[/] ROCKPV Rod Stewart

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Rod Stewart - Tonight's The Night YouTube 動画

ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。

1960年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。独特のしゃがれたハスキーボイスで、そのヴォーカルスタイルは同時代のロックミュージシャンに大きな影響を与えた。元サッカー選手でもあり、ライブでは客席にサッカーボールを蹴り込むパフォーマンスが定番となっている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第33位。

近年は『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』シリーズを発表し、カヴァー・シンガーとしても活動している。

2016年6月10日、英国政府によりナイト爵位が授与されることになった。大英帝国第3級勲位(CBE)が既に授与されており、音楽界への長年に渡る貢献が評価された。

「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。

『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。

「アイム・セクシー」を収録した『スーパースターはブロンドがお好き』は、日本のオリコンアルバムチャートでも2位まで上昇する大ヒットを飛ばし、1979年3月のソロ初の日本公演チケットは、ハガキによる抽選販売であった。会場の収容人数が合計8万人に対し、40万通を超える応募が殺到し、日本でも人気が高いことが実証された。

ブルースロックやトラッド・フォークの路線から、1975年以降は楽曲が産業ロック的になり、音楽ジャーナリズムやロックファンからの批判をあびた。また80年代には、当時アパルトヘイト政策をとっていた南アフリカの「サン・シティ」で公演をするミュージシャンとして、ロッドとクイーンなどは、厳しい批判を受けた。なお、人種差別に反対するアーティストたちは1980年代半ばに、「サン・シティ」というアルバムを発表している(Wikipediaより引用)

Rod Stewart - Sailing YouTube 動画

ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。

1960年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。独特のしゃがれたハスキーボイスで、そのヴォーカルスタイルは同時代のロックミュージシャンに大きな影響を与えた。元サッカー選手でもあり、ライブでは客席にサッカーボールを蹴り込むパフォーマンスが定番となっている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第33位。

近年は『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』シリーズを発表し、カヴァー・シンガーとしても活動している。

2016年6月10日、英国政府によりナイト爵位が授与されることになった。大英帝国第3級勲位(CBE)が既に授与されており、音楽界への長年に渡る貢献が評価された。

「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。

『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。

「アイム・セクシー」を収録した『スーパースターはブロンドがお好き』は、日本のオリコンアルバムチャートでも2位まで上昇する大ヒットを飛ばし、1979年3月のソロ初の日本公演チケットは、ハガキによる抽選販売であった。会場の収容人数が合計8万人に対し、40万通を超える応募が殺到し、日本でも人気が高いことが実証された。

ブルースロックやトラッド・フォークの路線から、1975年以降は楽曲が産業ロック的になり、音楽ジャーナリズムやロックファンからの批判をあびた。また80年代には、当時アパルトヘイト政策をとっていた南アフリカの「サン・シティ」で公演をするミュージシャンとして、ロッドとクイーンなどは、厳しい批判を受けた。なお、人種差別に反対するアーティストたちは1980年代半ばに、「サン・シティ」というアルバムを発表している(Wikipediaより引用)

Rod Stewart - Baby Jane YouTube 動画

ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。

1960年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。独特のしゃがれたハスキーボイスで、そのヴォーカルスタイルは同時代のロックミュージシャンに大きな影響を与えた。元サッカー選手でもあり、ライブでは客席にサッカーボールを蹴り込むパフォーマンスが定番となっている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第33位。

近年は『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』シリーズを発表し、カヴァー・シンガーとしても活動している。

2016年6月10日、英国政府によりナイト爵位が授与されることになった。大英帝国第3級勲位(CBE)が既に授与されており、音楽界への長年に渡る貢献が評価された。

「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。

『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。

「アイム・セクシー」を収録した『スーパースターはブロンドがお好き』は、日本のオリコンアルバムチャートでも2位まで上昇する大ヒットを飛ばし、1979年3月のソロ初の日本公演チケットは、ハガキによる抽選販売であった。会場の収容人数が合計8万人に対し、40万通を超える応募が殺到し、日本でも人気が高いことが実証された。

ブルースロックやトラッド・フォークの路線から、1975年以降は楽曲が産業ロック的になり、音楽ジャーナリズムやロックファンからの批判をあびた。また80年代には、当時アパルトヘイト政策をとっていた南アフリカの「サン・シティ」で公演をするミュージシャンとして、ロッドとクイーンなどは、厳しい批判を受けた。なお、人種差別に反対するアーティストたちは1980年代半ばに、「サン・シティ」というアルバムを発表している(Wikipediaより引用)

Rod Stewart - Da Ya Think I'm Sexy? YouTube 動画

ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。

1960年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。独特のしゃがれたハスキーボイスで、そのヴォーカルスタイルは同時代のロックミュージシャンに大きな影響を与えた。元サッカー選手でもあり、ライブでは客席にサッカーボールを蹴り込むパフォーマンスが定番となっている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第33位。

近年は『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』シリーズを発表し、カヴァー・シンガーとしても活動している。

2016年6月10日、英国政府によりナイト爵位が授与されることになった。大英帝国第3級勲位(CBE)が既に授与されており、音楽界への長年に渡る貢献が評価された。

「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。

『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。

「アイム・セクシー」を収録した『スーパースターはブロンドがお好き』は、日本のオリコンアルバムチャートでも2位まで上昇する大ヒットを飛ばし、1979年3月のソロ初の日本公演チケットは、ハガキによる抽選販売であった。会場の収容人数が合計8万人に対し、40万通を超える応募が殺到し、日本でも人気が高いことが実証された。

ブルースロックやトラッド・フォークの路線から、1975年以降は楽曲が産業ロック的になり、音楽ジャーナリズムやロックファンからの批判をあびた。また80年代には、当時アパルトヘイト政策をとっていた南アフリカの「サン・シティ」で公演をするミュージシャンとして、ロッドとクイーンなどは、厳しい批判を受けた。なお、人種差別に反対するアーティストたちは1980年代半ばに、「サン・シティ」というアルバムを発表している(Wikipediaより引用)

Rod Stewart - Have You Ever Seen The Rain YouTube 動画

ロデリック・デイヴィッド・“ロッド”・スチュワート,Sir(Roderick David "Rod" Stewart,Sir, 1945年1月10日 - )は、スコットランド家系のイギリスのミュージシャン。

1960年代後半からジェフ・ベック・グループ、フェイセズでの在籍を経てソロで活躍。独特のしゃがれたハスキーボイスで、そのヴォーカルスタイルは同時代のロックミュージシャンに大きな影響を与えた。元サッカー選手でもあり、ライブでは客席にサッカーボールを蹴り込むパフォーマンスが定番となっている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第59位。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第33位。

近年は『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック』シリーズを発表し、カヴァー・シンガーとしても活動している。

2016年6月10日、英国政府によりナイト爵位が授与されることになった。大英帝国第3級勲位(CBE)が既に授与されており、音楽界への長年に渡る貢献が評価された。

「マギー・メイ」や「ユー・ウェア・イット・ウェル」などのヒットを飛ばしていた。やがてフェイセズ解散後、イギリスでの重税を逃れるため、渡米して『アトランティック・クロッシング』(1975年)を制作。ジャケット写真では、まさに大西洋を一跨ぎしようとするイラストが描かれている。スティーヴ・クロッパーやジェシ・エド・デイヴィスなど、有名なアメリカ人ミュージシャンが多数参加した作品で、ここから「セイリング」がヒット。ライブ後半の重要なレパートリーに数えられる。『ナイト・オン・ザ・タウン』(1976年)からは「今夜きめよう」が全米で8週連続1位を記録する大ヒットとなる。

『明日へのキック・オフ』(1977年)から数年は、カーマイン・アピス(ドラム)を中心としたバック・バンドを従えて活動。『スーパースターはブロンドがお好き』(1978年)は、ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた「アイム・セクシー」のヒットもあって、全米1位に輝く。ちなみに、この「アイム・セクシー」は、ブラジルのアーティスト、ジョルジ・ベンの「タジ・マハール」に非常によく似ているため、裁判となった。裁判の結果はロッドの敗訴だった。後年、盗作である事をロッド本人が認めている。

「アイム・セクシー」を収録した『スーパースターはブロンドがお好き』は、日本のオリコンアルバムチャートでも2位まで上昇する大ヒットを飛ばし、1979年3月のソロ初の日本公演チケットは、ハガキによる抽選販売であった。会場の収容人数が合計8万人に対し、40万通を超える応募が殺到し、日本でも人気が高いことが実証された。

ブルースロックやトラッド・フォークの路線から、1975年以降は楽曲が産業ロック的になり、音楽ジャーナリズムやロックファンからの批判をあびた。また80年代には、当時アパルトヘイト政策をとっていた南アフリカの「サン・シティ」で公演をするミュージシャンとして、ロッドとクイーンなどは、厳しい批判を受けた。なお、人種差別に反対するアーティストたちは1980年代半ばに、「サン・シティ」というアルバムを発表している(Wikipediaより引用)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

.僕はロックに希望、勇気をもらい、救われ、色んな事を教えてもらいました。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターでは、洋楽ロックの名盤たまに邦楽を紹介してます。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト