[/] ROCKPV Aretha Franklin

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Aretha Franklin - I Never Loved A Man (The Way I Love You)

アレサ・ルイーズ・フランクリン(Aretha Louise Franklin、1942年3月25日 - )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

1966年11月、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。

同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した[7]。

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒットさせた。

1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Live at The Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。

代表曲は「Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング)、「I Say A Little Prayer」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1972年に、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表。(Wikipediaより)

Aretha Franklin - Bridge Over Troubled Water YouTube 動画

アレサ・ルイーズ・フランクリン(Aretha Louise Franklin、1942年3月25日 - )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

1966年11月、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。

同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した[7]。

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒットさせた。

1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Live at The Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。

代表曲は「Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング)、「I Say A Little Prayer」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1972年に、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表。(Wikipediaより)

Aretha Franklin - (You Make Me Feel Like) A Natural Woman

アレサ・ルイーズ・フランクリン(Aretha Louise Franklin、1942年3月25日 - )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

1966年11月、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。

同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した[7]。

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒットさせた。

1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Live at The Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。

代表曲は「Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング)、「I Say A Little Prayer」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1972年に、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表。(Wikipediaより)

Aretha Franklin Chain of Fools

アレサ・ルイーズ・フランクリン(Aretha Louise Franklin、1942年3月25日 - )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

1966年11月、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。

同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した[7]。

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒットさせた。

1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Live at The Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。

代表曲は「Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング)、「I Say A Little Prayer」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1972年に、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表。(Wikipediaより)

Aretha Franklin - I Say A Little Prayer

アレサ・ルイーズ・フランクリン(Aretha Louise Franklin、1942年3月25日 - )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、その圧倒的な歌声で、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

1966年11月、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。

同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した[7]。

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒットさせた。

1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Live at The Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。

代表曲は「Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング)、「I Say A Little Prayer」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1972年に、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表。(Wikipediaより)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト