[/] ROCKPV Van Morrison

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Van Morrison - Transformation YouTube 動画

ヴァン・モリソン(Van Morrison、本名Sir George Ivan Morrison, OBE、1945年8月31日 - )は、イギリス(北アイルランド出身)のミュージシャン。高い音楽性と歌唱力で、多くのミュージシャンからの尊敬を集める。1993年にロックの殿堂入りを果たし、1996年に大英帝国勲章OBEを受章した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第42位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位。

ベルファスト出身。音楽好きの家庭に育ち、15歳でMonarchsというバンドに加入し音楽活動を始める。1964年にゼムを結成し、デビュー。「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。

1966年のアメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、一旦は帰国するもののバート・バーンズの誘いに応じてアメリカに渡りソロに転向。1967年にはバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットとなるが[7]、プロデューサーのバート・バーンズはモリソンの意向を無視してソロ・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発売し、同年末にバーンズが死去して、モリソンはバング・レコードを離れた。

1968年に発売されたワーナー・ブラザース・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は、リリース当時は1万5千枚ほどしか売れなかったが、後にポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受け、2001年にはアメリカ国内の売り上げが50万枚を突破した。続く『ムーンダンス』はBillboard 200で29位のヒットとなり、その後も『テュペロ・ハニー』(全米27位[7])などのアルバムを精力的にリリース。R&Bやジャズ、フォーク、ブリティッシュ・トラッド、ケルト音楽などの要素が濃い音楽性は、高い評価を受けた。1973年にベルファストへ戻り、翌1974年にアルバム『ヴィードン・フリース』をリリースした後は活動を停止するが、1977年に復帰作『安息への旅』をリリースした。1979年のアルバム『イントゥ・ザ・ミュージック』以降は、ジャズやニューエイジの要素を取り入れた瞑想的な作風のアルバムを多数リリースしていく。

1988年のアルバム『アイリッシュ・ハートビート』ではチーフタンズと共演。1989年のアルバム『アヴァロン・サンセット』収録曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」は、ロッド・スチュワートによるカヴァーが1993年にヒットしたことでも知られ、1995年にはチーフタンズとの共演による同曲のセルフ・カヴァーを録音しグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した[11]。また、ジョン・リー・フッカーのアルバム『ドント・ルック・バック』(1997年)のプロデュースを担当する等、幅広いジャンルのミュージシャンと共演。

2006年には、カヴァー曲を中心としたキャリア初の本格的なカントリー・アルバム『ペイ・ザ・デヴィル』を発表した。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった。
(Wikipediaより引用)

Van Morrison - Days Like This YouTube 動画

ヴァン・モリソン(Van Morrison、本名Sir George Ivan Morrison, OBE、1945年8月31日 - )は、イギリス(北アイルランド出身)のミュージシャン。高い音楽性と歌唱力で、多くのミュージシャンからの尊敬を集める。1993年にロックの殿堂入りを果たし、1996年に大英帝国勲章OBEを受章した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第42位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位。

ベルファスト出身。音楽好きの家庭に育ち、15歳でMonarchsというバンドに加入し音楽活動を始める。1964年にゼムを結成し、デビュー。「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。

1966年のアメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、一旦は帰国するもののバート・バーンズの誘いに応じてアメリカに渡りソロに転向。1967年にはバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットとなるが[7]、プロデューサーのバート・バーンズはモリソンの意向を無視してソロ・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発売し、同年末にバーンズが死去して、モリソンはバング・レコードを離れた。

1968年に発売されたワーナー・ブラザース・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は、リリース当時は1万5千枚ほどしか売れなかったが、後にポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受け、2001年にはアメリカ国内の売り上げが50万枚を突破した。続く『ムーンダンス』はBillboard 200で29位のヒットとなり、その後も『テュペロ・ハニー』(全米27位[7])などのアルバムを精力的にリリース。R&Bやジャズ、フォーク、ブリティッシュ・トラッド、ケルト音楽などの要素が濃い音楽性は、高い評価を受けた。1973年にベルファストへ戻り、翌1974年にアルバム『ヴィードン・フリース』をリリースした後は活動を停止するが、1977年に復帰作『安息への旅』をリリースした。1979年のアルバム『イントゥ・ザ・ミュージック』以降は、ジャズやニューエイジの要素を取り入れた瞑想的な作風のアルバムを多数リリースしていく。

1988年のアルバム『アイリッシュ・ハートビート』ではチーフタンズと共演。1989年のアルバム『アヴァロン・サンセット』収録曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」は、ロッド・スチュワートによるカヴァーが1993年にヒットしたことでも知られ、1995年にはチーフタンズとの共演による同曲のセルフ・カヴァーを録音しグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した[11]。また、ジョン・リー・フッカーのアルバム『ドント・ルック・バック』(1997年)のプロデュースを担当する等、幅広いジャンルのミュージシャンと共演。

2006年には、カヴァー曲を中心としたキャリア初の本格的なカントリー・アルバム『ペイ・ザ・デヴィル』を発表した。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった。
(Wikipediaより引用)

Van Morrison - Have I Told You Lately YouTube 動画

ヴァン・モリソン(Van Morrison、本名Sir George Ivan Morrison, OBE、1945年8月31日 - )は、イギリス(北アイルランド出身)のミュージシャン。高い音楽性と歌唱力で、多くのミュージシャンからの尊敬を集める。1993年にロックの殿堂入りを果たし、1996年に大英帝国勲章OBEを受章した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第42位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位。

ベルファスト出身。音楽好きの家庭に育ち、15歳でMonarchsというバンドに加入し音楽活動を始める。1964年にゼムを結成し、デビュー。「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。

1966年のアメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、一旦は帰国するもののバート・バーンズの誘いに応じてアメリカに渡りソロに転向。1967年にはバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットとなるが[7]、プロデューサーのバート・バーンズはモリソンの意向を無視してソロ・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発売し、同年末にバーンズが死去して、モリソンはバング・レコードを離れた。

1968年に発売されたワーナー・ブラザース・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は、リリース当時は1万5千枚ほどしか売れなかったが、後にポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受け、2001年にはアメリカ国内の売り上げが50万枚を突破した。続く『ムーンダンス』はBillboard 200で29位のヒットとなり、その後も『テュペロ・ハニー』(全米27位[7])などのアルバムを精力的にリリース。R&Bやジャズ、フォーク、ブリティッシュ・トラッド、ケルト音楽などの要素が濃い音楽性は、高い評価を受けた。1973年にベルファストへ戻り、翌1974年にアルバム『ヴィードン・フリース』をリリースした後は活動を停止するが、1977年に復帰作『安息への旅』をリリースした。1979年のアルバム『イントゥ・ザ・ミュージック』以降は、ジャズやニューエイジの要素を取り入れた瞑想的な作風のアルバムを多数リリースしていく。

1988年のアルバム『アイリッシュ・ハートビート』ではチーフタンズと共演。1989年のアルバム『アヴァロン・サンセット』収録曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」は、ロッド・スチュワートによるカヴァーが1993年にヒットしたことでも知られ、1995年にはチーフタンズとの共演による同曲のセルフ・カヴァーを録音しグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した[11]。また、ジョン・リー・フッカーのアルバム『ドント・ルック・バック』(1997年)のプロデュースを担当する等、幅広いジャンルのミュージシャンと共演。

2006年には、カヴァー曲を中心としたキャリア初の本格的なカントリー・アルバム『ペイ・ザ・デヴィル』を発表した。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった。
(Wikipediaより引用)

Van Morrison - Moondance YouTube 動画

ヴァン・モリソン(Van Morrison、本名Sir George Ivan Morrison, OBE、1945年8月31日 - )は、イギリス(北アイルランド出身)のミュージシャン。高い音楽性と歌唱力で、多くのミュージシャンからの尊敬を集める。1993年にロックの殿堂入りを果たし、1996年に大英帝国勲章OBEを受章した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第42位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位。

ベルファスト出身。音楽好きの家庭に育ち、15歳でMonarchsというバンドに加入し音楽活動を始める。1964年にゼムを結成し、デビュー。「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。

1966年のアメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、一旦は帰国するもののバート・バーンズの誘いに応じてアメリカに渡りソロに転向。1967年にはバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットとなるが[7]、プロデューサーのバート・バーンズはモリソンの意向を無視してソロ・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発売し、同年末にバーンズが死去して、モリソンはバング・レコードを離れた。

1968年に発売されたワーナー・ブラザース・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は、リリース当時は1万5千枚ほどしか売れなかったが、後にポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受け、2001年にはアメリカ国内の売り上げが50万枚を突破した。続く『ムーンダンス』はBillboard 200で29位のヒットとなり、その後も『テュペロ・ハニー』(全米27位[7])などのアルバムを精力的にリリース。R&Bやジャズ、フォーク、ブリティッシュ・トラッド、ケルト音楽などの要素が濃い音楽性は、高い評価を受けた。1973年にベルファストへ戻り、翌1974年にアルバム『ヴィードン・フリース』をリリースした後は活動を停止するが、1977年に復帰作『安息への旅』をリリースした。1979年のアルバム『イントゥ・ザ・ミュージック』以降は、ジャズやニューエイジの要素を取り入れた瞑想的な作風のアルバムを多数リリースしていく。

1988年のアルバム『アイリッシュ・ハートビート』ではチーフタンズと共演。1989年のアルバム『アヴァロン・サンセット』収録曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」は、ロッド・スチュワートによるカヴァーが1993年にヒットしたことでも知られ、1995年にはチーフタンズとの共演による同曲のセルフ・カヴァーを録音しグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した[11]。また、ジョン・リー・フッカーのアルバム『ドント・ルック・バック』(1997年)のプロデュースを担当する等、幅広いジャンルのミュージシャンと共演。

2006年には、カヴァー曲を中心としたキャリア初の本格的なカントリー・アルバム『ペイ・ザ・デヴィル』を発表した。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった。
(Wikipediaより引用)

Van Morrison - Into the Mystic YouTube 動画

ヴァン・モリソン(Van Morrison、本名Sir George Ivan Morrison, OBE、1945年8月31日 - )は、イギリス(北アイルランド出身)のミュージシャン。高い音楽性と歌唱力で、多くのミュージシャンからの尊敬を集める。1993年にロックの殿堂入りを果たし、1996年に大英帝国勲章OBEを受章した。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第24位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第42位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位。

ベルファスト出身。音楽好きの家庭に育ち、15歳でMonarchsというバンドに加入し音楽活動を始める。1964年にゼムを結成し、デビュー。「グロリア」などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルのシンガーとして人気を博す。

1966年のアメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、一旦は帰国するもののバート・バーンズの誘いに応じてアメリカに渡りソロに転向。1967年にはバング・レコードから発売されたシングル「ブラウン・アイド・ガール」が全米10位のヒットとなるが[7]、プロデューサーのバート・バーンズはモリソンの意向を無視してソロ・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』を発売し、同年末にバーンズが死去して、モリソンはバング・レコードを離れた。

1968年に発売されたワーナー・ブラザース・レコード移籍第1弾アルバム『アストラル・ウィークス』は、リリース当時は1万5千枚ほどしか売れなかったが、後にポップ・ミュージック史を代表する名盤として評価を受け、2001年にはアメリカ国内の売り上げが50万枚を突破した。続く『ムーンダンス』はBillboard 200で29位のヒットとなり、その後も『テュペロ・ハニー』(全米27位[7])などのアルバムを精力的にリリース。R&Bやジャズ、フォーク、ブリティッシュ・トラッド、ケルト音楽などの要素が濃い音楽性は、高い評価を受けた。1973年にベルファストへ戻り、翌1974年にアルバム『ヴィードン・フリース』をリリースした後は活動を停止するが、1977年に復帰作『安息への旅』をリリースした。1979年のアルバム『イントゥ・ザ・ミュージック』以降は、ジャズやニューエイジの要素を取り入れた瞑想的な作風のアルバムを多数リリースしていく。

1988年のアルバム『アイリッシュ・ハートビート』ではチーフタンズと共演。1989年のアルバム『アヴァロン・サンセット』収録曲「ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー」は、ロッド・スチュワートによるカヴァーが1993年にヒットしたことでも知られ、1995年にはチーフタンズとの共演による同曲のセルフ・カヴァーを録音しグラミー賞最優秀ポップ・コラボレーション・ウィズ・ボーカル賞を受賞した[11]。また、ジョン・リー・フッカーのアルバム『ドント・ルック・バック』(1997年)のプロデュースを担当する等、幅広いジャンルのミュージシャンと共演。

2006年には、カヴァー曲を中心としたキャリア初の本格的なカントリー・アルバム『ペイ・ザ・デヴィル』を発表した。2008年のアルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10アルバムとなった。
(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト