[/] ROCKPV Smokey Robinson & The Miracles

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Smokey Robinson & The Miracles - You really got a hold on me

スモーキー・ロビンソン(William 'Smokey' Robinson, Jr.、1940年2月19日 - )は、アメリカのミュージシャン。名門レーベル、モータウンの設立に参加し、長く副社長を務めた。ブラックミュージック界の大御所である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においてスモーキー・ロビンソンが第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においてミラクルズ(英語版)が第32位にランクインしている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第95位。

ミシガン州デトロイト出身。1955年にハイスクールの友人らとミラクルズの前身となる「マタドールズ」というコーラス・グループを結成する。やがてスモーキーは後に作曲家のベリー・ゴーディー・ジュニアの目に留まり、ザ・ミラクルズは1959年にゴーディーが設立したタムラ=モータウン・レコードの契約アーティスト第1号となった。

1960年、スモーキーとゴーディーが共作した「ショップ・アラウンド」がR&Bチャートの1位に輝く。1962年末に発表された「ユーヴ・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」もR&Bチャート1位を獲得し、この曲はビートルズにもカヴァーされた。

スモーキーはミラクルズでの歌手活動だけでなく、作曲家としてもテンプテーションズ、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイら所属アーティストに多くの楽曲を提供、1961年からは副社長の肩書きを得てゴーディーと二人三脚でモータウンをもり立てていく。

その詞曲のクオリティーの高さは、ボブ・ディランがスモーキーを「現代アメリカ最高の詩人」と評したほどであった。

1965年6月発売の「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」がヒット。同年11月発売のアルバム『Going to a Go-Go』からグループ名を「スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ」に変更。12月にシングルカットした「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」は後にローリング・ストーンズにカヴァーされた。[1967年]]発表の「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」は1970年に再ヒットし、ついに初の全米チャート1位の完全制覇を成し遂げた。

スモーキーは1972年にグループを離れ、ソロ活動を始める。ソロとしても「クワイエット・ストーム」、「クルージン」のヒットを出す傍らモータウン副社長の業務も続けた。一方、ミラクルズはスモーキーの後任のリード・シンガーとしてビリー・グリフィンを迎え、「ドゥ・イット・ベイビー」や、1976年の「ラヴ・マシーン」(全米1位)などのヒットを放っている。
(Wikipediaより)

Smokey Robinson & The Miracles - Tears Of A Clown

スモーキー・ロビンソン(William 'Smokey' Robinson, Jr.、1940年2月19日 - )は、アメリカのミュージシャン。名門レーベル、モータウンの設立に参加し、長く副社長を務めた。ブラックミュージック界の大御所である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においてスモーキー・ロビンソンが第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においてミラクルズ(英語版)が第32位にランクインしている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第95位。

ミシガン州デトロイト出身。1955年にハイスクールの友人らとミラクルズの前身となる「マタドールズ」というコーラス・グループを結成する。やがてスモーキーは後に作曲家のベリー・ゴーディー・ジュニアの目に留まり、ザ・ミラクルズは1959年にゴーディーが設立したタムラ=モータウン・レコードの契約アーティスト第1号となった。

1960年、スモーキーとゴーディーが共作した「ショップ・アラウンド」がR&Bチャートの1位に輝く。1962年末に発表された「ユーヴ・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」もR&Bチャート1位を獲得し、この曲はビートルズにもカヴァーされた。

スモーキーはミラクルズでの歌手活動だけでなく、作曲家としてもテンプテーションズ、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイら所属アーティストに多くの楽曲を提供、1961年からは副社長の肩書きを得てゴーディーと二人三脚でモータウンをもり立てていく。

その詞曲のクオリティーの高さは、ボブ・ディランがスモーキーを「現代アメリカ最高の詩人」と評したほどであった。

1965年6月発売の「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」がヒット。同年11月発売のアルバム『Going to a Go-Go』からグループ名を「スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ」に変更。12月にシングルカットした「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」は後にローリング・ストーンズにカヴァーされた。[1967年]]発表の「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」は1970年に再ヒットし、ついに初の全米チャート1位の完全制覇を成し遂げた。

スモーキーは1972年にグループを離れ、ソロ活動を始める。ソロとしても「クワイエット・ストーム」、「クルージン」のヒットを出す傍らモータウン副社長の業務も続けた。一方、ミラクルズはスモーキーの後任のリード・シンガーとしてビリー・グリフィンを迎え、「ドゥ・イット・ベイビー」や、1976年の「ラヴ・マシーン」(全米1位)などのヒットを放っている。
(Wikipediaより)

Smokey Robinson & The Miracles - The Tracks of My Tears

スモーキー・ロビンソン(William 'Smokey' Robinson, Jr.、1940年2月19日 - )は、アメリカのミュージシャン。名門レーベル、モータウンの設立に参加し、長く副社長を務めた。ブラックミュージック界の大御所である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においてスモーキー・ロビンソンが第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においてミラクルズ(英語版)が第32位にランクインしている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第95位。

ミシガン州デトロイト出身。1955年にハイスクールの友人らとミラクルズの前身となる「マタドールズ」というコーラス・グループを結成する。やがてスモーキーは後に作曲家のベリー・ゴーディー・ジュニアの目に留まり、ザ・ミラクルズは1959年にゴーディーが設立したタムラ=モータウン・レコードの契約アーティスト第1号となった。

1960年、スモーキーとゴーディーが共作した「ショップ・アラウンド」がR&Bチャートの1位に輝く。1962年末に発表された「ユーヴ・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」もR&Bチャート1位を獲得し、この曲はビートルズにもカヴァーされた。

スモーキーはミラクルズでの歌手活動だけでなく、作曲家としてもテンプテーションズ、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイら所属アーティストに多くの楽曲を提供、1961年からは副社長の肩書きを得てゴーディーと二人三脚でモータウンをもり立てていく。

その詞曲のクオリティーの高さは、ボブ・ディランがスモーキーを「現代アメリカ最高の詩人」と評したほどであった。

1965年6月発売の「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」がヒット。同年11月発売のアルバム『Going to a Go-Go』からグループ名を「スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ」に変更。12月にシングルカットした「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」は後にローリング・ストーンズにカヴァーされた。[1967年]]発表の「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」は1970年に再ヒットし、ついに初の全米チャート1位の完全制覇を成し遂げた。

スモーキーは1972年にグループを離れ、ソロ活動を始める。ソロとしても「クワイエット・ストーム」、「クルージン」のヒットを出す傍らモータウン副社長の業務も続けた。一方、ミラクルズはスモーキーの後任のリード・シンガーとしてビリー・グリフィンを迎え、「ドゥ・イット・ベイビー」や、1976年の「ラヴ・マシーン」(全米1位)などのヒットを放っている。
(Wikipediaより)

Smokey Robinson & the Miracles - You really got a hold on me

スモーキー・ロビンソン(William 'Smokey' Robinson, Jr.、1940年2月19日 - )は、アメリカのミュージシャン。名門レーベル、モータウンの設立に参加し、長く副社長を務めた。ブラックミュージック界の大御所である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においてスモーキー・ロビンソンが第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においてミラクルズ(英語版)が第32位にランクインしている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第95位。

ミシガン州デトロイト出身。1955年にハイスクールの友人らとミラクルズの前身となる「マタドールズ」というコーラス・グループを結成する。やがてスモーキーは後に作曲家のベリー・ゴーディー・ジュニアの目に留まり、ザ・ミラクルズは1959年にゴーディーが設立したタムラ=モータウン・レコードの契約アーティスト第1号となった。

1960年、スモーキーとゴーディーが共作した「ショップ・アラウンド」がR&Bチャートの1位に輝く。1962年末に発表された「ユーヴ・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」もR&Bチャート1位を獲得し、この曲はビートルズにもカヴァーされた。

スモーキーはミラクルズでの歌手活動だけでなく、作曲家としてもテンプテーションズ、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイら所属アーティストに多くの楽曲を提供、1961年からは副社長の肩書きを得てゴーディーと二人三脚でモータウンをもり立てていく。

その詞曲のクオリティーの高さは、ボブ・ディランがスモーキーを「現代アメリカ最高の詩人」と評したほどであった。

1965年6月発売の「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」がヒット。同年11月発売のアルバム『Going to a Go-Go』からグループ名を「スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ」に変更。12月にシングルカットした「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」は後にローリング・ストーンズにカヴァーされた。[1967年]]発表の「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」は1970年に再ヒットし、ついに初の全米チャート1位の完全制覇を成し遂げた。

スモーキーは1972年にグループを離れ、ソロ活動を始める。ソロとしても「クワイエット・ストーム」、「クルージン」のヒットを出す傍らモータウン副社長の業務も続けた。一方、ミラクルズはスモーキーの後任のリード・シンガーとしてビリー・グリフィンを迎え、「ドゥ・イット・ベイビー」や、1976年の「ラヴ・マシーン」(全米1位)などのヒットを放っている。
(Wikipediaより)

Smokey Robinson & The Miracles - I Second That Emotion

スモーキー・ロビンソン(William 'Smokey' Robinson, Jr.、1940年2月19日 - )は、アメリカのミュージシャン。名門レーベル、モータウンの設立に参加し、長く副社長を務めた。ブラックミュージック界の大御所である。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」においてスモーキー・ロビンソンが第20位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においてミラクルズ(英語版)が第32位にランクインしている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第95位。

ミシガン州デトロイト出身。1955年にハイスクールの友人らとミラクルズの前身となる「マタドールズ」というコーラス・グループを結成する。やがてスモーキーは後に作曲家のベリー・ゴーディー・ジュニアの目に留まり、ザ・ミラクルズは1959年にゴーディーが設立したタムラ=モータウン・レコードの契約アーティスト第1号となった。

1960年、スモーキーとゴーディーが共作した「ショップ・アラウンド」がR&Bチャートの1位に輝く。1962年末に発表された「ユーヴ・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」もR&Bチャート1位を獲得し、この曲はビートルズにもカヴァーされた。

スモーキーはミラクルズでの歌手活動だけでなく、作曲家としてもテンプテーションズ、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイら所属アーティストに多くの楽曲を提供、1961年からは副社長の肩書きを得てゴーディーと二人三脚でモータウンをもり立てていく。

その詞曲のクオリティーの高さは、ボブ・ディランがスモーキーを「現代アメリカ最高の詩人」と評したほどであった。

1965年6月発売の「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」がヒット。同年11月発売のアルバム『Going to a Go-Go』からグループ名を「スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ」に変更。12月にシングルカットした「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」は後にローリング・ストーンズにカヴァーされた。[1967年]]発表の「ティアーズ・オブ・ア・クラウン」は1970年に再ヒットし、ついに初の全米チャート1位の完全制覇を成し遂げた。

スモーキーは1972年にグループを離れ、ソロ活動を始める。ソロとしても「クワイエット・ストーム」、「クルージン」のヒットを出す傍らモータウン副社長の業務も続けた。一方、ミラクルズはスモーキーの後任のリード・シンガーとしてビリー・グリフィンを迎え、「ドゥ・イット・ベイビー」や、1976年の「ラヴ・マシーン」(全米1位)などのヒットを放っている。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター