[/] ROCKPV johnny cash

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Johnny Cash - The Beast in Me YouTube 動画

ジョン・R・"ジョニー"・キャッシュ(John R. "Johnny" Cash、1932年2月26日 - 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、俳優、作家、カントリー、ロック、ロカビリー歌手・作曲家。20世紀の多くのミュージシャンに影響を与えたと広く考えられている。

カントリーのアイコンとして知られているが、曲やサウンドのジャンルの幅はロック、ロカビリー、ブルース、ロック、ゴスペルと多岐に亘る。このクロスオーバーにより、カントリー・ミュージック殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と複数の殿堂入りを果たした。活動の初期にはサン・レコードに所属し、ロカビリーのレコードを発表した。エルヴィス・プレスリーとは、レーベル・メイトであった。

特徴のある深いバス=バリトンの声、バックバンドのザ・テネシー・スリーの独特のサウンド、憂鬱と謙虚な振る舞いを併せ持つ反逆のイメー]、刑務所の無料コンサート、ニックネーム「メン・イン・ブラック」の元となったトレードマークの黒服の着用で知られている。コンサートでは常にシンプルに「Hello, I'm Johnny Cash. 」で始まり、続いて名曲『Folsom Prison Blues 』を演奏していた。

キャッシュの音楽の多く、特に後年の作品は悲哀、道徳的試練、贖罪をテーマにしている。『I Walk the Line 』、『Folsom Prison Blues 』、『Ring of Fire 』、『Get Rhythm 』、『Man in Black 』などの曲で知られている。他にも『One Piece at a Time 』、『A Boy Named Sue 』、後に妻となるジューン・カーター・キャッシュ(en:June Carter Cash)とのデュエット『Jackson 』、鉄道をテーマにした『Hey, Porter 』、『Rock Island Line 』などユーモラスな曲もある。後年、キャッシュはナイン・インチ・ネイルズの『Hurt 』など、20世紀のロックをいくつかカヴァーした。

2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンやリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、アル・ゴア[13]らから共感や尊敬を得ている。

前妻・ヴィヴィアンとの娘ロザンヌ・キャッシュやジューン・カーターとの息子ジョン・カーター・キャッシュ、ジューンと前前夫の娘カーリーン・カーターなども歌手で、ジョニー・キャッシュ・ファミリー名義でクリスマス・アルバムが製作されたこともある[要出典]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第31位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位。(Wikipediaより引用)

Johnny Cash - The Man Comes Around YouTube 動画

ジョン・R・"ジョニー"・キャッシュ(John R. "Johnny" Cash、1932年2月26日 - 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、俳優、作家、カントリー、ロック、ロカビリー歌手・作曲家。20世紀の多くのミュージシャンに影響を与えたと広く考えられている。

カントリーのアイコンとして知られているが、曲やサウンドのジャンルの幅はロック、ロカビリー、ブルース、ロック、ゴスペルと多岐に亘る。このクロスオーバーにより、カントリー・ミュージック殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と複数の殿堂入りを果たした。活動の初期にはサン・レコードに所属し、ロカビリーのレコードを発表した。エルヴィス・プレスリーとは、レーベル・メイトであった。

特徴のある深いバス=バリトンの声、バックバンドのザ・テネシー・スリーの独特のサウンド、憂鬱と謙虚な振る舞いを併せ持つ反逆のイメー]、刑務所の無料コンサート、ニックネーム「メン・イン・ブラック」の元となったトレードマークの黒服の着用で知られている。コンサートでは常にシンプルに「Hello, I'm Johnny Cash. 」で始まり、続いて名曲『Folsom Prison Blues 』を演奏していた。

キャッシュの音楽の多く、特に後年の作品は悲哀、道徳的試練、贖罪をテーマにしている。『I Walk the Line 』、『Folsom Prison Blues 』、『Ring of Fire 』、『Get Rhythm 』、『Man in Black 』などの曲で知られている。他にも『One Piece at a Time 』、『A Boy Named Sue 』、後に妻となるジューン・カーター・キャッシュ(en:June Carter Cash)とのデュエット『Jackson 』、鉄道をテーマにした『Hey, Porter 』、『Rock Island Line 』などユーモラスな曲もある。後年、キャッシュはナイン・インチ・ネイルズの『Hurt 』など、20世紀のロックをいくつかカヴァーした。

2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンやリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、アル・ゴア[13]らから共感や尊敬を得ている。

前妻・ヴィヴィアンとの娘ロザンヌ・キャッシュやジューン・カーターとの息子ジョン・カーター・キャッシュ、ジューンと前前夫の娘カーリーン・カーターなども歌手で、ジョニー・キャッシュ・ファミリー名義でクリスマス・アルバムが製作されたこともある[要出典]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第31位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位。(Wikipediaより引用)

Johnny Cash - I Walk The Line YouTube 動画

ジョン・R・"ジョニー"・キャッシュ(John R. "Johnny" Cash、1932年2月26日 - 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、俳優、作家、カントリー、ロック、ロカビリー歌手・作曲家。20世紀の多くのミュージシャンに影響を与えたと広く考えられている。

カントリーのアイコンとして知られているが、曲やサウンドのジャンルの幅はロック、ロカビリー、ブルース、ロック、ゴスペルと多岐に亘る。このクロスオーバーにより、カントリー・ミュージック殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と複数の殿堂入りを果たした。活動の初期にはサン・レコードに所属し、ロカビリーのレコードを発表した。エルヴィス・プレスリーとは、レーベル・メイトであった。

特徴のある深いバス=バリトンの声、バックバンドのザ・テネシー・スリーの独特のサウンド、憂鬱と謙虚な振る舞いを併せ持つ反逆のイメー]、刑務所の無料コンサート、ニックネーム「メン・イン・ブラック」の元となったトレードマークの黒服の着用で知られている。コンサートでは常にシンプルに「Hello, I'm Johnny Cash. 」で始まり、続いて名曲『Folsom Prison Blues 』を演奏していた。

キャッシュの音楽の多く、特に後年の作品は悲哀、道徳的試練、贖罪をテーマにしている。『I Walk the Line 』、『Folsom Prison Blues 』、『Ring of Fire 』、『Get Rhythm 』、『Man in Black 』などの曲で知られている。他にも『One Piece at a Time 』、『A Boy Named Sue 』、後に妻となるジューン・カーター・キャッシュ(en:June Carter Cash)とのデュエット『Jackson 』、鉄道をテーマにした『Hey, Porter 』、『Rock Island Line 』などユーモラスな曲もある。後年、キャッシュはナイン・インチ・ネイルズの『Hurt 』など、20世紀のロックをいくつかカヴァーした。

2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンやリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、アル・ゴア[13]らから共感や尊敬を得ている。

前妻・ヴィヴィアンとの娘ロザンヌ・キャッシュやジューン・カーターとの息子ジョン・カーター・キャッシュ、ジューンと前前夫の娘カーリーン・カーターなども歌手で、ジョニー・キャッシュ・ファミリー名義でクリスマス・アルバムが製作されたこともある[要出典]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第31位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位。(Wikipediaより引用)

Johnny Cash - God's Gonna Cut You Down YouTube 動画

ジョン・R・"ジョニー"・キャッシュ(John R. "Johnny" Cash、1932年2月26日 - 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、俳優、作家、カントリー、ロック、ロカビリー歌手・作曲家。20世紀の多くのミュージシャンに影響を与えたと広く考えられている。

カントリーのアイコンとして知られているが、曲やサウンドのジャンルの幅はロック、ロカビリー、ブルース、ロック、ゴスペルと多岐に亘る。このクロスオーバーにより、カントリー・ミュージック殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と複数の殿堂入りを果たした。活動の初期にはサン・レコードに所属し、ロカビリーのレコードを発表した。エルヴィス・プレスリーとは、レーベル・メイトであった。

特徴のある深いバス=バリトンの声、バックバンドのザ・テネシー・スリーの独特のサウンド、憂鬱と謙虚な振る舞いを併せ持つ反逆のイメー]、刑務所の無料コンサート、ニックネーム「メン・イン・ブラック」の元となったトレードマークの黒服の着用で知られている。コンサートでは常にシンプルに「Hello, I'm Johnny Cash. 」で始まり、続いて名曲『Folsom Prison Blues 』を演奏していた。

キャッシュの音楽の多く、特に後年の作品は悲哀、道徳的試練、贖罪をテーマにしている。『I Walk the Line 』、『Folsom Prison Blues 』、『Ring of Fire 』、『Get Rhythm 』、『Man in Black 』などの曲で知られている。他にも『One Piece at a Time 』、『A Boy Named Sue 』、後に妻となるジューン・カーター・キャッシュ(en:June Carter Cash)とのデュエット『Jackson 』、鉄道をテーマにした『Hey, Porter 』、『Rock Island Line 』などユーモラスな曲もある。後年、キャッシュはナイン・インチ・ネイルズの『Hurt 』など、20世紀のロックをいくつかカヴァーした。

2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンやリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、アル・ゴア[13]らから共感や尊敬を得ている。

前妻・ヴィヴィアンとの娘ロザンヌ・キャッシュやジューン・カーターとの息子ジョン・カーター・キャッシュ、ジューンと前前夫の娘カーリーン・カーターなども歌手で、ジョニー・キャッシュ・ファミリー名義でクリスマス・アルバムが製作されたこともある[要出典]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第31位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位。(Wikipediaより引用)

Johnny Cash - Hurt YouTube 動画

ジョン・R・"ジョニー"・キャッシュ(John R. "Johnny" Cash、1932年2月26日 - 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、俳優、作家、カントリー、ロック、ロカビリー歌手・作曲家。20世紀の多くのミュージシャンに影響を与えたと広く考えられている。

カントリーのアイコンとして知られているが、曲やサウンドのジャンルの幅はロック、ロカビリー、ブルース、ロック、ゴスペルと多岐に亘る。このクロスオーバーにより、カントリー・ミュージック殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と複数の殿堂入りを果たした。活動の初期にはサン・レコードに所属し、ロカビリーのレコードを発表した。エルヴィス・プレスリーとは、レーベル・メイトであった。

特徴のある深いバス=バリトンの声、バックバンドのザ・テネシー・スリーの独特のサウンド、憂鬱と謙虚な振る舞いを併せ持つ反逆のイメー]、刑務所の無料コンサート、ニックネーム「メン・イン・ブラック」の元となったトレードマークの黒服の着用で知られている。コンサートでは常にシンプルに「Hello, I'm Johnny Cash. 」で始まり、続いて名曲『Folsom Prison Blues 』を演奏していた。

キャッシュの音楽の多く、特に後年の作品は悲哀、道徳的試練、贖罪をテーマにしている。『I Walk the Line 』、『Folsom Prison Blues 』、『Ring of Fire 』、『Get Rhythm 』、『Man in Black 』などの曲で知られている。他にも『One Piece at a Time 』、『A Boy Named Sue 』、後に妻となるジューン・カーター・キャッシュ(en:June Carter Cash)とのデュエット『Jackson 』、鉄道をテーマにした『Hey, Porter 』、『Rock Island Line 』などユーモラスな曲もある。後年、キャッシュはナイン・インチ・ネイルズの『Hurt 』など、20世紀のロックをいくつかカヴァーした。

2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンやリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディラン、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングス、アル・ゴア[13]らから共感や尊敬を得ている。

前妻・ヴィヴィアンとの娘ロザンヌ・キャッシュやジューン・カーターとの息子ジョン・カーター・キャッシュ、ジューンと前前夫の娘カーリーン・カーターなども歌手で、ジョニー・キャッシュ・ファミリー名義でクリスマス・アルバムが製作されたこともある[要出典]。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第31位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位。(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト