[/] ROCKPV sly & the family stone

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Sly & The Family Stone - I Want to Take You Higher

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより)

Sly & The Family Stone - Everyday People

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより)

Sly & The Family Stone - Higher And Higher

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより)

Sly & The Family Stone — Dance to the music

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより)

sly & the family stone - Thank you

スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。

デビューシングル「I Ain't Got Nobody」をロードストーン・レコーズから出してヒットしたところ、CBSレコーズのクライヴ・デイヴィスが評判を聞きつけてアプローチしてきたため、CBSのエピック・レコーズと契約。1967年に、ファースト・アルバム『A Whole New Thing』とシングル「Underdog」を出し、評価はされたものの、売り上げの面では失敗に終わった。

デイヴィスから「もっとポップな曲を」と要求されたため、渋々ながら出したシングルが1968年2月の「Dance to the Music」だった。この曲はビルボード・Hot 100の8位を記録し、グループの名を初めて全米に轟かせた記念すべき曲となった。

1968年11月、シングル「エヴリデイ・ピープル」をリリース。バンドにとって初めてのナンバーワンヒットとなった。この曲は人種差別はもちろん、あらゆる偏見に対するプロテスト・ソングであり、最も健全だった時期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの思想を代表している。

1969年5月にアルバム『スタンド!』をリリース。300万枚を売り上げ、60年代に最も成功したアルバムのひとつとなった。8月にはウッドストック・フェスティバルに出演し、愛と平和と人種統合の理想を背景に時代の寵児となった。同月に発売したシングル「ホット・ファン・イン・ザ・サマータイム」は全米チャートで2位、12月に発売したシングル「サンキュー」は1位を記録するなど人気はとどまるところを知らなかった。

1973年6月、アルバム『フレッシュ』を発表。同アルバムには「イフ・ユー・ウォント・ミー・ステイ」が収録されている。このアルバムは、勢いのあった時期のスライのファンキーな作品として評価された。(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター