[/] ROCKPV Foreigner

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Foreigner - Cold As Ice

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。

莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。
(Wikipediaより)

Foreigner - Jukebox Hero

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。

莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。
(Wikipediaより)

Foreigner - Urgent

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。

莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。
(Wikipediaより)

Foreigner - I Want To Know What Love Is

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。

莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。
(Wikipediaより)

Foreigner - Waiting For A Girl Like You

フォリナー (Foreigner) は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。

1970年代後半に始まった産業ロックのアメリカ版である、「スタジアム・ロック」で大成功を収めたバンドの一つ。アルバム総セールスは8000万枚以上を記録した。ミック・ジョーンズ、ルー・グラムを中心とした英国人・米国人混合グループである。

バンド名「フォリナー(=外国人)」は、英米が混在するメンバー構成を由来とする。活動初期はハードロックやアメリカン・プログレ・ハードの範疇にあり、フリーやバッド・カンパニーをモデルとしたサウンドで、デビュー当初から大きな成功を収めた。

1970年代末から、徐々にキーボードを前面に押し出したAOR的サウンドに変化していき、バラード曲を主体に更なる支持を得る。【 ミドル・オブザ・ロックンロール 】という独自のジャンルであるともいわれ、特に1980年代の音楽市場で莫大な利益を上げた。

莫大なセールスをもたらした商業主義的手法が、JourneyやStyxらとともに、スタジアム・ロック(産業ロック)の典型として挙げられることも多い。

1981年、発表した4thアルバム『4』が1500万枚以上の空前なヒットとなり、全米チャートで10週連続1位を記録。翌年のアルバム年間チャートでは第3位を記録した。シングル「ガール・ライク・ユー」も全米チャート10週連続2位を記録。翌1982年に初のコンピレーション作品『Records (邦題:ベスト・オブ・フォリナー)』をリリース。

1984年、5thアルバム『Agent Provocateur (邦題:プロヴォカトゥール)』をリリースし、翌1985年にシングル「アイ・ウォナ・ノウ」が初の全米シングルチャート1位(2週連続)を獲得、年間チャートでも第4位を記録する。
(Wikipediaより)

Hello
ギターによる焦燥音楽 それすなわちROCK!!

僕はロックに何度も救われました。人生で一番の宝物です。

ロックという音楽の持つ、底知れない深さを少しでも伝えられたら、うれしいです。

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト