[/] ROCKPV Joni Mitchell

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Joni Mitchell - Joni Mitchell YouTube 動画

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell、1943年11月7日 - )は、カナダの歌手、シンガーソングライター。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン(Roberta Joan Anderson)。

1960年代にトロントでフォーク歌手として音楽活動を開始。トロントのフォーククラブでミシガン州出身のアメリカ人のフォーク・シンガー、チャック・ミッチェルと出会う。1965年6月にチャックと結婚し、名字をアンダーソンからミッチェルに変える[1]。二人はデトロイトで音楽活動を行った。1967年初めに離婚し、ニューヨーク市マンハッタン区の南西部に位置するチェルシーに移り住む[2]。

1968年3月、『Song to a Seagull』でアルバム・デビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。同アルバムに収録された「青春の光と影(Both Sides, Now)」はジュディ・コリンズほか多くのミュージシャンにカバーされた。

1970年、3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』を発表。映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーに歌われた「サークル・ゲーム」のセルフ・カバー、CSN&Yのバージョンで知られる「ウッドストック」、環境問題を題材にした「ビッグ・イエロー・タクシー」などを収録。同アルバムが全英8位を記録してからは、イギリスでも安定した人気を保つようになる。

1971年のアルバム『ブルー』は名盤として評価が高く、『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において女性ソロ・アーティストとしては最高位の30位にランクされた。

1972年、リプリーズ・レコードからアサイラム・レコードに移籍。同年11月、アルバム『バラにおくる』を発表。シングルカットされた「恋するラジオ」がヒット。

1974年1月に発表されたアルバム『コート・アンド・スパーク』はアメリカのアルバムチャートで2位、カナダのアルバムチャートで1位を記録した。同アルバムからシングルカットされた「ヘルプ・ミー」は全米7位、「パリの自由人」は全米22位を記録した。

1975年のローリング・サンダー・レヴューに参加。1976年11月、アルバム『逃避行』を発表。レコーディング時にジャコ・パストリアスと出会う。1970年代後半には、パストリアスのほかハービー・ハンコックやラリー・カールトン、ウェイン・ショーター、マイケル・ブレッカー、パット・メセニーなどのジャズ、クロスオーバー系のミュージシャンと多く共演した。

1982年、アルバム『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』のレコーディングに参加したベーシストのラリー・クライン(Larry Klein)と結婚。1983年に唯一の日本公演を行っている。(Wikipediaより引用)

Joni Mitchell - All I Want YouTube 動画

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell、1943年11月7日 - )は、カナダの歌手、シンガーソングライター。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン(Roberta Joan Anderson)。

1960年代にトロントでフォーク歌手として音楽活動を開始。トロントのフォーククラブでミシガン州出身のアメリカ人のフォーク・シンガー、チャック・ミッチェルと出会う。1965年6月にチャックと結婚し、名字をアンダーソンからミッチェルに変える[1]。二人はデトロイトで音楽活動を行った。1967年初めに離婚し、ニューヨーク市マンハッタン区の南西部に位置するチェルシーに移り住む[2]。

1968年3月、『Song to a Seagull』でアルバム・デビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。同アルバムに収録された「青春の光と影(Both Sides, Now)」はジュディ・コリンズほか多くのミュージシャンにカバーされた。

1970年、3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』を発表。映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーに歌われた「サークル・ゲーム」のセルフ・カバー、CSN&Yのバージョンで知られる「ウッドストック」、環境問題を題材にした「ビッグ・イエロー・タクシー」などを収録。同アルバムが全英8位を記録してからは、イギリスでも安定した人気を保つようになる。

1971年のアルバム『ブルー』は名盤として評価が高く、『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において女性ソロ・アーティストとしては最高位の30位にランクされた。

1972年、リプリーズ・レコードからアサイラム・レコードに移籍。同年11月、アルバム『バラにおくる』を発表。シングルカットされた「恋するラジオ」がヒット。

1974年1月に発表されたアルバム『コート・アンド・スパーク』はアメリカのアルバムチャートで2位、カナダのアルバムチャートで1位を記録した。同アルバムからシングルカットされた「ヘルプ・ミー」は全米7位、「パリの自由人」は全米22位を記録した。

1975年のローリング・サンダー・レヴューに参加。1976年11月、アルバム『逃避行』を発表。レコーディング時にジャコ・パストリアスと出会う。1970年代後半には、パストリアスのほかハービー・ハンコックやラリー・カールトン、ウェイン・ショーター、マイケル・ブレッカー、パット・メセニーなどのジャズ、クロスオーバー系のミュージシャンと多く共演した。

1982年、アルバム『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』のレコーディングに参加したベーシストのラリー・クライン(Larry Klein)と結婚。1983年に唯一の日本公演を行っている。(Wikipediaより引用)

Joni Mitchell - Both Sides Now YouTube 動画

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell、1943年11月7日 - )は、カナダの歌手、シンガーソングライター。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン(Roberta Joan Anderson)。

1960年代にトロントでフォーク歌手として音楽活動を開始。トロントのフォーククラブでミシガン州出身のアメリカ人のフォーク・シンガー、チャック・ミッチェルと出会う。1965年6月にチャックと結婚し、名字をアンダーソンからミッチェルに変える[1]。二人はデトロイトで音楽活動を行った。1967年初めに離婚し、ニューヨーク市マンハッタン区の南西部に位置するチェルシーに移り住む[2]。

1968年3月、『Song to a Seagull』でアルバム・デビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。同アルバムに収録された「青春の光と影(Both Sides, Now)」はジュディ・コリンズほか多くのミュージシャンにカバーされた。

1970年、3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』を発表。映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーに歌われた「サークル・ゲーム」のセルフ・カバー、CSN&Yのバージョンで知られる「ウッドストック」、環境問題を題材にした「ビッグ・イエロー・タクシー」などを収録。同アルバムが全英8位を記録してからは、イギリスでも安定した人気を保つようになる。

1971年のアルバム『ブルー』は名盤として評価が高く、『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において女性ソロ・アーティストとしては最高位の30位にランクされた。

1972年、リプリーズ・レコードからアサイラム・レコードに移籍。同年11月、アルバム『バラにおくる』を発表。シングルカットされた「恋するラジオ」がヒット。

1974年1月に発表されたアルバム『コート・アンド・スパーク』はアメリカのアルバムチャートで2位、カナダのアルバムチャートで1位を記録した。同アルバムからシングルカットされた「ヘルプ・ミー」は全米7位、「パリの自由人」は全米22位を記録した。

1975年のローリング・サンダー・レヴューに参加。1976年11月、アルバム『逃避行』を発表。レコーディング時にジャコ・パストリアスと出会う。1970年代後半には、パストリアスのほかハービー・ハンコックやラリー・カールトン、ウェイン・ショーター、マイケル・ブレッカー、パット・メセニーなどのジャズ、クロスオーバー系のミュージシャンと多く共演した。

1982年、アルバム『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』のレコーディングに参加したベーシストのラリー・クライン(Larry Klein)と結婚。1983年に唯一の日本公演を行っている。(Wikipediaより引用)

Joni Mitchell ~ Big Yellow Taxi + Both Sides Now YouTube 動画

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell、1943年11月7日 - )は、カナダの歌手、シンガーソングライター。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン(Roberta Joan Anderson)。

1960年代にトロントでフォーク歌手として音楽活動を開始。トロントのフォーククラブでミシガン州出身のアメリカ人のフォーク・シンガー、チャック・ミッチェルと出会う。1965年6月にチャックと結婚し、名字をアンダーソンからミッチェルに変える[1]。二人はデトロイトで音楽活動を行った。1967年初めに離婚し、ニューヨーク市マンハッタン区の南西部に位置するチェルシーに移り住む[2]。

1968年3月、『Song to a Seagull』でアルバム・デビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。同アルバムに収録された「青春の光と影(Both Sides, Now)」はジュディ・コリンズほか多くのミュージシャンにカバーされた。

1970年、3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』を発表。映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーに歌われた「サークル・ゲーム」のセルフ・カバー、CSN&Yのバージョンで知られる「ウッドストック」、環境問題を題材にした「ビッグ・イエロー・タクシー」などを収録。同アルバムが全英8位を記録してからは、イギリスでも安定した人気を保つようになる。

1971年のアルバム『ブルー』は名盤として評価が高く、『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において女性ソロ・アーティストとしては最高位の30位にランクされた。

1972年、リプリーズ・レコードからアサイラム・レコードに移籍。同年11月、アルバム『バラにおくる』を発表。シングルカットされた「恋するラジオ」がヒット。

1974年1月に発表されたアルバム『コート・アンド・スパーク』はアメリカのアルバムチャートで2位、カナダのアルバムチャートで1位を記録した。同アルバムからシングルカットされた「ヘルプ・ミー」は全米7位、「パリの自由人」は全米22位を記録した。

1975年のローリング・サンダー・レヴューに参加。1976年11月、アルバム『逃避行』を発表。レコーディング時にジャコ・パストリアスと出会う。1970年代後半には、パストリアスのほかハービー・ハンコックやラリー・カールトン、ウェイン・ショーター、マイケル・ブレッカー、パット・メセニーなどのジャズ、クロスオーバー系のミュージシャンと多く共演した。

1982年、アルバム『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』のレコーディングに参加したベーシストのラリー・クライン(Larry Klein)と結婚。1983年に唯一の日本公演を行っている。(Wikipediaより引用)

Joni Mitchell - Big Yellow Taxi YouTube 動画

ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell、1943年11月7日 - )は、カナダの歌手、シンガーソングライター。本名はロバータ・ジョーン・アンダーソン(Roberta Joan Anderson)。

1960年代にトロントでフォーク歌手として音楽活動を開始。トロントのフォーククラブでミシガン州出身のアメリカ人のフォーク・シンガー、チャック・ミッチェルと出会う。1965年6月にチャックと結婚し、名字をアンダーソンからミッチェルに変える[1]。二人はデトロイトで音楽活動を行った。1967年初めに離婚し、ニューヨーク市マンハッタン区の南西部に位置するチェルシーに移り住む[2]。

1968年3月、『Song to a Seagull』でアルバム・デビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。同アルバムに収録された「青春の光と影(Both Sides, Now)」はジュディ・コリンズほか多くのミュージシャンにカバーされた。

1970年、3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』を発表。映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーに歌われた「サークル・ゲーム」のセルフ・カバー、CSN&Yのバージョンで知られる「ウッドストック」、環境問題を題材にした「ビッグ・イエロー・タクシー」などを収録。同アルバムが全英8位を記録してからは、イギリスでも安定した人気を保つようになる。

1971年のアルバム『ブルー』は名盤として評価が高く、『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2012年版)において女性ソロ・アーティストとしては最高位の30位にランクされた。

1972年、リプリーズ・レコードからアサイラム・レコードに移籍。同年11月、アルバム『バラにおくる』を発表。シングルカットされた「恋するラジオ」がヒット。

1974年1月に発表されたアルバム『コート・アンド・スパーク』はアメリカのアルバムチャートで2位、カナダのアルバムチャートで1位を記録した。同アルバムからシングルカットされた「ヘルプ・ミー」は全米7位、「パリの自由人」は全米22位を記録した。

1975年のローリング・サンダー・レヴューに参加。1976年11月、アルバム『逃避行』を発表。レコーディング時にジャコ・パストリアスと出会う。1970年代後半には、パストリアスのほかハービー・ハンコックやラリー・カールトン、ウェイン・ショーター、マイケル・ブレッカー、パット・メセニーなどのジャズ、クロスオーバー系のミュージシャンと多く共演した。

1982年、アルバム『ワイルド・シングス・ラン・ファースト』のレコーディングに参加したベーシストのラリー・クライン(Larry Klein)と結婚。1983年に唯一の日本公演を行っている。(Wikipediaより引用)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト