーのキング・オヴ・リズムの看板歌手としてのデビューだった。最初の録音は1958年に「リトル・アン」の名義で行われている。ティナ・ターナーとして初めて舞台に立ったのは、1960年、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューの一員として活動を始めた時である。デュオの名義で売り出した一連の曲がヒットとなり、キャリア上意義ある成功を収めている。その曲は、「ア・フール・イン・ラヴ」(1960)、「リヴァー・ディープ-マウンテン・ハイ」(1966)、「プラウド・メアリー」(1971)、「ナットブッシュ・シティ・リミッツ」(1973)といったもので、いずれもティナ・ターナーが自分で作曲したものである。彼女は自叙伝の中で、1976年にアイクと別れ1978年に離婚が成立する以前には、アイクのひどい家庭内暴力によって苦しめられたことを、いくつか具体例を挙げて明かしている。バプティスト派の信徒として育てられたが、友人からSGI(創価学会インタナショナル)を知り、1971年に入会、「南無妙法蓮華経」の題目(だいもく)を唱え、辛い時期を乗り越えてきた。

アイク・ターナーと離婚した後、ティナ・ターナーは公演を積み重ねて自らの経歴を改めて作り直してきた。ソロ・アーティストとして音楽チャートに衝撃を与えようとまずは頑張っていたのである。1980年代の初期にターナーはヒットを再び連発し、カムバックを果たす。1983年、シングル「レッツ・ステイ・トゥゲザー」から始まって、1984年には5枚目のソロ・アルバムである「プライヴェト・ダンサー」を発売、世界中で成功を収める。このアルバムの収録曲の中で一番売れた曲「愛の魔力(ホワッツ・ラヴ・ゴット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット)」は、後にターナーの自叙伝に基づいて創られた自伝的映画のタイトルにもなった。

音楽面での経歴に加えて、ティナ・ターナーは女優としても成功を収めている。1975年のロック・ミュージカル「トミー」を始め、1985年にメル・ギブソンとともに主演を務めている超大作映画「マッドマックス/サンダードーム」、そして顔見せ役で登場する1993年の「ラスト・アクション・ヒーロー」などが挙げられる。

世界中で最も人気のある芸能人の一人として、彼女は「ロックンロールの女王」とも呼ばれている 。ティナ・ターナーは、「最も成功した女性ロック・アーティスト」と呼ばれてきた。8度のグラミー賞に輝き、歴史上の他のどのソロ・ミュージシャンよりも多くのコンサート・チケットを売り上げてきた。

ターナーの全世界でのアルバムとシングルの売り上げ枚数は、総計でおよそ2億枚を数える[10]。ステージ上でのその精力的な演技と力強い歌声、そして彼女の経歴の長さは非常に有名である。2008年にはなかば引退していた状態から再びカムバックして、「ティナ・ターナー50周年記念ツアー」を行っている。

2008年から2009年にかけて、ティナ・ターナーのツアーは、最もチケットの値段が高いショーのひとつとして知られることになった。ローリング・ストーン誌は、「時代を超えて偉大であり続けるアーティスト100人」のうちの63番目に彼女をランク入りさせている。なお、ティナ・ターナーは、1991年にはロックの殿堂入りを果たしている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第17位(Wikipediaより引用)

Tina Turner - Private Dancer YouTube 動画

ティナ・ターナー(Tina Turner、本名アンナ・メイ・ブロック・バーク、Anna Mae Bullock- Bach、1939年11月26日 - )は、女性歌手、ダンサー、女優。著作も著している。彼女の芸歴は50年以上に及び、幅広い層のファンに認められており、多くの受賞歴を持つ。アメリカ合衆国南部に生まれ南部で育ち、現在はスイスの市民権を持っている。

ターナーのミュージシャンとしての経歴は1950年代半ばに始まる。最初は、アイク・ターナーのキング・オヴ・リズムの看板歌手としてのデビューだった。最初の録音は1958年に「リトル・アン」の名義で行われている。ティナ・ターナーとして初めて舞台に立ったのは、1960年、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューの一員として活動を始めた時である。デュオの名義で売り出した一連の曲がヒットとなり、キャリア上意義ある成功を収めている。その曲は、「ア・フール・イン・ラヴ」(1960)、「リヴァー・ディープ-マウンテン・ハイ」(1966)、「プラウド・メアリー」(1971)、「ナットブッシュ・シティ・リミッツ」(1973)といったもので、いずれもティナ・ターナーが自分で作曲したものである。彼女は自叙伝の中で、1976年にアイクと別れ1978年に離婚が成立する以前には、アイクのひどい家庭内暴力によって苦しめられたことを、いくつか具体例を挙げて明かしている。バプティスト派の信徒として育てられたが、友人からSGI(創価学会インタナショナル)を知り、1971年に入会、「南無妙法蓮華経」の題目(だいもく)を唱え、辛い時期を乗り越えてきた。

アイク・ターナーと離婚した後、ティナ・ターナーは公演を積み重ねて自らの経歴を改めて作り直してきた。ソロ・アーティストとして音楽チャートに衝撃を与えようとまずは頑張っていたのである。1980年代の初期にターナーはヒットを再び連発し、カムバックを果たす。1983年、シングル「レッツ・ステイ・トゥゲザー」から始まって、1984年には5枚目のソロ・アルバムである「プライヴェト・ダンサー」を発売、世界中で成功を収める。このアルバムの収録曲の中で一番売れた曲「愛の魔力(ホワッツ・ラヴ・ゴット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット)」は、後にターナーの自叙伝に基づいて創られた自伝的映画のタイトルにもなった。

音楽面での経歴に加えて、ティナ・ターナーは女優としても成功を収めている。1975年のロック・ミュージカル「トミー」を始め、1985年にメル・ギブソンとともに主演を務めている超大作映画「マッドマックス/サンダードーム」、そして顔見せ役で登場する1993年の「ラスト・アクション・ヒーロー」などが挙げられる。

世界中で最も人気のある芸能人の一人として、彼女は「ロックンロールの女王」とも呼ばれている 。ティナ・ターナーは、「最も成功した女性ロック・アーティスト」と呼ばれてきた。8度のグラミー賞に輝き、歴史上の他のどのソロ・ミュージシャンよりも多くのコンサート・チケットを売り上げてきた。

ターナーの全世界でのアルバムとシングルの売り上げ枚数は、総計でおよそ2億枚を数える[10]。ステージ上でのその精力的な演技と力強い歌声、そして彼女の経歴の長さは非常に有名である。2008年にはなかば引退していた状態から再びカムバックして、「ティナ・ターナー50周年記念ツアー」を行っている。

2008年から2009年にかけて、ティナ・ターナーのツアーは、最もチケットの値段が高いショーのひとつとして知られることになった。ローリング・ストーン誌は、「時代を超えて偉大であり続けるアーティスト100人」のうちの63番目に彼女をランク入りさせている。なお、ティナ・ターナーは、1991年にはロックの殿堂入りを果たしている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第17位(Wikipediaより引用)

Tina Turner - Proud Mary YouTube 動画

ティナ・ターナー(Tina Turner、本名アンナ・メイ・ブロック・バーク、Anna Mae Bullock- Bach、1939年11月26日 - )は、女性歌手、ダンサー、女優。著作も著している。彼女の芸歴は50年以上に及び、幅広い層のファンに認められており、多くの受賞歴を持つ。アメリカ合衆国南部に生まれ南部で育ち、現在はスイスの市民権を持っている。

ターナーのミュージシャンとしての経歴は1950年代半ばに始まる。最初は、アイク・ターナーのキング・オヴ・リズムの看板歌手としてのデビューだった。最初の録音は1958年に「リトル・アン」の名義で行われている。ティナ・ターナーとして初めて舞台に立ったのは、1960年、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューの一員として活動を始めた時である。デュオの名義で売り出した一連の曲がヒットとなり、キャリア上意義ある成功を収めている。その曲は、「ア・フール・イン・ラヴ」(1960)、「リヴァー・ディープ-マウンテン・ハイ」(1966)、「プラウド・メアリー」(1971)、「ナットブッシュ・シティ・リミッツ」(1973)といったもので、いずれもティナ・ターナーが自分で作曲したものである。彼女は自叙伝の中で、1976年にアイクと別れ1978年に離婚が成立する以前には、アイクのひどい家庭内暴力によって苦しめられたことを、いくつか具体例を挙げて明かしている。バプティスト派の信徒として育てられたが、友人からSGI(創価学会インタナショナル)を知り、1971年に入会、「南無妙法蓮華経」の題目(だいもく)を唱え、辛い時期を乗り越えてきた。

アイク・ターナーと離婚した後、ティナ・ターナーは公演を積み重ねて自らの経歴を改めて作り直してきた。ソロ・アーティストとして音楽チャートに衝撃を与えようとまずは頑張っていたのである。1980年代の初期にターナーはヒットを再び連発し、カムバックを果たす。1983年、シングル「レッツ・ステイ・トゥゲザー」から始まって、1984年には5枚目のソロ・アルバムである「プライヴェト・ダンサー」を発売、世界中で成功を収める。このアルバムの収録曲の中で一番売れた曲「愛の魔力(ホワッツ・ラヴ・ゴット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット)」は、後にターナーの自叙伝に基づいて創られた自伝的映画のタイトルにもなった。

音楽面での経歴に加えて、ティナ・ターナーは女優としても成功を収めている。1975年のロック・ミュージカル「トミー」を始め、1985年にメル・ギブソンとともに主演を務めている超大作映画「マッドマックス/サンダードーム」、そして顔見せ役で登場する1993年の「ラスト・アクション・ヒーロー」などが挙げられる。

世界中で最も人気のある芸能人の一人として、彼女は「ロックンロールの女王」とも呼ばれている 。ティナ・ターナーは、「最も成功した女性ロック・アーティスト」と呼ばれてきた。8度のグラミー賞に輝き、歴史上の他のどのソロ・ミュージシャンよりも多くのコンサート・チケットを売り上げてきた。

ターナーの全世界でのアルバムとシングルの売り上げ枚数は、総計でおよそ2億枚を数える[10]。ステージ上でのその精力的な演技と力強い歌声、そして彼女の経歴の長さは非常に有名である。2008年にはなかば引退していた状態から再びカムバックして、「ティナ・ターナー50周年記念ツアー」を行っている。

2008年から2009年にかけて、ティナ・ターナーのツアーは、最もチケットの値段が高いショーのひとつとして知られることになった。ローリング・ストーン誌は、「時代を超えて偉大であり続けるアーティスト100人」のうちの63番目に彼女をランク入りさせている。なお、ティナ・ターナーは、1991年にはロックの殿堂入りを果たしている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第17位(Wikipediaより引用)

Tina Turner - What's Love Got To Do With It YouTube 動画

ティナ・ターナー(Tina Turner、本名アンナ・メイ・ブロック・バーク、Anna Mae Bullock- Bach、1939年11月26日 - )は、女性歌手、ダンサー、女優。著作も著している。彼女の芸歴は50年以上に及び、幅広い層のファンに認められており、多くの受賞歴を持つ。アメリカ合衆国南部に生まれ南部で育ち、現在はスイスの市民権を持っている。

ターナーのミュージシャンとしての経歴は1950年代半ばに始まる。最初は、アイク・ターナーのキング・オヴ・リズムの看板歌手としてのデビューだった。最初の録音は1958年に「リトル・アン」の名義で行われている。ティナ・ターナーとして初めて舞台に立ったのは、1960年、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューの一員として活動を始めた時である。デュオの名義で売り出した一連の曲がヒットとなり、キャリア上意義ある成功を収めている。その曲は、「ア・フール・イン・ラヴ」(1960)、「リヴァー・ディープ-マウンテン・ハイ」(1966)、「プラウド・メアリー」(1971)、「ナットブッシュ・シティ・リミッツ」(1973)といったもので、いずれもティナ・ターナーが自分で作曲したものである。彼女は自叙伝の中で、1976年にアイクと別れ1978年に離婚が成立する以前には、アイクのひどい家庭内暴力によって苦しめられたことを、いくつか具体例を挙げて明かしている。バプティスト派の信徒として育てられたが、友人からSGI(創価学会インタナショナル)を知り、1971年に入会、「南無妙法蓮華経」の題目(だいもく)を唱え、辛い時期を乗り越えてきた。

アイク・ターナーと離婚した後、ティナ・ターナーは公演を積み重ねて自らの経歴を改めて作り直してきた。ソロ・アーティストとして音楽チャートに衝撃を与えようとまずは頑張っていたのである。1980年代の初期にターナーはヒットを再び連発し、カムバックを果たす。1983年、シングル「レッツ・ステイ・トゥゲザー」から始まって、1984年には5枚目のソロ・アルバムである「プライヴェト・ダンサー」を発売、世界中で成功を収める。このアルバムの収録曲の中で一番売れた曲「愛の魔力(ホワッツ・ラヴ・ゴット・トゥ・ドゥ・ウィズ・イット)」は、後にターナーの自叙伝に基づいて創られた自伝的映画のタイトルにもなった。

音楽面での経歴に加えて、ティナ・ターナーは女優としても成功を収めている。1975年のロック・ミュージカル「トミー」を始め、1985年にメル・ギブソンとともに主演を務めている超大作映画「マッドマックス/サンダードーム」、そして顔見せ役で登場する1993年の「ラスト・アクション・ヒーロー」などが挙げられる。

世界中で最も人気のある芸能人の一人として、彼女は「ロックンロールの女王」とも呼ばれている 。ティナ・ターナーは、「最も成功した女性ロック・アーティスト」と呼ばれてきた。8度のグラミー賞に輝き、歴史上の他のどのソロ・ミュージシャンよりも多くのコンサート・チケットを売り上げてきた。

ターナーの全世界でのアルバムとシングルの売り上げ枚数は、総計でおよそ2億枚を数える[10]。ステージ上でのその精力的な演技と力強い歌声、そして彼女の経歴の長さは非常に有名である。2008年にはなかば引退していた状態から再びカムバックして、「ティナ・ターナー50周年記念ツアー」を行っている。

2008年から2009年にかけて、ティナ・ターナーのツアーは、最もチケットの値段が高いショーのひとつとして知られることになった。ローリング・ストーン誌は、「時代を超えて偉大であり続けるアーティスト100人」のうちの63番目に彼女をランク入りさせている。なお、ティナ・ターナーは、1991年にはロックの殿堂入りを果たしている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第17位(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター