[/] ROCKPV Joan Jett

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Joan Jett and the Blackhearts - Any Weather YouTube 動画

ジョーン・ジェット(Joan Jett、出生名Joan Marie Larkin、1958年[1]9月22日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター・ミュージシャン・女優。

ガールズバンド「ザ・ランナウェイズ」や、主宰する「ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ」としての活動で知られる。2015年に同名義で『ロックの殿堂』入り。

声域はメゾソプラノ。彼女の音楽性は、アメリカン・ロックに共通してみられる、ハードなサウンドに色濃く影響されている。歌詞は多くの場合、男性との間の失われた愛、共和党への批判、同性愛への寛容、アメリカ労働者階級の音楽であるヘヴィ・メタルの探求を描いている。

ジョーン・ジェットはドラマーのサンディ・ウェストと共にザ・ランナウェイズの創立メンバーの1人である。マイケル・スティール(後に脱退)、ジャッキー・フォックス、リタ・フォード、シェリー・カーリーの加入により全メンバーが揃った。最初はカーリーがバンドの看板ヴォーカリストとなり、ジェットも何曲かリード・ヴォーカルを務めた。リズムギターを担当し、多くの曲を単独で、或いはフォード、ウェスト、カーリーと共作で書いた。彼女たちは5枚のLPをレコーディングした。また日本でのライブ盤は、アメリカとイギリスの音楽史上、最大の輸入盤セールスを記録したレコードの1つになっている。バンドは世界中をツアーした。初期にはチープ・トリック、ヴァン・ヘイレン、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズなどと組むこともあった。特に日本では大きな成功を収めた。

ザ・ランナウェイズは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、カナダ、南米で人気を博したが、アメリカ本国では同様の成功を得ることはできなかった。カーリーとフォックスが脱退した後も(ベーシストのヴィッキー・ブルーが加入、更にブルーが抜けた後はローリー・マカリスターに替わった)、もう2枚のアルバム、『Waitin' for the Night』と『And Now... The Runaways』を発売したが、バンドは1979年の春に解散。(Wikipediaより引用)

Joan Jett - Bad Reputation YouTube 動画

ジョーン・ジェット(Joan Jett、出生名Joan Marie Larkin、1958年[1]9月22日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター・ミュージシャン・女優。

ガールズバンド「ザ・ランナウェイズ」や、主宰する「ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ」としての活動で知られる。2015年に同名義で『ロックの殿堂』入り。

声域はメゾソプラノ。彼女の音楽性は、アメリカン・ロックに共通してみられる、ハードなサウンドに色濃く影響されている。歌詞は多くの場合、男性との間の失われた愛、共和党への批判、同性愛への寛容、アメリカ労働者階級の音楽であるヘヴィ・メタルの探求を描いている。

ジョーン・ジェットはドラマーのサンディ・ウェストと共にザ・ランナウェイズの創立メンバーの1人である。マイケル・スティール(後に脱退)、ジャッキー・フォックス、リタ・フォード、シェリー・カーリーの加入により全メンバーが揃った。最初はカーリーがバンドの看板ヴォーカリストとなり、ジェットも何曲かリード・ヴォーカルを務めた。リズムギターを担当し、多くの曲を単独で、或いはフォード、ウェスト、カーリーと共作で書いた。彼女たちは5枚のLPをレコーディングした。また日本でのライブ盤は、アメリカとイギリスの音楽史上、最大の輸入盤セールスを記録したレコードの1つになっている。バンドは世界中をツアーした。初期にはチープ・トリック、ヴァン・ヘイレン、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズなどと組むこともあった。特に日本では大きな成功を収めた。

ザ・ランナウェイズは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、カナダ、南米で人気を博したが、アメリカ本国では同様の成功を得ることはできなかった。カーリーとフォックスが脱退した後も(ベーシストのヴィッキー・ブルーが加入、更にブルーが抜けた後はローリー・マカリスターに替わった)、もう2枚のアルバム、『Waitin' for the Night』と『And Now... The Runaways』を発売したが、バンドは1979年の春に解散。(Wikipediaより引用)

Joan Jett - Do You Wanna Touch Me YouTube 動画

ジョーン・ジェット(Joan Jett、出生名Joan Marie Larkin、1958年[1]9月22日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター・ミュージシャン・女優。

ガールズバンド「ザ・ランナウェイズ」や、主宰する「ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ」としての活動で知られる。2015年に同名義で『ロックの殿堂』入り。

声域はメゾソプラノ。彼女の音楽性は、アメリカン・ロックに共通してみられる、ハードなサウンドに色濃く影響されている。歌詞は多くの場合、男性との間の失われた愛、共和党への批判、同性愛への寛容、アメリカ労働者階級の音楽であるヘヴィ・メタルの探求を描いている。

ジョーン・ジェットはドラマーのサンディ・ウェストと共にザ・ランナウェイズの創立メンバーの1人である。マイケル・スティール(後に脱退)、ジャッキー・フォックス、リタ・フォード、シェリー・カーリーの加入により全メンバーが揃った。最初はカーリーがバンドの看板ヴォーカリストとなり、ジェットも何曲かリード・ヴォーカルを務めた。リズムギターを担当し、多くの曲を単独で、或いはフォード、ウェスト、カーリーと共作で書いた。彼女たちは5枚のLPをレコーディングした。また日本でのライブ盤は、アメリカとイギリスの音楽史上、最大の輸入盤セールスを記録したレコードの1つになっている。バンドは世界中をツアーした。初期にはチープ・トリック、ヴァン・ヘイレン、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズなどと組むこともあった。特に日本では大きな成功を収めた。

ザ・ランナウェイズは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、カナダ、南米で人気を博したが、アメリカ本国では同様の成功を得ることはできなかった。カーリーとフォックスが脱退した後も(ベーシストのヴィッキー・ブルーが加入、更にブルーが抜けた後はローリー・マカリスターに替わった)、もう2枚のアルバム、『Waitin' for the Night』と『And Now... The Runaways』を発売したが、バンドは1979年の春に解散。(Wikipediaより引用)

Joan jett The Blackhearts - I love Rock n roll YouTube 動画

ジョーン・ジェット(Joan Jett、出生名Joan Marie Larkin、1958年[1]9月22日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター・ミュージシャン・女優。

ガールズバンド「ザ・ランナウェイズ」や、主宰する「ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ」としての活動で知られる。2015年に同名義で『ロックの殿堂』入り。

声域はメゾソプラノ。彼女の音楽性は、アメリカン・ロックに共通してみられる、ハードなサウンドに色濃く影響されている。歌詞は多くの場合、男性との間の失われた愛、共和党への批判、同性愛への寛容、アメリカ労働者階級の音楽であるヘヴィ・メタルの探求を描いている。

ジョーン・ジェットはドラマーのサンディ・ウェストと共にザ・ランナウェイズの創立メンバーの1人である。マイケル・スティール(後に脱退)、ジャッキー・フォックス、リタ・フォード、シェリー・カーリーの加入により全メンバーが揃った。最初はカーリーがバンドの看板ヴォーカリストとなり、ジェットも何曲かリード・ヴォーカルを務めた。リズムギターを担当し、多くの曲を単独で、或いはフォード、ウェスト、カーリーと共作で書いた。彼女たちは5枚のLPをレコーディングした。また日本でのライブ盤は、アメリカとイギリスの音楽史上、最大の輸入盤セールスを記録したレコードの1つになっている。バンドは世界中をツアーした。初期にはチープ・トリック、ヴァン・ヘイレン、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズなどと組むこともあった。特に日本では大きな成功を収めた。

ザ・ランナウェイズは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、カナダ、南米で人気を博したが、アメリカ本国では同様の成功を得ることはできなかった。カーリーとフォックスが脱退した後も(ベーシストのヴィッキー・ブルーが加入、更にブルーが抜けた後はローリー・マカリスターに替わった)、もう2枚のアルバム、『Waitin' for the Night』と『And Now... The Runaways』を発売したが、バンドは1979年の春に解散。(Wikipediaより引用)

Joan Jett - I Hate Myself For Loving You YouTube 動画

ジョーン・ジェット(Joan Jett、出生名Joan Marie Larkin、1958年[1]9月22日 - )は、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライター・ミュージシャン・女優。

ガールズバンド「ザ・ランナウェイズ」や、主宰する「ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ」としての活動で知られる。2015年に同名義で『ロックの殿堂』入り。

声域はメゾソプラノ。彼女の音楽性は、アメリカン・ロックに共通してみられる、ハードなサウンドに色濃く影響されている。歌詞は多くの場合、男性との間の失われた愛、共和党への批判、同性愛への寛容、アメリカ労働者階級の音楽であるヘヴィ・メタルの探求を描いている。

ジョーン・ジェットはドラマーのサンディ・ウェストと共にザ・ランナウェイズの創立メンバーの1人である。マイケル・スティール(後に脱退)、ジャッキー・フォックス、リタ・フォード、シェリー・カーリーの加入により全メンバーが揃った。最初はカーリーがバンドの看板ヴォーカリストとなり、ジェットも何曲かリード・ヴォーカルを務めた。リズムギターを担当し、多くの曲を単独で、或いはフォード、ウェスト、カーリーと共作で書いた。彼女たちは5枚のLPをレコーディングした。また日本でのライブ盤は、アメリカとイギリスの音楽史上、最大の輸入盤セールスを記録したレコードの1つになっている。バンドは世界中をツアーした。初期にはチープ・トリック、ヴァン・ヘイレン、トム・ペティ&ザ・ハートブレーカーズなどと組むこともあった。特に日本では大きな成功を収めた。

ザ・ランナウェイズは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、カナダ、南米で人気を博したが、アメリカ本国では同様の成功を得ることはできなかった。カーリーとフォックスが脱退した後も(ベーシストのヴィッキー・ブルーが加入、更にブルーが抜けた後はローリー・マカリスターに替わった)、もう2枚のアルバム、『Waitin' for the Night』と『And Now... The Runaways』を発売したが、バンドは1979年の春に解散。(Wikipediaより引用)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト