[/] ROCKPV Atomic Rooster

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Atomic Rooster - Sleeping for Years

アトミック・ルースター(Atomic Rooster)は、イングランド出身のロック・バンド。

ブリティッシュ・ハードロック黎明期に誕生したグループの一つ。1980年代で解散し、創設者のヴィンセント・クレインも亡くなっていたが、2016年にゆかりのあった旧メンバーらが名義を再興した。

1968年、サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に在籍していたキーボードのヴィンセント・クレインとドラムスのカール・パーマーが諸事情でバンドを脱退し、ベース/フルートのニック・グラハムを加えてキーボード・トリオを結成した。クレインの発案による、「ギターがメインのハード・ロックをキーボードメインで演奏する」という考えがあったと言われている[1]。

翌1970年、プロデューサーのロバート・スティグウッドのバック・アップによりB&Cレコードと契約し、3月20日にバンド名とセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。レコーディングはクレインの書いた譜面を見ながら行われた[1]。

この直後、ニック・グラハムが音楽性の相違から、そしてカール・パーマーが「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」結成のため脱退。後任として元「アンドロメダ」のギタリスト、ジョン・カン(後のジョン・デュ・カン)と、ドラムスのポール・ハモンドが加入した。ベース・ラインはヴィンセント・クレインがキーボードによって担当する、変則的な構成になった。

結成時はアート・ロック要素の強いキーボード・トリオであり、クレインのオルガン、時折入るグラハムのフルートが特徴。

1stアルバムは、プログレッシヴ・ハードロックの金字塔と評価された[2]。またそのスタイルを確立した作品とされる[1]。

カン、ハモンド在籍時はオルガン、ギターを前面に出したダークなハードロック・サウンドであり、後にヴォーカル面強化のためにフレンチが加入、3rdアルバムでハードロック・バンドとしてのスタイルを完成させたとされる[1]。

クリス・ファーロウ在籍時はソウル、ファンク色が強く、ベテラン・シンガーを迎えたためか、伝統的ブリティッシュ・サウンドになったとも評される。

活動再開後の1980年代は、初期のハード・ロック・サウンドにヘヴィメタルの要素も加わる。但しスタジオ・セッション的なサウンドでありポップになったとも評される。(Wikipediaより)

Atomic Rooster-Tomorrow Night

アトミック・ルースター(Atomic Rooster)は、イングランド出身のロック・バンド。

ブリティッシュ・ハードロック黎明期に誕生したグループの一つ。1980年代で解散し、創設者のヴィンセント・クレインも亡くなっていたが、2016年にゆかりのあった旧メンバーらが名義を再興した。

1968年、サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に在籍していたキーボードのヴィンセント・クレインとドラムスのカール・パーマーが諸事情でバンドを脱退し、ベース/フルートのニック・グラハムを加えてキーボード・トリオを結成した。クレインの発案による、「ギターがメインのハード・ロックをキーボードメインで演奏する」という考えがあったと言われている[1]。

翌1970年、プロデューサーのロバート・スティグウッドのバック・アップによりB&Cレコードと契約し、3月20日にバンド名とセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。レコーディングはクレインの書いた譜面を見ながら行われた[1]。

この直後、ニック・グラハムが音楽性の相違から、そしてカール・パーマーが「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」結成のため脱退。後任として元「アンドロメダ」のギタリスト、ジョン・カン(後のジョン・デュ・カン)と、ドラムスのポール・ハモンドが加入した。ベース・ラインはヴィンセント・クレインがキーボードによって担当する、変則的な構成になった。

結成時はアート・ロック要素の強いキーボード・トリオであり、クレインのオルガン、時折入るグラハムのフルートが特徴。

1stアルバムは、プログレッシヴ・ハードロックの金字塔と評価された[2]。またそのスタイルを確立した作品とされる[1]。

カン、ハモンド在籍時はオルガン、ギターを前面に出したダークなハードロック・サウンドであり、後にヴォーカル面強化のためにフレンチが加入、3rdアルバムでハードロック・バンドとしてのスタイルを完成させたとされる[1]。

クリス・ファーロウ在籍時はソウル、ファンク色が強く、ベテラン・シンガーを迎えたためか、伝統的ブリティッシュ・サウンドになったとも評される[1]。

活動再開後の1980年代は、初期のハード・ロック・サウンドにヘヴィメタルの要素も加わる。但しスタジオ・セッション的なサウンドでありポップになったとも評される。(Wikipediaより引用)

Atomic Rooster - The Ultimate Anthology

アトミック・ルースター(Atomic Rooster)は、イングランド出身のロック・バンド。

ブリティッシュ・ハードロック黎明期に誕生したグループの一つ。1980年代で解散し、創設者のヴィンセント・クレインも亡くなっていたが、2016年にゆかりのあった旧メンバーらが名義を再興した。

1968年、サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に在籍していたキーボードのヴィンセント・クレインとドラムスのカール・パーマーが諸事情でバンドを脱退し、ベース/フルートのニック・グラハムを加えてキーボード・トリオを結成した。クレインの発案による、「ギターがメインのハード・ロックをキーボードメインで演奏する」という考えがあったと言われている[1]。

翌1970年、プロデューサーのロバート・スティグウッドのバック・アップによりB&Cレコードと契約し、3月20日にバンド名とセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。レコーディングはクレインの書いた譜面を見ながら行われた[1]。

この直後、ニック・グラハムが音楽性の相違から、そしてカール・パーマーが「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」結成のため脱退。後任として元「アンドロメダ」のギタリスト、ジョン・カン(後のジョン・デュ・カン)と、ドラムスのポール・ハモンドが加入した。ベース・ラインはヴィンセント・クレインがキーボードによって担当する、変則的な構成になった。

結成時はアート・ロック要素の強いキーボード・トリオであり、クレインのオルガン、時折入るグラハムのフルートが特徴。

1stアルバムは、プログレッシヴ・ハードロックの金字塔と評価された[2]。またそのスタイルを確立した作品とされる[1]。

カン、ハモンド在籍時はオルガン、ギターを前面に出したダークなハードロック・サウンドであり、後にヴォーカル面強化のためにフレンチが加入、3rdアルバムでハードロック・バンドとしてのスタイルを完成させたとされる[1]。

クリス・ファーロウ在籍時はソウル、ファンク色が強く、ベテラン・シンガーを迎えたためか、伝統的ブリティッシュ・サウンドになったとも評される[1]。

活動再開後の1980年代は、初期のハード・ロック・サウンドにヘヴィメタルの要素も加わる。但しスタジオ・セッション的なサウンドでありポップになったとも評される。(Wikipediaより)

Atomic Rooster - Black Snake

アトミック・ルースター(Atomic Rooster)は、イングランド出身のロック・バンド。

ブリティッシュ・ハードロック黎明期に誕生したグループの一つ。1980年代で解散し、創設者のヴィンセント・クレインも亡くなっていたが、2016年にゆかりのあった旧メンバーらが名義を再興した。

1968年、サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に在籍していたキーボードのヴィンセント・クレインとドラムスのカール・パーマーが諸事情でバンドを脱退し、ベース/フルートのニック・グラハムを加えてキーボード・トリオを結成した。クレインの発案による、「ギターがメインのハード・ロックをキーボードメインで演奏する」という考えがあったと言われている[1]。

翌1970年、プロデューサーのロバート・スティグウッドのバック・アップによりB&Cレコードと契約し、3月20日にバンド名とセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。レコーディングはクレインの書いた譜面を見ながら行われた[1]。

この直後、ニック・グラハムが音楽性の相違から、そしてカール・パーマーが「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」結成のため脱退。後任として元「アンドロメダ」のギタリスト、ジョン・カン(後のジョン・デュ・カン)と、ドラムスのポール・ハモンドが加入した。ベース・ラインはヴィンセント・クレインがキーボードによって担当する、変則的な構成になった。

結成時はアート・ロック要素の強いキーボード・トリオであり、クレインのオルガン、時折入るグラハムのフルートが特徴。

1stアルバムは、プログレッシヴ・ハードロックの金字塔と評価された[2]。またそのスタイルを確立した作品とされる[1]。

カン、ハモンド在籍時はオルガン、ギターを前面に出したダークなハードロック・サウンドであり、後にヴォーカル面強化のためにフレンチが加入、3rdアルバムでハードロック・バンドとしてのスタイルを完成させたとされる[1]。

クリス・ファーロウ在籍時はソウル、ファンク色が強く、ベテラン・シンガーを迎えたためか、伝統的ブリティッシュ・サウンドになったとも評される。

活動再開後の1980年代は、初期のハード・ロック・サウンドにヘヴィメタルの要素も加わる。但しスタジオ・セッション的なサウンドでありポップになったとも評される。(Wikipediaより引用)

Atomic Rooster - Breakthrough Take

アトミック・ルースター(Atomic Rooster)は、イングランド出身のロック・バンド。

ブリティッシュ・ハードロック黎明期に誕生したグループの一つ。1980年代で解散し、創設者のヴィンセント・クレインも亡くなっていたが、2016年にゆかりのあった旧メンバーらが名義を再興した。

1968年、サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に在籍していたキーボードのヴィンセント・クレインとドラムスのカール・パーマーが諸事情でバンドを脱退し、ベース/フルートのニック・グラハムを加えてキーボード・トリオを結成した。クレインの発案による、「ギターがメインのハード・ロックをキーボードメインで演奏する」という考えがあったと言われている[1]。

翌1970年、プロデューサーのロバート・スティグウッドのバック・アップによりB&Cレコードと契約し、3月20日にバンド名とセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。レコーディングはクレインの書いた譜面を見ながら行われた[1]。

この直後、ニック・グラハムが音楽性の相違から、そしてカール・パーマーが「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」結成のため脱退。後任として元「アンドロメダ」のギタリスト、ジョン・カン(後のジョン・デュ・カン)と、ドラムスのポール・ハモンドが加入した。ベース・ラインはヴィンセント・クレインがキーボードによって担当する、変則的な構成になった。

結成時はアート・ロック要素の強いキーボード・トリオであり、クレインのオルガン、時折入るグラハムのフルートが特徴。

1stアルバムは、プログレッシヴ・ハードロックの金字塔と評価された[2]。またそのスタイルを確立した作品とされる[1]。

カン、ハモンド在籍時はオルガン、ギターを前面に出したダークなハードロック・サウンドであり、後にヴォーカル面強化のためにフレンチが加入、3rdアルバムでハードロック・バンドとしてのスタイルを完成させたとされる[1]。

クリス・ファーロウ在籍時はソウル、ファンク色が強く、ベテラン・シンガーを迎えたためか、伝統的ブリティッシュ・サウンドになったとも評される[1]。

活動再開後の1980年代は、初期のハード・ロック・サウンドにヘヴィメタルの要素も加わる。但しスタジオ・セッション的なサウンドでありポップになったとも評される。(Wikipedia)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト