[/] ROCKPV Otis Ray Redding

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Otis Redding - Sitting On The Dock Of The Bay

オーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.、1941年9月9日 - 1967年12月10日)は、アメリカのミュージシャン。独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第8位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第21位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第4位。

1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。

同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった。

生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位[3]を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。

その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。
(Wikipediaより)

Otis Redding - "These Arms Of Mine

オーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.、1941年9月9日 - 1967年12月10日)は、アメリカのミュージシャン。独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第8位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第21位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第4位。

1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。

同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった。

生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位[3]を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。

その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。
(Wikipediaより)

Otis Redding - In Concert

オーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.、1941年9月9日 - 1967年12月10日)は、アメリカのミュージシャン。独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第8位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第21位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第4位。

1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。

同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった。

生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位[3]を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。

その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。
(Wikipediaより)

Otis Redding - Satisfaction

オーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.、1941年9月9日 - 1967年12月10日)は、アメリカのミュージシャン。独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第8位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第21位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第4位。

1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。

同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった。

生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位[3]を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。

その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。
(Wikipediaより)

Otis Redding - Cigarettes and Coffee

オーティス・レイ・レディング・ジュニア(Otis Ray Redding Jr.、1941年9月9日 - 1967年12月10日)は、アメリカのミュージシャン。独特の歌唱法でソウルに多大な影響を与えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第8位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第21位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第4位。

1960年代初頭にジョニー・ジェンキンズのパイントッパーズで音楽活動を始め、ソロ・シンガーとして契約後1962年に「These Arms of Mine」を発表(R&Bのチャートで最高位20位、Billboard Hot 100で85位と人気を博す)、この歌をきっかけに1964年スタックス傘下のヴォルトからアルバム『Pain in My Heart』を発表、アメリカ国内でアトランティック・レコードのもとで全国流通を果たす。

同年、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパーと共同制作した「Mr. Pitiful」は、R&Bシングル・チャートで最高位10位、Billboard Hot 100で41位となるヒットとなった。

生前のシングルレコードで最も評判を呼んだのは、ジェリー・バトラーとの「I've Been Loving You Too Long」で、R&Bのシングル・チャートで2位[3]を記録して彼のキャリアの中で最も高い評価を得る作品となり、続く「Respect」(後にアレサ・フランクリンによるカヴァーが大ヒットする)はR&Bチャートで4位を記録した。

その後、「I Can't Turn You Loose」、「(I Can't Get No) Satisfaction」(ローリング・ストーンズのカバー)といった曲がヒットして、古いラブ・ソングをリサイクルした「Try a Little Tenderness」は、1966年の代表曲となった。そして、1967年のモントレー・ポップ・フェスティバルに出演して評価を得た。このフェスティヴァル出演後、喉の異変を訴え、ポリープが見つかり医者から2ヶ月間歌う事を禁じられ、後の曲調の変化に大きな影響を与えた。
(Wikipediaより)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター