[/] ROCKPV Ray Charles

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Ray Charles - What'd I Say

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。

盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。

「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。

1959年の「ホワッド・アイ・セイ」が自身初のミリオンセラーである。人気を高める一方で、ゴスペルを大胆にアレンジしていたことから、敬虔なクリスチャンからは非難されていた。

1959年に、アトランティックとの契約切れを期にABCレコードと契約、1961年に代表曲の一つとなる「我が心のジョージア」を発表、ミリオンセラーを記録。

チャールズはジョージア州が行う黒人差別を反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、1979年4月24日、ジョージア州議会は追放を撤廃、『Georgia On My Mind (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。1980年には映画『ブルース・ブラザース』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『Shake Your Tailfeather』を演奏している。

また1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。

1989年には、サザンオールスターズの「いとしのエリー」をカヴァーしたことで日本で話題になる。この曲をカヴァーするに至る経緯は、サントリーが発売するウイスキー「ホワイト」のCMソングとして、日本の楽曲をカヴァーして欲しいという依頼がチャールズに舞い込んだことによる。

幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本でヒットを記録することとなる。日本では、2002年にもドキュメンタリー番組「いのちの響」に取り上げられてもいる。

2004年に、テイラー・ハックフォード監督の伝記映画『Ray/レイ』が公開され、アカデミー音響賞、主人公のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞した。製作中に、撮影現場で演技指導を行った際に、ジェイミーのあまりの演技力から「あんたは俺の後継者だよ!」と賞賛の言葉を送った。

しかし、2004年6月10日に肝臓癌で死去。73歳だった。完成された映画を観ることは出来なかった。また、彼をリスペクトするアーティストによる「音楽葬」が行われたことも話題となった。2005年2月13日、第47回グラミー賞授賞式では、ノラ・ジョーンズとのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」が最優秀レコード賞となったほか、最優秀アルバム、ポップス・ボーカルやゴスペルなど、計8部門で受賞した。
(Wikipediaより)

Ray Charles - Let it be

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。

盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。

「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。

1959年の「ホワッド・アイ・セイ」が自身初のミリオンセラーである。人気を高める一方で、ゴスペルを大胆にアレンジしていたことから、敬虔なクリスチャンからは非難されていた。

1959年に、アトランティックとの契約切れを期にABCレコードと契約、1961年に代表曲の一つとなる「我が心のジョージア」を発表、ミリオンセラーを記録。

チャールズはジョージア州が行う黒人差別を反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、1979年4月24日、ジョージア州議会は追放を撤廃、『Georgia On My Mind (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。1980年には映画『ブルース・ブラザース』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『Shake Your Tailfeather』を演奏している。

また1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。

1989年には、サザンオールスターズの「いとしのエリー」をカヴァーしたことで日本で話題になる。この曲をカヴァーするに至る経緯は、サントリーが発売するウイスキー「ホワイト」のCMソングとして、日本の楽曲をカヴァーして欲しいという依頼がチャールズに舞い込んだことによる。

幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本でヒットを記録することとなる。日本では、2002年にもドキュメンタリー番組「いのちの響」に取り上げられてもいる。

2004年に、テイラー・ハックフォード監督の伝記映画『Ray/レイ』が公開され、アカデミー音響賞、主人公のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞した。製作中に、撮影現場で演技指導を行った際に、ジェイミーのあまりの演技力から「あんたは俺の後継者だよ!」と賞賛の言葉を送った。

しかし、2004年6月10日に肝臓癌で死去。73歳だった。完成された映画を観ることは出来なかった。また、彼をリスペクトするアーティストによる「音楽葬」が行われたことも話題となった。2005年2月13日、第47回グラミー賞授賞式では、ノラ・ジョーンズとのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」が最優秀レコード賞となったほか、最優秀アルバム、ポップス・ボーカルやゴスペルなど、計8部門で受賞した。
(Wikipediaより)

Ray Charles - I've got a woman

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。

盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。

「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。

1959年の「ホワッド・アイ・セイ」が自身初のミリオンセラーである。人気を高める一方で、ゴスペルを大胆にアレンジしていたことから、敬虔なクリスチャンからは非難されていた。

1959年に、アトランティックとの契約切れを期にABCレコードと契約、1961年に代表曲の一つとなる「我が心のジョージア」を発表、ミリオンセラーを記録。

チャールズはジョージア州が行う黒人差別を反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、1979年4月24日、ジョージア州議会は追放を撤廃、『Georgia On My Mind (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。1980年には映画『ブルース・ブラザース』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『Shake Your Tailfeather』を演奏している。

また1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。

1989年には、サザンオールスターズの「いとしのエリー」をカヴァーしたことで日本で話題になる。この曲をカヴァーするに至る経緯は、サントリーが発売するウイスキー「ホワイト」のCMソングとして、日本の楽曲をカヴァーして欲しいという依頼がチャールズに舞い込んだことによる。

幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本でヒットを記録することとなる。日本では、2002年にもドキュメンタリー番組「いのちの響」に取り上げられてもいる。

2004年に、テイラー・ハックフォード監督の伝記映画『Ray/レイ』が公開され、アカデミー音響賞、主人公のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞した。製作中に、撮影現場で演技指導を行った際に、ジェイミーのあまりの演技力から「あんたは俺の後継者だよ!」と賞賛の言葉を送った。

しかし、2004年6月10日に肝臓癌で死去。73歳だった。完成された映画を観ることは出来なかった。また、彼をリスペクトするアーティストによる「音楽葬」が行われたことも話題となった。2005年2月13日、第47回グラミー賞授賞式では、ノラ・ジョーンズとのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」が最優秀レコード賞となったほか、最優秀アルバム、ポップス・ボーカルやゴスペルなど、計8部門で受賞した。
(Wikipediaより)

Ray Charles - Hit the Road Jack

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。

盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。

「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。

1959年の「ホワッド・アイ・セイ」が自身初のミリオンセラーである。人気を高める一方で、ゴスペルを大胆にアレンジしていたことから、敬虔なクリスチャンからは非難されていた。

1959年に、アトランティックとの契約切れを期にABCレコードと契約、1961年に代表曲の一つとなる「我が心のジョージア」を発表、ミリオンセラーを記録。

チャールズはジョージア州が行う黒人差別を反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、1979年4月24日、ジョージア州議会は追放を撤廃、『Georgia On My Mind (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。1980年には映画『ブルース・ブラザース』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『Shake Your Tailfeather』を演奏している。

また1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。

1989年には、サザンオールスターズの「いとしのエリー」をカヴァーしたことで日本で話題になる。この曲をカヴァーするに至る経緯は、サントリーが発売するウイスキー「ホワイト」のCMソングとして、日本の楽曲をカヴァーして欲しいという依頼がチャールズに舞い込んだことによる。

幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本でヒットを記録することとなる。日本では、2002年にもドキュメンタリー番組「いのちの響」に取り上げられてもいる。

2004年に、テイラー・ハックフォード監督の伝記映画『Ray/レイ』が公開され、アカデミー音響賞、主人公のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞した。製作中に、撮影現場で演技指導を行った際に、ジェイミーのあまりの演技力から「あんたは俺の後継者だよ!」と賞賛の言葉を送った。

しかし、2004年6月10日に肝臓癌で死去。73歳だった。完成された映画を観ることは出来なかった。また、彼をリスペクトするアーティストによる「音楽葬」が行われたことも話題となった。2005年2月13日、第47回グラミー賞授賞式では、ノラ・ジョーンズとのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」が最優秀レコード賞となったほか、最優秀アルバム、ポップス・ボーカルやゴスペルなど、計8部門で受賞した。
(Wikipediaより)

Ray Charles - Georgia On My Mind

レイ・チャールズ・ロビンソン(Ray Charles Robinson、1930年9月23日 - 2004年6月10日)は、アメリカ合衆国・ジョージア州オールバニ出身の歌手、ピアニスト。

盲目というハンディを背負いながらも、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを、黒人である自らのルーツを遡って行くような音楽活動の中で、自分の魂を歌うという「ソウルミュージック」の形を自らで実証し、「ソウルの神様」と呼ばれたカリスマとなった。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第10位。

「Q誌の選ぶ歴代の偉大な100人のシンガー」において第24位。

1959年の「ホワッド・アイ・セイ」が自身初のミリオンセラーである。人気を高める一方で、ゴスペルを大胆にアレンジしていたことから、敬虔なクリスチャンからは非難されていた。

1959年に、アトランティックとの契約切れを期にABCレコードと契約、1961年に代表曲の一つとなる「我が心のジョージア」を発表、ミリオンセラーを記録。

チャールズはジョージア州が行う黒人差別を反対、同州でのコンサートをキャンセルしたため、州はチャールズを追放していたが、1979年4月24日、ジョージア州議会は追放を撤廃、『Georgia On My Mind (わが心のジョージア)』を正式な州歌と定めた。1980年には映画『ブルース・ブラザース』(1980年)に楽器店店主の役で出演し、『Shake Your Tailfeather』を演奏している。

また1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。

1989年には、サザンオールスターズの「いとしのエリー」をカヴァーしたことで日本で話題になる。この曲をカヴァーするに至る経緯は、サントリーが発売するウイスキー「ホワイト」のCMソングとして、日本の楽曲をカヴァーして欲しいという依頼がチャールズに舞い込んだことによる。

幾つか提示されていた楽曲の中で唯一気に入ったとされるこの曲のカヴァーが起用され、日本でヒットを記録することとなる。日本では、2002年にもドキュメンタリー番組「いのちの響」に取り上げられてもいる。

2004年に、テイラー・ハックフォード監督の伝記映画『Ray/レイ』が公開され、アカデミー音響賞、主人公のジェイミー・フォックスはアカデミー主演男優賞を受賞した。製作中に、撮影現場で演技指導を行った際に、ジェイミーのあまりの演技力から「あんたは俺の後継者だよ!」と賞賛の言葉を送った。

しかし、2004年6月10日に肝臓癌で死去。73歳だった。完成された映画を観ることは出来なかった。また、彼をリスペクトするアーティストによる「音楽葬」が行われたことも話題となった。2005年2月13日、第47回グラミー賞授賞式では、ノラ・ジョーンズとのデュエット曲「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」が最優秀レコード賞となったほか、最優秀アルバム、ポップス・ボーカルやゴスペルなど、計8部門で受賞した。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト