[/] ROCKPV Howlin' Wolf

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Howlin' Wolf - Spoonful

ハウリン・ウルフ(Howlin' Wolf、1910年6月10日 - 1976年1月10日)は、アメリカのミシシッピ州ウェストポイント生まれの黒人ブルース・シンガー。本名チェスター・アーサー・バーネット。ステージ・ネームが物語るように、強烈なダミ声で鮮烈な印象を残した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第31位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第54位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位。

1940年代頃から、メンフィスを拠点に音楽活動を行っていたが、デビューしたのは1951年と遅咲きである。デビュー後はチェスと契約、長きに渡って同社から作品を発表していった。1952年にシカゴに移る際、ギタリストのウィリー・ジョンソンがシカゴ行きを嫌ったため、後任のギタリストとしてヒューバート・サムリンが迎えられた。

1954年に初めてセッションに参加して以来ウルフが亡くなるまで、サムリンは相棒として活躍し、個性的なプレイで徐々にウルフのサウンドの中で存在感を増すようになった。 1959年、ウルフは初のLP『モーニン・イン・ザ・ムーンライト』を発表し、『ハウリン・ウルフ』、『リアル・フォーク・ブルース』、『モア・リアル・フォーク・ブルース』、『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッション』、『チェンジ・マイ・ウェイ』などのLPをチェスから発表した。

1968年11月、当時の流行に乗る形でサイケデリックな問題作「The Howlin' Wolf Album」をレコーディング。マディ・ウォーターズの「Electric Mud」の続編とも言える内容だが、マディがそのコンセプトに乗り気であったのに対し、ウルフはそれを嫌いレコーディングの際に3日間家に立てこもったというエピソードも残っている。

あくまでも己を通したウルフの姿勢を窺わせるエピソードである。 1970年代に入るとウルフは交通事故の後遺症などもあり、体調を崩し往年の勢いを失っていく。

しかし、そのような状況下でも現役であり続ける。1972年にはライヴ盤「Live and Cookin' (At Alice's Revisited)」、1973年にはスタジオ盤「The Back Door Wolf」をリリースした。後者が彼のラスト・アルバムとなった。1976年、イリノイ州ハインズで亡くなる。

ウルフの個性と存在感はクリーム、ローリング・ストーンズら1960年代に活躍したイギリスのロッカーたちに大きな影響を与えており、これまで、多くのバンドやミュージシャンにより、ウルフの曲(またはウィリー・ディクスンがウルフのために書き下ろした曲)がカバーされてきた。また、レッド・ツェッペリンの「レモン・ソング」は、ウルフの「キリング・フロア」がオリジナルである。
(Wikipediaより)

Howlin' Wolf - Down In The Bottom

ハウリン・ウルフ(Howlin' Wolf、1910年6月10日 - 1976年1月10日)は、アメリカのミシシッピ州ウェストポイント生まれの黒人ブルース・シンガー。本名チェスター・アーサー・バーネット。ステージ・ネームが物語るように、強烈なダミ声で鮮烈な印象を残した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第31位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第54位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位。

1940年代頃から、メンフィスを拠点に音楽活動を行っていたが、デビューしたのは1951年と遅咲きである。デビュー後はチェスと契約、長きに渡って同社から作品を発表していった。1952年にシカゴに移る際、ギタリストのウィリー・ジョンソンがシカゴ行きを嫌ったため、後任のギタリストとしてヒューバート・サムリンが迎えられた。

1954年に初めてセッションに参加して以来ウルフが亡くなるまで、サムリンは相棒として活躍し、個性的なプレイで徐々にウルフのサウンドの中で存在感を増すようになった。 1959年、ウルフは初のLP『モーニン・イン・ザ・ムーンライト』を発表し、『ハウリン・ウルフ』、『リアル・フォーク・ブルース』、『モア・リアル・フォーク・ブルース』、『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッション』、『チェンジ・マイ・ウェイ』などのLPをチェスから発表した。

1968年11月、当時の流行に乗る形でサイケデリックな問題作「The Howlin' Wolf Album」をレコーディング。マディ・ウォーターズの「Electric Mud」の続編とも言える内容だが、マディがそのコンセプトに乗り気であったのに対し、ウルフはそれを嫌いレコーディングの際に3日間家に立てこもったというエピソードも残っている。

あくまでも己を通したウルフの姿勢を窺わせるエピソードである。 1970年代に入るとウルフは交通事故の後遺症などもあり、体調を崩し往年の勢いを失っていく。

しかし、そのような状況下でも現役であり続ける。1972年にはライヴ盤「Live and Cookin' (At Alice's Revisited)」、1973年にはスタジオ盤「The Back Door Wolf」をリリースした。後者が彼のラスト・アルバムとなった。1976年、イリノイ州ハインズで亡くなる。

ウルフの個性と存在感はクリーム、ローリング・ストーンズら1960年代に活躍したイギリスのロッカーたちに大きな影響を与えており、これまで、多くのバンドやミュージシャンにより、ウルフの曲(またはウィリー・ディクスンがウルフのために書き下ろした曲)がカバーされてきた。また、レッド・ツェッペリンの「レモン・ソング」は、ウルフの「キリング・フロア」がオリジナルである。
(Wikipediaより)

Howlin' Wolf - Smokestack Lightning

ハウリン・ウルフ(Howlin' Wolf、1910年6月10日 - 1976年1月10日)は、アメリカのミシシッピ州ウェストポイント生まれの黒人ブルース・シンガー。本名チェスター・アーサー・バーネット。ステージ・ネームが物語るように、強烈なダミ声で鮮烈な印象を残した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第31位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第54位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位。

1940年代頃から、メンフィスを拠点に音楽活動を行っていたが、デビューしたのは1951年と遅咲きである。デビュー後はチェスと契約、長きに渡って同社から作品を発表していった。1952年にシカゴに移る際、ギタリストのウィリー・ジョンソンがシカゴ行きを嫌ったため、後任のギタリストとしてヒューバート・サムリンが迎えられた。

1954年に初めてセッションに参加して以来ウルフが亡くなるまで、サムリンは相棒として活躍し、個性的なプレイで徐々にウルフのサウンドの中で存在感を増すようになった。 1959年、ウルフは初のLP『モーニン・イン・ザ・ムーンライト』を発表し、『ハウリン・ウルフ』、『リアル・フォーク・ブルース』、『モア・リアル・フォーク・ブルース』、『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッション』、『チェンジ・マイ・ウェイ』などのLPをチェスから発表した。

1968年11月、当時の流行に乗る形でサイケデリックな問題作「The Howlin' Wolf Album」をレコーディング。マディ・ウォーターズの「Electric Mud」の続編とも言える内容だが、マディがそのコンセプトに乗り気であったのに対し、ウルフはそれを嫌いレコーディングの際に3日間家に立てこもったというエピソードも残っている。

あくまでも己を通したウルフの姿勢を窺わせるエピソードである。 1970年代に入るとウルフは交通事故の後遺症などもあり、体調を崩し往年の勢いを失っていく。

しかし、そのような状況下でも現役であり続ける。1972年にはライヴ盤「Live and Cookin' (At Alice's Revisited)」、1973年にはスタジオ盤「The Back Door Wolf」をリリースした。後者が彼のラスト・アルバムとなった。1976年、イリノイ州ハインズで亡くなる。

ウルフの個性と存在感はクリーム、ローリング・ストーンズら1960年代に活躍したイギリスのロッカーたちに大きな影響を与えており、これまで、多くのバンドやミュージシャンにより、ウルフの曲(またはウィリー・ディクスンがウルフのために書き下ろした曲)がカバーされてきた。また、レッド・ツェッペリンの「レモン・ソング」は、ウルフの「キリング・フロア」がオリジナルである。
(Wikipediaより)

Howlin' Wolf - How Many More Years

ハウリン・ウルフ(Howlin' Wolf、1910年6月10日 - 1976年1月10日)は、アメリカのミシシッピ州ウェストポイント生まれの黒人ブルース・シンガー。本名チェスター・アーサー・バーネット。ステージ・ネームが物語るように、強烈なダミ声で鮮烈な印象を残した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第31位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第54位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位。

1940年代頃から、メンフィスを拠点に音楽活動を行っていたが、デビューしたのは1951年と遅咲きである。デビュー後はチェスと契約、長きに渡って同社から作品を発表していった。1952年にシカゴに移る際、ギタリストのウィリー・ジョンソンがシカゴ行きを嫌ったため、後任のギタリストとしてヒューバート・サムリンが迎えられた。

1954年に初めてセッションに参加して以来ウルフが亡くなるまで、サムリンは相棒として活躍し、個性的なプレイで徐々にウルフのサウンドの中で存在感を増すようになった。 1959年、ウルフは初のLP『モーニン・イン・ザ・ムーンライト』を発表し、『ハウリン・ウルフ』、『リアル・フォーク・ブルース』、『モア・リアル・フォーク・ブルース』、『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッション』、『チェンジ・マイ・ウェイ』などのLPをチェスから発表した。

1968年11月、当時の流行に乗る形でサイケデリックな問題作「The Howlin' Wolf Album」をレコーディング。マディ・ウォーターズの「Electric Mud」の続編とも言える内容だが、マディがそのコンセプトに乗り気であったのに対し、ウルフはそれを嫌いレコーディングの際に3日間家に立てこもったというエピソードも残っている。

あくまでも己を通したウルフの姿勢を窺わせるエピソードである。 1970年代に入るとウルフは交通事故の後遺症などもあり、体調を崩し往年の勢いを失っていく。

しかし、そのような状況下でも現役であり続ける。1972年にはライヴ盤「Live and Cookin' (At Alice's Revisited)」、1973年にはスタジオ盤「The Back Door Wolf」をリリースした。後者が彼のラスト・アルバムとなった。1976年、イリノイ州ハインズで亡くなる。

ウルフの個性と存在感はクリーム、ローリング・ストーンズら1960年代に活躍したイギリスのロッカーたちに大きな影響を与えており、これまで、多くのバンドやミュージシャンにより、ウルフの曲(またはウィリー・ディクスンがウルフのために書き下ろした曲)がカバーされてきた。また、レッド・ツェッペリンの「レモン・ソング」は、ウルフの「キリング・フロア」がオリジナルである。
(Wikipediaより)

Howlin' Wolf - Smokestack Lightnin'

ハウリン・ウルフ(Howlin' Wolf、1910年6月10日 - 1976年1月10日)は、アメリカのミシシッピ州ウェストポイント生まれの黒人ブルース・シンガー。本名チェスター・アーサー・バーネット。ステージ・ネームが物語るように、強烈なダミ声で鮮烈な印象を残した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第31位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第54位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位。

1940年代頃から、メンフィスを拠点に音楽活動を行っていたが、デビューしたのは1951年と遅咲きである。デビュー後はチェスと契約、長きに渡って同社から作品を発表していった。1952年にシカゴに移る際、ギタリストのウィリー・ジョンソンがシカゴ行きを嫌ったため、後任のギタリストとしてヒューバート・サムリンが迎えられた。

1954年に初めてセッションに参加して以来ウルフが亡くなるまで、サムリンは相棒として活躍し、個性的なプレイで徐々にウルフのサウンドの中で存在感を増すようになった。 1959年、ウルフは初のLP『モーニン・イン・ザ・ムーンライト』を発表し、『ハウリン・ウルフ』、『リアル・フォーク・ブルース』、『モア・リアル・フォーク・ブルース』、『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッション』、『チェンジ・マイ・ウェイ』などのLPをチェスから発表した。

1968年11月、当時の流行に乗る形でサイケデリックな問題作「The Howlin' Wolf Album」をレコーディング。マディ・ウォーターズの「Electric Mud」の続編とも言える内容だが、マディがそのコンセプトに乗り気であったのに対し、ウルフはそれを嫌いレコーディングの際に3日間家に立てこもったというエピソードも残っている。

あくまでも己を通したウルフの姿勢を窺わせるエピソードである。 1970年代に入るとウルフは交通事故の後遺症などもあり、体調を崩し往年の勢いを失っていく。

しかし、そのような状況下でも現役であり続ける。1972年にはライヴ盤「Live and Cookin' (At Alice's Revisited)」、1973年にはスタジオ盤「The Back Door Wolf」をリリースした。後者が彼のラスト・アルバムとなった。1976年、イリノイ州ハインズで亡くなる。

ウルフの個性と存在感はクリーム、ローリング・ストーンズら1960年代に活躍したイギリスのロッカーたちに大きな影響を与えており、これまで、多くのバンドやミュージシャンにより、ウルフの曲(またはウィリー・ディクスンがウルフのために書き下ろした曲)がカバーされてきた。また、レッド・ツェッペリンの「レモン・ソング」は、ウルフの「キリング・フロア」がオリジナルである。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター