[/] ROCKPV Paul McCartney & Wings

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Paul McCartney & Wings - London Town YouTube 動画

ウイングス(Wings)は、元ビートルズのポール・マッカートニーと彼の妻リンダ・マッカートニー、元ムーディー・ブルースのデニー・レインの3人を中心に構成されたロックバンド。1971年に結成され、1981年の解散までに7枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表した。多くのヒット曲を発表し、代表曲に『ジェット』『ジュニアズ・ファーム』『ハイハイハイ』『愛しのヘレン』『アイルランドに平和を』『メアリーの子羊』『あの娘におせっかい』『ワインカラーの少女』『マイ・ラヴ』『しあわせの予感』『グッドナイト・トゥナイト』『007 死ぬのは奴らだ』『心のラブ・ソング』などがある。

、72年にシングル「メアリーの子羊」「アイルランドに平和を」「ハイハイハイ」[4]と勢いのある曲を発表し、ポールとウイングスは音楽的全盛期を迎える。「アイルランドに平和を」は政治的な曲として、「ハイハイハイ」はドラッグでハイになることを連想させるとの理由で、放送禁止になったが、それでもチャート上ではヒットとなった。73年の「マイ・ラヴ」は大ヒットとなり、ウイングスにとって初の全米1位を記録した。映画『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌も同様に全米2位をマークするヒットを記録したが、2曲とも内容的にはビートルズ時代の楽曲に、遠く及ばなかった。

『マイ・ラヴ』がチャートを上昇するのとほぼ時を同じくして発売されたのが、アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』である。当初は2枚組にする予定で制作されたものの、所属レコード会社キャピトルの反対で1枚で発表されたこの作品は、前作を大きく上回るセールスを記録し、全米では1位を獲得した。なお、キャピトルは前作のセールス不振を理由に、レコードをウイングス名義でリリースすることに難色を示したため、以後の数枚のレコードにおけるアーティスト名は“ポール・マッカートニー&ウイングス”となっている。

ようやくウイングスとしての活動が軌道に乗り始めたマッカートニーは、続く新作のレコーディングをナイジェリアのラゴスで行うことを決定する。しかし、ラゴスに向かう前日にヘンリー・マカロックとデニー・シーウェルが相次いでグループを脱退し、グループはマッカートニー夫妻とレインの3人だけになってしまう。結局、1973年8月に彼等はやむなく3人でナイジェリアに渡りレコーディングに臨むが、1ヵ月半に及ぶラゴスへの滞在は、デモテープの盗難[5]などさまざまなトラブルに見舞われたものとなった。トリオ編成になってしまった当時のウイングスにおいて、マッカートニーはベースやギターだけでなくキーボードやドラムなども演奏し、一人で数役を担っている。録音された作品は最終的にイギリスでの仕上げ作業を経て、その年の暮れに『バンド・オン・ザ・ラン』としてリリースされた。このアルバムは全世界で600万枚以上のセールスを記録し、ビートルズ解散後のマッカートニーのアルバムとしては最大級の成功を収め、評論家からも極めて高い評価を受けることとなった。アルバムの収録曲の多くは現在でもマッカートニーのライヴでの定番のレパートリーとなった。(1998年には発売25周年を記念してボーナス・ディスクを追加した限定盤も発売されている。)シングルとしては「いとしのヘレン」「ジェット」「ジュニアズ・ファーム」がヒットし、曲のノリの良さと勢いは、ビートルズ時代に匹敵するものがあった。 (Wikipediaより引用)

Paul McCartney & Wings - With A Little Luck YouTube 動画

ウイングス(Wings)は、元ビートルズのポール・マッカートニーと彼の妻リンダ・マッカートニー、元ムーディー・ブルースのデニー・レインの3人を中心に構成されたロックバンド。1971年に結成され、1981年の解散までに7枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表した。多くのヒット曲を発表し、代表曲に『ジェット』『ジュニアズ・ファーム』『ハイハイハイ』『愛しのヘレン』『アイルランドに平和を』『メアリーの子羊』『あの娘におせっかい』『ワインカラーの少女』『マイ・ラヴ』『しあわせの予感』『グッドナイト・トゥナイト』『007 死ぬのは奴らだ』『心のラブ・ソング』などがある。

、72年にシングル「メアリーの子羊」「アイルランドに平和を」「ハイハイハイ」[4]と勢いのある曲を発表し、ポールとウイングスは音楽的全盛期を迎える。「アイルランドに平和を」は政治的な曲として、「ハイハイハイ」はドラッグでハイになることを連想させるとの理由で、放送禁止になったが、それでもチャート上ではヒットとなった。73年の「マイ・ラヴ」は大ヒットとなり、ウイングスにとって初の全米1位を記録した。映画『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌も同様に全米2位をマークするヒットを記録したが、2曲とも内容的にはビートルズ時代の楽曲に、遠く及ばなかった。

『マイ・ラヴ』がチャートを上昇するのとほぼ時を同じくして発売されたのが、アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』である。当初は2枚組にする予定で制作されたものの、所属レコード会社キャピトルの反対で1枚で発表されたこの作品は、前作を大きく上回るセールスを記録し、全米では1位を獲得した。なお、キャピトルは前作のセールス不振を理由に、レコードをウイングス名義でリリースすることに難色を示したため、以後の数枚のレコードにおけるアーティスト名は“ポール・マッカートニー&ウイングス”となっている。

ようやくウイングスとしての活動が軌道に乗り始めたマッカートニーは、続く新作のレコーディングをナイジェリアのラゴスで行うことを決定する。しかし、ラゴスに向かう前日にヘンリー・マカロックとデニー・シーウェルが相次いでグループを脱退し、グループはマッカートニー夫妻とレインの3人だけになってしまう。結局、1973年8月に彼等はやむなく3人でナイジェリアに渡りレコーディングに臨むが、1ヵ月半に及ぶラゴスへの滞在は、デモテープの盗難[5]などさまざまなトラブルに見舞われたものとなった。トリオ編成になってしまった当時のウイングスにおいて、マッカートニーはベースやギターだけでなくキーボードやドラムなども演奏し、一人で数役を担っている。録音された作品は最終的にイギリスでの仕上げ作業を経て、その年の暮れに『バンド・オン・ザ・ラン』としてリリースされた。このアルバムは全世界で600万枚以上のセールスを記録し、ビートルズ解散後のマッカートニーのアルバムとしては最大級の成功を収め、評論家からも極めて高い評価を受けることとなった。アルバムの収録曲の多くは現在でもマッカートニーのライヴでの定番のレパートリーとなった。(1998年には発売25周年を記念してボーナス・ディスクを追加した限定盤も発売されている。)シングルとしては「いとしのヘレン」「ジェット」「ジュニアズ・ファーム」がヒットし、曲のノリの良さと勢いは、ビートルズ時代に匹敵するものがあった。 (Wikipediaより引用)

Paul McCartney & Wings - Maybe I'm Amazed YouTube 動画

ウイングス(Wings)は、元ビートルズのポール・マッカートニーと彼の妻リンダ・マッカートニー、元ムーディー・ブルースのデニー・レインの3人を中心に構成されたロックバンド。1971年に結成され、1981年の解散までに7枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表した。多くのヒット曲を発表し、代表曲に『ジェット』『ジュニアズ・ファーム』『ハイハイハイ』『愛しのヘレン』『アイルランドに平和を』『メアリーの子羊』『あの娘におせっかい』『ワインカラーの少女』『マイ・ラヴ』『しあわせの予感』『グッドナイト・トゥナイト』『007 死ぬのは奴らだ』『心のラブ・ソング』などがある。

、72年にシングル「メアリーの子羊」「アイルランドに平和を」「ハイハイハイ」[4]と勢いのある曲を発表し、ポールとウイングスは音楽的全盛期を迎える。「アイルランドに平和を」は政治的な曲として、「ハイハイハイ」はドラッグでハイになることを連想させるとの理由で、放送禁止になったが、それでもチャート上ではヒットとなった。73年の「マイ・ラヴ」は大ヒットとなり、ウイングスにとって初の全米1位を記録した。映画『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌も同様に全米2位をマークするヒットを記録したが、2曲とも内容的にはビートルズ時代の楽曲に、遠く及ばなかった。

『マイ・ラヴ』がチャートを上昇するのとほぼ時を同じくして発売されたのが、アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』である。当初は2枚組にする予定で制作されたものの、所属レコード会社キャピトルの反対で1枚で発表されたこの作品は、前作を大きく上回るセールスを記録し、全米では1位を獲得した。なお、キャピトルは前作のセールス不振を理由に、レコードをウイングス名義でリリースすることに難色を示したため、以後の数枚のレコードにおけるアーティスト名は“ポール・マッカートニー&ウイングス”となっている。

ようやくウイングスとしての活動が軌道に乗り始めたマッカートニーは、続く新作のレコーディングをナイジェリアのラゴスで行うことを決定する。しかし、ラゴスに向かう前日にヘンリー・マカロックとデニー・シーウェルが相次いでグループを脱退し、グループはマッカートニー夫妻とレインの3人だけになってしまう。結局、1973年8月に彼等はやむなく3人でナイジェリアに渡りレコーディングに臨むが、1ヵ月半に及ぶラゴスへの滞在は、デモテープの盗難[5]などさまざまなトラブルに見舞われたものとなった。トリオ編成になってしまった当時のウイングスにおいて、マッカートニーはベースやギターだけでなくキーボードやドラムなども演奏し、一人で数役を担っている。録音された作品は最終的にイギリスでの仕上げ作業を経て、その年の暮れに『バンド・オン・ザ・ラン』としてリリースされた。このアルバムは全世界で600万枚以上のセールスを記録し、ビートルズ解散後のマッカートニーのアルバムとしては最大級の成功を収め、評論家からも極めて高い評価を受けることとなった。アルバムの収録曲の多くは現在でもマッカートニーのライヴでの定番のレパートリーとなった。(1998年には発売25周年を記念してボーナス・ディスクを追加した限定盤も発売されている。)シングルとしては「いとしのヘレン」「ジェット」「ジュニアズ・ファーム」がヒットし、曲のノリの良さと勢いは、ビートルズ時代に匹敵するものがあった。 (Wikipediaより引用)

Paul McCartney & Wings - My Love YouTube 動画

ウイングス(Wings)は、元ビートルズのポール・マッカートニーと彼の妻リンダ・マッカートニー、元ムーディー・ブルースのデニー・レインの3人を中心に構成されたロックバンド。1971年に結成され、1981年の解散までに7枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表した。多くのヒット曲を発表し、代表曲に『ジェット』『ジュニアズ・ファーム』『ハイハイハイ』『愛しのヘレン』『アイルランドに平和を』『メアリーの子羊』『あの娘におせっかい』『ワインカラーの少女』『マイ・ラヴ』『しあわせの予感』『グッドナイト・トゥナイト』『007 死ぬのは奴らだ』『心のラブ・ソング』などがある。

、72年にシングル「メアリーの子羊」「アイルランドに平和を」「ハイハイハイ」[4]と勢いのある曲を発表し、ポールとウイングスは音楽的全盛期を迎える。「アイルランドに平和を」は政治的な曲として、「ハイハイハイ」はドラッグでハイになることを連想させるとの理由で、放送禁止になったが、それでもチャート上ではヒットとなった。73年の「マイ・ラヴ」は大ヒットとなり、ウイングスにとって初の全米1位を記録した。映画『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌も同様に全米2位をマークするヒットを記録したが、2曲とも内容的にはビートルズ時代の楽曲に、遠く及ばなかった。

『マイ・ラヴ』がチャートを上昇するのとほぼ時を同じくして発売されたのが、アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』である。当初は2枚組にする予定で制作されたものの、所属レコード会社キャピトルの反対で1枚で発表されたこの作品は、前作を大きく上回るセールスを記録し、全米では1位を獲得した。なお、キャピトルは前作のセールス不振を理由に、レコードをウイングス名義でリリースすることに難色を示したため、以後の数枚のレコードにおけるアーティスト名は“ポール・マッカートニー&ウイングス”となっている。

ようやくウイングスとしての活動が軌道に乗り始めたマッカートニーは、続く新作のレコーディングをナイジェリアのラゴスで行うことを決定する。しかし、ラゴスに向かう前日にヘンリー・マカロックとデニー・シーウェルが相次いでグループを脱退し、グループはマッカートニー夫妻とレインの3人だけになってしまう。結局、1973年8月に彼等はやむなく3人でナイジェリアに渡りレコーディングに臨むが、1ヵ月半に及ぶラゴスへの滞在は、デモテープの盗難[5]などさまざまなトラブルに見舞われたものとなった。トリオ編成になってしまった当時のウイングスにおいて、マッカートニーはベースやギターだけでなくキーボードやドラムなども演奏し、一人で数役を担っている。録音された作品は最終的にイギリスでの仕上げ作業を経て、その年の暮れに『バンド・オン・ザ・ラン』としてリリースされた。このアルバムは全世界で600万枚以上のセールスを記録し、ビートルズ解散後のマッカートニーのアルバムとしては最大級の成功を収め、評論家からも極めて高い評価を受けることとなった。アルバムの収録曲の多くは現在でもマッカートニーのライヴでの定番のレパートリーとなった。(1998年には発売25周年を記念してボーナス・ディスクを追加した限定盤も発売されている。)シングルとしては「いとしのヘレン」「ジェット」「ジュニアズ・ファーム」がヒットし、曲のノリの良さと勢いは、ビートルズ時代に匹敵するものがあった。 (Wikipediaより引用)

Paul McCartney And Wings - Coming Up YouTube 動画

ウイングス(Wings)は、元ビートルズのポール・マッカートニーと彼の妻リンダ・マッカートニー、元ムーディー・ブルースのデニー・レインの3人を中心に構成されたロックバンド。1971年に結成され、1981年の解散までに7枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴ・アルバムを発表した。多くのヒット曲を発表し、代表曲に『ジェット』『ジュニアズ・ファーム』『ハイハイハイ』『愛しのヘレン』『アイルランドに平和を』『メアリーの子羊』『あの娘におせっかい』『ワインカラーの少女』『マイ・ラヴ』『しあわせの予感』『グッドナイト・トゥナイト』『007 死ぬのは奴らだ』『心のラブ・ソング』などがある。

、72年にシングル「メアリーの子羊」「アイルランドに平和を」「ハイハイハイ」[4]と勢いのある曲を発表し、ポールとウイングスは音楽的全盛期を迎える。「アイルランドに平和を」は政治的な曲として、「ハイハイハイ」はドラッグでハイになることを連想させるとの理由で、放送禁止になったが、それでもチャート上ではヒットとなった。73年の「マイ・ラヴ」は大ヒットとなり、ウイングスにとって初の全米1位を記録した。映画『007 死ぬのは奴らだ』の主題歌も同様に全米2位をマークするヒットを記録したが、2曲とも内容的にはビートルズ時代の楽曲に、遠く及ばなかった。

『マイ・ラヴ』がチャートを上昇するのとほぼ時を同じくして発売されたのが、アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』である。当初は2枚組にする予定で制作されたものの、所属レコード会社キャピトルの反対で1枚で発表されたこの作品は、前作を大きく上回るセールスを記録し、全米では1位を獲得した。なお、キャピトルは前作のセールス不振を理由に、レコードをウイングス名義でリリースすることに難色を示したため、以後の数枚のレコードにおけるアーティスト名は“ポール・マッカートニー&ウイングス”となっている。

ようやくウイングスとしての活動が軌道に乗り始めたマッカートニーは、続く新作のレコーディングをナイジェリアのラゴスで行うことを決定する。しかし、ラゴスに向かう前日にヘンリー・マカロックとデニー・シーウェルが相次いでグループを脱退し、グループはマッカートニー夫妻とレインの3人だけになってしまう。結局、1973年8月に彼等はやむなく3人でナイジェリアに渡りレコーディングに臨むが、1ヵ月半に及ぶラゴスへの滞在は、デモテープの盗難[5]などさまざまなトラブルに見舞われたものとなった。トリオ編成になってしまった当時のウイングスにおいて、マッカートニーはベースやギターだけでなくキーボードやドラムなども演奏し、一人で数役を担っている。録音された作品は最終的にイギリスでの仕上げ作業を経て、その年の暮れに『バンド・オン・ザ・ラン』としてリリースされた。このアルバムは全世界で600万枚以上のセールスを記録し、ビートルズ解散後のマッカートニーのアルバムとしては最大級の成功を収め、評論家からも極めて高い評価を受けることとなった。アルバムの収録曲の多くは現在でもマッカートニーのライヴでの定番のレパートリーとなった。(1998年には発売25周年を記念してボーナス・ディスクを追加した限定盤も発売されている。)シングルとしては「いとしのヘレン」「ジェット」「ジュニアズ・ファーム」がヒットし、曲のノリの良さと勢いは、ビートルズ時代に匹敵するものがあった。 (Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター