[/] ROCKPV Parliament Funkadelic

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Parliament Funkadelic - Do That Stuff YouTube 動画

パーラメント (Parliament) は、1955年に14歳のジョージ・クリントンが結成したドゥーワップグループ、「ザ・パーラメンツ」を母体としたアメリカ合衆国のファンクバンドである。

1967年にザ・パーラメンツとして「テスティファイ」がソウル3位、ポップでも20位と幸先の良いスタートを切った。1970年にインヴィクタスレーベルと契約し1枚のアルバム『オズミウム』を発表した後、1974年から1980年にカサブランカレーベルに9枚のアルバムを残した。パーラメントと同じメンバー構成のファンカデリックという名のバンドもあり、このパーラメントとファンカデリックの作る音楽をPファンクと呼ぶ。パーラメントとしては「ギブ・アップ・ザ・ファンク」(1976)「フラッシュライト」(1977)などのヒット曲がある。

主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、ファンカデリックのメンバーとはかなりの部分が重複するが、パーラメントではバーニー・ウォーレルによるピアノ、キーボードを大きくフィーチャーし、宇宙観の表現を重視する。

パーラメントがファンカデリックと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第58位に選ばれている。

ファンカデリック (Funkadelic)はジョージ・クリントンがパーラメントと並行して1960年代末に結成したファンクバンド。Pファンクの主要プロジェクトのひとつ。

クリントンはザ・パーラメンツとして「テスティファイ」のヒットを放ったが、インヴィクタスに移籍する際に契約問題が発生し、別なグループ名を使用せざるを得なくなった。そのために使用したグループ名が「ファンカデリック」である。70年にアルバム・デビューしている。主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、パーラメントのメンバーとはかなりの部分が重複する。ブーツィーは、ジェームズ・ブラウンのバンドからPファンクへ移ったファンク・ベイシストだった。

ファンクがメインのパーラメントとは違い、ジミ・ヘンドリックスの影響を受けたサイケデリック・ロックに近いサウンドと、ファンクの両方の音楽性を持っていた。この傾向は70年から77年ごろまで続いtが、徐々にサイケ度は後退し、ファンク度も上がってきていた。「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーブ」(1978)からは、ファンカデリックもファンク・ヒットを放つようになった。翌年の「ニー・ディープ」(1979)もソウル・チャートでヒットしている。

ファンカデリックは、パーラメントと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において、第58位に選ばれている。(Wikipediaより引用)

Funkadelic - Maggot Brain YouTube 動画

パーラメント (Parliament) は、1955年に14歳のジョージ・クリントンが結成したドゥーワップグループ、「ザ・パーラメンツ」を母体としたアメリカ合衆国のファンクバンドである。

1967年にザ・パーラメンツとして「テスティファイ」がソウル3位、ポップでも20位と幸先の良いスタートを切った。1970年にインヴィクタスレーベルと契約し1枚のアルバム『オズミウム』を発表した後、1974年から1980年にカサブランカレーベルに9枚のアルバムを残した。パーラメントと同じメンバー構成のファンカデリックという名のバンドもあり、このパーラメントとファンカデリックの作る音楽をPファンクと呼ぶ。パーラメントとしては「ギブ・アップ・ザ・ファンク」(1976)「フラッシュライト」(1977)などのヒット曲がある。

主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、ファンカデリックのメンバーとはかなりの部分が重複するが、パーラメントではバーニー・ウォーレルによるピアノ、キーボードを大きくフィーチャーし、宇宙観の表現を重視する。

パーラメントがファンカデリックと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第58位に選ばれている。

ファンカデリック (Funkadelic)はジョージ・クリントンがパーラメントと並行して1960年代末に結成したファンクバンド。Pファンクの主要プロジェクトのひとつ。

クリントンはザ・パーラメンツとして「テスティファイ」のヒットを放ったが、インヴィクタスに移籍する際に契約問題が発生し、別なグループ名を使用せざるを得なくなった。そのために使用したグループ名が「ファンカデリック」である。70年にアルバム・デビューしている。主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、パーラメントのメンバーとはかなりの部分が重複する。ブーツィーは、ジェームズ・ブラウンのバンドからPファンクへ移ったファンク・ベイシストだった。

ファンクがメインのパーラメントとは違い、ジミ・ヘンドリックスの影響を受けたサイケデリック・ロックに近いサウンドと、ファンクの両方の音楽性を持っていた。この傾向は70年から77年ごろまで続いtが、徐々にサイケ度は後退し、ファンク度も上がってきていた。「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーブ」(1978)からは、ファンカデリックもファンク・ヒットを放つようになった。翌年の「ニー・ディープ」(1979)もソウル・チャートでヒットしている。

ファンカデリックは、パーラメントと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において、第58位に選ばれている。(Wikipediaより引用)

Parliament - Flash Light YouTube 動画

パーラメント (Parliament) は、1955年に14歳のジョージ・クリントンが結成したドゥーワップグループ、「ザ・パーラメンツ」を母体としたアメリカ合衆国のファンクバンドである。

1967年にザ・パーラメンツとして「テスティファイ」がソウル3位、ポップでも20位と幸先の良いスタートを切った。1970年にインヴィクタスレーベルと契約し1枚のアルバム『オズミウム』を発表した後、1974年から1980年にカサブランカレーベルに9枚のアルバムを残した。パーラメントと同じメンバー構成のファンカデリックという名のバンドもあり、このパーラメントとファンカデリックの作る音楽をPファンクと呼ぶ。パーラメントとしては「ギブ・アップ・ザ・ファンク」(1976)「フラッシュライト」(1977)などのヒット曲がある。

主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、ファンカデリックのメンバーとはかなりの部分が重複するが、パーラメントではバーニー・ウォーレルによるピアノ、キーボードを大きくフィーチャーし、宇宙観の表現を重視する。

パーラメントがファンカデリックと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第58位に選ばれている。

ファンカデリック (Funkadelic)はジョージ・クリントンがパーラメントと並行して1960年代末に結成したファンクバンド。Pファンクの主要プロジェクトのひとつ。

クリントンはザ・パーラメンツとして「テスティファイ」のヒットを放ったが、インヴィクタスに移籍する際に契約問題が発生し、別なグループ名を使用せざるを得なくなった。そのために使用したグループ名が「ファンカデリック」である。70年にアルバム・デビューしている。主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、パーラメントのメンバーとはかなりの部分が重複する。ブーツィーは、ジェームズ・ブラウンのバンドからPファンクへ移ったファンク・ベイシストだった。

ファンクがメインのパーラメントとは違い、ジミ・ヘンドリックスの影響を受けたサイケデリック・ロックに近いサウンドと、ファンクの両方の音楽性を持っていた。この傾向は70年から77年ごろまで続いtが、徐々にサイケ度は後退し、ファンク度も上がってきていた。「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーブ」(1978)からは、ファンカデリックもファンク・ヒットを放つようになった。翌年の「ニー・ディープ」(1979)もソウル・チャートでヒットしている。

ファンカデリックは、パーラメントと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において、第58位に選ばれている。(Wikipediaより引用)

Parliament Funkadelic - Bring The Funk YouTube 動画

パーラメント (Parliament) は、1955年に14歳のジョージ・クリントンが結成したドゥーワップグループ、「ザ・パーラメンツ」を母体としたアメリカ合衆国のファンクバンドである。

1967年にザ・パーラメンツとして「テスティファイ」がソウル3位、ポップでも20位と幸先の良いスタートを切った。1970年にインヴィクタスレーベルと契約し1枚のアルバム『オズミウム』を発表した後、1974年から1980年にカサブランカレーベルに9枚のアルバムを残した。パーラメントと同じメンバー構成のファンカデリックという名のバンドもあり、このパーラメントとファンカデリックの作る音楽をPファンクと呼ぶ。パーラメントとしては「ギブ・アップ・ザ・ファンク」(1976)「フラッシュライト」(1977)などのヒット曲がある。

主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、ファンカデリックのメンバーとはかなりの部分が重複するが、パーラメントではバーニー・ウォーレルによるピアノ、キーボードを大きくフィーチャーし、宇宙観の表現を重視する。

パーラメントがファンカデリックと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第58位に選ばれている。

ファンカデリック (Funkadelic)はジョージ・クリントンがパーラメントと並行して1960年代末に結成したファンクバンド。Pファンクの主要プロジェクトのひとつ。

クリントンはザ・パーラメンツとして「テスティファイ」のヒットを放ったが、インヴィクタスに移籍する際に契約問題が発生し、別なグループ名を使用せざるを得なくなった。そのために使用したグループ名が「ファンカデリック」である。70年にアルバム・デビューしている。主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、パーラメントのメンバーとはかなりの部分が重複する。ブーツィーは、ジェームズ・ブラウンのバンドからPファンクへ移ったファンク・ベイシストだった。

ファンクがメインのパーラメントとは違い、ジミ・ヘンドリックスの影響を受けたサイケデリック・ロックに近いサウンドと、ファンクの両方の音楽性を持っていた。この傾向は70年から77年ごろまで続いtが、徐々にサイケ度は後退し、ファンク度も上がってきていた。「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーブ」(1978)からは、ファンカデリックもファンク・ヒットを放つようになった。翌年の「ニー・ディープ」(1979)もソウル・チャートでヒットしている。

ファンカデリックは、パーラメントと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において、第58位に選ばれている。(Wikipediaより引用)

Parliament Funkadelic - Give Up The Funk YouTube 動画

パーラメント (Parliament) は、1955年に14歳のジョージ・クリントンが結成したドゥーワップグループ、「ザ・パーラメンツ」を母体としたアメリカ合衆国のファンクバンドである。

1967年にザ・パーラメンツとして「テスティファイ」がソウル3位、ポップでも20位と幸先の良いスタートを切った。1970年にインヴィクタスレーベルと契約し1枚のアルバム『オズミウム』を発表した後、1974年から1980年にカサブランカレーベルに9枚のアルバムを残した。パーラメントと同じメンバー構成のファンカデリックという名のバンドもあり、このパーラメントとファンカデリックの作る音楽をPファンクと呼ぶ。パーラメントとしては「ギブ・アップ・ザ・ファンク」(1976)「フラッシュライト」(1977)などのヒット曲がある。

主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、ファンカデリックのメンバーとはかなりの部分が重複するが、パーラメントではバーニー・ウォーレルによるピアノ、キーボードを大きくフィーチャーし、宇宙観の表現を重視する。

パーラメントがファンカデリックと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第58位に選ばれている。

ファンカデリック (Funkadelic)はジョージ・クリントンがパーラメントと並行して1960年代末に結成したファンクバンド。Pファンクの主要プロジェクトのひとつ。

クリントンはザ・パーラメンツとして「テスティファイ」のヒットを放ったが、インヴィクタスに移籍する際に契約問題が発生し、別なグループ名を使用せざるを得なくなった。そのために使用したグループ名が「ファンカデリック」である。70年にアルバム・デビューしている。主なメンバーはジョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、バーニー・ウォーレルらで、パーラメントのメンバーとはかなりの部分が重複する。ブーツィーは、ジェームズ・ブラウンのバンドからPファンクへ移ったファンク・ベイシストだった。

ファンクがメインのパーラメントとは違い、ジミ・ヘンドリックスの影響を受けたサイケデリック・ロックに近いサウンドと、ファンクの両方の音楽性を持っていた。この傾向は70年から77年ごろまで続いtが、徐々にサイケ度は後退し、ファンク度も上がってきていた。「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーブ」(1978)からは、ファンカデリックもファンク・ヒットを放つようになった。翌年の「ニー・ディープ」(1979)もソウル・チャートでヒットしている。

ファンカデリックは、パーラメントと共に「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において、第58位に選ばれている。(Wikipediaより引用)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト