[/] ROCKPV Dead Or Alive

ROCKPV

YouTubeの洋楽ロックPV無料動画をまとめた音楽動画サイト。洋楽チャート最新ヒット曲からロックの殿堂入りしたバンドとアーティストの名曲PV MV ライブ コンサート動画を視聴できます。

Dead Or Alive - Something in My House

デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、ニュー・ウェーヴ、シンセポップ、ニューロマンティック、Hi-NRG、ユーロビートに分類される作品を制作していたイギリスのバンドである。1984年からポップスとしてのHi-NRGを追究し始め、その直後に現れるユーロビート・シーンの第1人者となった。現在ではユーロビートの直接の創始者の1つと見られている。

1980年にリヴァプール出身のピート・バーンズをリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースを受けるようになり、Hi-NRGと、それを基盤として生まれたユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代中盤から、コンスタントに世界的なヒットを飛ばした。全世界での総売り上げは2000万枚を超える。

1985年にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースの下で、Hi-NRGをポピュラーに進化させた2ndアルバムである「Youthquake」をリリースした。このアルバムが世界的ヒットを記録し、音楽評論家が彼らの音楽を指してユーロビートと呼び始めたようである。しかし、本当にユーロビートの最初の事例であるかどうかは不明である。

1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル景気真っ只中のディスコ・ブームに乗り、日本においても絶大な人気を誇っていた。「夜のヒットスタジオ」をはじめとする日本全国ネットのテレビ出演を多数回行い、当時最大手の高級ディスコチェーンであった「マハラジャ」でも毎日のように作品が選曲され、イベント系サークルが開くディスコパーティーでは必ず曲がかかっているほか、日本人歌手によるカヴァー曲が数曲リリースされるなど。ディスコ関係者から一般人まで幅広く注目を集めていた。
(Wikipediaより)

Dead Or Alive - Come Home

デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、ニュー・ウェーヴ、シンセポップ、ニューロマンティック、Hi-NRG、ユーロビートに分類される作品を制作していたイギリスのバンドである。1984年からポップスとしてのHi-NRGを追究し始め、その直後に現れるユーロビート・シーンの第1人者となった。現在ではユーロビートの直接の創始者の1つと見られている。

1980年にリヴァプール出身のピート・バーンズをリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースを受けるようになり、Hi-NRGと、それを基盤として生まれたユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代中盤から、コンスタントに世界的なヒットを飛ばした。全世界での総売り上げは2000万枚を超える。

1985年にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースの下で、Hi-NRGをポピュラーに進化させた2ndアルバムである「Youthquake」をリリースした。このアルバムが世界的ヒットを記録し、音楽評論家が彼らの音楽を指してユーロビートと呼び始めたようである。しかし、本当にユーロビートの最初の事例であるかどうかは不明である。

1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル景気真っ只中のディスコ・ブームに乗り、日本においても絶大な人気を誇っていた。「夜のヒットスタジオ」をはじめとする日本全国ネットのテレビ出演を多数回行い、当時最大手の高級ディスコチェーンであった「マハラジャ」でも毎日のように作品が選曲され、イベント系サークルが開くディスコパーティーでは必ず曲がかかっているほか、日本人歌手によるカヴァー曲が数曲リリースされるなど。ディスコ関係者から一般人まで幅広く注目を集めていた。
(Wikipediaより)

Dead Or Alive - Brand New Lover

デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、ニュー・ウェーヴ、シンセポップ、ニューロマンティック、Hi-NRG、ユーロビートに分類される作品を制作していたイギリスのバンドである。1984年からポップスとしてのHi-NRGを追究し始め、その直後に現れるユーロビート・シーンの第1人者となった。現在ではユーロビートの直接の創始者の1つと見られている。

1980年にリヴァプール出身のピート・バーンズをリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースを受けるようになり、Hi-NRGと、それを基盤として生まれたユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代中盤から、コンスタントに世界的なヒットを飛ばした。全世界での総売り上げは2000万枚を超える。

1985年にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースの下で、Hi-NRGをポピュラーに進化させた2ndアルバムである「Youthquake」をリリースした。このアルバムが世界的ヒットを記録し、音楽評論家が彼らの音楽を指してユーロビートと呼び始めたようである。しかし、本当にユーロビートの最初の事例であるかどうかは不明である。

1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル景気真っ只中のディスコ・ブームに乗り、日本においても絶大な人気を誇っていた。「夜のヒットスタジオ」をはじめとする日本全国ネットのテレビ出演を多数回行い、当時最大手の高級ディスコチェーンであった「マハラジャ」でも毎日のように作品が選曲され、イベント系サークルが開くディスコパーティーでは必ず曲がかかっているほか、日本人歌手によるカヴァー曲が数曲リリースされるなど。ディスコ関係者から一般人まで幅広く注目を集めていた。
(Wikipediaより)

Dead Or Alive - Turn Around and Count 2 Ten

デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、ニュー・ウェーヴ、シンセポップ、ニューロマンティック、Hi-NRG、ユーロビートに分類される作品を制作していたイギリスのバンドである。1984年からポップスとしてのHi-NRGを追究し始め、その直後に現れるユーロビート・シーンの第1人者となった。現在ではユーロビートの直接の創始者の1つと見られている。

1980年にリヴァプール出身のピート・バーンズをリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースを受けるようになり、Hi-NRGと、それを基盤として生まれたユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代中盤から、コンスタントに世界的なヒットを飛ばした。全世界での総売り上げは2000万枚を超える。

1985年にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースの下で、Hi-NRGをポピュラーに進化させた2ndアルバムである「Youthquake」をリリースした。このアルバムが世界的ヒットを記録し、音楽評論家が彼らの音楽を指してユーロビートと呼び始めたようである。しかし、本当にユーロビートの最初の事例であるかどうかは不明である。

1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル景気真っ只中のディスコ・ブームに乗り、日本においても絶大な人気を誇っていた。「夜のヒットスタジオ」をはじめとする日本全国ネットのテレビ出演を多数回行い、当時最大手の高級ディスコチェーンであった「マハラジャ」でも毎日のように作品が選曲され、イベント系サークルが開くディスコパーティーでは必ず曲がかかっているほか、日本人歌手によるカヴァー曲が数曲リリースされるなど。ディスコ関係者から一般人まで幅広く注目を集めていた。
(Wikipediaより)

Dead Or Alive - You Spin Me Round

デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)は、ニュー・ウェーヴ、シンセポップ、ニューロマンティック、Hi-NRG、ユーロビートに分類される作品を制作していたイギリスのバンドである。1984年からポップスとしてのHi-NRGを追究し始め、その直後に現れるユーロビート・シーンの第1人者となった。現在ではユーロビートの直接の創始者の1つと見られている。

1980年にリヴァプール出身のピート・バーンズをリーダーに結成された。前身のバンド時代も含め、デビュー当初はゴシック・ロックとして扱われていたが、ストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースを受けるようになり、Hi-NRGと、それを基盤として生まれたユーロビートと称されるダンス・ミュージックに音楽性をシフトさせた1980年代中盤から、コンスタントに世界的なヒットを飛ばした。全世界での総売り上げは2000万枚を超える。

1985年にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースの下で、Hi-NRGをポピュラーに進化させた2ndアルバムである「Youthquake」をリリースした。このアルバムが世界的ヒットを記録し、音楽評論家が彼らの音楽を指してユーロビートと呼び始めたようである。しかし、本当にユーロビートの最初の事例であるかどうかは不明である。

1980年代後半から1990年代前半にかけてのバブル景気真っ只中のディスコ・ブームに乗り、日本においても絶大な人気を誇っていた。「夜のヒットスタジオ」をはじめとする日本全国ネットのテレビ出演を多数回行い、当時最大手の高級ディスコチェーンであった「マハラジャ」でも毎日のように作品が選曲され、イベント系サークルが開くディスコパーティーでは必ず曲がかかっているほか、日本人歌手によるカヴァー曲が数曲リリースされるなど。ディスコ関係者から一般人まで幅広く注目を集めていた。
(Wikipediaより)

Hello
ROCKPVがキッカケで、あなたの特別な曲が見つかれば、とっても うれしいです。

定期的に更新してます!よかったら、また遊びに来てくださいね。 

☆素敵な音楽ライフを!★


管理人 はてろ

ツイッターで洋楽アルバム名盤たまに邦楽を紹介してます。ROCKPV共々よろしくお願いします。

twitterはこちらからどうぞ。

I Am A Rock
サイト内検索
アーティスト