[/] ROCKPV Styx

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Styx - Too Much Time On My Hands YouTube 動画

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1980年、次作の制作を開始する中、ミック・ジョーンズとルー・グラムの主導権が強くなり、不満を持ったイアン・マクドナルドやアル・グリーンウッドと対立。結局イアンとアルが脱退し、残る4人編成で活動を継続する。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。(Wikipediaより引用)

Styx - Come Sail Away YouTube 動画

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1980年、次作の制作を開始する中、ミック・ジョーンズとルー・グラムの主導権が強くなり、不満を持ったイアン・マクドナルドやアル・グリーンウッドと対立。結局イアンとアルが脱退し、残る4人編成で活動を継続する。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。(Wikipediaより引用)

Styx - Babe YouTube 動画

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1980年、次作の制作を開始する中、ミック・ジョーンズとルー・グラムの主導権が強くなり、不満を持ったイアン・マクドナルドやアル・グリーンウッドと対立。結局イアンとアルが脱退し、残る4人編成で活動を継続する。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。(Wikipediaより引用)

Styx - The Best Of Times YouTube 動画

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1980年、次作の制作を開始する中、ミック・ジョーンズとルー・グラムの主導権が強くなり、不満を持ったイアン・マクドナルドやアル・グリーンウッドと対立。結局イアンとアルが脱退し、残る4人編成で活動を継続する。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。(Wikipediaより引用)

Styx - Mr. Roboto YouTube 動画

スティクス (Styx) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代の米国産プログレッシブロック「アメリカン・プログレ・ハード」を代表するバンドの一つ。1980年代初頭にピークを迎えて隆盛を極め、日本でも代表曲「ミスター・ロボット」のヒットなどが知られた。

日本ではアメリカン・プログレ・ハードなどのジャンルに括られることが多いが、デビュー当初のサウンドはプログレッシブ・ロックの色彩が強く、長大な楽曲も多く制作していた。

時代の流れの中で音楽性は徐々に変化。よりコンパクトでポップな作風へと変わり、結果的にそれが1980年代初頭の商業的成功へと繋がっていった。

6thアルバム『Crystal Ball』が幅広い層からの支持を獲得。翌1977年発表の7thアルバム『The Grand Illusion (邦題:大いなる幻影)』が全米トップ10入り。シングル「Come Sail Away」が全米8位。8thアルバム『Pieces of Eight (邦題:古代への追想)』(1978年)も全米8位を記録し、バンドの評価が高まる。

1979年、シングル「Babe」が全米No.1を獲得[1]、9thアルバム『Cornerstone』が全米2位の大ヒットとなり、スティクスは一流バンドとしての成功を手する。一方で、欧米の音楽メディアからはコーポレート・ロック、日本では産業ロックなどと批評もされた。

1981年、10thアルバム『Paradise Theatre』からのシングル「The Best of Times」が全米3位、「時は流れて」が全米9位となり、同アルバムが初の全米1位を記録した[2]。

1982年1月、アルバム『Paradise Theatre』を主作品とした初来日ツアーが開催された。この模様がNHKで放映されている。翌1983年には11thアルバム『Kilroy Was Here (邦題:ミスター・ロボット)』がリリースされ、日本語の歌詞が含まれたシングル「ミスター・ロボット」が収録されて話題になるなど、日本でもヒットを記録した[3]。

その後デニスとトミーとの間に亀裂が生じ、翌年にバンド活動が停止。各々がソロ活動に移行していき、1980年代後半頃にはバンドの存在が薄れていった。(Wikipediaより引用)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト