[/] ROCKPV sly & the family stone

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Sly & The Family Stone - I Want to Take You Higher YouTube 動画

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。(アバコ・ドリーム(Abaco Dream)名義によるシングルも2枚ある

スライ・ストーン(本名シルヴェスター・スチュアート)は、テキサス州デントンに生まれた。父K・C・スチュアートは、教会の助祭。幼い頃、一家でカリフォルニア州ヴァレーホに移住。少年時代から音楽の才能を発揮し、1952年には、弟のフレディや2人の妹(ローズ、ヴィエタ・後にヴェット)と共に「スチュアート・フォー」というコーラスグループを結成し、「On the Battlefield of the Lord(主の戦場にて)」というレコードを吹き込んだことがある。

ヴァレーホの高校で、シンシア・ロビンソンと知り合った。フィリピン系の同級生を交えて、ヴィスケインズ(The Viscaynes)という人種混合ドゥーワップバンドを結成したこともある。この頃のスライの芸名は、ダニー・スチュアート。

高校を卒業してから地元のコミュニティカレッジに進み、音楽理論を学ぶ。卒業後、1963年にDJとしてサンフランシスコのラジオ局KSOLに入り、ビートルズやジェームス・ブラウンやボブ・ディランやローリング・ストーンズなど、人種にとらわれない多様な音楽をオンエアした。この頃、スライはオータム・レコーズ社で、ボー・ブランメルズやボビー・フリーマン、モジョ・メン、グレイト・ソサエティなどのレコードをプロデュース。スライが手掛けたボビー・フリーマンの「カモン・アンド・スウィム」[1]はビルボード5位にまで上がる大ヒットになり、才能の片鱗を見せた。同時に、彼自身も数枚のソロシングルを出したが、この時はヒットを飛ばすには至らなかった。

1966年に、シンシア達とスライ&ザ・ストーナーズというバンドを結成。同じ頃、弟のフレディがフレディ&ザ・ストーン・ソウルズというバンドを結成。このフレディのバンドにいたのが、グレッグである。1967年、ジェリー・マルティーニの呼びかけに応えて2つのバンドが合体し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが誕生した。スライの末の妹ヴィエタは、メアリ・マクリアリー(後に、レオン・ラッセルの妻となる)やエルヴァ・ムートンと共にコーラスグループ、リトル・シスターの一員として、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのバッキング・ヴォーカルに参加した。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。このシングルを出す直前に、ローズが参加している。彼女は、結成当初から参加を勧められていたが、地元のレコード店での安定した職を投げ打つ決断がつかず、先延ばしにしていたものである。

アルバム『Dance to the Music』の売り上げは好調だったが、次に出した『Life』は商業的に成功しなかった。しかし売れ行きに関係なく、この2作のアルバムの影響力は絶大で、1968年9月には英国ツアーも予定されていたが、コンサートはキャンセルとなった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

しかし、同じ頃すでにリーダーのスライ・ストーンは麻薬中毒に侵されていた。スライが薬物に走った理由の一つは人種問題から来る軋轢で、黒人の自立を説くブラックパンサーは、スライに対してグレッグとジェリーをバンドから追い出し、軍事的でもっと黒人寄りの曲を作るように圧力を掛け続けた。薬物の影響で精神的混乱をきたしたスライは、友好的でなくなったラリー・グラハムにバンドの主導権を乗っ取られるのではないかとの妄想に取り憑かれ、銃を振り回し逮捕された。70年ごろからは、コンサートで大幅な遅刻とキャンセルを繰り返した。そのためにバンドは分解状態となり、プロモーターから見捨てられてしまう。ラリー・グラハムはやがてバンドを解雇され、グラハム・セントラル・ステーションを結成する。1975年1月には、ラジオシティ・ミュージックホールでの公演の大失敗(僅か8分の1しか客席が埋まらなかった)を機に、とうとう活動を停止した(ただし、公式の解散は1981年)。

バンドが崩壊しつつあった時期でも、輝きを放ったアルバムが、1971年11月の『暴動』である。このアルバムは、以前のロックとポップ・サウンドを演奏したスライとは大きく異なる、暗いトーンながらも非常にファンキーな作品に仕上がった。ブーツィー・コリンズは、このアルバムを自身のフェイバリットにあげている。シングルカットされた「ファミリー・アフェア」により3度目の全米チャート1位を獲得した。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより引用)

Sly & The Family Stone - Everyday People YouTube 動画

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。(アバコ・ドリーム(Abaco Dream)名義によるシングルも2枚ある

スライ・ストーン(本名シルヴェスター・スチュアート)は、テキサス州デントンに生まれた。父K・C・スチュアートは、教会の助祭。幼い頃、一家でカリフォルニア州ヴァレーホに移住。少年時代から音楽の才能を発揮し、1952年には、弟のフレディや2人の妹(ローズ、ヴィエタ・後にヴェット)と共に「スチュアート・フォー」というコーラスグループを結成し、「On the Battlefield of the Lord(主の戦場にて)」というレコードを吹き込んだことがある。

ヴァレーホの高校で、シンシア・ロビンソンと知り合った。フィリピン系の同級生を交えて、ヴィスケインズ(The Viscaynes)という人種混合ドゥーワップバンドを結成したこともある。この頃のスライの芸名は、ダニー・スチュアート。

高校を卒業してから地元のコミュニティカレッジに進み、音楽理論を学ぶ。卒業後、1963年にDJとしてサンフランシスコのラジオ局KSOLに入り、ビートルズやジェームス・ブラウンやボブ・ディランやローリング・ストーンズなど、人種にとらわれない多様な音楽をオンエアした。この頃、スライはオータム・レコーズ社で、ボー・ブランメルズやボビー・フリーマン、モジョ・メン、グレイト・ソサエティなどのレコードをプロデュース。スライが手掛けたボビー・フリーマンの「カモン・アンド・スウィム」[1]はビルボード5位にまで上がる大ヒットになり、才能の片鱗を見せた。同時に、彼自身も数枚のソロシングルを出したが、この時はヒットを飛ばすには至らなかった。

1966年に、シンシア達とスライ&ザ・ストーナーズというバンドを結成。同じ頃、弟のフレディがフレディ&ザ・ストーン・ソウルズというバンドを結成。このフレディのバンドにいたのが、グレッグである。1967年、ジェリー・マルティーニの呼びかけに応えて2つのバンドが合体し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが誕生した。スライの末の妹ヴィエタは、メアリ・マクリアリー(後に、レオン・ラッセルの妻となる)やエルヴァ・ムートンと共にコーラスグループ、リトル・シスターの一員として、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのバッキング・ヴォーカルに参加した。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。このシングルを出す直前に、ローズが参加している。彼女は、結成当初から参加を勧められていたが、地元のレコード店での安定した職を投げ打つ決断がつかず、先延ばしにしていたものである。

アルバム『Dance to the Music』の売り上げは好調だったが、次に出した『Life』は商業的に成功しなかった。しかし売れ行きに関係なく、この2作のアルバムの影響力は絶大で、1968年9月には英国ツアーも予定されていたが、コンサートはキャンセルとなった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

しかし、同じ頃すでにリーダーのスライ・ストーンは麻薬中毒に侵されていた。スライが薬物に走った理由の一つは人種問題から来る軋轢で、黒人の自立を説くブラックパンサーは、スライに対してグレッグとジェリーをバンドから追い出し、軍事的でもっと黒人寄りの曲を作るように圧力を掛け続けた。薬物の影響で精神的混乱をきたしたスライは、友好的でなくなったラリー・グラハムにバンドの主導権を乗っ取られるのではないかとの妄想に取り憑かれ、銃を振り回し逮捕された。70年ごろからは、コンサートで大幅な遅刻とキャンセルを繰り返した。そのためにバンドは分解状態となり、プロモーターから見捨てられてしまう。ラリー・グラハムはやがてバンドを解雇され、グラハム・セントラル・ステーションを結成する。1975年1月には、ラジオシティ・ミュージックホールでの公演の大失敗(僅か8分の1しか客席が埋まらなかった)を機に、とうとう活動を停止した(ただし、公式の解散は1981年)。

バンドが崩壊しつつあった時期でも、輝きを放ったアルバムが、1971年11月の『暴動』である。このアルバムは、以前のロックとポップ・サウンドを演奏したスライとは大きく異なる、暗いトーンながらも非常にファンキーな作品に仕上がった。ブーツィー・コリンズは、このアルバムを自身のフェイバリットにあげている。シングルカットされた「ファミリー・アフェア」により3度目の全米チャート1位を獲得した。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより引用)

Sly & The Family Stone - Higher And Higher YouTube 動画

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。(アバコ・ドリーム(Abaco Dream)名義によるシングルも2枚ある

スライ・ストーン(本名シルヴェスター・スチュアート)は、テキサス州デントンに生まれた。父K・C・スチュアートは、教会の助祭。幼い頃、一家でカリフォルニア州ヴァレーホに移住。少年時代から音楽の才能を発揮し、1952年には、弟のフレディや2人の妹(ローズ、ヴィエタ・後にヴェット)と共に「スチュアート・フォー」というコーラスグループを結成し、「On the Battlefield of the Lord(主の戦場にて)」というレコードを吹き込んだことがある。

ヴァレーホの高校で、シンシア・ロビンソンと知り合った。フィリピン系の同級生を交えて、ヴィスケインズ(The Viscaynes)という人種混合ドゥーワップバンドを結成したこともある。この頃のスライの芸名は、ダニー・スチュアート。

高校を卒業してから地元のコミュニティカレッジに進み、音楽理論を学ぶ。卒業後、1963年にDJとしてサンフランシスコのラジオ局KSOLに入り、ビートルズやジェームス・ブラウンやボブ・ディランやローリング・ストーンズなど、人種にとらわれない多様な音楽をオンエアした。この頃、スライはオータム・レコーズ社で、ボー・ブランメルズやボビー・フリーマン、モジョ・メン、グレイト・ソサエティなどのレコードをプロデュース。スライが手掛けたボビー・フリーマンの「カモン・アンド・スウィム」[1]はビルボード5位にまで上がる大ヒットになり、才能の片鱗を見せた。同時に、彼自身も数枚のソロシングルを出したが、この時はヒットを飛ばすには至らなかった。

1966年に、シンシア達とスライ&ザ・ストーナーズというバンドを結成。同じ頃、弟のフレディがフレディ&ザ・ストーン・ソウルズというバンドを結成。このフレディのバンドにいたのが、グレッグである。1967年、ジェリー・マルティーニの呼びかけに応えて2つのバンドが合体し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが誕生した。スライの末の妹ヴィエタは、メアリ・マクリアリー(後に、レオン・ラッセルの妻となる)やエルヴァ・ムートンと共にコーラスグループ、リトル・シスターの一員として、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのバッキング・ヴォーカルに参加した。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。このシングルを出す直前に、ローズが参加している。彼女は、結成当初から参加を勧められていたが、地元のレコード店での安定した職を投げ打つ決断がつかず、先延ばしにしていたものである。

アルバム『Dance to the Music』の売り上げは好調だったが、次に出した『Life』は商業的に成功しなかった。しかし売れ行きに関係なく、この2作のアルバムの影響力は絶大で、1968年9月には英国ツアーも予定されていたが、コンサートはキャンセルとなった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

しかし、同じ頃すでにリーダーのスライ・ストーンは麻薬中毒に侵されていた。スライが薬物に走った理由の一つは人種問題から来る軋轢で、黒人の自立を説くブラックパンサーは、スライに対してグレッグとジェリーをバンドから追い出し、軍事的でもっと黒人寄りの曲を作るように圧力を掛け続けた。薬物の影響で精神的混乱をきたしたスライは、友好的でなくなったラリー・グラハムにバンドの主導権を乗っ取られるのではないかとの妄想に取り憑かれ、銃を振り回し逮捕された。70年ごろからは、コンサートで大幅な遅刻とキャンセルを繰り返した。そのためにバンドは分解状態となり、プロモーターから見捨てられてしまう。ラリー・グラハムはやがてバンドを解雇され、グラハム・セントラル・ステーションを結成する。1975年1月には、ラジオシティ・ミュージックホールでの公演の大失敗(僅か8分の1しか客席が埋まらなかった)を機に、とうとう活動を停止した(ただし、公式の解散は1981年)。

バンドが崩壊しつつあった時期でも、輝きを放ったアルバムが、1971年11月の『暴動』である。このアルバムは、以前のロックとポップ・サウンドを演奏したスライとは大きく異なる、暗いトーンながらも非常にファンキーな作品に仕上がった。ブーツィー・コリンズは、このアルバムを自身のフェイバリットにあげている。シングルカットされた「ファミリー・アフェア」により3度目の全米チャート1位を獲得した。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより引用)

Sly & The Family Stone — Dance to the music YouTube 動画

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。(アバコ・ドリーム(Abaco Dream)名義によるシングルも2枚ある

スライ・ストーン(本名シルヴェスター・スチュアート)は、テキサス州デントンに生まれた。父K・C・スチュアートは、教会の助祭。幼い頃、一家でカリフォルニア州ヴァレーホに移住。少年時代から音楽の才能を発揮し、1952年には、弟のフレディや2人の妹(ローズ、ヴィエタ・後にヴェット)と共に「スチュアート・フォー」というコーラスグループを結成し、「On the Battlefield of the Lord(主の戦場にて)」というレコードを吹き込んだことがある。

ヴァレーホの高校で、シンシア・ロビンソンと知り合った。フィリピン系の同級生を交えて、ヴィスケインズ(The Viscaynes)という人種混合ドゥーワップバンドを結成したこともある。この頃のスライの芸名は、ダニー・スチュアート。

高校を卒業してから地元のコミュニティカレッジに進み、音楽理論を学ぶ。卒業後、1963年にDJとしてサンフランシスコのラジオ局KSOLに入り、ビートルズやジェームス・ブラウンやボブ・ディランやローリング・ストーンズなど、人種にとらわれない多様な音楽をオンエアした。この頃、スライはオータム・レコーズ社で、ボー・ブランメルズやボビー・フリーマン、モジョ・メン、グレイト・ソサエティなどのレコードをプロデュース。スライが手掛けたボビー・フリーマンの「カモン・アンド・スウィム」[1]はビルボード5位にまで上がる大ヒットになり、才能の片鱗を見せた。同時に、彼自身も数枚のソロシングルを出したが、この時はヒットを飛ばすには至らなかった。

1966年に、シンシア達とスライ&ザ・ストーナーズというバンドを結成。同じ頃、弟のフレディがフレディ&ザ・ストーン・ソウルズというバンドを結成。このフレディのバンドにいたのが、グレッグである。1967年、ジェリー・マルティーニの呼びかけに応えて2つのバンドが合体し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが誕生した。スライの末の妹ヴィエタは、メアリ・マクリアリー(後に、レオン・ラッセルの妻となる)やエルヴァ・ムートンと共にコーラスグループ、リトル・シスターの一員として、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのバッキング・ヴォーカルに参加した。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。このシングルを出す直前に、ローズが参加している。彼女は、結成当初から参加を勧められていたが、地元のレコード店での安定した職を投げ打つ決断がつかず、先延ばしにしていたものである。

アルバム『Dance to the Music』の売り上げは好調だったが、次に出した『Life』は商業的に成功しなかった。しかし売れ行きに関係なく、この2作のアルバムの影響力は絶大で、1968年9月には英国ツアーも予定されていたが、コンサートはキャンセルとなった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

しかし、同じ頃すでにリーダーのスライ・ストーンは麻薬中毒に侵されていた。スライが薬物に走った理由の一つは人種問題から来る軋轢で、黒人の自立を説くブラックパンサーは、スライに対してグレッグとジェリーをバンドから追い出し、軍事的でもっと黒人寄りの曲を作るように圧力を掛け続けた。薬物の影響で精神的混乱をきたしたスライは、友好的でなくなったラリー・グラハムにバンドの主導権を乗っ取られるのではないかとの妄想に取り憑かれ、銃を振り回し逮捕された。70年ごろからは、コンサートで大幅な遅刻とキャンセルを繰り返した。そのためにバンドは分解状態となり、プロモーターから見捨てられてしまう。ラリー・グラハムはやがてバンドを解雇され、グラハム・セントラル・ステーションを結成する。1975年1月には、ラジオシティ・ミュージックホールでの公演の大失敗(僅か8分の1しか客席が埋まらなかった)を機に、とうとう活動を停止した(ただし、公式の解散は1981年)。

バンドが崩壊しつつあった時期でも、輝きを放ったアルバムが、1971年11月の『暴動』である。このアルバムは、以前のロックとポップ・サウンドを演奏したスライとは大きく異なる、暗いトーンながらも非常にファンキーな作品に仕上がった。ブーツィー・コリンズは、このアルバムを自身のフェイバリットにあげている。シングルカットされた「ファミリー・アフェア」により3度目の全米チャート1位を獲得した。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより引用)

sly & the family stone - Thank you YouTube 動画

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。(アバコ・ドリーム(Abaco Dream)名義によるシングルも2枚ある

スライ・ストーン(本名シルヴェスター・スチュアート)は、テキサス州デントンに生まれた。父K・C・スチュアートは、教会の助祭。幼い頃、一家でカリフォルニア州ヴァレーホに移住。少年時代から音楽の才能を発揮し、1952年には、弟のフレディや2人の妹(ローズ、ヴィエタ・後にヴェット)と共に「スチュアート・フォー」というコーラスグループを結成し、「On the Battlefield of the Lord(主の戦場にて)」というレコードを吹き込んだことがある。

ヴァレーホの高校で、シンシア・ロビンソンと知り合った。フィリピン系の同級生を交えて、ヴィスケインズ(The Viscaynes)という人種混合ドゥーワップバンドを結成したこともある。この頃のスライの芸名は、ダニー・スチュアート。

高校を卒業してから地元のコミュニティカレッジに進み、音楽理論を学ぶ。卒業後、1963年にDJとしてサンフランシスコのラジオ局KSOLに入り、ビートルズやジェームス・ブラウンやボブ・ディランやローリング・ストーンズなど、人種にとらわれない多様な音楽をオンエアした。この頃、スライはオータム・レコーズ社で、ボー・ブランメルズやボビー・フリーマン、モジョ・メン、グレイト・ソサエティなどのレコードをプロデュース。スライが手掛けたボビー・フリーマンの「カモン・アンド・スウィム」[1]はビルボード5位にまで上がる大ヒットになり、才能の片鱗を見せた。同時に、彼自身も数枚のソロシングルを出したが、この時はヒットを飛ばすには至らなかった。

1966年に、シンシア達とスライ&ザ・ストーナーズというバンドを結成。同じ頃、弟のフレディがフレディ&ザ・ストーン・ソウルズというバンドを結成。このフレディのバンドにいたのが、グレッグである。1967年、ジェリー・マルティーニの呼びかけに応えて2つのバンドが合体し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンが誕生した。スライの末の妹ヴィエタは、メアリ・マクリアリー(後に、レオン・ラッセルの妻となる)やエルヴァ・ムートンと共にコーラスグループ、リトル・シスターの一員として、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのバッキング・ヴォーカルに参加した。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。このシングルを出す直前に、ローズが参加している。彼女は、結成当初から参加を勧められていたが、地元のレコード店での安定した職を投げ打つ決断がつかず、先延ばしにしていたものである。

アルバム『Dance to the Music』の売り上げは好調だったが、次に出した『Life』は商業的に成功しなかった。しかし売れ行きに関係なく、この2作のアルバムの影響力は絶大で、1968年9月には英国ツアーも予定されていたが、コンサートはキャンセルとなった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

しかし、同じ頃すでにリーダーのスライ・ストーンは麻薬中毒に侵されていた。スライが薬物に走った理由の一つは人種問題から来る軋轢で、黒人の自立を説くブラックパンサーは、スライに対してグレッグとジェリーをバンドから追い出し、軍事的でもっと黒人寄りの曲を作るように圧力を掛け続けた。薬物の影響で精神的混乱をきたしたスライは、友好的でなくなったラリー・グラハムにバンドの主導権を乗っ取られるのではないかとの妄想に取り憑かれ、銃を振り回し逮捕された。70年ごろからは、コンサートで大幅な遅刻とキャンセルを繰り返した。そのためにバンドは分解状態となり、プロモーターから見捨てられてしまう。ラリー・グラハムはやがてバンドを解雇され、グラハム・セントラル・ステーションを結成する。1975年1月には、ラジオシティ・ミュージックホールでの公演の大失敗(僅か8分の1しか客席が埋まらなかった)を機に、とうとう活動を停止した(ただし、公式の解散は1981年)。

バンドが崩壊しつつあった時期でも、輝きを放ったアルバムが、1971年11月の『暴動』である。このアルバムは、以前のロックとポップ・サウンドを演奏したスライとは大きく異なる、暗いトーンながらも非常にファンキーな作品に仕上がった。ブーツィー・コリンズは、このアルバムを自身のフェイバリットにあげている。シングルカットされた「ファミリー・アフェア」により3度目の全米チャート1位を獲得した。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト