[/] ROCKPV Steppenwolf

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Steppenwolf - Sookie Sookie YouTube 動画

ステッペンウルフ(Steppenwolf)は、1967年にカナダで結成されたロックバンド。「ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)」(Born to Be Wild)や「マジック・カーペット・ライド」(Magic Carpet Ride)、「モンスター/スーサイド/アメリカ」(Monster/Suicide/America)、「レネゲイド」(Renegade)、「ザ・プッシャー」(The Pusher)などが代表作。バンド名は、ヘルマン・ヘッセの小説『荒野のおおかみ』(Der Steppenwolf)から名付けられた。彼らは1960年代に熱狂的なファンの支持を得て、現在までに全世界で2,500万枚以上のアルバムの売り上げを記録している。

ステッペンウルフは、デビューアルバムからシングルカットされた第3シングルの「ワイルドでいこう!」と、ホイト・アクストンの楽曲のカバーである「ザ・プッシャー」の2曲が映画『イージー・ライダー』の作中で用いられたことにより、世界規模の知名度を得た。「ワイルドでいこう!」は、ジェリー・エドモントンの兄で、ザ・スパロウズ時代およびステッペンウルフ時代初期のリードギタリストであったデニス・エドモントンによって制作された。デニスはソロ活動を行うためにステッペンウルフを脱退し、マーズ・ボンファイヤー(Mars Bonfire)名義で活動した。

「ワイルドでいこう!」はチャート2位を記録した。この曲は、ロックの歌詞に「ヘビーメタル」という言葉を織り込んでいる(実際には、この言葉は音楽のジャンルではなくバイクを表している)。

この曲に続いていくつかのヒットソングが発表された。例を挙げると、セカンドアルバム『Steppenwolf The Second』収録の「マジック・カーペット・ライド」(チャート3位)、サードアルバム『At Your Birthday Party』収録の「ロック・ミー」(Rock Me, チャート10位)などである。2枚組アルバム『Steppenwolf Live』について、ジョン・ケイは自叙伝『Magic Carpet Ride』で個人的にこのアルバムが嫌いであると述べている。

ニクソン大統領時代のアメリカの政策を批判する作品である『Monster』と、『Steppenwolf 7』の2作品はバンドの最も政治色の強いアルバムである。(Wikipediaより引用)

Steppenwolf - Screaming Night Hog YouTube 動画

ステッペンウルフ(Steppenwolf)は、1967年にカナダで結成されたロックバンド。「ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)」(Born to Be Wild)や「マジック・カーペット・ライド」(Magic Carpet Ride)、「モンスター/スーサイド/アメリカ」(Monster/Suicide/America)、「レネゲイド」(Renegade)、「ザ・プッシャー」(The Pusher)などが代表作。バンド名は、ヘルマン・ヘッセの小説『荒野のおおかみ』(Der Steppenwolf)から名付けられた。彼らは1960年代に熱狂的なファンの支持を得て、現在までに全世界で2,500万枚以上のアルバムの売り上げを記録している。

ステッペンウルフは、デビューアルバムからシングルカットされた第3シングルの「ワイルドでいこう!」と、ホイト・アクストンの楽曲のカバーである「ザ・プッシャー」の2曲が映画『イージー・ライダー』の作中で用いられたことにより、世界規模の知名度を得た。「ワイルドでいこう!」は、ジェリー・エドモントンの兄で、ザ・スパロウズ時代およびステッペンウルフ時代初期のリードギタリストであったデニス・エドモントンによって制作された。デニスはソロ活動を行うためにステッペンウルフを脱退し、マーズ・ボンファイヤー(Mars Bonfire)名義で活動した。

「ワイルドでいこう!」はチャート2位を記録した。この曲は、ロックの歌詞に「ヘビーメタル」という言葉を織り込んでいる(実際には、この言葉は音楽のジャンルではなくバイクを表している)。

この曲に続いていくつかのヒットソングが発表された。例を挙げると、セカンドアルバム『Steppenwolf The Second』収録の「マジック・カーペット・ライド」(チャート3位)、サードアルバム『At Your Birthday Party』収録の「ロック・ミー」(Rock Me, チャート10位)などである。2枚組アルバム『Steppenwolf Live』について、ジョン・ケイは自叙伝『Magic Carpet Ride』で個人的にこのアルバムが嫌いであると述べている。

ニクソン大統領時代のアメリカの政策を批判する作品である『Monster』と、『Steppenwolf 7』の2作品はバンドの最も政治色の強いアルバムである。(Wikipediaより引用)

Steppenwolf - The Pusher YouTube 動画

ステッペンウルフ(Steppenwolf)は、1967年にカナダで結成されたロックバンド。「ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)」(Born to Be Wild)や「マジック・カーペット・ライド」(Magic Carpet Ride)、「モンスター/スーサイド/アメリカ」(Monster/Suicide/America)、「レネゲイド」(Renegade)、「ザ・プッシャー」(The Pusher)などが代表作。バンド名は、ヘルマン・ヘッセの小説『荒野のおおかみ』(Der Steppenwolf)から名付けられた。彼らは1960年代に熱狂的なファンの支持を得て、現在までに全世界で2,500万枚以上のアルバムの売り上げを記録している。

ステッペンウルフは、デビューアルバムからシングルカットされた第3シングルの「ワイルドでいこう!」と、ホイト・アクストンの楽曲のカバーである「ザ・プッシャー」の2曲が映画『イージー・ライダー』の作中で用いられたことにより、世界規模の知名度を得た。「ワイルドでいこう!」は、ジェリー・エドモントンの兄で、ザ・スパロウズ時代およびステッペンウルフ時代初期のリードギタリストであったデニス・エドモントンによって制作された。デニスはソロ活動を行うためにステッペンウルフを脱退し、マーズ・ボンファイヤー(Mars Bonfire)名義で活動した。

「ワイルドでいこう!」はチャート2位を記録した。この曲は、ロックの歌詞に「ヘビーメタル」という言葉を織り込んでいる(実際には、この言葉は音楽のジャンルではなくバイクを表している)。

この曲に続いていくつかのヒットソングが発表された。例を挙げると、セカンドアルバム『Steppenwolf The Second』収録の「マジック・カーペット・ライド」(チャート3位)、サードアルバム『At Your Birthday Party』収録の「ロック・ミー」(Rock Me, チャート10位)などである。2枚組アルバム『Steppenwolf Live』について、ジョン・ケイは自叙伝『Magic Carpet Ride』で個人的にこのアルバムが嫌いであると述べている。

ニクソン大統領時代のアメリカの政策を批判する作品である『Monster』と、『Steppenwolf 7』の2作品はバンドの最も政治色の強いアルバムである。(Wikipediaより引用)

Steppenwolf - Magic Carpet Ride YouTube 動画

ステッペンウルフ(Steppenwolf)は、1967年にカナダで結成されたロックバンド。「ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)」(Born to Be Wild)や「マジック・カーペット・ライド」(Magic Carpet Ride)、「モンスター/スーサイド/アメリカ」(Monster/Suicide/America)、「レネゲイド」(Renegade)、「ザ・プッシャー」(The Pusher)などが代表作。バンド名は、ヘルマン・ヘッセの小説『荒野のおおかみ』(Der Steppenwolf)から名付けられた。彼らは1960年代に熱狂的なファンの支持を得て、現在までに全世界で2,500万枚以上のアルバムの売り上げを記録している。

ステッペンウルフは、デビューアルバムからシングルカットされた第3シングルの「ワイルドでいこう!」と、ホイト・アクストンの楽曲のカバーである「ザ・プッシャー」の2曲が映画『イージー・ライダー』の作中で用いられたことにより、世界規模の知名度を得た。「ワイルドでいこう!」は、ジェリー・エドモントンの兄で、ザ・スパロウズ時代およびステッペンウルフ時代初期のリードギタリストであったデニス・エドモントンによって制作された。デニスはソロ活動を行うためにステッペンウルフを脱退し、マーズ・ボンファイヤー(Mars Bonfire)名義で活動した。

「ワイルドでいこう!」はチャート2位を記録した。この曲は、ロックの歌詞に「ヘビーメタル」という言葉を織り込んでいる(実際には、この言葉は音楽のジャンルではなくバイクを表している)。

この曲に続いていくつかのヒットソングが発表された。例を挙げると、セカンドアルバム『Steppenwolf The Second』収録の「マジック・カーペット・ライド」(チャート3位)、サードアルバム『At Your Birthday Party』収録の「ロック・ミー」(Rock Me, チャート10位)などである。2枚組アルバム『Steppenwolf Live』について、ジョン・ケイは自叙伝『Magic Carpet Ride』で個人的にこのアルバムが嫌いであると述べている。

ニクソン大統領時代のアメリカの政策を批判する作品である『Monster』と、『Steppenwolf 7』の2作品はバンドの最も政治色の強いアルバムである。(Wikipediaより引用)

Steppenwolf - Born To Be Wild YouTube 動画

ステッペンウルフ(Steppenwolf)は、1967年にカナダで結成されたロックバンド。「ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)」(Born to Be Wild)や「マジック・カーペット・ライド」(Magic Carpet Ride)、「モンスター/スーサイド/アメリカ」(Monster/Suicide/America)、「レネゲイド」(Renegade)、「ザ・プッシャー」(The Pusher)などが代表作。バンド名は、ヘルマン・ヘッセの小説『荒野のおおかみ』(Der Steppenwolf)から名付けられた。彼らは1960年代に熱狂的なファンの支持を得て、現在までに全世界で2,500万枚以上のアルバムの売り上げを記録している。

ステッペンウルフは、デビューアルバムからシングルカットされた第3シングルの「ワイルドでいこう!」と、ホイト・アクストンの楽曲のカバーである「ザ・プッシャー」の2曲が映画『イージー・ライダー』の作中で用いられたことにより、世界規模の知名度を得た。「ワイルドでいこう!」は、ジェリー・エドモントンの兄で、ザ・スパロウズ時代およびステッペンウルフ時代初期のリードギタリストであったデニス・エドモントンによって制作された。デニスはソロ活動を行うためにステッペンウルフを脱退し、マーズ・ボンファイヤー(Mars Bonfire)名義で活動した。

「ワイルドでいこう!」はチャート2位を記録した。この曲は、ロックの歌詞に「ヘビーメタル」という言葉を織り込んでいる(実際には、この言葉は音楽のジャンルではなくバイクを表している)。

この曲に続いていくつかのヒットソングが発表された。例を挙げると、セカンドアルバム『Steppenwolf The Second』収録の「マジック・カーペット・ライド」(チャート3位)、サードアルバム『At Your Birthday Party』収録の「ロック・ミー」(Rock Me, チャート10位)などである。2枚組アルバム『Steppenwolf Live』について、ジョン・ケイは自叙伝『Magic Carpet Ride』で個人的にこのアルバムが嫌いであると述べている。

ニクソン大統領時代のアメリカの政策を批判する作品である『Monster』と、『Steppenwolf 7』の2作品はバンドの最も政治色の強いアルバムである。(Wikipediaより引用)

Thank you for stopping in!

Hello☆管理人のはてろです。

ROCKPVであなたの宝物になる曲がみつかれば嬉しいです

素敵な音楽ライフを!

僕の好きな曲を和訳した自作動画をYouTubeで公開してます。
マイチャンネル

ツイッターでは洋楽名曲の感想などツイートしています。
Twitter

サイト内検索
アーティスト
カウンター